INDEX

説明下手な人の特徴は?

説明下手な人の特徴①人前で緊張する

人前で緊張する

説明下手な人の特徴は、まず人前で緊張することです。誰でも人前で説明することに初めから慣れている人はいません。マンツーマンであれば容易にできることが少し人数が増えるだけでできなくなってしまうのは一体どのようなことなのでしょう。

緊張することで思っていたことが頭から全部飛んで真っ白になってしまいます。緊張するということは自分を制御することが難しくなります。そのため思い当たる言葉を手あたり次第に発するため説明が意味不明になってしまうのです。

説明下手な人の特徴②コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い

説明下手な人の特徴として、コミュニケーション能力が低いということでしょう。狭い範囲での交友関係はコミュニケーションを高めることはできません。また狭い範囲の中で主張することは必要ないことが自己主張を不要にします。

自己主張する人は時には嫌われます。ですがそれも時には役に立つことがあります。人前で話すことは自己主張が大いに必要となるのです。うまく使い分けていくことを身に付けていきましょう。

説明下手な人の特徴③考えながら話すのが苦手

考えながら話すのが苦手

説明下手な人の特徴として、考えながら話すことが苦手であるということでしょう。説明が上手な人は頭の回転が速いということがあります。下手な人は回転が遅いということではなく、考えようとすることをしていないことが下手な人の特徴です。

日頃から考えるということをしていなければ、咄嗟の行動はできません。いざ自分が人前で説明する場があるとその場限りで付け焼刃的にやり過ごそうとしますが、それは裏目に出てしまうでしょう。考えながら話すことは意外と難しいことですが、日々の生活の中で考えながら話すことを心がけてみましょう。

説明下手な人の特徴④引っ込み思案な性格

引っ込み思案な性格

説明下手な人の特徴として、引っ込み思案な性格ということです。人前へ出ることをしないで生きていけます。逆に人前へ出ることに抵抗が無い人もいて、世の中は自然と棲み分けができています。

引っ込み思案は控えめであるというよりは体よく生きているということです。自分がやらなくても誰かがやってくれるであろうという体質が出来上がっています。そこから自分がやる立場になると準備ができていないことを露呈してしまいます。

説明下手な人の特徴⑤他人に依存しがち

他人に依存しがち

説明下手な人の特徴として、他人に依存しがちであるということです。上昇志向が無い人は仕事に対しても自分の率先力を出すことがありません。他人に依存することで容易に仕事ができてしまうからです。

いかに他人に依存して生きているか思い当たる人は意外と少ないです。それはそれなりに自分のポリシーを持って仕事をしていることを自負しているからです。ですがそれはあくまでも裏方的な仕事をしているため表立ってすることはありません。縁の下の力持ちに徹しているため前面に出る仕事を苦手とします。

説明下手な人の心理とは?

説明が苦手な人の心理①失敗するのが怖い

失敗するのが怖い

説明が下手で苦手な人の心理を紹介していきます。まずは失敗するのが怖いという心理があります。最近は失敗することに慣れていない人がとても多いです。理由として競争社会ではなくなっているためです。

最近はアイデンティティを優先する時代です。それに加えてオブラートに包まなければ傷ついてしまう人が非常に多くなりました。その中で失敗してこなかった人は恥をかくことに恐怖を感じます。本来は失敗も身になることなのですが、失敗する自分を想像できない人が増えているということでしょう。

説明が苦手な人の心理②人にどう思われるのか怖い

人にどう思われるのか怖い

説明が苦手な人の心理として、人にどう思われるのか怖いということがあります。難しい言葉ばかり並べて説明しても、調子に乗っている、と思ったり説明が下手であるために馬鹿にされているのではないか、と悪いことばかり考えてしまいます。

説明下手な人にとって他人の反応がとても気になります。自分が悪い評価をされることが嫌であるためです。変なプライドが恐怖心を煽っているということでしょう。

説明が苦手な人の心理③できない人間だと思われるのが怖い

できない人間だと思われるのが怖い

説明が苦手な人の心理として、できない人間だと思われるのが怖いという気持ちがあります。説明が上手な人は場数を踏むことでさらに上達していきますが、下手な人は改善点を克服していかない限り場数を踏んでも上達することがありません。

説明下手な人にとってはできない人間だと思われることが何よりも怖いと思っています。そう思われたくないために避けてきたことが、ちょっとした失敗で評価を下げられることが恐い心理状態と言えます。

説明が苦手な人の心理④考えながら話すのにうまく説明できない

うまく説明できない

説明が苦手な人の心理として、考えながら話しているのにうまく説明できないということがあります。実にもどかしい心情であると言えます。考えて話そうとすることがさらに緊張を呼び、思っていることの半分もうまく説明できないでいます。考えて話す前に緊張を緩和する心理状態へ持っていくことが先決です。

人前へ出ることに緊張をして苦手意識がある人はぜひ下記の記事を参考にしてみてください。少しずつ克服していける方法を知ることで説明下手も一緒に克服していくことができるかもしれません。ぜひチェックしてみてくださいね。

説明が上手い人の特徴は?

説明が上手い人の特徴①コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い

説明が上手い人の特徴をここで紹介していきましょう。説明が上手い人はやはりコミュニケーション能力が高いです。人と接することや場慣れしていることは突然のことであってもうまく切り抜けることができます。

説明下手な人との違いは、人とのコミュニケーションをしっかり身に付けているということです。その場限りの繋がりではなく、常に対応できるコミュニケーション能力が上手い人は活かすことができるのです。

説明が上手い人の特徴②観察力がある

観察力がある

説明が上手い人の特徴は、観察力があるということです。多くの人の前で発言するということは難しいことです。その中で上手く発言するのは聞く人を観察し、状況判断できることで聞き手を引き込むことができるのです。

説明下手な人との違いは、下手な人は周りを見る余裕がありません。そのため一方的な発信しかできません。そうは言ってもいきなり観察力を持つことはできないでしょう。観察力を上げるためには自分の状況を把握できる力を付けていくことが先決です。

説明が上手い人の特徴③自分を客観的に見ている

自分を客観的に見ている

説明が上手い人の特徴は、自分を客観的に見ていることです。客観的に見れるということは冷静になれます。常に自分を自己解析できることで冷静に判断することができ、説明も考えながら話すことができます。

説明下手な人との違いは、冷静さに欠けることが一番の要因です。もちろん緊張しているなかで冷静になれることはとても難しく、支離滅裂なことになってしまうのは目に見えています。客観的に見る方法として、自分が説明している姿を動画で撮って観てみましょう。自分であって自分ではない姿を把握できる材料になります。

説明が上手い人の特徴④アクティブな性格

アクティブな性格

説明が上手い人の特徴は、アクティブな性格ということです。アクティブであることで視野を広げることができます。説明が上手い要素は話題が豊富であることです。要所要所で自分の経験を盛り込むとより説明が上手くできます。

説明下手な人との違いは、やはり視野の狭さでしょう。アクティブであっても何かを取り入れようとする力が無いため新しいことを吸収できずにいます。そのため話題もなく、ごく平凡な説明になってしまうのです。説明下手を克服するためには常に自分の行動を無駄にせずよく考えてみましょう。

説明が上手い人の特徴⑤何事もポジティブ

何事もポジティブ

説明が上手い人の特徴として、何事にもポジティブであるということです。たとえ失敗しても、失敗を活かすことができます。また軌道修正がよくできるため苦手であることも克服していくことができるのです。

説明下手な人との違いは、やはり失敗を悔いてしまうことでしょう。いつまでも失敗を引きずり、うまく説明できない自分に自信を無くしてしまいます。気持ちの切り替えがうまくできない体質です。その体質を変えていく努力をしない限りは克服は難しいものになってしまいます。

説明下手な原因は?

いつも誰かがやってくれる環境にいる

いつも誰かがやってくれる

説明下手な原因と取り上げていきます。まずはいつも誰かがやってくれる環境にある、ということです。自分がやらずとも誰かがやってくれることで面倒なことを避けて生きていくことができます。つまり誰もが生きて行く中で面倒なことはできる限りしたくないという気持ちがあります。

説明するのは上手な人がすればいい、という考えが自分の進歩を止めてしまいます。例えば学生時代もクラスの役員になるのは積極的な人であったり、頭の良い人であったりします。自分はその他大勢の中で埋もれていたいという体質が根付いてしまっているのです。

何も考えないで生きている

何も考えないで生きている

説明下手な原因として、何も考えないで生きている、ということを挙げましょう。そんな訳ない、と思われるかもしれませんが、余計なことは考える時間があっても、真剣に取り組まなければならないことは後回しにしていることは誰もが思い当たると思います。

嫌なことは明日考えよう、そして明日になると真剣に取り組める人はさほど多くはありません。それだけ考えずに日々を生活していることに気付くことでしょう。ずっと考える必要はないまでも、自覚をして生きていくことは大切です。

うまく説明できない自分を理解していない

うまく説明できない自分を理解していない

説明下手な原因として、うまく説明できない自分を理解していない、ということがあります。これは他人任せにしていることで自分は責任を逃れることができるため、説明下手な人にアドバイスできる人が周囲に居ないということがあります。

説明下手は人はとにかく最後まで話しきるということに徹しているため、最後まで乗り切ったことで満足してしまいます。誰かにアドバイスを受けないことで自分のやり方は間違っていないという考えになってしまいます。

説明下手を克服するための練習方法は?

説明下手を克服するための練習方法①脳トレーニングをする

脳トレーニングする

説明下手を克服するための練習方法をここでは紹介していきます。まず基本的に頭を回転させるために脳トレーニングをすることです。説明上手な人は頭の回転が速いです。それは常にアンテナを張っているからです。

それに反して説明下手な人は日頃からアンテナを張っていることはなく、いざというときには頭の回転の遅さが露呈されてしまうのです。脳トレは何でもかまいません。例えばゲームでも良いのです。集中力を高め、脳を使うことしてみてください。

説明下手を克服するための練習方法②ボランティアなど参加してみる

ボランティアなど参加してみる

説明下手を克服するための練習方法として、ボランティアなど参加してみることです。これはコミュニケーション能力を上げるには最適です。また相手がいることで考えながら話すことができ、相手を思った会話を心がけることができます。

たとえ相手にうまく説明できないと自信がなくても良いのです。一生懸命さが相手の心を動かすことができます。ボランティアなど参加してみることは相手の気持ちの動向を知る良いきっかけとなるでしょう。

説明下手を克服するための練習方法③よく考えて行動する

よく考えて行動する

説明下手を克服するための練習方法として、よく考えて行動するということです。人は意外と思いつきで行動します。行動を起こす前に考えることは多くの人はしません。常に考える癖をつけることが大切です。

もし考えることがどういうことなのか分からない人は、ぜひ下記の記事を併せて読んでみてください。考えて行動するヒントを得ることができます。

Small thumb shutterstock 516139750
関連記事 自分がない&考えない人の意思・特徴・原因&自信を持つ方法5つ

「どうしてそんなに自分がないの?はっきり言ってよ」なんて指摘されて落ち

説明下手な人が事前にするべき準備は?

説明下手な人が事前にするべき準備①説明するための下調べを徹底する

下調べを徹底する

説明下手な人が事前にするべき準備をどうするべきか紹介していきます。まずは説明するための下調べを徹底することです。説明が下手な人は広く浅くという習性があります。そのため浅い知識でものを話そうとするため説得力がありません。

逆に説明が上手い人は掘り下げて調べることに徹底します。うまく説明するためには、まず知ることからということでしょう。身をもって体験したことが説明することに活かされるのです。また体験は考えながら話すことの助けになります。ぜひ興味がないことも知って自分のものにしていきましょう。

説明下手な人が事前にするべき準備②説明することを楽しむ気持ちを持つ

説明することを楽しむ気持ちを持つ

説明下手な人が事前にするべき準備として、説明することを楽しむ気持ちを持つということです。他の人が知らないことを自分が説明するのですからドヤ顔で話すくらいのことをしても良いのです。みんなが知らないことはうまく説明できないかもしれません。ですがニュアンスを伝えるだけでも効果があります。

説明が上手い人は人が知っている以上のことをさらに詳細に説明します。たとえうまく説明できない状況でも力技で説明できるくらいの力量のある人もいます。そのような人は人前へ出ることに抵抗が無い上に、その場の空気を楽しむことをしています。ぜひ場の白けた空間を盛り上げるくらいの力量を付けていきましょう。

説明下手な人が事前にするべき準備③カンニングペーパーの用意は必須

カンニングペーパーの用意は必須

説明下手な人が事前にするべき準備として、カンニングペーパーの用意は必須だということです。上手い人はそのようなものは進行程度のもので済みますが、下手な人にとってはいざというときに何を話すのか詳細に書いたカンニングペーパーがあれば安心できることでしょう。

ですがカンニングペーパーを見て話すということは、考えながら話すということができません。そのため用意したもの以上の話はできなくなります。できる限り考えながら話すことに徹し、うまく説明できないときの保険としてカンニングペーパーを利用しましょう。

説明下手な人の気持ちの切り替え方法とは?

考えながら話すことに集中しすぎない

考えながら話すことに集中しない

説明下手な人の気持ちの切り替え方法をぜひ実践してみてください。まずは考えながら話すことに集中しすぎないということです。うまく話そうとするばかりに収集がつかない話の方向へ行ってしまうことがあります。聴講者をうまく巻き込んで話を進めていくことで進行しやすくなるでしょう。

うまく説明できないことを味方にする

うまく説明できないことを味方にする

説明下手な人の気持ちの切り替え方法として、うまく説明できないことを味方にしてみるということです。うまく説明できないアピールをしても良いでしょう。あらかじめ最初からアピールしておくことで聞き手の気持ちの切り替えをすることができます。下手なことは隠さずそれなりに利用していきましょう。

説明が苦手で失敗しても人は特に何も思っていない

人は特に何も思っていない

気持ちの切り替え方法として、説明が苦手で失敗しても人は特に何も思っていないということを知りましょう。自分が聞く側になったときを想像してください。説明者の説明が下手でもさほど気にしていないのではないでしょうか。相手がどう受け取っているのか悩むのは自分ばかりです。深く考えるのはやめましょう。

説明下手な人は上手く説明するよりも思いを伝えてみましょう!

上手く説明するよりも思いを伝えてみる

いかがでしたでしょうか。説明下手であるばかりに苦手意識を克服できない人もいることでしょう。ですが説明下手であっても伝えようとする熱意があることで相手には伝わるものがあります。饒舌に上手く説明するよりも下手でも熱く語るほうが伝わる度合いが違います。ぜひ思いを伝えるということを忘れないでいきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。