INDEX

オイルスプレーの種類は?

オイルスプレーの種類:霧吹き形状のグリップタイプ

オイルスプレーには種類があり、比較的安価に購入することができるのはグリップタイプです。霧吹きのような形をしていて、容器にサラダ油などを入れグリップを握りこめば簡単に油が噴射されます。ボトルはプラスチック製が比較的多く、軽くて使いやすいのが特徴です。

一般的なスプレーボトルと同じような作りなので、油はやや荒目な霧状で直線状に吹き出します。ピンポイントに油を吹き付けたいときは便利なタイプです。また洗いやすいので清潔に保ちやすいのもおすすめなポイントです。

オイルスプレーの種類:細かな霧状の加圧タイプ|ニトリ・コストコでも!

オイルスプレーには、グリップタイプの他に加圧タイプがあります。加圧タイプはポンプ式になっていて、油が入った容器に空気圧を入れてから吹きかけるようになっています。グリップタイプと比較すると空気圧を加える工程が増えてしまいますが、油を霧状に噴射することができるので油を使う量は少なくなくなります。

容器本体はガラスになっていて、空気圧を入れるポンプの役割の蓋とスプレー箇所の3つのパーツに分かれています。油は霧状で広範囲に吹き出すので、まんべんなく吹き付けられるのが特徴です。揚げ物は衣に直接オイルスプレーを吹き付ければ揚げ焼きも簡単に作れるので、ヘルシーに仕上がります。

オリーブオイルを入れてサラダに吹き付けるのもおすすめな使い方です。また油以外にも醤油を入れて使うことができるので、塩分を抑えたい時にはおすすめです。ニトリやコストコでも扱っていますので、一度見てみてはいかがでしょうか。

オイルスプレーのおすすめの選び方は?

オイルスプレーおすすめの選び方|①使い勝手の良さ

オイルスプレーおすすめの選び方ひとつ目は、使いやすさです。使いやすさで選ぶなら、断然グリップタイプです。握るだけでスプレーを吹き付けられるので操作は簡単です。

グリップの握り具合でスプレーの量を調整できるので、出しすぎも防ぐことができます。直線状に油が噴き出るので、ピンポイントに吹き付けることもできますし、少しスプレーボトルを離して吹き付ければ広範囲にかけることもできます。

グリップタイプはお手入れも簡単で、ノズルを外して食器洗い用の洗剤で洗えば汚れを落とすことができます。またグリップタイプはプラスチック製が多いので、軽くて落としても割れたりする心配もありません。

オイルスプレーおすすめの選び方|②サラダ油の使用量

オイルスプレーおすすめの選び方ふたつ目は、オイルの使用量です。加圧式タイプは粒子の細かい霧状の油が噴き出るので、グリップタイプに比べると油の量は断然少なくなります。ダイエットや健康に気を付ける必要がある人には加圧式タイプをおすすめします。

加圧式は霧状に油がでるので、フライパンなどにむらなく吹き付けられますし、サラダにオリーブオイルをかける場合にも便利です。また加圧式タイプはガラス製が多く、プラスチックに比べると表面の汚れが落としやすく、食器洗い用洗剤で簡単に綺麗にできるので、清潔さを保ちたい方にも加圧式おすすめです。

オイルスプレーおすすめの選び方|③デザイン

オイルスプレーおすすめの選び方三つ目は、デザインです。毎日使う道具はお気に入りのものを使いたいですよね。デザインの良さでは、加圧式タイプがおすすめです。おしゃれでシンプルな形が多い加圧式タイプはデザインも優れたものが多いのが特徴です。

油を入れる容器はガラスのものが多く、蓋がプラスチックでカラフルなものから黒でモダンなデザイン、ステンレスのものなど、おしゃれな雑貨屋にも取り扱いがあり色々選べるのも楽しいポイントです。

おすすめ人気オイルスプレーランキングTOP7~13位

おすすめ人気オイルスプレー13位|パール金属オイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー13位は、パール金属オイルスプレーです。ステンレス製の容器がおしゃれな加圧タイプのオイルスプレーです。キッチン用具で有名なパール金属のオイルスプレーで、スタイリッシュなステンレス製です。

加圧タイプのオイルスプレーなので、霧状にオイルが出てまんべんなくフライパンなどにかけることができます。油の量を減らしたい方にはおすすめです。

おすすめ人気オイルスプレー12位|オイルスプレーKOSP1

おすすめ人気オイルスプレー12位は、オイルスプレーKOSP1です。グリップタイプのオイルスプレーで水玉が可愛らしい容器になっています。

容量は200mlでたっぷり入れられるので、毎日の料理に使いやすいサイズ感です。グリップタイプはプッシュするだけで油が出せるので、使い勝手も良くおすすめです。

おすすめ人気オイルスプレー11位|Giarettiオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー11位は、Giarettiオイルスプレーです。こちらはドレッシングディスペンサーとして販売されていますが、油でも使うことができます。グリップタイプのオイルスプレーですが、グリップ部分がステンレスになっていてスタイリッシュなデザインがおしゃれなんです。

容器は2種類の液体を入れられるようになっていて、オリーブオイルとお酢を入れるとプッシュした時に2種類の液体が混ざってドレッシングを作ることができます。

おすすめ人気オイルスプレー10位|Cuisiproオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー10位は、Cuisiproオイルスプレーです。ステンレス製の容器がおしゃれな加圧タイプのオイルスプレーです。カナダのキッチンツールメーカーのCuisiproは美しいデザインと工夫された機能に定評があります。

どの油にも使用できますので、サラダ油、オリーブオイルと使用用途に分けて使うと統一感がでておすすめです。容器は耐熱温度が90度なので、火のそばは危険ですがコンロ周りに置いて使っても心配ありません。

おすすめ人気オイルスプレー9位|iwakiオイルスプレー

おすすめ人気オイルスプレー9位は、iwakiオイルスプレーです。耐熱ガラス用品で有名なiwakiの加圧タイプのオイルスプレーです。オイルスプレーの容器は耐熱ガラスですので、うっかり火のそばに置いてしまっても安心です。

使い勝手も良く、細かな霧状に油を噴射できるので、油の使用量も減らすことができます。耐熱ガラス製なので、食器洗い乾燥機や、熱湯洗浄ができるので油をスッキリ落として清潔に保てます。

おすすめ人気オイルスプレー8位|コストコオイルスプレー

おすすめ人気オイルスプレー8位は、コストコオイルスプレーです。コストコではオイルスプレーとソルト&ペッパーミルの2本セットで販売されています。加圧タイプでスタイリッシュなデザインが人気になっています。

容器、蓋ともステンレス製でシンプルでとてもおしゃれです。オイルもサラダ油、オリーブオイルなどを問わず、お酢、レモン汁にも使うことができるので、使用範囲が広がります。お揃いのソルト&ペッパーミルと並べて使えばキッチンに統一感を出すことができます。

おすすめ人気オイルスプレー7位|Awstechオリーブオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー7位は、Awstechオリーブオイルスプレーです。容器はガラス製、蓋がステンレスになっていておしゃれなデザインが人気のオイルスプレーです。容量は100mlで、目盛がついていますので、油を使う量が分かりやすく便利です。

オリーブオイル以外にもお酢、醤油、アルコール、レモン汁などにも使えるので、用途別に使い分けることができます。粘りのあるサラダ油などには向いていないようです。

おすすめ人気オイルスプレーランキングTOP1~6位

おすすめ人気オイルスプレー6位|レックDELIオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー6位は、レックDELIオイルスプレーです。加圧タイプで蓋は白と黒のツートーンカラーがおしゃれなオイルスプレーです。ボトルはガラス製ではなく、プラスチック製なので軽くて割れにくく扱いやすさが特徴です。

油だけでなく、醤油などの液体調味料も使うことができるので、容器をそろえればおしゃれにまとめることができます。ただし、アルコールとお酢は使えませんので注意してください。

おすすめ人気オイルスプレー5位|プラン堂オイルスプレーボトル

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー5位は、プラン堂オイルスプレーボトルです。グリップタイプのオイルスプレーで2本セットで販売されています。容量は250mlで側面には目盛がついているので便利です。

本体はプラスチックですので、軽くて割れにくく扱いやすさが人気です。2本セットなので、サラダ油とオリーブオイルといったように用途に分けて使うことができる便利なオイルスプレーです。

おすすめ人気オイルスプレー4位|リベラリスタオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー4位は、リベラリスタオイルスプレーです。加圧タイプのオイルスプレーで、蓋のカラーはホワイト、レッド、スカイブルーの3色展開、容量は140mlです。

3色あるので、オリーブオイル、ごま油、サラダ油など、種類に合わせて揃えると統一感もでて使いやすいですね。可愛らしいデザインとカラーは、キッチンを明るくしてくれます。

おすすめ人気オイルスプレー3位|スケーター倒れにくいオイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー3位は、スケーターオイルスプレーです。グリップタイプのオイルスプレーで、水玉がかわいらしいデザインです。カラーはピンク、グリーンの2色展開、容量は210mlとたっぷりと油を入れられるので詰め替え頻度が少なくて済みます。

容器プラスチック製で倒れにくい形をしているのが特徴で、ハイパワーノズルが油をしっかりと噴射してくれるので、オイルスプレーを初めて使う人にはおすすめです。

おすすめ人気オイルスプレー2位|ニトリオイルスプレー

おすすめ人気オイルスプレー2位は、ニトリオイルスプレーです。ニトリのオイルスプレーは加圧タイプのオイルスプレーで容量は25mlとコンパクトなサイズです。ニトリのオイルスプレーはガラス製の本体で、油の汚れも落としやすく清潔に保つことができます。

ニトリのオイルスプレーは醤油にも使うことができますので、油の取りすぎや醤油の塩分が気になる方にはおすすめのニトリオイルスプレーです。ニトリの店舗は多くありますから、購入しやすさも人気になっています。お手頃価格なのもニトリならではの嬉しいポイントです。

おすすめ人気オイルスプレー1位|ハリオポンピング式オイルスプレー

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ人気オイルスプレー1位は、ハリオポンピング式オイルスプレーです。加圧タイプのオイルスプレーで容量は60mlです。シンプルなデザインが特徴で、人気のあるオイルスプレーです。蓋は丸みがあり、加圧するときも握りやすくなっています。

本体は耐熱ガラス製なので、食器洗い乾燥機や、熱湯洗浄ができるので油をスッキリ落とすことができます。蓋のカラーはオリーブグリーン、チャコールグレーの2色展開で、おしゃれなデザインはどんなキッチンにも似合います。

オイルスプレーのおすすめの使い方は?

オイルスプレーにオリーブオイルを入れてダイエットに!

ダイエットには油分の取りすぎは良くないものです。そんな時はオイルスプレーでオイルの量を制限することができます。油を使う場合、つい出し過ぎてしまったということが多くありますが、オイルスプレーなら少しの量でまんべんなくかけることができるので安心して使うことができるんです。

オイルスプレーの種類によっては容器に目盛がついているので、使いながら量を測ることもできますから、使用量を調整することもできます。醤油を入れられるオイルスプレーもありますから、塩分の取りすぎも防ぐことができます。ダイエットにはおすすめなオリーブオイルの関連記事もありますから、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 631737890
関連記事 コストコのオリーブオイル6選!おすすめの種類・値段も!オイルパック

コストコに出掛けた時に、オリーブオイルを購入している方は多く見かけます

オイルスプレーで油を減らす!揚げ物にチャレンジ!

揚げ物は衣が油を吸うのでカロリーが気になる料理のひとつです。そんな時はオイルスプレーを活用してみましょう。まずは普通に揚げ物を作るように小麦粉、卵、パン粉をつけます。そして衣にオイルスプレーで油を吹きかけます。

あとはオーブンでこんがり焼くか、フライパンで焼き揚げをして表面がきつね色になれば、ヘルシーな揚げ物が完成です。通常の揚げ物と比較して火加減が難しいので、竹串などで火がしっかり通っているか確認してくださいね。

オイルスプレーで炒め物も!

フライパンを使って調理する炒め物にもオイルスプレーは活躍してくれます。フライパンに食材がくっつかないように油を入れますが、オイルスプレーを使えば、油を入れすぎることもなく、余分な油をカットすることができるので、ヘルシーな炒め物を作ることができます。

フライパンにオイルスプレーを使用する場合は、フライパンを温めた後にスプレーすると油が飛び散って引火する可能性もありますから、先にフライパンへスプレーした後に温める方法をおすすめします。

おすすめオイルスプレーで油を調整して健康的な食生活を!

油は毎日の調理には欠かせない食べ物です。適度な油は身体に必要ですが、取りすぎは良くありません。オイルスプレーを使うことで、過度な油分摂取を抑えることができますので、油分を気にする場合やダイエットには効果的です。オイルスプレーの種類によっては、醤油、お酢などの調味料を入れて使うことができます。

オイルスプレーは工夫次第で調理の幅を広げることができます。価格もお手頃なものもありますので、自分の好みに合ったオイルスプレーを取り入れてみてはいかがでしょうか。オイルスプレーを紹介した関連記事もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 609739646
関連記事 100均のオイルスプレー2選!ダイソー・セリア別!油スプレー

100均のオイルスプレーを購入したことあるでしょうか。そこで今回は、1

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。