Large thumb shutterstock 496348018

カラーバターのアッシュのおすすめ染め方は?紫/ピンク/グレー

更新:2019.06.21

最近流行りのカラーバターですが、その中でもアッシュ系が特に人気の髪色です。そこで、おすすめのアッシュ系を紹介していきます。合わせて、ヘアバターの使い方や染め方、放置時間まで詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例は?

紫色のアッシュでグラデーションカラーで華やかに

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例1つ目は、薄めのアッシュ系から、紫色のアッシュで毛先にグラデーションカラーをした髪型です。紫色の可愛いグラデーションカラーで一気に華やかになりとてもおすすめです。このような色を作れるのもヘアバターの良いところです。

紫単品のカラーバターをそのまま使ってしまうと濃いめの紫が出てしまいます。そこで使うものが、クリアのカラーバターです。紫とクリアを混ぜることによって紫色が薄まります。アッシュ感をプラスする場合シルバー系の色を混ぜてもOKです。クリアのヘアバターが手元にない時には、白いトリートメントで代用が可能です。

放置時間長めで暗め紫色のアッシュで艶髪に

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例2つ目は、暗めの紫色のアッシュで深みのある艶髪にした髪型です。ブリーチありでも、ブリーチなしでも出来るのが暗めの色の特徴です。毛先にいくにつれて、紫を濃いめにしたグラデーションカラーになっています。

どちらにしても、濃いめの色にするのは間違いないです。紫色単品だとこの色味は出来ません。ここで、紫色と混ぜるのがダークシルバーです。深みのある暗めのダークシルバーと紫色を混ぜれば、暗めの紫色のアッシュが出来ます。

染め方は根本付近はダークシルバーを多めに混ぜたもの、毛先にいくにつれて紫色を多めに混ぜたものと、変化をつけることでこのようなグラデーションカラーが出来ます。放置時間は深く色を入れたいのでしっかりと時間を置きましょう。

ダークなヘアバターで落ち着いた髪色に

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例3つ目は、ダーク系のヘアバターで落ち着いた髪色をするのもキレイでおすすめです。。こちらもダークシルバに紫色のヘアバターを混ぜて塗っていくのですが、混ぜる時にひとつポイントがあります。

それは、少しピンク味がある暗めのパープルアッシュなので、ダークシルバと紫色のカラーバターにほんの少しだけピンクを混ぜてあげることです。ピンクを少し混ぜることで、光で透けた時に少しピンク味のあるパープルになり、暗めの中にも可愛さが出てとてもおすすめです。放置時間も暗めにするのであればしっかり置きます。

薄いシルバーのヘアバターで透明感のあるパステル調のアッシュパープルに

カラーバターで紫色のアッシュに染める使い方と使用例4つ目は、薄い色にシルバーアッシュが強めの髪型です。紫が薄く入っているので、シルバーの透明感が引き立ちます。アッシュの中にもほんのり感じられるパープルがとても目を引きます。

薄めの紫色のアッシュにする場合、紫色にクリアとシルバーを混ぜれば作れます。他にも紫色にプラチナシルバーという薄いシルバーのヘアバターを混ぜても作ることが可能です。混ぜる時の注意点ですが、薄い色に濃い色を少しづつ足していきましょう。好みの濃さになるまで紫色を少しづつ足すのがポイントです。

こちらの記事では、紫色のカラートリートメントをご紹介しています。紫色のアッシュを長持ちさせるにはとてもおすすめですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

カラーバターでピンクのアッシュに染める使い方と使用例は?

明るめのピンク系アッシュで可愛く

カラーバターでピンクのアッシュに染める使い方と使用例1つ目は、明るめのピンク系アッシュで、元気で可愛らしい雰囲気の髪型です。ピンクだけでなくアッシュを入れることで、透明感がプラスされます。明るい鮮やかな色にする時には、少しピンク系ヘアバターを多めに入れる事をおすすめします。

グレーっぽいピンク系アッシュで大人っぽく

カラーバターでピンクのアッシュに染める使い方と使用例2つ目は、少しダークなグレーをピンクに混ぜる髪型です。そうすることで、可愛らしさの中にも大人っぽさを出す事が出来ます。少し明るめならシルバー、暗めならダークシルバーのヘアバターをピンクに混ぜてみます。

そうする事で、ピンクでもアッシュっぽいくすんだ感じの色味になります。濃いめに入れたい時にはしっかりと放置時間を置きます。全体的にキレイに染まるように、カラーバターは根元からたっぷりとつけましょう。

おすすめはパステル調のピンクアッシュ

カラーバターでピンクのアッシュに染める使い方と使用例3つ目は、ピンクアッシュのおすすめと言えば、可愛らしいパステル調の薄めのピンクアッシュです。通常のヘアカラーではなかなか出来ない色味になります。

クリアとプラチナシルバーにピンクをほんの少しだけ混ぜてあげればOKです。薄い色でもしっかりと色味が入るように放置時間は10~20分しっかり置きましょう。時々髪色をチェックして、ちょうどいい色味になったら流しましょう。

ピンク系アッシュで纏めたインナーカラーもおすすめ

カラーバターでピンクのアッシュに染める使い方と使用例4つ目つ目は、ピンクアッシュでもクールにかっこよく見えるのがインナーカラーです。同色系でまとめると、とてもかっこよく自然な仕上がりになりとてもおすすめです。

ベースにはアッシュ系でも、アッシュミルクティーをベースにピンクを混ぜたものを使って透明感を演出しています。インナーには薄めのシルバー系にピンクを入れて少し違いを出してあげると良いです。

こちらの記事では、ピンク系のカラートリートメントをご紹介しています。カラーバターの他にもカラートリートメントというものもあります。同じように手軽に染めることが出来るのでぜひ参考にしてみて下さい。

カラーバターでグレーのアッシュに染める使い方と使用例は?

シルバー系のグレーアッシュでインパクトのある髪に

カラーバターでグレーのアッシュに染める使い方と使用例1つ目は、インパクトのあるシルバー系のグレーアッシュです。グレー系のアッシュでも定番の色味です。誰でも1度はやってみたいという色です。このような色でも、カラーバターならしっかりと色味が出るのもカラーバターならではです。

ダークなグレーからの明るいハイライトでセクシーさを

カラーバターでグレーのアッシュに染める使い方と使用例2つ目は、暗めのグレーアッシュからの明るめのグレーアッシュのグラデーションカラーです。巻き髪にすればセクシーさアップの髪色もカラーバターなら簡単に出来ます。

カラーバターはダークシルバーを単品とクリアで薄めたものを2種類使います。根元はダークシルバで根元~中間まで塗ります。次に1番薄めたものを毛先~中間に塗ります。最後に少し2番目に濃いものを中間に塗り、根元と毛先が馴染むように手でしっかりと扱き馴染ませます。このしっかり中間を馴染ませるのがポイントです。

グレーアッシュのハイライト&ローライトで動きのあるスタイルに

カラーバターでグレーのアッシュに染める使い方と使用例3つ目は、グレーアッシュのハイライト&ローライトをランダムにいれる髪型です。全体にランダムに入れる事で、より立体感のあるスタイルへと変化します。パーマスタイルにとてもおすすめの髪型です。

3種類のグレーアッシュを用意します。ベースには1番暗いダークシルバー。残りの2種類をハイライト・ローライトにします。チップの大きさはお好みでランダムにしてください。3種類のグレーアッシュでよりオシャレ度もアップします。放置時間もしっかり置きましょう。

透明感があるグレージュもおすすめ

カラーバターでグレーのアッシュに染める使い方と使用例4つ目は、グレーアッシュでも少し赤みを残したグレージュです。カラーバターにはミルクティーアッシュを使うのがベストです。少しグレー感を強く出したい時には、ここにシルバー系のカラーバターを少量混ぜてもOKです。

こちらの記事では、グレー系のカラートリートメントをご紹介しています。人気のグレー系アッシュの色持ちを良くするにはおすすめです。ぜひ参考にしてみて下さい。

カラーバターの使い方の注意点は?

カラーバターの使い方の注意点①黒髪だと放置時間が長くても発色しない

カラーバターの使い方の注意点1つ目は、黒髪だと放置時間が長くても発色しない事です。カラーバターはトリートメントなので髪を明るくする効果はありません。ですので、どれだけ放置時間を置いても黒髪には染まりません。茶髪以上の明るい髪色に施術しましょう。発色良くするためにはブリーチが必須になります。

ここで紹介したおすすめのカラーバターの使い方や染め方は、全てブリーチ毛への施術になります。中にはブリーチを数回してからカラーバターをしているものもあります。

カラーバターの使い方の注意点②施術にはグローブをつけ汚れてもいい服で

カラーバターの使い方の注意点2つ目は、施術にはグローブをつけて汚れてもいい服で染めましょう。カラーバターはトリートメントなので素手で塗っても荒れる事はありません。色がついても石鹸で洗う事は可能ですが、爪先や指のシワなどに入り込むと落としにくいので、グローブを付ける事をおすすめします。

また、洋服やタオル等についても洗剤で洗えばだいたいは落ちますが、全ての素材で落ちるとは限りません。ですので、カラー中やカラー直後に着る服や使うタオルは、色が多少ついてもいいものを使う事がおすすめです。

カラーバターの使い方・染め方の注意点③ムラが心配なら濡れた髪につける

カラーバターの使い方・染め方の注意点3つ目は、染めムラが心配なら、濡れた髪につける事です。乾いた髪への方が染まりが良いですが、固さがあるので全体に伸ばしにくい部分が出来てしまい、これが色ムラに繋がります。

それを解消するには、髪全体を1度濡らしてからカラーバターを使う方法があります。そうする事で、カラーバターの伸びが良くなり、色ムラが解消されます。ただし、髪が濡れすぎていると、水分でカラーバターが薄まり垂れてきて、しっかりと色が入らない場合があります。濡らした後はしっかりタオルドライをしましょう。

カラーバターの使い方・染め方の注意点④塗る前にはカラーチェックをする

カラーバターの使い方・染め方の注意点4つ目は、塗る前にはカラーチェックをする事です。ヘアカラーは1度塗ってしまったら終わりです。思っていた色味と違った…という経験はありませんか?そんな嫌な思いを解消するには、全体的に染める前に1度部分的にカラーチェックをしておくと良いでしょう。

特にアッシュ系の色はアンダーカラーに左右されやすいので、カラーチェックは必須です。やり方は、耳上の目立ちにくい髪の毛を少量取りカラーバターを塗布します。時間を置いて流して色味を見てみましょう。希望の色になっていたらそのまま全体的に塗布します。これで、カラーバターの失敗が格段に減ります。

カラーバターの使い方・染め方の注意点⑤混ぜる時は薄い色をベースにする

カラーバターの使い方・染め方の注意点5つ目は、混ぜる時は薄い色をベースにする事です。濃い色をベースにに薄い色を混ぜても薄くなりにくいです。ですので薄い色に少量づつ濃い色を足していく事でカラーの色味を調整していきましょう。

また、薄めるためのクリアのカラーバターが手元にない時もあると思います。その時には、白いヘアトリートメントをクリアのカラーバターの代わりに応用して使う事が可能です。カラーバターはトリートメントなのでそのように通常使うトリートメントを代用する事が出来るのもメリットです。

おすすめの染め方でカラーバターの幅を広げよう!

いかがでしたか?紫系、ピンク系、グレー系と様々なアッシュの染め方をご紹介してきました。カラーバターの使い方や染め方にも注意点があるので、それを踏まえた上で様々な色味を調合して自分だけのオリジナルカラーバターを作ってみましょう。きっとカラーバターの色味の幅が広がり、ヘアカラーが楽しくなると思います。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。