INDEX

カラートリートメントって何?

カラートリートメントは髪の表面だけを染めるもの

女性

カラートリートメントは、トリートメントの中に染料を混ぜたもので、ヘアカラーのように髪の内部まで染めるのではなく、髪の表面をやさしく染め上げるものです。トリートメントなので傷んだ髪をケアしてくれるのが特徴です。

カラーリングなどで髪が傷んでいる人でも安心して使うことができます。従来のヘアカラーはアレルギーの心配がありましたが、カラートリートメントはアレルギーが起こる可能性がきわめて低く、ヘアカラーは使えないという理由でカラートリートメントを愛用している方も多いようです。

カラートリートメントはアレルギーになりにくい

女性

カラートリートメントのもっとも大きな魅力は、アレルギーの原因となる化学薬品が入っていないので、敏感肌の人やアトピーの人でも使えるという安心感です。髪にも肌にもやさしく、仕上がりもトリートメントなので、パサついたりゴワゴワしたりしません。

染める前よりワンランク上のツヤのある髪に仕上がります。また、ヘアカラー剤は自宅で染めるには準備が大変でしたが、カラートリートメントはチューブから出して髪に塗布するだけです。

成分がやさしいので、手袋をする必要がなく、入浴タイムに髪を洗ったあとに通常のトリートメントと同じように使うことができます。化学薬品特有のツンとした臭いもなく、色を混ぜて好みの色を作ることもできます。

ピンクのカラートリートメントはダントツ人気の色!

ピンクは日本人の肌になじみやすい色で、ほとんどの日本人女性に似合う色です。とくに透明感のあるピンクアッシュは主張しすぎず、柔らかいニュアンスになるので大人気!女らしくカワイイ印象になるピンク、試してみませんか?カラートリートメントなら簡単に挑戦することができます。

カラートリートメントはどう使えばいい?

オーガニック商品

カラートリートメントはヘアカラーのように一度でシッカリ色が染まるものではありません。最初の一度だけではほんのり淡く染まる程度です。使えば使うほど色がついていくのがカラートリートメントなので、1回使って染まらなかったからといって、あきらめるのは早すぎます。

それでは、実際にカラートリートメントってどう使えばいいのでしょうか?そんな疑問に関するいくつかのポイントを挙げていきます。

通常のトリートメントのようにシャンプー後に使う

トリートメントをする女性

トリートメントなので、シャンプーの後に使うのが一般的です。商品にもよりますが、塗布して5~10分ほど放置してから洗い流せば出来上がりです。最初のうちは染まりにくいので、シャンプーするたびに使ってもいいでしょう。色がついてきたら、週に1~2回の頻度で使うようにします。

シッカリ染めたいときは乾いた髪に塗布する

髪の毛をセットする女性

カラートリートメントはヘアカラーほどは強い染毛力はありませんが、それでもなるべくならしっかりと綺麗な色を入れたいですよね。

そんなときは、シャンプー後の濡れた髪ではなく、乾いた髪に使ってみましょう。塗布後は目の粗い櫛でザックリととかして、色ムラができないようにします。放置時間も通常より少し長めにすると染まりやすくなります。

色がキツすぎると感じたら薄めることもできる

バス用品

カラートリートメントはまれに色が強く出すぎてしまうことがあります。そんな時は手持ちのトリートメントやコンディショナーで薄めて使いましょう。このようにカラートリートメントは薄めたり他の色のカラートリートメントと混ぜ合わせたりしてカスタマイズできるのも愛されるポイントです。

ヘアカラーした髪にもカラートリートメントでケア

カラフルな壁と女性

ヘアカラーできれいに染めても、しばらくすると色があせてきます。そこで活躍するのがカラートリートメントです。あせた色を補うようにカラートリートメントで補色していくと、色あせが目立たず、髪も傷みません。

黄みを抑えたい時はブルー系、赤みを抑えたい時はグリーン系、落ち着いた色にしたい時はグレーやブラウン系のカラーを使うとキレイな色を維持できます。

カラートリートメントできれいに染めるには?

寒いと染まらない!

パックをする女性

カラートリートメントに限らず、ヘアカラーでも同じなのですが、温めたほうがよく染まります。よく美容院でも頭部を温めていますが、あれはよく染まるようにしているのです。では自宅ではどうしたらいいかというと、サランラップで巻くのがおすすめです!

筆者も自宅で染めるときにはいつもサランラップを巻いています。こうすると染まり具合がワンランクアップします。サランラップが面倒な人は、100円ぐらいで売っているビニールキャップでもいいです。とくに寒い冬は頭部を温めながら染めてくださいね。

黒髪は染まりにくい

女性

通常のヘアカラーもそうなのですが、黒髪からいきなり違う色に染めようとすることは無理があります。カラーを入れるときにはまず脱色することが基本です。もともとブリーチしていたり、薄い茶髪の人は染まりやすいでしょう。

もし、しっかりと染めたいのなら、ブリーチをして髪の色を抜いてからヘアカラーで染めるときれいに髪の毛が染まりやすくなります。

ピンクのカラートリートメント:人気ランキングTOP5!

【第5位】AprilSkin(エイプリルスキン)

Amazonで商品の詳細を見る

20種類のハーブエキスが含まれており、傷んだ髪に栄養を与えるトリートメントです。シャンプーの時に使用するだけでサラサラのピーチピンクに!色は2週間持続します。

【第4位】【資生堂】ベネフィークカラーリペアトリートメント

Amazonで商品の詳細を見る

美容エッセンスでダメージなどの髪の悩みを補修しながら、気になる白髪に少しずつ彩りをプラス。使うたび、つやめく愛され髪に仕上げます。オーラピンクは、少しずつ髪にほんのりピンクの彩りを与えます。上質で華やぎのある愛されオーラの香り。

【第3位】クリップジョイントカラーバターベイビーピンク

Amazonで商品の詳細を見る

カラーとトリートメントが同時に出来る魔法のトリートメント。色ムラになりにくくキレイに染まります。色素補給をしながら染まるので、傷んだ髪を補修してツヤツヤサラサラの髪に。

【第2位】フラガールカラートリートメントローズブラウン

Amazonで商品の詳細を見る

トリートメントのパイオニアから待望のカラートリートメントが誕生。髪全体を補修、保護しながら徐々に髪を染めることができます。

【第1位】アンナドンナエブリカラートリートメントピンク

Amazonで商品の詳細を見る

自宅で使えるカラートリートメントの代表的な商品です。イオン染料配合で髪の毛のダメージを補修しながらカラーできるトリートメント。 ヘアカラーとは違い、髪を傷めにくく、日頃のシャンプーと共に使用することで徐々に色が入ります。

ランキングで紹介した商品の比較

ドライヤーをする女性

カラートリートメントでは1位のアンナドンナ エブリ カラートリートメントがダントツ人気です。ピンクの他にもパープルやオレンジ、レッド、ブルー、グリーンなどカラーバリエーションが豊富です。いくつか色をそろえて自分だけの色を作ってみてもいいですね!

2位のフラガールの商品はトリートメントのパイオニアから誕生した品質抜群のカラートリートメントです。髪の傷みが気になる方は、こちらを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

カラフルな紙袋をもつ女性

カラートリートメントは染めた色が1~2週間で落ちてしまうので、いろいろな色を試すことができます。服を着替えるように、髪も着替えてみませんか?しかも髪を傷めることなく綺麗な髪色を保つことができるので、ヘアカラーで傷んでしまった髪にも安心。次に染めるときはカラートリートメントを試してみませんか?

関連のおすすめ商品(メインで紹介した商品に関連した類似商品を紹介)

Amazonで商品の詳細を見る

こちらでご紹介するのは、ロイドのカラーシャンプーです。染めた髪はカラーした髪用のシャンプーでケアしたいもの。とくにピンクは色落ちが早いので、専用のシャンプーでケアすると持ちがぜんぜん違いますよ!ピンク専用のシャンプーがあるので、ピンクに染めたい人は、こちらもあわせてどうぞ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。