INDEX

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉は?

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料①プリンターのインク

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料の1つ目はプリンターのインクです。ダイソーなどで売っているプリンターのインクにはブラック以外にもシアン、マゼンタ、イエローがあります。これらの色を利用して、白いTシャツなどを染色することができます。

印刷用のインクなので色がはっきりと反映されやすく、しっかりと染めたいという方におすすめの染料です。インクを混ぜて自分好みの色合いにしてから染めてみるのもおすすめです。

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉②茶葉

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉の2つ目は、コーヒーや紅茶、煎茶などの茶葉です。特に紅茶は茶葉の種類によって色合いも少しずつ異なります。茶色の古めかしい味わいのある色合いにしたいけれどもう少し赤みのある茶色が良い、というように色にこだわりたい方におすすめの染料です。

また染料は独特の匂いがあることが多いですが、茶葉を染料にする場合はお気に入りの紅茶やコーヒーなどを使って香りを楽しみながら染めていくことができるのもポイントです。

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料③絵の具

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料の3つ目は絵の具などの画材です。絵の具を使えば様々な色から選んだり、色を混ぜて自分好みの色を作りやすく、より好きな色に染めやすくなります。またアクリルが使われた絵の具は布にも絵を描きやすく、乾かせば水にも強くなるので、染めた色も長持ちしやすいです。

水に溶かしやすいので自分でどのくらいの色の濃さが良いか考えながら調節しやすいのもポイントです。少しずつ染めて変わっていく色合いを楽しみたい方におすすめの染料です。

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉④漂白剤

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉の4つ目は漂白剤です。漂白剤は洗剤などのコーナーに置かれていることが多く、色を付けるのではなく色を抜いて味わいを出したいという方におすすめの染め粉です。もともと色がはっきりとしている紺のデニム生地などが染めるものとして適しています。

濃い目の色合いを少し和らげて薄くしたいという時や、ところどころ色を白抜きして柄を作りたいという時に重宝する染料です。染めている時に吸い込みすぎてしまわないように空気の入れ替えはしっかりと行うようにしましょう。

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉⑤墨汁

布染めにおすすめな(ダイソーなどの)100均の染料・染め粉の5つ目は墨汁です。墨汁を適度に水で薄めて染料にすることでグレーに染め上げることができます。色を今よりも少し暗めにしたいという時や明るすぎる色を落ち着いた印象にしたい時に便利な染料です。特にもともと白い服や布は綺麗に染まりやすいです。

墨汁独特の匂いは色と一緒に染み付いてしまうこともあるので、後から香り付けをして墨汁の匂いを打ち消すようにすると良いでしょう。

布を染色する・布染めをする際の注意点は?

布を染色する・布染めをする際の注意点①ビニールシートなどの汚れ対策を

布を染色する・布染めをする際の注意点の1つ目はビニールシートなどで汚れ対策をすることです。染料を使う時には染めたいTシャツなどの布以外に色が移ってしまわないようにビニールシートを引いて床や壁が汚れないように対策しましょう。また自分の服や肌に染料が付いて取れなくなるのを避けるための対策も大事です。

なるべく汚れてもいい服で作業したり、ビニール製の手袋などをつけるように心がけると良いでしょう。汚れないようにしておくことで、作業の後始末も楽になります。

布を染色する・布染めをする際の注意点やコツ②Tシャツなどの性質で選ぶ

布を染色する・布染めをする際のコツの2つ目は、Tシャツなどの布の性質が染めやすいかどうかで選ぶようにするということです。染めやすい綿などが使われた布を染めることで、より綺麗に色を付けることができます。より染料の特徴を活かして仕上がりを綺麗にしたい時には、布の性質にもこだわるようにしましょう。

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方は?

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方①布を洗って汚れを取る

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方の工程の1つ目では布を洗って汚れをよく取りましょう。事前に汚れを取ったり水を通したりすることで、より布の全面に色を付けやすくなります。Tシャツなどの汚れが一部分に溜まっていたり残っていたりするとそこだけ上手く染料が染み込んでいかないことがあります。

またもともとの汚れと染色した色味が喧嘩しあって綺麗に仕上がらなくなってしまうこともあるので、なるべく綺麗に洗ってから布染めに進むようにしましょう。

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方②模様がつくように縛る

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方の工程の2つ目では模様がつくように布を縛っていきます。水玉が染み出したような風合いの模様は布の一部をつまんで縛ると作ることができます。つまんだ布をくるくると回すと渦巻きのような模様になります。また布を細い円筒になるように巻くと縞模様を作り出せます。

色々な所を不規則に折り畳んで染めると様々な模様が現れるので個性的な印象になります。自分がどのような模様に染めたいか考えてみて実践してみましょう。布を縛る時には輪ゴムなどを使ってしっかりと縛るようにするとより模様を付けやすくなります。

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方③染料をバケツに作る

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方の工程の3つ目では染料をバケツに作っていきます。絵の具やインクなどを使う時は水に溶いて好みの色合いを作りましょう。漂白剤で染める場合は色抜きをしたい部分だけに漂白剤を付けるようにしましょう。また茶葉を染料にする場合は事前に濃く煮出すと上手に作れます。

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方④色がついたら乾かす

100均の染料を使った簡単な布染め方法・染め方の工程の4つ目では色が付いた布を乾かしていきます。色が全体に染み渡ったら布を絞って余分な水分を取り除きます。すぐに使ってしまうよりもしっかりと時間をかけて乾かすことでより色落ちしにくくなり、また長持ちする染め物になります。

ダイソーなどの100均の染料で簡単に布染めアレンジを楽しもう

ダイソーなどの100均の染料で簡単に布染めをして自分好みに仕上げるアレンジを楽しみましょう。デザインが好きだけれど色を変えたいと感じたり、模様をつけてもっと自分だけの服にしたいと感じたらぜひ実行に移してみましょう。こちらの記事では絞り染めについて紹介しています。色々な染め方を参考にしてみましょう。

Small thumb shutterstock 143930881
関連記事 絞り染めの簡単なやり方や方法!藍染の模様の種類や絞り方・縫い方とは?

自宅で藍染はできるのでしょうか?今回は自宅での藍染・絞り染めの歴史や、

草木の色味を活かした染め方もあります。こちらの記事では植物を使って自然な色味の染め物をする方法を紹介しています。100均のアイテムと同じように、入手しやすいもので染めることができる方法なので染める色味にもっとこだわりたいという方はぜひチェックしてみましょう。

Small thumb shutterstock 455443168
関連記事 草木染めで簡単に布を染める!材料は植物だから安心!そのやり方とは?

草木染めは、植物を材料に色の自然な色を煮だして簡単に布を染めるやり方で

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。