INDEX

トートバッグのリメイクアレンジのポイント・必要なアイテムは?

トートバッグのリメイク・アレンジのポイントについて!

トートバッグのリメイク・アレンジのポイントはどんなバッグにしたいか、どのような場面で使うのかを想像してからアレンジすることです。せっかくリメイクするのだから使わないともったいないです。用途やシチュエーションを考えてから取りかかるようにしましょう。

トートバッグのリメイクに必要なアイテムを紹介!

ここでご紹介するリメイク・アレンジに必要なアイテムは、100均で手に入るものがほとんどです。トートバッグはできれば無地トートバッグの方がアレンジしやすいです。また、着なくなった古着や身近にあるものでもおしゃれにアレンジ出来ますよ。

トートバッグは作りがとてもシンプルなのでリメイクやアレンジが簡単に出来ます。材料も簡単に手に入るものばかりです。また、自宅にあるものを再利用するのもリメイクの良さなので材料を購入する前に自宅に使えそうなものがないか探してみてください。

ダイソーやセリアなどの100均で手に入るものばかり

こちらで紹介するリメイク・アレンジに使う材料は、100均で購入できるものばかりです。トートバッグ自体も100均でも売られているのでぜひチェックしてみてください。リボンなどはラッピングコーナーなどで売られていることが多いです。毛糸も今では年中取り扱いがあるので気軽に購入することができます。

今回ご紹介するリメイク・アレンジに加えることによってさらにおしゃれになるビーズが紹介さている記事がありますのでこちらもぜひチェックしてみてください。全て100均で手に入るアイテムです。

Small thumb shutterstock 485331994
関連記事 100均のビーズ15選!ダイソー・セリア別!ハンドメイドに使おう!

100均のビーズは種類も豊富で素敵な色合いがそろっています。ダイソーや

レース編|トートバッグの簡単リメイク・アレンジ実例5選

トートバッグのリメイク実例①好きなレースで簡単にアレンジ

レースはカジュアルでスポーティーなトートバッグをガーリーに仕上げてくれます。トートバッグに縫い付けるだけで一気に可愛い印象になりますよ。何枚もレースを重ねるとゴージャスな印象になります。黒やパステルカラーなど色のついたレースでもおしゃれですよね。

トートバッグの縁の部分は折り返されているので生地もしっかりしています。柔らかいレースも縫い付けやすいです。フリルのように下の部分に縫い付けても可愛いです。下の部分に縫い付ける場合は、色の濃ゆいレースを使うと汚れてが目立たなくてオススメです。

トートバッグのリメイク実例②レースをピンにつける

安全ピンにレースを数種類つけてバッグに止めるだけでもグンとガーリーな印象になります。安全ピンはダイソーやセリアなどの100均で販売されているものがアンティーク調で素敵ですのでオススメです。もっと長いレースをリボンのように安全ピンにつけても可愛いですよね。

トートバッグのリメイク実例③大判のレースをつける

大判のレースならぜひ直接バッグ本体につけてみてください。全く違った印象になります。手縫いが苦手な方は、グルーガンでつけてもいいと思います。グルーガンとは熱の力で接着剤を溶かして自由に布などを接着することができるもので、DIYをする方には有名なものです。

グルーガンはダイソーやセリアなどの100均やホームセンターなどでも購入出来ます。瞬間的に接着することができるのでボンドのように接着時間がかからないことが魅力の一つです。後からご紹介するリメイク・アレンジ法も縫い物が苦手な型はグルーガンで接着してみても良いかもしれません。

トートバッグのリメイク実例④レースを直接つけてアレンジする

種類の違うレースを縫い付けても素敵ですよね。生成りのトートバッグに縫い付ければナチュラルな印象になります。レースは同じ色の縫い糸を使えば縫い目も気にならないのでリメイクや縫いのも初心者でも挑戦しやすいと思います。レースなら自由につけるだけでアーチスティックなバッグに仕上がります。

トートバッグのリメイク実例⑤前面をレースで覆えば簡単に印象チェンジ

もっとガーリーな印象にしたければ、前面にレースを貼ってみてはいかがでしょうか?取っ手も同じ色のリボンを巻きつけるとさらに素敵になります。

リボン編|トートバッグの簡単リメイク・アレンジ実例5選

トートバッグのリメイク実例①リボンをつける

リメイクやアレンジが苦手な方はリボンをそのままつけてみてください。リボンのちょうど真ん中の結び目の部分だけ縫い付ければ動きも出てかわいいですよ。

トートバッグのリメイク実例②サイドにリボンをつける

サイドに穴を開けて、リボンを交差するように結べばとってもガーリーな印象になります。もっと幅の広いリボンにすると存在感が増します。一度穴を開けてしまえば、いろんなリボンを気分に合わせてつけることができるのでオススメです。

作り方はとっても簡単です。トートバッグのサイドに穴を数カ所開けてリボンをジグザグに通して結ぶだけです。幅の広いリボンを使うととってもおしゃれですよね。まるで既製品のようです。リボンの素材をベロアやチュール素材に変えると1年中使えそうです。

トートバッグのリメイク実例③大判のリボンをつける

大判のリボンならこのようにバッグに大きなリボンを作って縫い付けてもかわいいです。サイドを縫い付ければリボンが広がったようなデザインになります。リボンの質感や柄を変えれば様々な印象のバッグが出来そうですね。作り方もサイドを縫い付けるだけなので簡単です。布を再利用しても良いかと思います。

トートバッグのリメイク実例④リボンをワンポイントで加える

ちょっとしたアレンジなら、縁にリボンを縫い付けてみてはいかがでしょうか?生地のしっかりしたリボンなら縫い付けやすいです。見える部分だけしてもいいと思います。リボンは家に余っているものを再利用してもいいと思います。

トートバッグのリメイク実例⑤取っ手にリボンを巻きつける

グンと印象を変えたい方は取っ手部分にリボンを編むようにして巻きつけてみてはいかがでしょうか?これなら針も糸も使わずに出来ますし、完成度が高いです。お出かけにもぴったりです。

リボンはお好みの幅や色で自分らしさを出してみてください。また、プレゼントなどについていたリボンを再利用してもいいと思います。リボンの色を変えてもおしゃれですよね。

糸編|トートバッグの簡単リメイク・アレンジ実例5選

トートバッグのリメイク実例①お好みの糸を編み込む

お好みの色の毛糸や糸を縁や取っ手に編み込むととっても可愛くなります。バッグの補強も出来ますし、印象もガラリと変えることが出来ますよ。100均でかわいい毛糸が簡単に手に入ります。

トートバッグのリメイク実例②無地トートバッグに刺繍

売られている可愛いトートバッグも最近だと刺繍が施されているものが多く見受けられます。自分の名前のイニシャルや好きな言葉などを刺繍して自分だけのトートバッグを作ってみるのもいいかもしれません。

トートバッグのリメイク実例③紐を通して巾着にする

こちらはトートバッグの取っ手をとってしまって、縁の部分に紐を通して巾着袋にしたものです。縁の部分は折り返されて縫われているのでそこに穴を開けて簡単に紐を通すことが出来ます。毛糸や皮の紐を通してもまた違った印象になります。旅行の際のパッキングの際に便利です。

トートバッグを巾着にするのは作り方も簡単ですし、巾着にすれば用途も広がります。取っ手はそのままでもいいと思います。小さいサイズのトートバッグなら巾着にしてみてはいかがでしょうか。

トートバッグのリメイク実例④フリンジをつける

こちらはフリンジをトートバッグに縫い付けたものです。フリンジは手芸店で購入出来ます。フリンジは、今では年中人気ですし、トートバッグとの相性もバッチリです。縁につけたり、サイドにつけても可愛いですね。

トートバッグのリメイク実例⑤作り方も簡単なタッセルをつけてみる

縫ったり編んだりするのが苦手な方はタッセルをつけてみるのはどうでしょう?タッセルならお好みの色とハサミだけで出来てしまいます。取り外せるので一つ作っておけばいろんなバッグにつけることが出来ます。

布・お絵かき編|トートバッグの簡単リメイク・アレンジ実例5選

トートバッグのリメイク実例①着なくなった服を再利用

ハギレを適当に縫い付けるだけで簡単にアレンジ出来ます。着なくなった服を再利用してもいいですね。綺麗に縫わなくてもあえて糸もカラフルにジグザグに縫ったり、ハギレからはみ出しても素敵です。このリメイク法は、トートバッグにもともと付いていた気に入らない柄やロゴを簡単に隠すこともできるのでオススメです。

お気に入りだけど着られなくなった服を再利用すると材料費もかかりませんし、洋服を再び蘇らせることができます。バンダナやハンカチをつけてもおしゃれですよね。浴衣や着物など和柄の生地を使ってもモダンでおしゃれなバッグに仕上がります。

トートバッグのリメイク実例②着なくなった服をポケットに再利用

ハギレを縫い付ける際に、上部分だけ縫わずに開けると簡単にポケットが出来てしまいます。大きなトートバッグにポケットが一つあるだけで細々した物の収納にとっても便利ですよね。このように外にポケットを作ってもいいですし、バッグの内側につけてもいいと思います。

ハギレをフェルトやウール素材のものに変えると秋冬でもおしゃれに持てるトートバッグになります。フェルトなら、端の始末をしなくていいので縫い物が苦手な方でも簡単にポケットをつけることが出来ます。

トートバッグのリメイク実例③デニムを再利用すれば印象が変わる

このように、ハギレをデニムにしたり、アップリケをつけるととても賑やかになります。トートバッグはバッグの原型がすでに出来ているので、そこにデニムやアップリケをつけるだけでいいのでリメイクやアレンジが簡単に出来ます。布用ボンドでつければ針と糸を使わずにアレンジ出来てしまいます。

手が込んでいそうですが、意外にも作り方は簡単です。デニムをバッグの型に合わせて切ったり組み合わせて先ほどご紹介したグルーガンやボンドで貼り付けていくだけです。ワッペンはアイロンでつけるタイプがオススメです。これでトートバッグが自分だけのデニムバッグになってしまいます。

トートバッグのリメイク実例④ロゴやイラストを描く

イラストを描くのが得意な方は布用絵の具やクレヨンでトートバッグに自由に絵を描いてみてはいかがでしょうか?布用の絵の具やクレヨンは洗濯しても落ちないものを使用すると安心です。ワンポイント加えるだけでオリジナルのトートバッグが出来ますよ。

ロゴを描いてもいいですし、お子さんには好きなキャラクターの絵を描いてあげると非常に喜ばれます。イラストが得意な方はぜひ挑戦してみてください。

トートバッグのリメイク実例⑤作り方も簡単なステンシルでアレンジ

絵を描くのはちょっと、という方はステンシルという方法のあります。作り方はとっても簡単です。好きな型をトートバッグに当てて専用のインクをスポンジなどでトントンと当ててつけるだけで簡単に出来ます。

ステンシルの型は、ダイソーやセリアなどの100均で購入することが出来ます。また、プラ板などを好きな方にカットしてオリジナルのステンシル型を作ってみてもいいかと思います。

また、マスキングテープを使えば、簡単にまっすぐなラインが描けるのでボーダーなどを表現したい場合はマスキングテープがオススメです。使っていないマスキングテープはありませんか?ぜひ再利用してみてください。

トートバッグのリメイク・アレンジを楽しもう!

トートバッグはバッグとして形が完成されているのでリメイクやアレンジが非常にしやすいので初心者にオススメです。作り方も簡単ですし、材料も身近なものやハギレなどを再利用して出来てしまいます。少し手を加えるだけでおしゃれに生まれ変わるので自分だけのトートバッグにしてみてはいかがでしょうか。

材料や出来上がりをあれこれ考えるのがリメイクの醍醐味です。納得のいくものが出来なかったとしても、またアレンジを加えればいいですし、愛着も湧いてきます。挑戦してみてください。作り始めるととっても楽しいですよ。

ハンドメイドが得意な方は、トートバッグから手作りして自分好みの形や大きさのトートバッグをアレンジしてみてはいかがでしょうか?トートバッグの作り方の記事も載せておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 424656016
関連記事 【DIY】初心者必見!ハンドメイドでトートバッグを簡単に作る方法をご紹介!

トートバッグをハンドメイドして、お子様や旦那さまにプレゼントした経験あ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。