INDEX

大人気の100均(ダイソー)の多肉植物ってどんなもの?

100均(ダイソー)の多肉植物とは分厚い葉っぱが特徴の植物

100均でも売っている人気の多肉植物は、葉・茎・根などに水を貯蔵することのできるタイプの植物のことを指します。サボテンも多肉植物の一種ですが、100均では、サボテンと多肉植物に種類分けされていることもあります。

100均でも買える多肉植物は、水を貯蔵するための葉っぱや茎が分厚くしっかりしているのが特徴で、可愛さのポイントでもあります。そして、自力で水を貯蔵することができるため、世話が比較的簡単なことも、人気の秘訣です。次の記事も参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 365023982
関連記事 多肉植物の育て方|植え方や増やし方は?おすすめの種類や植え替え法も

プクっと可愛い多肉植物の育て方・増やし方・植え方をご紹介します。育てや

インテリアにもなる育てやすい多肉植物と土の選び方

ダイソー・セリア・キャンドゥなど100均でもたくさんの種類が売っている多肉植物ですが、決して粗悪品が売っているというわけではありません。むしろ、「ダイソーだから手に入る」などの種類も存在します。

100均の多肉植物を選ぶ際のポイントは、葉っぱがしっかりとしているもの、鉢とのサイズが合っているもの、特に根元などの色がきれいでしっかりとしているもの、土がきれいなもの(苔がついていたりしないもの)などです。土は、多肉植物用のものを選ぶと良いでしょう。水はけが良いものが良いでしょう。

100均のアイテムは、お試しなどで購入する人も多いかもしれませんが、100均の多肉植物は、非常に小さく株分けされているので安く販売されているだけで、しっかりと育てれば、花屋さんなどで数千円で売っているものと変わらないくらいにとても立派に成長します。愛情を込めて育ててあげましょう。

【ダイソー編】おすすめ100均多肉植物5個!

100均|ダイソーの多肉植物①セダム属虹の玉

100均(ダイソー)のセダム属虹の玉は、夏場は緑、秋から春の気温が低い時期は葉が赤になることが人気の多肉植物です。株がある程度成長すると、5月〜6月ごろに、葉の先端に小さな星型の黄色い花が咲きます。色が変わるので、入れ物にこだわったインテリアにしても良いでしょう。

虹の玉は、水はけがよく乾燥気味で、日当たりがよい場所に置いてあげましょう。特に春と秋は、しっかりと日に当ててあげましょう。直射日光は葉焼けしてしまう場合がありますので避け、明るい日陰に置いてあげましょう。

虹の玉は、一年を通して乾燥気味にしておきましょう。春と秋は土が乾いてきたら水やりをします。夏は根腐れを避けるために水やりは控え、葉にハリがなくなってきたら水やりをします。冬は水やりを控え、また霜や凍結などに注意しておきましょう。

100均|ダイソーの多肉植物②エケベリア属女雛(めびな)

100均(ダイソー)のエケベリア属女雛は、可愛らしい花のような形が特徴の多肉植物です。夏場は緑色をしていて、秋から春の気温が低い時期は、葉の色が赤く変化します。春から初夏にかけて、花が咲く種類もあります。かわいい入れ物に入れ、インテリアにすると良いでしょう。

エケベリア属女雛は、耐寒性があり、寒さに強いので、日当たりの良い場所であれば、どこでも育ちます。ただし、湿気には弱いので、風通しの悪い場所や、雨の続く時期などには注意が必要です。

エケベリア属女雛は、なるべく乾燥気味に育てます。春と秋は、土が乾燥したら水をたっぷりと与えます。乾燥していない段階で水を与えてしまうと、根腐れの原因となってしまいます。葉に水がかかるとしおれてしまいますので、葉にはかけないように注意します。夏と冬は、葉にハリがなくなったら水を与えます。

100均|ダイソーの多肉植物③アエオニウム属カシミアバイオレット

100均(ダイソー)のアエオニウム属カシミアバイオレットは、冬型の多肉植物です。夏場は休眠しています。別名バイオレットクイーン、ベロアといい、濃い紫色に色づくのが特徴です。また、成長していくと茎が縦に伸び、先端に花のように葉がつくようになります。

アエオニウム属カシミアバイオレットは冬に生育する種類で、適正気温は8℃〜25℃程度です。25℃以上になる時期は、風通しの良い日陰に置き、水やりを控えて休眠させます。5℃以下になる時期は、室内で育てるなど、防寒した方がよく育ちます。日によく当てた方が、色づきが良くなります。

アエオニウム属カシミアバイオレットは、6月〜9月ごろは休眠期となるので、基本水は与えません。月に1〜2回葉水のみを与えます。雨などが当たらないようにも注意しましょう。秋に新芽が出てきたころから、徐々に水を与え、生育期は、土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。

100均|ダイソーの多肉植物④クラッスラ属カネノナルキ

100均(ダイソー)のクラッスラ属カネノナルキは、低い木のように育つ多肉植物です。丈夫で育てやすく、挿し木で簡単に増やすこともできます。ある程度の大きさに育つと、白い星型の花を咲かせます。

クラッスラ属カネノナルキは、風通しが良く日当たりの良い場所を好みます。明るい日陰でも育ちますが、日当たりの良い場所の方が元気に育ちます。湿気に弱いので、湿度の高い場所は避けましょう。気温が5℃以下になる場合は、室内などで防寒しましょう。霜がついてしまうと枯れてしまう場合がありますので注意が必要です。

クラッスラ属カネノナルキの水やりは、春と秋は土が乾いた頃にたっぷりと水を与えます。夏場は夕方涼しくなった頃に春秋と同じように水を与えましょう。冬は休眠期なのでなるべく乾燥させ、月に1、2度、暖かい日中に水を与えましょう。

100均|ダイソーの多肉植物⑤ハオルチア属十二の巻

100均(ダイソー)のハオルチア属十二の巻は、別名シマシマゼブラ、ハウォルチアゼブラと呼ばれる多肉植物です。細長く尖った葉と、葉に浮かぶ白の縞模様が特徴です。大変丈夫な種類で、あまりお世話を必要とせず、インテリアなどにも重宝される多肉植物です。

ハオルチア属十二の巻は、直射日光を避けた日当たりの良い場所に置いてあげると良いです。室内に置く場合は、定期的に日光浴させてあげると、元気に育ちます。冬場は室内で防寒してあげると良いでしょう。

ハオルチア属十二の巻は、湿気に非常に弱いので、なるべく乾燥気味に育てます。土がカラカラに乾燥した時に与えるくらいで十分です。土の中が蒸れないように、皿にも水をためないようにしましょう。室内に置く場合は、冷暖房は直接当たらないようにしましょう。

【セリア編】おすすめ100均多肉植物5個!

100均|セリアの多肉植物①クラッスラ属銀揃(ぎんぞろえ)

100均(セリア)のクラッスラ属銀揃(ぎんぞろえ)は、細長く尖った葉の全体に産毛のような白い毛が生えていることが特徴の多肉植物です。別名「銀箭(ぎんせん))」(銀色の矢の意味)と呼ばれます。

クラッスラ属銀揃は、風通しがよく、日当たりの良い場所に置いてあげましょう。高温多湿を嫌いますので、直射日光は避け、適度な日当たりの場所を選びましょう。真夏は半日陰におくと良いです。

クラッスラ属銀揃の生育期の春と秋は、土が乾いたらたっぷりと水をあげます。夏場は休眠期ですので、基本水は与えませんが、土が内側まで完全にカラカラになったら水を与えましょう。冬も休眠期ですので、水やりは2週間〜1ヶ月に1回程度に抑えます。水のやりすぎは根腐れの原因になります。

100均|セリアの多肉植物②センペルビウム

100均(セリア)のセンペルビウムは、40もの原種がある多肉植物です。品種によって様々な発色や生育の様子が楽しめます。葉はロゼット状をしており、冬ごろ黒っぽい赤に紅葉し始め、春には固有の濃い紫色になります。

センペルビウムは、日当たりの良い場所に置き、生育期である春と秋はなるべく長く日に当ててあげましょう。高温多湿を嫌いますので、風通しの良い場所に置いてあげましょう。特に梅雨時期や夏場は、土が蒸れてしまうと根腐れしてしまいますので、注意が必要です。

センペルビウムは、春と秋の生育期には、土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。夏と冬は休眠期ですので、基本は水やりをしません。センペルビウムの枯れてしまう原因は、ほとんど水のやりすぎによる根腐れですので、水やりは最低限にしておく方が良いでしょう。

100均|セリアの多肉植物③セダム属ビアポップ

100均(セリア)のセダム属ビアポップは、別名新玉つづりとも呼ばれる多肉植物です。マスカットのようなぷくっと丸い葉が密集する様は、多肉植物好きに大人気です。一年を通じてグリーンですので、寄せ鉢などにも人気の種類です。

セダム属ビアポップは、一年を通じて、風通しの良い場所に置いてあげましょう。気温はあまり気にせず育ちますので、暑さ対策・寒さ対策は必要ありませんが、地域によっては、寒さのせいで、ビアポップが半透明になってしまう場合がありますので、冬は室内に入れると良いでしょう。

セダム属ビアポップは、春と秋は、土が乾いたらたっぷりと水を与えます。夏と冬は休眠期ですので、乾燥気味にしておきます。完全に土が乾いてから数日後に水を与える程度にしておきましょう。春と秋は、2ヶ月に1回のペースで緩効性化成肥料を与えても良いでしょう。肥料はビアポップに直接触れないようにしましょう。

100均|セリアの多肉植物④カランコエパンダ

100均(セリア)のカランコエパンダは、月兎耳とも呼ばれる多肉植物で、細長い葉の全体にふわふわした毛の生えていて、その姿はうさぎの耳のようです。

カランコエパンダは、風通しが良く、日当たりの良い場所に置いてあげます。真夏の時期以外は、直射日光に当てても大丈夫です。風通しの悪い場所や霜のつくような場所だと、生育が悪くなってしまいますので、注意しましょう。

カランコエパンダは、春と秋は、土が乾いたら水を与えます。夏は夕方涼しくなってから水を与えましょう。土が乾いていない状態で水を与えると、根腐れの原因となりますので、注意しましょう。冬は基本的には水を与えず、1ヶ月に1度程度、土が濡れる程度に水を与えます。

100均|セリアの多肉植物⑤カランコエ属キューエンシス

100均(セリア)のカランコエ属キューエンシスは、トナカイのツノのような形が特徴の多肉植物です。日当たりの悪い場所で育てると、ひょろひょろと長く育ってしまいますので、日当たりの良い場所で育てましょう。ただし、直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こしますので、直射日光は避けましょう。

カランコエ属キューエンシスは、風通しが良い日向におき、春と秋は土が変わりたらたっぷりと、夏は夕方に水を与えます。冬の時期は霜などに注意をし、水は土がカラカラに乾燥してから与えます。水の与えすぎには注意が必要です。

【キャンドゥ編】おすすめ100均多肉植物3個!

100均|キャンドゥの多肉植物①ハツコイ

100均(キャンドゥ)のハツコイは、別名エケベリア、パープルキングと呼ばれ、形はバラの花のようで、育つと薄ピンクの葉になります。風通しが良く、日当たりの良い場所に置きましょう。可愛らしい色と形の多肉植物なので、可愛い入れ物を用意することで、より素敵なインテリアになりそうです。

ハツコイは、春と秋には土が乾いたらたっぷり水を与え、夏と冬はしっかりと断水します。土が湿ったままの状態でいると根腐れしてしまいますので、水の与えすぎには注意が必要です。

100均|キャンドゥの多肉植物②キャンディー

100均(キャンドゥ)のキャンディーは、パキベリア属の多肉植物です。学名はドクター・コーネリアス。白い粉を吹いたような葉が美しく、人気です。低温期には紅葉し、ピンク色に変わります。

100均(キャンドゥ)のキャンディーは、風通しの良い、日当たりの良い場所に置きましょう。直射日光に当てても大丈夫です。2週間〜1ヶ月に1度、土が濡れる程度に与えます。土が湿った状態が続くと根腐れしてしまうので、注意しましょう。

100均|キャンドゥの多肉植物③三日月ネックレス

100均(キャンドゥ)の三日月ネックレスは、セネキオ属の多肉植物です。葉は三日月のような形で、成長すると、ネックレスのように長く伸びていき、下へ垂れ下がっていきます。インテリアのアレンジに使いやすい多肉植物です。

三日月ネックレスは、直射日光は避け、風通しの良い半日陰になっている場所に置きましょう。暑すぎる場所や湿度の高い場所では枯れてしまう可能性がありますので、避けましょう。水のやりすぎには注意をし、土が乾いたらたっぷりと与え、土が湿り続けないようにしましょう。

100均(ダイソー)の多肉植物の活用例

ブリキの入れ物を使ってカフェ風インテリアに

1年を通じて、美しい姿を保つ多肉植物は、インテリアに最適です。デスク周りに、キッチンなど、場所を選ばず飾れます。湿度の高い場所を嫌う種類は多いので、水場は避けておくのが無難でしょう。

100均では、可愛い入れ物もたくさん売っていますので、入れ物を工夫しても良いでしょう。ただし、土が蒸れたり、湿った状態が続くと根腐れを起こしてしまう可能性がありますので、風通しの良い器に入れた上で、ブリキなどの容器に入れる等すると良いでしょう。

ダイソーやセリアなどの100均には、インテリアになる観葉植物もたくさんあります。こちらの記事も参考に、部屋の中のグリーンを増やしてみてはいかがでしょうか。

Small thumb %e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%99%e3%83%aa%e3%82%a2
関連記事 100均の観葉植物9選!ダイソー・セリア別!人気の種類は?

100均の観葉植物が種類が多くてとても人気があります。ダイソーやセリア

大きな入れ物とたっぷりの土に配置して寄せ植えに

小さい株で売っている100均の多肉植物は、寄せ植えをしてガーデニングを楽しめます。生育期と休眠期が同じものを揃えておくと、育てやすいでしょう。

大きな入れ物に植える場合、移動が難しくなる場合がありますので、風通しが良く、直射日光は避け、日当たりが良い場所に置くと良いでしょう。可愛い多肉植物を組み合わせて、素敵な寄せ植えを作ってみてください。

育てやすく可愛い多肉植物で部屋も庭も飾りましょう

ダイソーやセリアなどの100均で手に入る多肉植物は、種類が豊富で、土や肥料、植木鉢などの入れ物も手に入り、インテリアなどにするのがとても楽しいアイテムです。

多肉植物は、基本的には風通しの良い日向におき、水のやりすぎに注意しておけば、元気に育ちます。使い捨ての感覚で購入するのではなく、しっかりと育てるつもりで購入してあげましょう。

ダイソーやセリアの多肉植物は、種類が豊富にありますが、店舗や時期により品揃えにはばらつきがあります。好みの多肉植物を見つけた時が購入時期かもしれません。お部屋のインテリアにしやすい入れ物とともに、揃えてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。