INDEX

【第10〜7位】チャーハンの定番の具材・材料ランキングTOP10

【第10位】鮭|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第10位は「鮭」です。なぜ酒がチャーハンの定番になったのかというと、鮭入りチャーハンは、漫画「美味しんぼ」の主人公、山岡さんの好物なのです。鮭を焼いてほぐしたものをチャーハンの具にしますが、サケフレークを使用してもOKです。

鮭の塩具合を見て、味付けを調整してください。ピンクの具がなんとも可愛らしい、鮭の油が食欲を増進してくれるチャーハンです。以下のリンクに、山岡さんの好物の鮭チャーハンを忠実に再現したレシピがあります。興味のある方は座日作ってみてください。

【第9位】きのこ|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第9位は「きのこ」です。きのこの旨味がチャーハンに広がる、おすすめの具材です。きのこをチャーハンの具材・材料にするときには、一度冷凍するといいでしょう。旨味がギュッと凝縮されて、さらにチャーハンが美味しくできますよ。

上記Amazonの商品のような冷凍食品として販売しているきのこもあります。冷凍きのこは、様々な種類のきのこを楽しめますし、腐らせることなく小出しにして食べることが出来るので大変便利です。

【第8位】かまぼこ|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第8位は「かまぼこ」です。おせちやお弁当などに入れて、カマボコが余ってしまうことってありますよね。そんな時はチャーハンの具として役立てましょう。かまぼこや竹輪と言った練り製品は旨味があるので、チャーハンの味付けにも一役買ってくれます。

ピンクのかまぼこは、色どりにもなります。かまぼこチャーハンの美味さに、余りものとしてでなく、チャーハンを作るためにかまぼこを購入するようになるかもしれませんよ!

【第7位】ハム・ウィンナー|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第7位は「ハム・ウィンナー」です。こちらもチャーハンに旨味をプラスしてくれるおすすめの具材・材料です。ハムやウィンナーを先に炒めて油を出し、その旨味油と一緒にご飯を炒めると、とてもいい香りで早く食べたいと思いますよ!

ウィンナーといえば、お弁当の定番おかずです。以下の記事に、ピクニックのお弁当のおかずレシピが載っています。チャーハンの為にたくさんウィンナーを買ったという方は、ぜひこちらもご覧ください。

【第6〜4位】チャーハンの定番の具材・材料ランキングTOP10

【第6位】長ネギ|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第6位は「長ネギ」です。長ネギと油で作ったネギ油を使用して作ったチャーハンは絶品です。ネギ油にはニンニクも含まれているので、チャーハンにピッタリです。また長ネギには体に良い栄養が豊富です。

血液をサラサラにしてくれたり、代謝を高めたり、便秘やむくみを解消してくれたりと嬉しい効能がたくさんあります。疲労回復にも効果があるので、他の食材と組み合わせてたくさん摂りたい食材です。

【第5位】高菜|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第5位は「高菜」です。高菜とはカラシナの変種でピリッとした野菜です。今回チャーハンの具材・材料してランクインした高菜は、高菜の漬物です。癖になる旨さですよ!高菜漬けにもいろいろあり、塩だけでつけたものや醤油で風味付けしたもの、唐辛子入りのものなどがあります。

色々食べてみて、あなたの好みに合う高菜漬けを見つけてください。また、高菜漬けにはカロテンやビタミン、カリウムといった栄養も豊富です。以下の動画は、高菜漬けの漬け方です。興味のある方はぜひご覧ください。

【第4位】海老・桜エビ|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第4位は「海老・桜エビ」です。海老を入れた海鮮チャーハンは、あんかけにすると美味しいのでおすすめです。あんかけチャーハンの作り方は、この記事の「トローリ旨い!あんかけチャーハンの作り方」をご覧ください。

桜エビは「海の宝石」と呼ばれていて、静岡県の駿河湾で獲れます。生で食べても美味しいですが、チャーハンの具材・材料には、天日干ししたものを使用します。本場の美味い桜エビが食べたい!と思った方は、以下のリンクをご覧ください。

【第3〜1位】チャーハンの定番の具材・材料ランキングTOP10

【第3位】レタス|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第3位は「レタス」です。レタスに火を通すと初めて聞いたときには、そんな馬鹿なと思ったのを覚えています。レタスは水分の多い野菜なので、チャーハンに具材にする場合、コツが必要です。レタスは、炒める直前まで氷水に付けてシャキッとさせておきましょう。

全ての具材を炒め終わってから。最後にレタスを加え手早く仕上げてください。しなっとなりすぎずに、美味しいレタスチャーハンは出来上がります。白菜など、水分の多い野菜をチャーハンに入れるときには、同じ方法で作ってみてください。

【第2位】焼き豚|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第2位は「焼き豚」です。チャーハンの具材と言えば焼き豚か金華ハム!と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、金華豚を使用した金華ハムは高級食材ですから、家庭のチャーハンの具材としては難しいですね。

そんな理由もあり、焼き豚がランクインしました。豚の凝縮された旨味がチャーハンにピッタリです。ハチミツや水あめを使用したタレの甘みも深く、大人も子供も大好きな味です。バテ気味のときに食欲とスタミナをくれる焼き豚チャーハン。ぜひ作ってみてください!

【第1位】卵|チャーハンの定番のおすすめ具材・材料

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの定番の具材・材料ランキング第1位は「卵」です。王道中の王道、ダントツトップ!卵の入っていないチャーハンなんて考えられないというほど、定番で人気の高い具材・材料です。フワッとした卵焼きを作って後からチャーハンに混ぜる派、黄金チャーハン派、など、卵の入れ方にはこだわりがあるようです。

卵は、チャーハン以外の料理でも大活躍してくれますよね。以下の、美味しい卵料理のレシピの記事を併せて読んで、美味しいチャーハンと一緒にたくさん料理のレパートリーを増やしてください。

チャーハンのアレンジ具材や変わり種の材料おすすめ5選

おすすめ①たくあん|チャーハンの変わり種・アレンジ具材

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの変わり種・アレンジおすすめ具材の1つ目は「たくあん」です。たくあんは、冷蔵庫に残りがちな食材で、他のアレンジは難しいですよね。そのたくあんを、細かく切ってチャーハンに加えてみてください。深みのある味と歯ごたえが癖になる、美味しいチャーハンになります。

卵とたくあんだけのチャーハンも美味しいのでおすすめです。冷蔵庫に何もない…そんなときのランチにどうでしょう。見た目がとにかく黄色いチャーハンになるので、お子さんが喜ぶご飯になりそうですね。

おすすめ②キムチ|チャーハンの変わり種・アレンジ具材

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの変わり種・アレンジおすすめ具材の2つ目は「キムチ」です。キムチ自体の味が濃いので、チャーハンの味付けは鶏がらスープの素だけでOKです。豚バラ肉を一緒に炒めて、豚キムチチャーハンはいかがでしょうか。

食欲がないときや、スタミナを付けたいときにおすすめのチャーハンです。辛いのが苦手だという方は、卵を多めに入れてみてください。味がまろやかになります。韓国人の肌がきれいなのはキムチのおかげ、という話を聞いたことがありますか?韓国人の美肌の秘密を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

Small thumb shutterstock 484709755
関連記事 韓国人女性の肌が綺麗な理由|韓国で流行の美容方法・スキンケアは?

韓国人のお肌がとっても綺麗!と思っている方は多いのではないでしょうか。

おすすめ③塩昆布|チャーハンの変わり種・アレンジ具材

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの変わり種・アレンジおすすめ具材の3つ目は「塩昆布」です。チャーハンに昆布?と思うかもしれませんが、昆布の旨味(グルタミン酸)と塩のバランスがちょうど良く、鶏がらスープの素との相性もとてもよいのでおすすめです。始めて作るときには、しょっぱくならないように、調整しながら入れましょう。

チャーハンの具が何もない!という時にも、油でいためたご飯と鶏がらスープの素、塩昆布だけでも美味しくて何杯でも食べられますよ。私は「無限チャーハン」と呼んでいます。

おすすめ④セロリ|チャーハンの変わり種・アレンジ具材

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの変わり種・アレンジおすすめ具材の4つ目は「セロリ」です。セロリの香りが大好きな方にはたまらないチャーハンです。セロリを入れたチャーハンは、海鮮と相性がいいのでおすすめです。海老やアサリと組み合わせると美味しいので、冷凍のシーフードミックスをチャーハンの具にするといいでしょう。

シーフードミックスを使用すると、チャーハンというよりもピラフっぽいイメージですが、油で炒めたご飯の味は、やはりチャーハンの旨さです。

おすすめ⑤納豆|チャーハンの変わり種・アレンジ具材

Amazonで商品の詳細を見る

チャーハンの変わり種・アレンジおすすめ具材の5つ目は「納豆」です。ネバネバしてチャーハンの具材にならないのでは?と思うかもしれませんが、卵と納豆を混ぜ合わせて、納豆オムレツをほぐす感じで炒めるとほどよいネバネバとなり、美味しく仕上がります。

納豆についているタレも一緒に入れてください。タレがない場合は出汁醤油やめんつゆを味付けに使用してください。ネバネバがない方がいいという方は、卵と混ぜずに納豆を炒めてください。納豆チャーハンの時の油は、ごま油がおすすめです。

その他のチャーハンの変わり種一覧(順不同)
  • きんぴらごぼう:炊き込みご飯のような甘い味付けが美味しいチャーハンになります。
  • アボカド:パラパラチャーハンにおすすめの具材です。
  • ジャガイモ:ホクホクとボリュームのあるチャーハンになります。
  • 大葉:大人の味のチャーハンに。パクチーもおすすめ!
  • トマト:トマトの種の部分は取って炒めるといいですよ。
  • 青のり:仕上げにふりかけてみてください。
  • なす:油との相性が抜群です。
  • 粉チーズ:仕上げにふりかけてください。
  • らっきょう:細かく切って入れてください。
  • コーン:甘くて子供が好きなチャーハンになります。

チャーハンのレシピ!おすすめな作り方や食べ方は?

簡単!パラパラ美味しいチャーハンの作り方

パラパラ美味しいチャーハンの作り方は、ズバリ「ご飯を先に炒める」です。ご飯は炊きたての温かいご飯がおすすめです。炒める油は、ごま油かマヨネーズがおすすめです。ご飯を炒めた中に具材を足していって炒めてください。火の通りにくい具材がある場合は、先に炒めてさらに上げておきましょう。

チャーハンの味付けや具材は家庭にあるもので、いつも通りでOKです。上記でご紹介した変わり種の具材もぜひ試してみてくださいね。

簡単!パラパラ美味しいチャーハンの作り方
  1. 火の通りにくい具材は予め炒めて置いておきます。
  2. フライパンにごま油またはマヨネーズを入れ、ご飯を炒めます。
  3. 具材を加え炒めます。
  4. 仕上げに大さじ1程度の水を振りかけます。
  5. 水蒸気がチャーハン全体に回ったら出来上がり!

卵にコツ!黄金チャーハンの作り方

黄金チャーハンの作り方のコツは、「ご飯を炒めて味付けしてからから卵かけごはんにする」です。よく、卵かけごはんを作り黄金チャーハンを作る方がいますが、この方法ですとパラパラのチャーハンが出来るのですが、もちもちした感じも残り、味がいまいちな出来上がりとなってしまいます。

跡の作り方は、上記の「簡単!パラパラ美味しいチャーハンの作り方」と同じです。仕上げに「蒸気をまとわせる」のを忘れないでくださいね!

チャーハンのレシピ!ちょっと変わった美味しい食べ方

トローリ旨い!あんかけチャーハンの作り方

あんかけチャーハンの、あんの作り方をご紹介します。写真のように、海鮮チャーハンの時にやってみてください。カニや海老との相性がいいのでおすすめです。レンジで出来るので簡単ですよ!いつものチャーハンでは物足りない、少し豪華にチャーハンを食べたい、そんな方におすすめのチャーハンです。

あんかけチャーハンのあんの作り方
  1. 水2カップに鶏がらスープの素大さじ2を入れます。
  2. 醤油大さじ2、砂糖大さじ1、酢小さじ1を加えます。
  3. カニや海老を加え、(カニカマでもOK)レンジで3分ほど温めます。
  4. 水溶き片栗粉を加え、さらに2分ほど温めます。
  5. チャーハンにかけて出来上がり!

さらっとイケる!スープチャーハンの作り方

スープチャーハンのおすすめの作り方は、「卵は中華スープの方に」です。中華スープを作ってチャーハンにかけるだけで出来上がるのですが、溶き卵をスープに入れると美味しいのでおすすめです。インスタントのお湯を入れるだけの中華スープでもOKなので簡単に作れます。

「中華風お茶漬け」といった感じで、さらっと食べられるチャーハンです。少し食欲がないなという時におすすめのチャーハンです。

具材を工夫して旨いチャーハンを作ろう!

いかがでしたでしょうか?変わり種具材の中に、あなたがチャーハンに入れてみたい具材・材料はありましたか?いつも入れている定番の具材でも、入れ方にコツがあったりと新しい情報があったのではないでしょうか。この記事を参考に、具材を工夫した旨いチャーハンを作って、スタミナをつけましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。