Large thumb %e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%84%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0

ガトーショコラのおしゃれなラッピング方法9選!可愛い透明袋や箱などをご紹介♡

更新:2021.01.28

せっかく上手にできたガトーショコラは、おしゃれに包んでプレゼントしたいですよね。おしゃれにラッピングする方法を、素材別にご紹介します。100均で買えるラッピング材料や包み方のコツも解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

【紙袋】ガトーショコラのおしゃれなラッピング方法3選

①クラフト紙袋×麻ひも×グリーン

シンプルなクラフトペーパーの紙袋に入れて、麻ひもとグリーンを飾った簡単なラッピングアイデアです。ガトーショコラの油分が紙袋から染み出す可能性があるので、あらかじめOPPシートやワックスペーパーで包んでから入れましょう。

リボンの代わりに麻ひもやグリーンをあしらうことで、大人っぽいラッピングに仕上がりますよ。本物のように見えるフェイクグリーンは100均でも手に入るので、ぜひ探してみましょう。

②クラフト紙袋×レースペーパー×麻ひも

クラフトペーパーの船型紙袋に、レースのナプキンを組み合わせた可愛いラッピングです。紙袋の口を閉じてレースペーパーを被せるだけなので、とても簡単にできますよ。真ん中に穴を開けてハトメを留め、麻ひもを通せば完成です。ゴールドのハトメを使うと、より上品に仕上がりますよ。

ワックスコーディングされた紙袋なら、ガトーショコラを直接入れてもOKです。加工されていないクラフトペーパーの紙袋を使う場合には、油分が染み出さないように、あらかじめOPPシートなどで包んでから入れましょう。

③和柄テトラバッグ

紙袋をあえて立体的な三角形に綴じた、テトラパックの包み方です。ガトーショコラを小さめにカットすれば、テトラパックでもラッピングできますよ。ガトーショコラをOPPシートでぴったりと包んでからラッピングすれば、パックの空間で崩れる心配も防げます。

下記の動画ではダイソーの折り紙でテトラパックを作っていますが、市販のマチなし紙袋を使えばもっと簡単です。簡単なのに凝って見えるおしゃれな包み方なので、プレゼントに最適ですよ。

【透明】ガトーショコラのおしゃれなラッピング方法3選

①ラップ×ワックスペーパー×麻ひも

カットしたガトーショコラをラップで包み、柄入りのワックスペーパーと麻ひもで巻いたものを、紙箱に入れたラッピングです。ラップだけでは味気なくなってしまいますが、ワックスペーパーと麻ひもでおめかしさせることで、おしゃれになりますよ。

箱の底部にペーパーパッキンを敷き詰めることで、持ち運ぶ間にお菓子が崩れるのを防ぐことができます。プレゼントらしい高級感も出せるので、お菓子のラッピングにはペーパーパッキンもぜひ活用してみましょう。

②箱×OPPシート×麻ひも

四角いパウンド型のような箱にワックスペーパーを敷き、手作りのお菓子を色々と詰め込んで、OPPシートで包んだラッピングです。透明のOPPシートを使うと中身が見えるので、渡した瞬間に喜んでもらえますよ。

ガトーショコラなどの手作りお菓子は崩れやすいので、なるべく隙間ができないように箱にきっちりと詰めましょう。あえてリボンではなく麻ひもを使うと、焼き菓子と雰囲気がよく合って可愛いですよ。

③OPP袋×ゴールドタイ

正方形にカットしたガトーショコラをOPP袋に入れて、ゴールドタイで口を留めるだけの簡単ラッピングです。丸型で焼いたガトーショコラよりも、パウンド型や角型で焼いた場合におすすめです。背面に袋の大きさにカットした柄入りワックスペーパーを入れると、よりおしゃれになりますよ。

表面にメッセージ入りのシールを貼ると、感謝や愛情といった気持ちが伝わります。とても簡単で時間もかからないラッピングなので、大量生産したいバレンタインの友チョコ用にもぴったりですよ。

もし丸型で焼いたガトーショコラを個包装したい場合には、袋ではなくシート状のOPPを使いましょう。下記の動画で包み方を解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

【箱】ガトーショコラのおしゃれなラッピング方法3選

①木箱×ワックスペーパー

木箱におしゃれなックスペーパーを敷いて、カットしたガトーショコラを詰めるラッピングアイデアです。焼きっぱなしケーキのガトーショコラと木箱のナチュラルな風合いが、絶妙にマッチしていますね。小さめの木箱は100均でも手に入ります。

そのまま使うのはもちろん、自分で色を塗ったり転写シールを貼ったりして、オリジナルに仕上げるのもおすすめです。お店で買ったようなおしゃれな雰囲気なので、バレンタインの本命用にぜひ真似してみましょう。木箱のペイントをしてみたい人は、以下の動画を参考にしてくださいね。

②柄入りペーパーボックス

カットしたガトーショコラをアルミカップで包み、しっかりとしたペーパーボックスに入れるラッピングアイデアです。ガトーショコラの色とマッチするブラウン系の箱をチョイスすれば、高級感が出ますよ。

しっかりめのペーパーボックスは、100均に色々なデザインのものが売っています。厚手の紙でできた箱なら手作りのお菓子に高級感も出してくれるので、ぜひ好みのデザインを探してみましょう。

③ペーパーバーガーボックス×ドライフラワー

ハンバーガー用のペーパーボックスに、ガトーショコラを入れるラッピングアイデアです。ハンバーガー用のペーパーボックスには、高さがあります。そのため、丸型で焼いたガトーショコラをカットして入れるのに、ちょうど良いサイズですよ。

ただし、中でガトーショコラが動くと崩れる恐れがあるので、ペーパーパッキンを使ってお菓子が動かないように気を付けましょう。麻ひもとドライフラワーで仕上げれば、ナチュラルでありながら女性らしいおしゃれなラッピングになります。可憐さが演出できるので、バレンタインにもおすすめですよ。

ガトーショコラのラッピングにおすすめの100均グッズ

ガトーショコラは、100均にあるグッズでも可愛いラッピングができますよ。手作りガトーショコラのラッピングに、ぜひ使ってみてほしい100均グッズをご紹介します。デザインや種類も豊富なので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

①ラッピング袋

ラッピング用の袋は、各100均にたくさんのデザインが揃っています。マチのない紙袋なら、テトラパックに包む時におすすめです。ガトーショコラを直接紙袋に入れたい場合には、食品に触れてもOKと記載されているものを選びましょう。

透明なOPP袋はもちろん、絵柄の入ったビニール製の袋もたくさんあるので、手軽にラッピングしたい時にも便利ですね。包みたいガトーショコラのサイズに合わせて、置き入りのデザインをチョイスしましょう。

②ペーパーボックス

100均には、厚手の紙でできたペーパーボックスもデザイン豊富に揃っています。大人っぽいシックなデザインから女の子らしい可愛いものまで、サイズも数種類あります。大きめサイズのペーパーボックスを選べば、ホールのガトーショコラをそのままプレゼントすることもできますね。

ペーパーボックスにガトーショコラを入れる際には、隙間ができると崩れやすくなります。底にペーパーパッキンを敷くなど、できるだけ隙間ができないようにラッピングしましょう。クシャッとさせたワックスペーパーを使っても良いですよ。

③デザイン木箱

ガトーショコラをラッピングするのにちょうど良いサイズの木箱も、100均にたくさんあります。木のナチュラルな風合いがガトーショコラによく合うので、バレンタインのような気合を入れたい時のラッピングにおすすめです。100均の木箱なら、自分でペイントしてみるのも気軽にチャレンジできますね。

100均には絵柄が入っている木箱も多いので、そのまま使ってももちろんOKです。木箱にラッピングする場合には、ペーパーパッキンなどでクッションを作ってからガトーショコラを置くようにしましょう。

④ギフトタグ

高級感のあるギフトタグも100均で手に入ります。自分でギフトタグを作ってラッピングする人も多いですが、上手にできない人は100均で買いましょう。メッセージを書けるタイプもあるので、一言気持ちを添えると良いですね。リボンや麻ひもを結ぶ時に、ギフトタグをプラスするだけでおしゃれになりますよ。

100均には、ほかにもたくさんのラッピンググッズがあります。ダイソーやセリアのラッピンググッズをもっと知りたいという人は、ぜひ以下の記事も読んでみてくださいね。おしゃれなラッピングアイデアも載っていますよ。

ガトーショコラを上手にラッピングするコツ

ガトーショコラを自分でラッピングするなら、失敗はしたくないですよね。ガトーショコラの上手な包み方のコツを解説します。ポイントを押さえれば上手に包めるので、ぜひ参考にしてくださいね。

①しっかり冷めてから包む

ホールのガトーショコラ

ガトーショコラをラッピングするのは、しっかりと冷ましてからにしましょう。焼き立てのガトーショコラはとても崩れやすく、上手に切り分けることも難しくなります。しっかり冷めればカットもきれいにできますし、崩れにくくなりますよ。

さらにまだ温かいガトーショコラをラッピングしてしまうと、中に湿気がこもって傷みやすくなります。美味しいガトーショコラを安心して食べてもらうためにも、しっかり冷ましてからラッピングしましょう。

②ちょうど良いサイズのラッピング用品を選ぶ

ピンク系の様々なサイズの箱とリボン

ガトーショコラを上手にラッピングすには、ほんの少し余裕のあるサイズの袋や箱を選ぶのも大切なコツです。ガトーショコラは崩れやすいので、あまり余白の空きすぎるラッピングだと、持ち運んでいる間に壊れてしまうからです。

反対にあまりぴったりサイズだと、入れる際に側面が削れてしまうことがあります。ほんの少し余白のあるサイズなら、ガトーショコラを崩すことなくきれいにラッピングできますよ。

③崩れないように工夫する

箱にぎっしり詰まったガトーショコラ

せっかくラッピングしたガトーショコラが途中で崩れてしまわないように、隙間を作らないことも大切です。少しでも崩れるのを防ぐために、ラッピングの余白部分にはペーパークッションを詰めて、なるべく空間を作らないようにしましょう。

もちろんクシャッとさせたワックスペーパーでも良いですし、小さなお菓子を詰めても構いません。プレゼントする相手が食べる時まできれいな状態を保てるように、崩れないようなラッピングしてあげると良いですよ。

おしゃれなラッピングでガトーショコラをプレゼントしよう

ガトーショコラを作ったら、ぜひ自分でおしゃれにラッピングをして誰かにプレゼントしてみましょう。自分でラッピングするのは難しいと思っている人もいますが、ぜひご紹介したアイデアを参考にしてチャレンジしてみてくださいね。ラッピングが素敵だと、相手もきっと喜んでくれますよ。

手作りのガトーショコラを、バレンタインにプレゼントしたいと思っている人も多いでしょう。下記の記事では、ダイソーやセリアで買えるバレンタイングッズをご紹介しています。ぜひ読んでみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

頑張った分だけ美味しくできるところが面白く、料理することが好きです。自分の料理で人をもてなすのも大好きなので、そんな気持ちで誰かの役に立てるような記事を執筆していきます!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。