INDEX

100均の製氷皿は安くてバリエーションが豊富!

蓋付き・シリコン製など用途に合わせて使い分けが可能!

SNSを中心に多くの活用方法が流行し、注目を浴びている製氷皿。冷蔵庫に自動製氷機能が付いていても製氷皿を別に使う方も多くなっています。そして100均で買えば安くたくさんの製氷皿を集めることができるのが最大の魅力。100均の製氷皿は蓋付きのものが多く、重ねて収納できるため冷凍庫内の場所を取りません。

プラスチック製だと氷が取り出しにくく、製氷皿をひねってみたり、叩いてみたりしたことありませんか?やわらかいシリコン製の製氷皿を使えば底からぽこっと押し出せるため、取り出しも簡単です。また、シリコン製は氷を作るだけでなく、お菓子作りにも活用できますよ。

氷の形も自由自在!

四角い氷しか出来ないなら冷蔵庫の製氷機能で事足りるという方も多いはず。製氷機能が付いていても100均の製氷皿を買う理由には四角以外の氷の形も作れてしまうから、ということが挙げられます。お酒を飲むときに重宝する丸型の氷や見た目もかわいいハート型など色んな形の氷を作ることができます。

可愛い、面白い形の氷が作れる100均製氷皿は特に小さなお子さんがいる家庭で人気のようです。そんな大注目の100均製氷皿、今回は100均ショップダイソー・セリア・キャンドゥの製氷皿を紹介します。また氷を作る以外の製氷皿の活用方法もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

【ダイソー編】おすすめ100均製氷皿4個!

100均ダイソーの製氷皿①アイストレイ5個取

まずおすすめしたい100均ダイソーの製氷皿は「アイストレイ5個取」。見ての通り、大きな氷が5つ作れて蓋付きの製氷皿です。「こんな大きな氷どうやって使うの?」と疑問に思いますが、氷が大きいので夏場にぬるくなりやすい大型のボトルなどに入れることで冷たさをキープできます。

ダイソーから製氷皿として発売されていますが、実は氷を作るよりも別の使い方で使用されることがほとんど。どうやって使うのか?その活用方法は後ほどご紹介します。

100均ダイソーの製氷皿②キャラクターものの製氷皿

100均ダイソーからはなんと人気キャラクターの形の氷が作れる製氷皿も発売されています。色も白と青の二色展開で一度に作れる氷の数が8個なので、白と青どちらも買ってもいいかもしれません。しかし、蓋付きではないため冷凍庫の中で水が零れないようにラップをして平らな場所に置くことをおすすめします。

実際の使用例がこちら。さりげなく見える形が可愛いですね。お子さんのおやつの時間の飲み物に入れたり、女子会の飲み物に入れても話題性アップ。お酒が好き、という方はカクテルに入れても素敵ではないでしょうか。飲み物に入れる場合は溶けにくい方がいいですよね。下記の記事では溶けにくい氷の作り方を紹介しています!

100均ダイソーの製氷皿③アイストレースティック型

100均ダイソーの製氷皿の中でも特におすすめしたいのがこの「アイストレースティック型」。一見細長い氷が出来るだけでしょ?と思いますが、この細長い氷が最大の特徴。普通の氷と違い細長いため、水筒にすっぽり収まる形なんです。雑貨屋でも売っていますが、100均で安く買えるのがいいんです。

水筒に氷を入れる時は飲み口から入るサイズを探して入れたり、全体を冷やすためには氷をたくさん入れないといけなくてなかなか大変。しかしスティック型なら飲み口から楽々入りますし、縦に長いため効率よく全体を冷やしてくれます。100均ダイソーの製氷皿、なかなか侮れません。

100均ダイソーの製氷皿④アイストレー14個取

ダイソーの100均製氷皿は変わり種ばかり紹介してきましたが、最後はやはり王道で締め。ごく一般的なサイズの氷が出来る「アイストレー14個取」です。蓋付きでシンプルな形なので冷凍庫の中でも邪魔にならず2つ3つを重ねて収納できます。

飲み物に入れるのはもちろん、この一般的なサイズでも様々な用途があります。ダイソーでは14個取ですが、100均によっては15個取だったり、12個取だったりと微妙に個数とサイズが変化するためお気に入りのサイズを探してみてください。

【セリア編】おすすめ100均製氷皿3個!

100均セリアの製氷皿①アイス少し小さめの氷

100均セリアから発売されている製氷皿はとにかくサイズが豊富。大きい氷から小さい氷まで自由自在です。おすすめは「アイス少し小さめの氷」。商品名の通り、先ほどのダイソーの14個取よりも小さめの氷を作ることができます。小さい氷は溶けやすく、すぐに飲み物を冷やしてくれます。

100均セリアの製氷皿②アイス丸型の氷

こちらは100均セリアの製氷皿「アイス丸型の氷」。お酒を飲む方はよくバーなどで見かけることの多い丸型の氷が家でも作れてしまうという優れもの。丸型の氷は飲み物と接する面積が大きく飲み物をムラなく冷やしてくれます。さらに丸型は溶けにくく、飲み物を薄めることなく長く楽しむことができます。

使い方は簡単で、開いた片面に水をたっぷり注いで蓋をするだけ。上にある小さな穴から余分な水が勝手に溢れてきて簡単に丸い氷を作ることができます。セリアでは小さな丸型氷が作れる製氷皿も販売されています。お家でお酒をよく飲むという方は買ってみてはいかがでしょうか。

100均セリアの製氷皿③ハート型のシリコン製氷皿

続いての100均セリアの製氷皿はハート型のシリコン製氷皿。可愛いハート型でシリコン製のため取り出しも楽なのが特徴です。写真では溶かしたチョコを入れてハート型に固め、ハート型チョコを作っているようです。このように氷を作るだけでなく、お菓子作りに応用できちゃうのがセリアのシリコン製氷皿の良いところ。

【キャンドゥ編】おすすめ100均製氷皿2個!

100均キャンドゥの製氷皿①ByeByeおっぱい

100均キャンドゥからは離乳食の小分けに特化した製氷皿が登場。(調べたところ、セリアにも売っているようです。)育児ママの間でSNSを中心に大流行している製氷皿の使い方のひとつがこの離乳食を製氷皿を使って小分け保存にしようという方法。やわらかい離乳食を保存する画期的な方法です。

詳しい活用方法はまた後ほどご紹介しますが、こんな風に食材や食材の固さによって製氷皿のサイズを使い分けている方も。まとめて作った離乳食を製氷皿に小分けにして冷凍保存。食べる分だけ製氷皿から取り出して解凍するだけなので面倒な離乳食作りがぐっと楽になりますね。

100均キャンドゥの製氷皿②キューブ氷BOX

最後にご紹介するのは100均キャンドゥの製氷皿「キューブ氷BOX」。小さな氷がたくさん作れる製氷皿です。小さい氷がたくさん出来るため保存に困らないよう、製氷皿と作った氷を保存するボックスがセットになっています。写真では氷ではなく絵の具を入れている様子。

小さな氷をたくさん入れてカフェ風ドリンクを演出したり、ミキサーで氷を砕く必要があるフラペチーノを作る時の氷として作っている方もいるようです。小さい方がミキサーにかけやすいですし、刃を傷めることもありません。キューブ氷でお家カフェをしてみませんか?

100均製氷皿のアイデア活用術8選【食品の冷凍】

①おかずの作り置き冷凍保存

最初に紹介したダイソーの100均製氷皿、氷を作るには少し大きすぎましたが、実はお弁当のおかずを作り置き、さらにはそのまま小分けで冷凍保存するという使い方が出来る商品だったんです。普通の製氷皿だと小さすぎておかずが入りきらない、ということになってしまいますが5個取サイズならちょうどいい分量になります。

蓋付きなので作って小分けにしたらそのまま冷凍庫に入れることができます。重ねられるので冷凍庫の場所も少なくて済みます。まとめて作って100均製氷皿に小分け保存。当日の朝ぱぱっと詰めるだけで簡単にお弁当が出来上がります。毎朝、何を詰めようか迷ってしまいますね。

②香港スイーツ作り

丸型の氷が作れる100均製氷皿を使えば香港発祥の人気スイーツ「九龍球(クーロンキュウ)」を簡単に作ることができます。透明なゼリーの中に閉じ込められたフルーツがキラキラしていてとても可愛いスイーツ。お家女子会などで出せば一目置かれること間違いなしのスイーツです。

こちらの動画では100均の製氷皿を使用した九龍球の作り方を紹介しています。きれいな見た目ですが必要な材料は少ないので誰でも簡単に作ることができます。フルーツの他にもエディブルフラワーやハーブを入れても可愛いと思います。

③話題のコーヒー氷作り

冷たくておいしいカフェオレが飲みたい人の悩みとしてよくあるのが、牛乳と氷を入れるとコーヒーが薄くなってしまうという悩み。濃い味の冷たいカフェオレを飲むために発明されたのが「コーヒー氷」です。

名前の通り、濃いめに作ったコーヒーを100均製氷皿に入れて凍らせたもの。そこに牛乳を入れることでコーヒー氷が溶けて濃い味のカフェオレが出来上がると同時にキンキンに冷える冷たいカフェオレになるという世紀の大発明。飲みたい時にすぐ冷たいカフェオレが飲めるのも嬉しいポイントです。

100均の製氷皿を使えばおしゃれな「ハーブ氷」を作ることもできます。好きなハーブを水と一緒に凍らせるだけ。見た目にも溶けた時の香りにも素敵な氷です。濃いめに出した紅茶に浮かべるとハーブがふんわりと香るアイスティーにすることができます。

④離乳食の保存

やはり100均の製氷皿活用術として一番多かったのが離乳食の保存に使う方法。小分けで冷凍した離乳食は「フリージング離乳食」とも呼ばれ、忙しいお母さんたちの強い味方になっています。離乳食はなかなか作り置きが難しく、保存も大変なイメージがありますが、100均製氷皿を使えばたちまち簡単に。

中には100均製氷皿で離乳食用の蒸しパンを作る方も。蒸しパンの生地を100均製氷皿の各ブロック8分目くらいまで注いだら水を張ったフライパンの中に入れてフライパンの蓋をし、蒸すだけ。火力が強すぎると製氷皿が溶けてしまうので火力は控えめがおすすめです。こちらも製氷皿のまま保存が可能です。

⑤スプーンチョコ

製氷皿に溶かしたチョコを流し入れ、マシュマロなどをトッピングして木のスプーンを挿せば簡単にスプーンチョコを作ることができます。

綺麗にラッピングすればプレゼントとしても喜ばれます。スプーンチョコはそのまま食べてももちろんおいしいですが、温めた牛乳に溶かしてホットチョコレートにするのがおすすめ。牛乳をチョコで混ぜてホットチョコレートにすることからスプーンチョコという名前が付きました。

100均製氷皿のアイデア活用術8選【収納】

⑥多肉植物の寄せ植え

こんな使い方があるなんて!と一番驚いた活用術がこちら。100均製氷皿のブロックひとつひとつに小さな多肉植物を寄せ植えする方法。小さな多肉植物も100均に売っていることがありますが、元のポットのままだと種類が増えた時に管理がしにくいですよね。そこで仕切りのある製氷皿にまとめて植えることに。

アンティーク調の製氷皿を使えば、おしゃれでインテリアの一部として活躍してくれます。製氷皿の底に小さな穴を開けておくと水やりが楽になります。蓋付き製氷皿の蓋を水受けとして活用している方もいました。食べ物以外の製氷皿活用法として注目のアイデアでした。

⑦ハンドメイドパーツの保存

ハンドメイドで作品を作る方の中には市販のビーズ収納トレーではサイズが合わなかったり、もっとたくさん保存したいという方もいるはず。そんな時にも重宝するのが100均製氷皿です。作ったハンドメイドパーツを色ごとや素材ごとに製氷皿のブロックに保存。蓋が付いているものならバラバラになる心配もありません。

⑧アクセサリーケース

おしゃれが大好きでとにかくアクセサリーの種類が多い!という方は100均製氷皿でまとめて収納してみてはいかがでしょうか?蓋付きなら重ねて収納することができますし、蓋が透明なものもあるため中身の確認もすぐに出来ます。特に無くしてしまいがちなピアスやイヤリングなど小さいアクセサリーの収納に向いています。

Small thumb shutterstock 395182768
関連記事 ネックレスの収納アイデア27選!100均DIYでアクセサリー保管も!

今回は、ネックレスの収納アイデアをご紹介いたします。数が増えてくると、

家事もコーヒータイムも100均の製氷皿で楽しく!

単に氷を作る以外にも様々な活用方法がある100均製氷皿。今回紹介した以外にもたくさんの製氷皿や活用方法があります。製氷皿を使えば面倒に思える家事も少しは楽になりますし、お家で素敵なコーヒータイムも出来そうですね。100均製氷皿を賢く使って素敵な毎日を送りましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。