Large thumb shutterstock 696809851

ベリーピンクヘアカラー8選|ダークチェリーとピンク系の暗めの髪色も

更新:2019.06.21

ベリーピンクのヘアカラーについてご存知でしょうか。女性なら一度は挑戦したいピンク系のカラーです。そこで今回は、ベリーピンクのヘアカラーやダークチェリー、ピンク系の暗めの髪色についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクの髪色とは?

ペリピの愛称で親しまれている人気カラー

ベリーピンクカラーとは、名前の通りチェリーやクランベリー、ブルーベリー、ストロベリーなどの女の子の大好きなベリー系のピンクのヘアカラーのことです。べリピというキュートな愛称がつけられるほど、人気の髪色となっています。

また下記の記事では、ピンクベージュのヘアカラーについてご紹介しています。暗めの髪色や、ブリーチなしのカラートーン別についてもご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクカラーは女性らしさを引き出してくれる

ピンクを一言でいえば、女性らしい、優しい、可愛いといったことが連想されますよね。その他にもガーリーなどテイストも当てはまります。髪質や肌の色によって、色の濃さを変えることで誰にでも似合うカラーです。女性の雰囲気を一気に変えることができるこのピンクカラーは、魔法のカラーのようですよね。

また下記の記事では、ピンクアッシュの暗めのヘアカラーについてご紹介しています。ブリーチなしのヘアカラーや、市販のカラー剤を使ってのピンクアッシュについてもご紹介していますので、是非下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクのヘアカラー4選【ショート・ボブ】

【ショート・ボブ】ベリーピンクのヘアカラー①自然なベリーピンク

ショート・ボブでベリーピンクのヘアカラーおすすめ1つ目は、こちらのヘアカラーです。少し色味を抑えているさり気ないベリーピンクカラーは、初心者の方にもおすすめです。ボーイッシュになりがちなショートヘアスタイルも女性らしく、なおかつ可愛らしい印象に仕上げることができますよ。

【ショート・ボブ】ベリーピンクのヘアカラー②濃いめのベリーピンク

ショート・ボブでベリーピンクのヘアカラー2つ目は、こちらのヘアカラーです。ウェットなスタイリングで濃いめのベリーピンクをより引き立てるボブのアレンジと言えば流行りの外ハネで、そんな外ハネヘアにも相性ぴったりなベリーピンクカラーは一度は試したいカラーです。

【ショート・ボブ】ベリーピンクのヘアカラー③グラデーション

ショート・ボブでベリーピンクのヘアカラー3つ目は、こちらのヘアカラーです。このヘアカラーはベリーピンクのグラデーションとなっていて、毛先の方は赤みが強いヘアカラーです。ベリーピンクのグラデーションにすることで、可愛さを保ちつつもカジュアルに仕上げることができますよ。

【ショート・ボブ】ベリーピンクのヘアカラー④暗めのベリーピンク

ショート・ボブのベリーピンクのヘアカラー4つ目は、こちらのヘアカラーです。ショートボブにベリーピンクカラーをプラスすることで、春の季節にぴったりなヘアカラーに仕上げることができます。大人の女性を演出しつつ、柔らかい雰囲気を演出できるのもこのベリーピンクならではの特徴ですね。

また下記の記事では、ショートボブに似合うコーデについてご紹介しています。ショートヘアーの服装やファッションについてもご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクのヘアカラー4選【ミディアム・ロング】

【ミディアム・ロング】ベリーピンクのヘアカラー①ハイライト

ミディアム・ロングでベリーピンクのヘアカラー1つ目は、こちらのヘアカラーです。緩い波ウェーブで可愛さも倍増し、女子にも男子にも注目される完璧なスタイルは、新たな自分を見つけられる女性の大好きなピンクカラーで最大限に引き出してくれますよ。

【ミディアム・ロング】ベリーピンクのヘアカラー②暗めのベリーピンク

ミディアム・ロングでベリーピンクのヘアカラー2つ目は、こちらのヘアカラーです。ストレートヘアスタイルもかっちりせず、柔らかな雰囲気に仕上げることができます。ベリーピンクカラーのような暖色系カラーは顔色を良く見せる効果もあるため、女性のメイクも血色感が増して見える嬉しいカラーですよね。

【ミディアム・ロング】ベリーピンクのヘアカラー③グラデーション

ミディアム・ロングでベリーピンクのヘアカラー3つ目は、こちらのヘアカラーです。毛先にはほんのりパープルをプラスすることで、グラデーションも可愛く仕上がり、派手髪好きな個性を出したい女性におすすめです。ロングスタイルは外国人のようなオーラたっぷりのヘアスタイルも、ベリーピンクカラーならではですね。

【ミディアム・ロング】ベリーピンクのヘアカラー④濃いめのベリーピンク

ミディアム・ロングでベリーピンクのヘアカラー4つ目は、こちらのヘアカラーです。サラツヤなストレートスタイルは、大人の女性らしく艶やかな印象に仕上げることができます。また深みのある何とも言えないベリーピンクカラーは、可愛さだけでなく大人の色気も演出できるのも魅力ですよね。

また下記の記事では、青系ブルーアッシュの髪色についてご紹介しています。ブリーチなしのブルー系の髪色についてもご紹介していますので、是非下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクの明るめ・暗めのヘアカラーは?

ベリーピンクのヘアカラー:明るめの髪色

ベリーピンクのヘアカラーで明るめの髪色は、ブリーチなしでもきれいに仕上げることができます。綺麗な発色をしたいがためにブリーチは欠かせないと言う方もいると思います。しかし、ベビーピンクはブリーチがなくても綺麗に発色してくれるため、髪を傷むことなく綺麗に染めることができる魅力たっぷりのヘアカラーです。

ベリーピンクのヘアカラー:暗めの髪色

ベリーピンクのヘアカラーで暗めの髪色は、 大人可愛い印象に仕上げることができます。ベリーピンクといえば明るい発色が魅力なのでは?と思う方もいると思います。しかし、ベリーピンクのダークトーンを強めにしても、可愛く仕上げることができるのかベリーピンクを楽しめる魅力ポイントです。

また下記の記事では、アッシュベージュのヘアカラーについてご紹介しています。ブリーチなしや、ダークアッシュ暗めのヘアカラーなどについてもご紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

ベリーピンク以外のベリー系ヘアカラーは?

ベリー系ヘアカラー:ダークチェリー

ベリー系ヘアカラーでダークチェリーは、主婦の方やオフィスでも浮かないのがこのダークチェリーのヘアカラーです。ベリー系ですが、ダークトーンなら派手すぎない自然な赤味に仕上がります。そのため大人の女性も楽しむことができ、暗めな髪色でも可愛さを演出することができますよ。

ベリー系ヘアカラー:ベリーダークショコラ

ベリー系ヘアカラーでベリーショコラは、 透明感も手に入るヘアカラーです。ほのかに甘く演出することができる上に、ナチュラルな質感にも印象付けることができます。髪色を変えて、大人可愛さをアップさせることができるこのヘアカラーもオススメのヘアカラーです。

また下記の記事では、バイオレットアッシュのヘアカラーについてご紹介しています。暗めの髪色や紫アッシュとの違いについてもご紹介していますので、是非下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ベリーピンク以外のピンク系ヘアカラーは?

ピンク系ヘアカラー:チェリーブラウン

ピンク系ヘアカラーでチェリーブラウンは、ブラウンよりですがほのかに赤味のある挑戦しやすいピンク系カラーです。なんとなく甘酸っぱいその雰囲気が、女性らしさをアップしてくれると多くの女性に人気のヘアカラーです。ピンク系にはじめて挑戦する方には、このヘアカラーがおすすめですよ。

ピンク系ヘアカラー:ラズベリーブラウン

ピンク系ヘアカラーでラズベリーブラウンは、 大人の女性でも浮かないヘアカラーです。チェリーカラー強めで、より甘い雰囲気にしてくれるのがチェリーブランの特徴です。フェミニンな仕上がりになるため、大人可愛くなりたい人におすすめのヘアカラーですよ。

ピンク系ヘアカラー:ラズベリーピンク

ピンク系ヘアカラーでラズベリーピンクは、ナチュラルな赤みが特徴のヘアカラーです。自然に近い赤味が人気のラズベリーピンクは、女性らしさがアップするモテカラーとも言われているのはご存じてしょうか?特に色白肌の人とは相性抜群で、光が当たるとキレイに発色するのも魅力ポイントですよ。

また下記の記事では、パープルアッシュのヘアカラーについてご紹介しています。暗めの紫やグラデーションについてもご紹介していますので、是非下記の記事も参考にしてみてくださいね。

ベリーピンクのヘアカラーを試してみよう!

いかがでしたでしょうか。今回はベリーピンクのヘアカラーについてご紹介しました。ベリーピンクは、大人の雰囲気を演出してくれる上に、可愛らしさもアップしてくれます。色の濃さによっては、これからの春や夏の季節に大活躍してくれるヘアカラーのため女性に人気のカラーです。

またブラウン系をピンクベリーにプラスすることによって、ナチュラルな質感を演出できるため、ピンク系に初めてチャレンジする方でも、気軽に挑戦することができるヘアカラーです。今回ご紹介したベリーピンクのヘアカラーを参考に、ぜひベリーピンクを試してみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。