Large thumb shutterstock 177721904

ピンクベージュのヘアカラー画像16選!暗めの髪色も!ブリーチなし/トーン別

更新:2019.08.06

今人気のピンクベージュというヘアカラーを試したことはありますでしょうか?ピンクベージュは、あたたかみがある女性らしくて可愛らしいヘアカラーです。ブリーチの有無でも髪色の印象がかなり変わりますので、早速画像でチェックしてみましょう。

ピンクベージュとは?

ピンクベージュ・ピンクアッシュ・ベリーピンクの違い

あたたかみがある、こちらのヘアカラーはピンクベージュと呼ばれています。春はもちろんのこと、夏・秋・冬と季節を問わず楽しめる髪色でしょう。

そして、ピンクベージュは女性らしく可愛らしいヘアカラーです。その名前の通り、ピンクとベージュを合わせた色で、甘く柔らかな雰囲気になれる特徴があります。

同様にピンク系のヘアカラーには、ピンクアッシュやベリーピンクなどがあります。ピンクベージュのヘアカラーと混同しやすいですが、色を間違えないよう、それぞれの違いをしっかりと理解しましょう。

ピンクベージュと間違えやすい!ピンクアッシュのヘアカラー画像

前述しました通り、ピンクベージュと間違えやすいヘアカラーのひとつめはピンクアッシュです。アッシュとは灰色を意味する言葉ですが、ヘアカラーでは青みがかった灰色をイメージすると分かりやすいでしょう。アッシュは、赤みを打ち消してくれる人気のヘアカラーのひとつです。

このアッシュとピンクが合わさったものがピンクアッシュというヘアカラーです。ピンクアッシュは、くすんだ透明感のあるピンクがかった髪色を指します。ピンクアッシュよりもピンクベージュの方が、ややあたたかみを感じられるヘアカラーだと言えるでしょう。

POINT

あたたかみを求めるのならピンクベージュ

ピンクアッシュはくすみが強く、ややクールな印象を受けます。可愛らしさやあたたかみのみを求める場合は、断然ピンクベージュがおすすめです。

ピンクベージュと間違えやすい!ベリーピンクのヘアカラー画像

ピンクベージュと間違えやすいヘアカラーのふたつめはベリーピンクです。ベリーピンクは、青みがかったピンクで、そのヘアカラーは、まるで果実の色を思わせます。ピンクはピンクでも深みがあり、大人の女性らしい暖色系ヘアカラーになるでしょう。

POINT

可愛らしさを求めるのならピンクベージュ

ベリーピンクは深みがあるカラーのため、どちらかと言えば大人の色気を感じるヘアカラーになります。純粋な可愛らしさを求める場合は、ピンクベージュをチョイスしましょう。

ピンクベージュ・ピンクアッシュ・ベリーピンク、どれも魅力的な可愛らしいヘアカラーでしたね。また、ピンクが大好きな人は、ぜひファッションにもピンクを取り入れましょう。甘くなりすぎるのでは?と思われるかもしれませんが、心配することはありません。以下の記事から、おしゃれなピンクコーデを学んでくださいね。

ピンクベージュのヘアカラー画像7選!ブリーチなし!暗めの髪色

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像①

ブリーチなしの暗めの髪色をピンクベージュにヘアカラーすると、このような色になります。とてもナチュラルなピンクベージュのヘアカラーですね。ぱっと見ただけでは分かりにくいのですが、光に当たるとほんのりピンクのニュアンスを感じられるでしょう。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像②

こちらも、ブリーチなしでピンクベージュにヘアカラーした髪色です。あたたかな仕上がりで、とても綺麗ですね。ピンクベージュは髪色が綺麗なだけではなく、肌も綺麗に見せてくれる優秀なヘアカラーになります。また、大人でもチャレンジしやすい、落ち着きがあるおすすめのカラーですよ。

ところで、大人になっても、まだまだ子供のような雰囲気のままではありませんか?垢抜けたいのでしたら、まさに今がチャンスです。以下の記事には、垢抜けるヒントがたくさんあります。ぜひ、ピンクベージュのヘアカラーにチェンジするだけではなく、メイクや仕草など、他の部分もひとつずつ見直してみましょう。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像③

みっつめのこちらの画像も、ブリーチなしのヘアカラーです。ピンクベージュは透け感もあるヘアカラーなので、ブリーチなしで染め上げても髪が柔らかく見えます。女性らしく可愛らしい雰囲気も、ピンクベージュのヘアカラーで手に入れましょう。

ヘアカラーはピンクベージュに決まりましたが、髪型に迷うことはありませんか?髪型を変えたとしても、失敗したくはないですよね。自分に似合う髪型さえ分かれば、そのような悩みから解放されますね。以下の記事で、自分に似合う髪型をチェックしてみましょう。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像④

ブリーチなしのピンクベージュは、オフィスやアルバイト先などで髪色に規則があり、派手な髪色に出来ない人にもおすすめのヘアカラーです。自分が置かれている環境に合わせてトーンを暗くし、落ち着いた色のピンクベージュに仕上げましょう。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像⑤

明るめの髪色に比べ、暗めの髪色にヘアカラーをすると、髪の毛のツヤがより一層感じられます。ピンクベージュのヘアカラーのツヤ髪は、周りの人の目を引くこと間違いなしでしょう。綺麗なツヤを保つためにも、日頃からトリートメントなどで、しっかりメンテナンスしましょうね。

トリートメントと言えば、このような商品もありますよ。ピンクの髪色になれるカラートリートメントと呼ばれるものです。カラートリートメントは、ヘアカラーとは全く別物になります。以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像⑥

ブリーチをしないため、トーンは暗めですが、透明感があるヘアカラーなので、重く見え過ぎないということがピンクベージュの特徴のひとつです。ストレートや巻き髪、どちらのヘアスタイルにも合うヘアカラーでしょう。

ブリーチなし!暗めの髪色(7~10トーン)ピンクベージュの画像⑦

暗髪は、今まさにトレンドのヘアカラーです。暗髪ブームは、2018年の夏以降もまだまだ続くことでしょう。ブリーチなしのピンクベージュで、おしゃれな暗髪を極めるのも素敵ですね。暗髪ピンクベージュにするのなら、色のトーンは低めでオーダーしましょう。

髪色をピンクベージュにチェンジした後は、好きな香り・なりたいイメージの香りを髪に纏いましょう。ヘアコロンやヘアミストを紹介する以下の記事もチェックして、お気に入りの香りを見つけてくださいね。

ピンクベージュのヘアカラー画像5選!ブリーチあり!明るめの髪色

ブリーチあり!明るめの髪色(11~13トーン)ピンクベージュの画像①

ブリーチとは、脱色のことを言います。髪の毛の色素を抜くブリーチをすることにより、ピンクベージュのヘアカラーの発色が良くなります。このような方法で、ブリーチをしてからヘアカラーをするテクニックはダブルカラーと呼ばれるものです。明るめの髪色が好みの人は、ダブルカラーをおこないましょう。

ブリーチあり!明るめの髪色(11~13トーン)ピンクベージュの画像②

画像から見てとれるように、ブリーチをすると、ブリーチなしの時よりも、ぐっと透明感が出せます。生まれ持った髪の毛の色をブリーチで消すため、このような仕上がりの違いになるのですね。仕上がりの好みに合わせて、ブリーチの有無やブリーチの回数を検討しましょう。

ブリーチあり!明るめの髪色(11~13トーン)ピンクベージュの画像③

ブリーチをして、さらにその上から濃いめにピンクベージュのヘアカラーを重ねることもおすすめです。ブリーチをした髪はどうしても色落ちしやすくなります。これは、ブリーチをすることにより、色を定着させる成分まで失われるためです。けれども、濃いめのピンクベージュにすると、色落ちの過程も長く楽しめるでしょう。

ブリーチした髪は、早ければ1週間程度でも色落ちしてしまいます。せっかくのヘアカラーですし、なるべく色落ちさせずに、綺麗な髪色を長く保ちたいですよね。日頃のちょっとした心がけでも、ヘアカラーの色落ちの度合いがかなり変わってきますよ。以下の記事で、ヘアカラーを色落ちさせないケアやコツを学びましょう。

ブリーチあり!明るめの髪色(11~13トーン)ピンクベージュの画像④

ピンクとベージュの割合でも、ピンクベージュのヘアカラーは雰囲気が変わります。ピンクの割合を増やすと、キュートな雰囲気になります。ベージュの割合を増やすと、ナチュラルな雰囲気になりますよ。美容室では、しっかり好みを伝えましょう。仕上がりのイメージに近い画像を見せると伝わりやすいですよ。

ちなみに、美容室で素敵な美容師さんに出会ったことはありますでしょうか?おしゃれに敏感な美容師さんは、憧れの存在でもありますよね。そんな美容師さんの気になる出会いや恋愛事情について、以下の記事でこっそりチェックしてみましょう。

ブリーチあり!明るめの髪色(11~13トーン)ピンクベージュの画像⑤

ブリーチを数回繰り返すことにより、このカラーが出せます。1回のブリーチだけでは、もともとの髪色の色素が邪魔をし、ここまでのカラーにはなりません。しっかり脱色してピンクベージュのヘアカラーの発色を良くしましょう。ここまでのカラーにした場合は色落ちやダメージ防止の為、より一層ケアもおこなってくださいね。

ところで、シャンプーなどのヘアケア商品にもこだわっていますでしょうか?驚くべきことに、最近では100均のシャンプーにも多くのファンがいるのです。100均のヘアケア商品は見落としがちですよね。灯台下暗しと言うのでしょうか。では早速、低価格・高品質の商品を、以下の記事で調べてみましょう。

ピンクベージュのヘアカラー画像4選!グラデーションヘア

グラデーションヘア|ピンクベージュのヘアカラー画像①

根元から毛先に向かって、暗めから明るめのヘアカラーに徐々に変えていくデザインカラーのことを、グラデーションカラーと呼びます。名前通り、グラデーションになっているヘアスタイルです。このグラデーションカラーは、おしゃれな人達の間で特に人気のカラーテクニックだと言えます。おしゃれ上級者になりましょう。

ヘアカラーにテクニックを使用したのであれば、次はゆるウェーブの巻き方のテクニックを身につけましょう。ロングやミディアム、そしてショートの人も、グラデーションカラーを満喫するために、以下の記事を読んで巻き髪の練習もしてみてくださいね。

グラデーションヘア|ピンクベージュのヘアカラー画像②

グラデーションヘアにすることで、ピンクベージュのヘアカラーに、さらにニュアンスが出せます。根元を暗めにすると、派手になりすぎないので、大人の人にもおすすめですよ。また、暗めのグラデーションは、髪の毛が伸びてきた時にも、染めた髪と染めていない髪の境目が目立ちにくくなるというメリットがあります。

それでは、髪の毛の伸びるスピードとは一体どのくらいのものなのでしょうか?以下の記事で、その答えが分かります。ヘアカラーをする頻度の目安になるだけではなく、髪を切りすぎた時にも役立つ知識を、早速増やしてみましょう。

グラデーションヘア|ピンクベージュのヘアカラー画像③

色の抜き方でも印象が変わります。どの辺りからグラデーションを作るのか、どのくらいの明るさに仕上げるのかが、その違いに影響してくるでしょう。どれが正解だということはありません。ブリーチをする前に、仕上がりをしっかりとイメージすることが重要になってきますね。

グラデーションヘア|ピンクベージュのヘアカラー画像④

グラデーションヘアにする為には、ほとんどの場合、ブリーチが必要になります。ブリーチは髪の毛を脱色させるような強い薬剤になりますので、ヘアカラー後のケアはしっかりおこないましょう。ケアを怠ると、色落ちやダメージの原因になりますよ。

これらのように、綺麗にグラデーションされたヘアスタイルは、簡単にまとめるだけでも、こなれた感じでおしゃれに見えます。夏が近づくこの季節のうちに、以下の記事で、水着に合うヘアアレンジを練習しておきましょう。

ピンクベージュのカラーの色落ち後は何色?色落ちを緩やかにする方法も

ピンクベージュの色落ち後はベージュに

ピンクベージュのヘアカラーは色落ち後に何色になるのかと言うと、ピンクがほぼ抜けてベージュやアッシュに近い色になります。ほんのりとピンクが残る方もいらっしゃいますが、ブリーチなどで髪が痛んでいる場合ピンク感は残りづらいです。また、元の髪色が黄色寄りの方もほとんどピンクが残らないと言って良いでしょう。

ピンクベージュのヘアカラーの色落ちを緩やかにする方法

ピンクベージュのヘアカラーの色落ちを緩やかにする方法は、普通のシャンプーではなく「ピンクシャンプー」を使うことです。シャンプー自体にピンクの色素が含まれているので、洗いながらカラーを補充してくれる優秀アイテムです。使うのと使わないのでは本当に色持ちが違うので、色落ちする前から使うようにしましょう。

ピンクベージュのヘアカラーで女性らしくて可愛らしい人になろう

髪色が変わると、気持ちまで変化しますね。気に入ったヘアカラーに変えるだけで、まるで自分の内面まで変わったかのような錯覚に陥ります。ピンクベージュのヘアカラーは、女性らしくて可愛らしい人になる第一歩です。髪色を味方につけて、さらに自分の魅力を高めていきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。