INDEX

フランキンセンス(乳香)とは?

フランキンセンス(乳香)とは樹脂のこと

フランキンセンス(乳香)は、ボスウェリア属の樹木からとれる樹脂からできています。フランキンセンスの木は2~7mと小さめの木で、薄紅色や白の花が咲く植物です。乳香となる樹脂は樹木が傷つくと出てきて、空気に触れると固形へと変化します。

これを、2週間ほどかけて乳白色の塊にしてから採取したのがフランキンセンス(乳香)なのです。漢方薬として扱われることもあり、リラックス効果を狙ってガムのように噛む地域もあるのです。主にソマリア、エチオピア、イラン、レバノンで生産されています。

フランキンセンス(乳香)は古くから神聖な香りとして、儀式にも使用されていました。エジプトでは紀元前4,000年くらいから使われていたのだとか。清めの力があると信じられていたからこそ、大切な儀式にも取り入れられたのでしょう。イエスキリストが生まれた時の贈り物にも入っていて、聖書にもたびたび登場します。

香水にもなるフランキンセンス(乳香)はスパイシーな香りが特徴

フランキンセンス(乳香)は水蒸気蒸留によって精油にされ、香料や香水に使用されることもあります。甘みのあるスパイシーな特有の香りを持っており、スッキリとした感覚が残ります。そのため、ヨガや瞑想などをおこなう時やスピリチュアルに関するシーンにも適している香りです。

禅や瞑想というと、宗教的なものを感じて敷居が高いと感じる方もいるでしょう。マインドフルネスは難しい宗教的なものではなく、今の環境や自分自身にフォーカスするという考えで行います。GoogleやIntelのような大企業でも取り入れられているのだとか。

座った状態や立った状態で、呼吸法を意識するだけでもできるのでちょっとした空き時間にチャレンジしてみてください。詳しく知りたい場合は、下の関連記事をみてやり方を確認しておきましょう。

フランキンセンスの効果3選|乳香の美容への効能

【フランキンセンスの美容効果・効能1】美しい髪を育てる

フランキンセンス(乳香)は美しい髪を目指す方にもおすすめのアロマオイルです。精油を指先につけて、頭皮をマッサージするようにケアすると血行促進の効果も期待できるでしょう。頭皮のケアは、フェイスケアやボディケアと比べると重要視していない方も多いと思います。

しかし、当然ですが頭皮は顔の肌ともつながっているので、頭皮をケアすることはフェイスケアにも通ずるものがあるのです。顔のケアと髪のケアを別々に考えるのではなく、美容のケアとして考えていきましょう。頭皮も紫外線や乾燥で日々ダメージを受けているので、優しくケアしてあげてください。

美しい髪を目指すためにはシャンプー選びにもポイントがあります。ジュレームは手ごろな値段でありながら美容師もおすすめするシャンプーです。フランキンセンス(乳香)と合わせて使って、美しい髪を目指していきましょう。詳しくは下の関連記事をチェックしてください。

Small thumb shutterstock 534963766
関連記事 ジュレームシャンプー8選|美容師がおすすめする理由は?口コミ/評判

ジュレームのシャンプーは市販のものの中でもおすすめ出来ると人気です。プ

【フランキンセンスの美容効果・効能2】収れん作用・炎症防止作用

収れん作用とは、肌をキュッと引き締める効果・効能です。そのため、肌のたるみやシワに悩んでいる方にとって嬉しい効果を発揮するでしょう。毛穴が目立っているのが気になるという場合も、収れん作用を活用することで改善が期待できます。

毛穴が引き締まるので、皮脂の分泌量を減らして化粧崩れやテカリを予防できるというメリットもあります。フランキンセンス(乳香)には肌の再生を促す効果・効能があるので、傷ついた肌を回復させたり、炎症を抑えたいときにもおすすめです。ニキビ跡の改善にも役立つでしょう。

また、ニキビができた場所からニキビ占いをすることもできます。ニキビができると気分が落ち込んでしまいますが、ネガティブなことばかり考えずに占いをして気分転換をしてみてはいかがでしょうか?詳しくは、下の関連記事をチェックしてください。

Small thumb shutterstock 387570406
関連記事 【想われニキビ】思い思われ振り振られ・・・ニキビ占いって何?

想われニキビをご存知ですか?「思い思われ振り振られ・・・」の想われニキ

【フランキンセンスの美容効果・効能3】アンチエイジング

基本的に生き物は年齢と重ねるにつれて老化していきます。肌の張りがなくなってきたり、体力が落ちてくるのも老化が影響していることが多いです。そんな老化を遅らせる。回復させることをアンチエイジングと呼びます。日本語では抗老化と表現できるでしょう。

美容に関心のある方にとって、アンチエイジング効果は嬉しい効能になると思います。肌は年齢とともにコラーゲンやエラスチンが減少して乾燥しやすくなります。それだけではなく、紫外線や酸化、乾燥によって日々ダメージを受けているのです。ダメージを受けた肌は老化が進み、弾力やハリが失われていきます。

弾力やハリを失った肌は、しわやたるみができて見た目年齢も高くなってしまいます。健康的な生活にフランキンセンス(乳香)を合わせて使うことで、アンチエイジング効果を狙いましょう。美肌に欠かせないコラーゲンはマシュマロにも豊富に含まれています。ダイエットや美容にも効果が気になる場合は、関連記事をチェック。

フランキンセンスの効果3選|乳香の精神面への効能

【フランキンセンスの精神面への効果・効能1】不安や緊張を緩和する

フランキンセンス(乳香)には不安や緊張を緩和するという効果・効能が期待できます。気持ちを落ち着かせてくれるので、不安感が強く感じる方や緊張しやすい方におすすめです。不安や緊張を抱えたままでいると心が休まる時間が無くなってしまいます。不安が不安を呼び、負のスパイラルに飲まれてしまうかもしれません。

明るい気持ちにはなれなくても、不安や緊張が和らげば気持ちが楽になります。ちょっとしたお守りとしてフランキンセンス(乳香)を使ってみてはいかがでしょうか?ストレス社会とも言われるような時代なので、仕事や人間関係で疲れを感じることもあると思います。

ストレスを全く感じない環境を作るのは難しいので、自分で上手にコントロールする方法を見つけなければなりません。フランキンセンス(乳香)の使い方は簡単なので、ぜひ生活に取り入れてみてください。あまりにも不安感が強い場合は精神的に不安定になっている可能性があるので、下の記事から特徴を確認してください。

Small thumb shutterstock 290172806
関連記事 情緒不安定・精神不安定の症状や特徴18選|イライラの解消方法は?

不安で押しつぶされそうな事は誰にでもあると思います。私も情緒不安定な日

【フランキンセンスの精神面への効果・効能2】リラックス効果

昔から儀式やスピリチュアル的な場でも使われてきたフランキンセンス(乳香)には、気持ちをリラックスさせる効果・効能が期待できます。呼吸をゆっくりとできるようになるので、深呼吸をするようにリラックスできるのでしょう。

高ぶった気持ちが落ち着くので、興奮状態を鎮めたり落ち着いた気持ちを取り戻したいときに使用してみてください。精神的に不安定になっている方や、パニックを起こす方にもおすすめのアロマオイルです。普段使うハンカチなどに香りをつけてお守りのように持ち歩いてみてください。

心身を休ませて疲れをとる寝室では、インテリアもポイントとなります。落ち着いてリラックスできるようなインテリアを作り、フランキンセンス(乳香)と組み合わせて下さい。詳しくは下の関連記事から確認できます。

Small thumb shutterstock 519449422
関連記事 落ち着く寝室インテリアはベット周りの色が鍵!おしゃれな寝室実例10選

寝室のインテリアってついつい「ベットを置くだけの空間」になってしまいが

【フランキンセンスの精神面への効果・効能3】集中力アップ

昔から瞑想や儀式にも使われてきたフランキンセンス(乳香)は、気持ちを落ち着かせて集中力アップの効果・効能を発揮します。精神を集中させて物事に取り組みたいときは、フランキンセンス(乳香)の香りを使ってみてはいかがでしょうか?

また、勉強に集中できなかったり、やる気が出ない原因は損環境にあるのかもしれません。勉強をしているのに、周りに漫画やスマホが置いてありませんか?遊びたい誘惑となるものは極力遠ざけ、勉強に集中できる空間を作るのがポイントです。他にも室温や照明を工夫することで集中力をアップさせることができます。

勉強部屋のレイアウトの一部としてフランキンセンス(乳香)を取り入れて、集中できる空間を作ってみてください。詳しくは、下の関連記事をチェックしましょう。

フランキンセンスの効果3選|乳香の健康への効能

【フランキンセンスの健康効果・効能1】安眠効果・不眠対策

睡眠は体と心の健康のためには欠かせません。睡眠をとることで疲れを癒し、ストレスを緩和することができます。肌のターンオーバーも活発になるので、不眠は肌荒れの原因にもなるのです。眠れないこと自体が不安になって不眠症になる可能性も否定できません。不眠の原因はストレスや不安、緊張などさまざまです。

それぞれにあった対処法を探す必要がありますが、基本的に副交感神経が優位になっているとリラックスして眠れると言われています。そこでリラックスの手助けをしてくれるのがフランキンセンス(乳香)です。アロマオイルなどで香りを嗅ぐことで脳の視床下部が刺激され、自律神経のバランスを整えることができるのです。

自律神経のバランスが悪いままだと不眠になってしまいますし、眠りについても質の良い睡眠はとれません。睡眠の質が悪いと朝起きられなかったり、すっきりとしないこともあります。不眠予防にもフランキンセンス(乳香)はピッタリのアロマオイルなのです。寝たのにだるいという方は、下の記事もチェックしてくだい。

【フランキンセンスの健康効果・効能2】風邪予防

フランキンセンス(乳香)には免疫力を高める効果・効能があるので、風邪予防におすすめです。抗菌作用もあるので、定期的に使うことでよりその効果を実感できるでしょう。マスクに少量のフランキンセンス(乳香)を付けると、香りでリラックス効果も同時に得られます。

【フランキンセンスの健康効果・効能3】鼻づまり

粘膜や気管支にもフランキンセンス(乳香)は効果を発揮します。鼻づまりで息苦しいときはフランキンセンス(乳香)の香りを使うことで、症状を和らげることができるでしょう。胸部の緊張を解き呼吸がゆっくりと落ち着いてくるので、のどの調子が悪い方にもおすすめです。

フランキンセンスのアロマオイルの使い方

【フランキンセンスの使い方】アロマライトを使って芳香浴

アロマポットやアロマライトは、上部のくぼみにお湯と精油やアロマオイルを入れて使用します。温めることで香りが水蒸気と一緒に部屋を満たしてくれるでしょう。おしゃれデザインも豊富なので、インテリアの一部としてもおすすめです。コンセントにつなぐだけで使えるアロマランプなら初心者でも簡単に始められます。

ライトの柔らかな光は癒し効果もあるでしょう。ろうそくを使うタイプなら、炎のゆらゆらと揺れる様子もロマンチックな空間を演出してくれます。火を使う時は火傷に注意してください。子供やペットがいる家庭では、手が届かないところで使用しましょう。

【フランキンセンスの使い方】お湯に垂らして香りを吸い込む

フランキンセンス(乳香)やアロマオイルを楽しむ際に、水蒸気を一緒に香りを吸い込む蒸気吸入という使い方があります。洗面器やボウルに熱湯を入れて、そこにフランキンセンス(乳香)やアロマオイル、精油を1・2滴たらし、蓋をして主蒸気を閉じ込めます。

その水蒸気を5~10分欠けて深呼吸するように吸い込むという方法です。呼吸でのどや鼻も潤うので、鼻づまりにおすすめの方法でもあります。

【フランキンセンスの使い方】入浴剤代わりに使用する

精油の場合は湯と混ざりにくいので、しっかりかき混ぜてからつかりましょう。美肌への嬉しい効果だけではなく、体も温まって免疫力アップも期待できます。湯気と一緒に香りも上がるので、自然とリラックスできる空間になるでしょう。ただし、残り湯は洗濯には使えないので注意してください。

入浴剤を探しているのなら、美肌効果やデトックス効果が期待できるエプソムソルトについても調べてみてはいかがでしょうか?ソルトと呼ばれていますが、硫酸マグネシウム(MgSO4)でできているようです。詳しくは、下の記事をチェックしてください。

【フランキンセンスの使い方】眠る前に香りを楽しむ習慣を付けて不眠の予防

気持ちを落ち着かせるフランキンセンス(乳香)は不眠の予防にも使用できます。リラックスして静かな気持ちになれるので、睡眠前のストレッチやマッサージと合わせて使うのもおすすめです。ストレッチやマッサージは穏やかな動きの物をチョイスしましょう。動きすぎるとかえって眠れなくなってしまいます。

また、毎日眠る前のルーティンを作ることで、睡眠に入りやすくなります。スマホやパソコンを使っているとブルーライトが自律神経を刺激し、不眠の原因となるので眠る前には触らないよう心がけましょう。

【フランキンセンスの使い方】香水のように使う

フランキンセンス(乳香)は香水のように使うこともできます。使う材料は無水エタノール5mlとフランキンセンス(乳香)の精油10滴です。精油は相性の良い種類を組み合わせて自分好みの香水を作ることもできます。

何が入っているのか分かっているという安心感がありますが、精油やアロマオイルは洋服についてシミになってしまうこともあります。人によっては肌にかゆみを感じることもあるので、刺激を感じたら使用を中止してください。ジルスチュアートで人気の香水ランキングは下の関連記事からチェックできます。

Small thumb shutterstock 557070736
関連記事 ジルスチュアートの香水人気ランキング10選!おすすめの新作の口コミは?

1993年に創業されて以来、ファッションやコスメが有名なジルスチュアー

フランキンセンスを使用するうえで注意すること|乳香の効果

香水のように肌につける場合は1%以下に希釈する

美容に嬉しい効果が期待できるフランキンセンス(乳香)ですが、使用するときはそのままでは使えません。体につける場合は1%以下、顔につける場合は0.5%以下に希釈してください。

原液を肌にそのままつけると刺激が強すぎるので注意が必要です。香水や化粧水として使う場合は、肌に直接つける時に目立たない場所でテストしてから使いましょう。

アロマオイルは飲んではいけない

アロマオイルや精油は基本的に飲まない方が良いでしょう。強い副作用はないと言われていますが、過剰に使用するのは体に負担をかけてしまいます。5gで致死量に至るという情報もあるので十分注意してください。メーカーによっては飲んでも良いものがあるのようなので、購入前に確認しておきましょう。

子どもや妊婦に使う時は注意が必要

フランキンセンス(乳香)は妊婦さんでも使えます。気分がすっきりしてリラックス効果が期待できるので、マタニティーブルーのように気分が落ち込んだときにおおすすめです。赤ちゃんのためにも不眠予防をしておきましょう。

ただし、妊娠したばかりの時や、安定していないときは使用しない方が良いでしょう。気になる場合は、専門医に聞いてみてください。妊娠中は行動が制限されたり、体調に不安があって気持ちが滅入ることがあるかもしれません。そんな時は下の関連記事の情報を見て、気分転換の方法を実践してみてください。

Small thumb shutterstock 479891623
関連記事 気分転換におすすめの方法19選!勉強の合間や妊婦さんでもできる!

イライラしたり、気持ちが落ち込んだりしたときは、何より気分転換すること

フランキンセンスと相性の良いアロマオイル

【乳香と相性の良いアロマオイル】ネロリ

ネロリはフランキンセンス(乳香)と相性が良いアロマオイルです。ネロリとはビターオレンジの花から作られる精油の事を指します。フローラルな香りの中にも少しの苦みを残したさわやかな香りです。ネロリのアロマオイルにはストレスや不安をやわらげ、精神を安定させる効果が期待できます。

フランキンセンス(乳香)と合わせて使用することで、より一層リラックス効果が得られて不眠予防にも力を発揮しそうです。肌への刺激も少ないため、精油をスキンケアに使っても良いでしょう。

【乳香と相性の良いアロマオイル】サンダルウッド

サンダルウッドは白檀とも呼ばれ、仏教ともかかわりの深いお香の一種です。気持ちを落ち着けるリラックス効果が期待できるので、フランキンセンス(乳香)と合わせれば不眠予防にも使用できるでしょう。

ただし、うつ状態の方が使うと余計に気分が落ち込むこともあります。ストレス性の頭痛などには効果が期待できるので、自分の気持ちの状態に合わせて使ってください。そんなサンダルウッドを使った香水も作られています。女性も男性も使える香水があるので、下の記事から詳しくチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 549099997
関連記事 【男女別】サンダルウッド(白檀)のおすすめ香水11選!魅力や効果もご紹介!

今回は白檀の配合されている香水をご紹介していきます。白檀(サンダルウッ

【乳香と相性の良いアロマオイル】ラベンダー

ラベンダーのアロマオイルには、怒りやイライラを鎮める効果があります。さわやかでフローラルな香りは、心を落ち着けてくれます。不安感が強いときやパニック気味なときは、ラベンダーのアロマオイルや香水で落ち着きを取り戻しましょう。

ハンカチにアロマオイルをつけて持ち歩いたり、お湯に入れて水蒸気と一緒に吸い込こむのもおすすめです。リラックスできるので、不眠の予防改善にもおすすめです。また自律神経を調え、頭痛や生理痛をやわらげてくれます。女性特有の悩みにもアプローチできるので、お風呂で使うと体を温めながらリラックスできるでしょう。

他にも無水エタノール(5ml)精製水(45ml)にラベンダーのオイルを3~5滴混ぜたものは虫よけスプレーとして使えます。科学的なものを使いたくない方は、自作の虫よけスプレーを活用してみてください。ラベンダーの効果やアロマオイルの使い方を詳しく知りたい場合は、下の関連記事をチェックしてください。

【乳香と相性の良いアロマオイル】ゼラニウム

フクロソウ科の花であるゼラニウムもフランキンセンス(乳香)と相性の良いアロマオイルです。種類が豊富で園芸の花や香水としても親しまれています。実際にゼラニウムの花を見たことがある方もいるのではないでしょうか?

ゼラニウムのアロマオイルは、ローズのようなフローラルな香りが特徴的です。自律神経を調えることで、ストレスからくる不調にアプローチできます。気持ちが不安定なときや、年齢とともに現れる更年期障害に悩む方にもおすすめの香りです。防虫効果もあるので虫よけとして使用しても良いでしょう。

アンチエイジング効果や、皮脂バランスを整える働きもあるようです。より詳しくローズゼラニウムについて知りたい場合は、下の関連記事をチェックしてください。

Small thumb shutterstock 356719802
関連記事 ローズゼラニウム(アロマ)の効能は?精油の活用方法も解説

アロマオイルでお馴染みのゼラニウム。女性に役立つ効能を持つ精油で、別名

フランキンセンス(乳香)でリラックスタイムを

スパイシーさと甘さのあるフランキンセンス(乳香)はリラックス効果や美容効果など、さまざまな効果が期待できます。香水にしたり、虫よけスプレーにしたりして自分の生活に取り入れていきましょう。ただ香りを楽しむだけではなく、安眠のためにも使用できます。

香水やアロマライトを利用して、過ごしやすい空間を作って安眠を手に入れてください。リラックスタイムを作ることは、気持ちと体の健康のためにも大切なことなのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。