INDEX

色白にもブルーベースとイエローベースがある!パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとはどういうものかご存知ですか?パーソナルカラーは、一人ひとり違い、自分の肌や雰囲気に似合う色のことを言います。ファッションやメイク道具などを買う時にパーソナルカラーに合う色を選びましょうと言われることもありますよね。パーソナルカラーと真逆の色を選べばその人の魅力を下げてしまいます。

パーソナルカラーは大きく分けて4つに分類されます。それがイエローベースとブルーベースです。イエローベースは春と秋、ブルーベースは夏と冬という分けられ方をします。それぞれの色によって服やチークなどのメイク道具の選び方も変わってきてしまうので、しっかりとチェックしておきましょう。

イエローベース(春)

パーソナルカラーがイエローベースの春の人は、生き生きとした雰囲気の人ではないでしょうか。イメージ的には春のお花畑のイメージです。これからの成長や発展を感じさせるグループですね!イエローベースの人には、スプリングカラーと呼ばれる、ペールやビビットカラーなどが似合うと言われています。

ブルーベース(夏)

パーソナルカラーがブルーベースの夏の人は、優し気な雰囲気を持っている人が多いようです。夏と言えば灼熱の太陽のようなギラギラ輝くイメージを持たれますが、パーソナルカラーではアジサイや梅雨の時期などの雰囲気を持つパステルカラーが似合うと言われています。色白の人よりも、少し褐色の良い人が似合う色合いです。

イエローベース(秋)

パーソナルカラーがイエローベースの秋の人は、大人びた人が多いイメージです。肌の色は色白に近い人が多い傾向にあります。秋と言えば、モミジやカボチャなどのオレンジ色をイメージすると思いますが、実際その通りで、秋の人はアースカラーが似合うと言われています。チークなどはオレンジの色などが似合います。

ブルーベース(冬)

パーソナルカラーがブルーベースの冬の人は、華やかで落ち着いた人が多い印象です。肌の色は色白の人から血色の良い人まで幅広くいるようです。アイシーカラーやビビットカラーなど、冬を思い浮かべるような色合いが似合うと言われています。選び方としては、アイシャドウをアイシーカラーが似合うと思います。

パーソナルカラーに合わせたコーディネートは以下の記事をチェックしてみてください。自分のパーソナルカラーに合ったコーディネートがみつかるはずです!

Small thumb shutterstock 459771967
関連記事 【スプリング・春】パーソナルカラー診断!似合うファッション・メイク18選

パーソナルカラー診断でスプリングタイプだと言われたけど、どんなファッシ

パーソナルカラーの診断方法と正確に調べる秘訣3選

パーソナルカラー診断方法

では、パーソナルカラーを自分で診断する方法をご紹介します。パーソナルカラーを知るためには、まずはドレープと呼ばれる布4種類を準備します。ない場合はフェルトの生地などで代用してください!準備する色は、赤、青、黄色、ピンクや、黒、白などのベースカラーを準備しましょう。

選び方は、例えばピンクであれば、春~冬の4種類分の色や明るさを変えた布を準備します。準備が出来たら、自分の顔の下に当てて顔の色合いがどのように変わるかをチェックします。この時に、白のケープなどを着けておくと変化が分かりやすいのでおすすめです。

似合う色は顔色が色白から鮮やかな顔色に見えたり、肌がきれいに見えたりなどの変化が見られます。一見難しそうに見えますが、遠目から見たりすると色の変化がとても分かりやすいので、遠目で鏡でチェックする、または別の人に見てもらいながらチェックする方法がおすすめです。

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣①素顔が分かる状態で行う

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣1つ目は、素の顔が良く見える状態で行うということです。顔に髪がかかっていたり、メイクをしていたりすると肌の色の変化が見づらくなります。また、服の色などが見えてしまうとそれによって顔の色合いが変わってしまったりするので、ケープを着用することが望ましいです。

また、アクセサリーなども色合いの変化が見づらくなってしまうので外しておきましょう。自分に似合うパーソナルカラーを見つけるためには、化粧を落とす、髪が顔にかからないようにする、アクセサリーを外すことがポイントです。このポイントを抑えることで、メイク道具などの選び方や似合う色が正確に分かります。

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣②目の色にも注目

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣2つ目は、目の色にも注目することです。目の色が茶色の人がいたり、限りなく黒に近い人がいたりと、目の色も人によって違います。正確にパーソナルカラーを調べて自分に似合う色を見つけたいという人は、ドレープの色と目の色、肌の色と合わせて似合うかを見てみましょう。

こちらも自分の似合う色を調べるためには、カラーコンタクトは必ず外してから行ってください。カラーコンタクトをしたままですと、肌の色と目の色に合っているけどカラーコンタクトを外したら違和感が出てきてしまうということになってしまうので、注意が必要です。

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣③髪の色に合うかも見る

パーソナルカラーを正確に調べる秘訣3つ目は、地毛の色に似合うかです。ですが、髪を染めている人はなかなか地毛の色なんてわかりません。ですが、パーソナルカラーをチェックするためには地毛の色を把握する必要があります。カラーリングした髪色だと、染め直しをした場合に色の選び方が変わってしまうためです。

髪を染めている場合は、根本などの染まっていない部分を見るとわかりやすいかもしれません。どうしてもわからない場合は、肌が色白か褐色か、目の色はどうかでもしっかり確認することが出来るので、そこまで気にしなくても大丈夫です。地毛が分かる人は地毛の色も一緒にチェックしてみましょう。

パーソナルカラーに似合った髪色を調べたい場合は以下の記事を合わせて読んでみましょう。パーソナルカラーによって、染料の選び方も変わってくるので、自分のパーソナルカラーに似合った髪色を選んでみましょう!

Small thumb shutterstock 534963766
関連記事 似合うヘアカラーの選び方|大学生におすすめ髪色16選!パーソナルカラー診断

似合うヘアカラーを診断してみませんか?生まれ持った肌の色や瞳の色、髪の

色白(ブルーベース)の肌色の人のチークの選び方と似合う色5選

色白(ブルーベース)の肌色の人のチークの選び方

まずは肌の人が色白のブルーベースタイプの人のチークの選び方を見てみましょう。ブルーベースの人がチークを選ぶ場合は、「青みを感じることが出来る色」を選ぶと良いでしょう。ブルーベースの人は顔の色が色白で青みがかかって見えることが特徴です。

青みがかかったチークにすることで、自然な血色を出すことが出来ます。チークと言えばピンクやオレンジを使う人が多いのですが、ブルーベースの人がつけてしまうと、そこだけ血色が良すぎて浮いてしまうかもしれません。ベリー系の色や、最近人気のパープル系のチークが似合うのではないでしょうか!

色白(ブルーベース)の人に似合うチークの色①パープル

色白のブルーベースさんに似合うチークの色1つ目は、パープルです。最近人気が出てきつつある色です!発色が良いので、少量でも自然な血色を出すことが出来ます。紫で大丈夫か不安になると思いますが、肌に乗せるとピンクに近い色になるので心配はありません!

色白(ブルーベース)の人に似合うチークの色②赤みのあるピンク

色白のブルーベースさんに似合うチークの色2つ目は、赤みのあるピンクです。ここで重要な選び方は、少し赤みが強いものを選ぶことです。赤みが強すぎても浮いてしまうので、赤すぎるものは選ばないようにしましょう。この時も青みのあるピンクを選ぶと自然と肌になじんで似合いますよ!

色白(ブルーベース)の人に似合うチークの色③白っぽいピンク

色白のブルーベースさんに似合うチークの色3つ目は、白っぽいピンク色のチークです。白は青みを引き出してくれるので、色白の肌によく似合います。こちらはイエローベースさんにも使える色なので、どちらのベースでも似合うでしょう。ナチュラルメイクや、ちょっと目元にポイントを置きたいときなどにおすすめです。

人気の色や、おすすめのチークは以下の記事を合わせてチェックしてみましょう。チークにもパウダータイプとクリームタイプがあるので、そちらも合わせてチェックしてみると良いですよ。

色白(ブルーベース)の人に似合うチークの色④淡い青や水色が入ったチーク

色白のブルーベースさんに似合う色4つ目は、水色などの淡い青が入ったものです。チークに青は合わないと思う人が大半かと思いますが、ブルーベースの冬の人には特におすすめのアイテムなんです!濃い青を出したい場合は青と紫を、薄い色にしたいときは白メインの青を混ぜてみたりと、色の選び方を自分好みにできます。

色白(ブルーベース)さんに似合うチークの色⑤濃いめの紫

色白のブルーベースさんに似合う色5つ目は、濃いめの紫です。1つ目で淡いタイプのパープルをご紹介しましたが、こちらはパープルよりも濃い紫となっています。あずき色チークなんて呼ばれたりもします。紫でありつつも、青みをしっかりと含んだ色なので、ブルーベースさんに似合う事間違いありません!

Small thumb shutterstock 603919916
関連記事 キャンメイクのクリームチーク全色をイエベ・ブルベ別に厳選してご紹介!

プチプラで高品質なキャンメイクのコスメ。今回はそんなキャンメイクの商品

色白(イエローベース)の肌色の人のチークの選び方と似合う色5選

色白(イエローベース)の肌色の人のチークの選び方

色白のイエローベースの人のチークの選び方は、肌の色に合わせた黄色がかった色を選ぶことがポイントです。オレンジやピンクなどの黄色がかった色は、血色の良さを際立たせてくれます。ベージュやブラウン系統の色合いは、落ち着いた大人の雰囲気を出してくれます。

気分やその時の雰囲気、シーンに合わせてチークの選び方を変えてみると良いでしょう。自分の肌に合った色は自然なメイクになります。ナチュラルメイクにしたい場合は特にパーソナルカラーに似合う色を選びましょう。

色白(イエローベース)の人に似合うチークの色①白がまじったピンク

色白のイエローベースさんに似合うチークの色1つ目は、白が混じったピンクです。白が程よく混じったピンクは、黄色みがかかったイエローベースさんの肌を自然な血色に変えてくれます。軽いワンポイントのようにチークを置くとナチュラルなメイクに仕上がります。ナチュラルメイク好きさんにおすすめです!

色白(イエローベース)の人に似合うチークの色②オレンジ

色白のイエローベースさんに似合うチークの色2つ目はオレンジです。ブルーベースさんには合わないオレンジも、イエローベースさんならではの特権と言えるのではないでしょうか。少し黄色がかった肌にオレンジを乗せることで明るく健康な雰囲気を出してくれます。

色白(イエローベース)の人に似合うチークの色③ベージュ

色白のイエローベースさんに似合うチークの色3つ目はベージュです。ベージュはどうしても難易度が高く見えてしまう色の一つですが、イエローベースさんにはとっても似合う色合いです。選び方としては、落ち着いた雰囲気や大人っぽい雰囲気を出す時に発色の良いベージュが有効です。

ツヤのあるチークを使うと大人っぽい凛としたメイクを作ってくれます。他にも、恋愛時におすすめのチークなどが知りたい場合は下記の記事を参考にしてみましょう!恋にもってこいなチークがたくさんありますよ!

色白(イエローベース)の人に似合うチークの色④サーモンピンク

色白のイエローベースさんに似合う色4つ目はサーモンピンクです。サーモンピンクは鮮やかで強みのある色です。そのため、ファンデーションで白くなりがちの肌に少し強めの血色を演出してくれます。強すぎるとド派手メイクになってしまうので注意が必要かもしれません。

色白(イエローベース)の人に似合うチークの色⑤深みのある赤

色白のイエローベースさんに似合う色5つ目は、テラコッタなどの深みのある赤です。どちらも秋を連想させる色なので、オレンジなどと混ぜて使われることもあります。深みのある色は顔を華やかに見せてくれる効果があります。

Small thumb shutterstock 579200692
関連記事 効果絶大の恋コスメ18選!おすすめのリップ・チーク・ネイル・香水とは?

恋コスメの効果で恋が叶う?「彼氏ができた」「プロポーズされた」とSNS

チークの「のり」が悪い時はどうすれば良い?

チークののりが悪くなる理由

女性は化粧を頻繁にしますが、その時に化粧の「のり」が悪いと感じたことが一度はあるのではないでしょうか。特にファンデーションやチークに多い化粧の「のり」の悪さですが、皆さんはなぜのりが悪くなるか知っていますか?もしかしたら、化粧品の選び方が悪いのかもしれません。

化粧ののりが悪い原因はいくつかありますが、その中の一つが「化粧品が合わない」ということです。ファンデーションやチークなどの化粧品は直接肌につけるものですよね。自分に似合う色があったとしても、それが自分の肌に合わない可能性もあるのです。ほかに考えられる原因は生活の乱れなどがあげられます。

化粧ののりが悪いときの対策①スキンケアをしっかりとする

化粧ののりが悪いときの対策1つ目は、スキンケアをしっかりとすることです。肌の状態はメイクの状態に直結します。せっかく似合う色のメイク道具を用意しても、肌の状態が悪いのでは意味がなくなってしまいます。常日頃から、スキンケアをして肌の調子を整えることから始めてみましょう。

化粧ののりが悪いときの対策②洗顔は時間をかけて丁寧にする

化粧のノリが悪いときの対策2つ目は、洗顔を丁寧にすることです。洗顔は皮膚の間にある汚れを落とすことです。洗顔を適当にしてしまうと、汚れや角質が取れずにそのまま残ってしまいニキビなどの原因となってしまいます。ですが、こすりすぎてしまうと肌の乾燥になってしまいますので、優しく丁寧に洗いましょう。

洗顔を上手にするポイントは、「泡をたっぷりにする」「ぬるま湯ですすぐ」ことです。泡をたっぷりつける事で、手と顔の皮膚が擦れずに摩擦がかかることがないので、乾燥を防ぐことが出来ます。また、すすぐときはぬるま湯がおすすめです。熱いお湯だと余分な皮脂まで落としてしまい、乾燥してしまうので注意しましょう。

化粧ののりが悪いときの対策③化粧品の選び方を変える

化粧ののりが悪いときの対策3つ目は、化粧品を見直すということです。特に敏感肌の人は化粧品が原因で肌荒れになってしまう事が多いので、デパートなどにある化粧品売り場のお姉さんに事情を説明し、選び方を教えてもらうと良いかもしれません。色白の人にはどういう色が合うかも教えてもらえるのでおすすめです!

特に、化粧水や化粧下地について詳しく聞くことを頭に入れておきましょう。筆者もそうなのですが、化粧水が合わないとカサカサのお肌になってしまいます。正しいスキンケアの方法なども教えてもらえるので、一度化粧品売り場に行ってみると良いかもしれません。

化粧ののりを良くする方法を詳しく知りたいという人は、以下の記事を読んでみると良いかもしれません。原因についても詳しく書いてあるので、是非参考にしてみましょう!

選び方をパーソナルカラーに合わせて化粧を楽しもう!

いかがでしたでしょうか?化粧品はパーソナルカラーを知ってから選ぶと色の選び方も幅が広がりますし、何より見た目が全然変わって見えます!せっかく高い化粧品を買うのですから、自分に合った色を選びましょう。また、パーソナルカラーにはイエローベースとブルーベースがあります。

イエローベースとブルーベースによって色の選び方が異なるので、まずは自分がどちらかを調べてみましょう。色白の人には色白の人に似合う色が、褐色の人には褐色の人に似合う色があります。自分に似合った色をさがしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。