INDEX

体力をつけるための食材5つ

体力をつけるための食材①青のり

食べる

体力をつけるための食材のひとつ目は青のりです。体力をつけるということは疲れを感じずに動けるという事なので、疲れない体にする必要があります。そのためには鉄分はとても重要で必要なものなのです。特に女性は鉄分不足や貧血気味という人は多いのです。鉄分が不足していては酸素が体中に行きわたらず体力がつきません。

青のりは100グラムあたりの鉄の量が70ミリグラム以上ととても多くの鉄含んでいます。しかも青のりであれば卵料理や焼き物料理、色付けとしても使うことの出来る食材なので意識して使ってみましょう。

体力をつけるための食材②ひじき

食べる「

体力をつけるための食材のふたつ目はひじきです。100グラムあたりの鉄の量が55グラム以上とこれも鉄分を多く含む食材です。しかもカルシウムや食物繊維も豊富で腸の環境を良くしてくれます。カロリーも低いうえに満腹感も得られるというとてもありがたい食材なのです。

ひじきは卵などビタミンDを多く含む食品と組み合わせることで、カルシウムを吸収しやすくなります。疲れやすい体を変えていくにはカルシウムを多く摂取することが必要です。

体力をつけるための食材③納豆

食べる

体力をつけるための食材のみっつ目は納豆です。疲れやすい体を変えて体力をつけるためにはタンパク質も必要です。納豆は発酵食品なので生きた菌がたくさん含まれています。腸内の環境を良くして消化吸収も助けてくれます。納豆にはコレステロールを下げる働きもあり血液もサラサラにしてくれます。

胃や腸に負担をかけないことや、血液の流れをよくすることも体力をつけるには必要なことです。いくら体を動かしてみても体の中が弱っていては結果的には負担をかけているのです。疲れやすい体を変えることも心がけましょう。

体力をつけるための食材④豚肉

肉

体力をつけるための食材のよっつ目は豚肉です。体力をつけるためには肉のタンパク質も大事です。タンパク質は筋肉や血液など体を作るのに欠かせない栄養素です。タンパク質が足りないと疲れやすいと感じるはずです。脂肪分が多いといけませんが、ダイエット中でもタンパク質を抜いてはいけない理由はここにあります。

体力をつけるための食材⑤お米

食べる

体力をつけるための食材の最後はお米です。炭水化物は体を動かすために必要です。お米はパンに比べて腹持ちが良いので朝ご飯の時に食べれば、エネルギー不足になりにくいのです。車はガソリンがないと動かないように、人もエネルギーがなければ体力をつけるトレーニングができません。お米で疲れやすい体を改善しましょう。

食べるということは大事です。でも食べ方に気をつければダイエットも効率的にできます。食べるタイミングは次の記事を参考にして下さい。

体力・スタミナをつけるためにランニングをしてはいけない理由

ランニングをしてはいけない理由①慣れていない人のランニングは危険がある

だめ

体力・スタミナをつけるためにランニングをしてはいけない理由のひとつ目は、慣れていない人のランニングは危険だからなのです。ランニングというと自分のペースで走るのだから大丈夫、と考える人も多いはずです。でもランニングは思っている以上に体を使うものなのです。

慣れない人は無理な距離に挑戦しようとしたり、目的がある為に頑張り過ぎてしまうのです。脱水症状も怖いですし、無理なランニングは膝や腰に負担をかけます。ランニングの経験者と走ったり、物足りないくらいの短い距離から始めましょう。

ランニングをしてはいけない理由②普段の生活での体力がないといけないから

疲れ

体力・スタミナをつけるためにランニングをしてはいけない理由のふたつ目は、普段の生活をこなせる体力がないといけないからです。例えば普段はあまり運動をしない人が縄跳びを跳んだとします。何十回か跳んだだけで息切れしてしまいます。

ランニングは縄跳びよりも体が疲れるのです。普段の生活だけで息切れをしたりとても疲れてしまう人は、ランニングは控えておきましょう。歩く量を少し増やしたりするところから始めてみましょう。

ランニングをしてはいけない理由③体力がない理由が体調不良の場合

疲れ

体力・スタミナをつけるためにランニングをしてはいけない理由のみっつ目は、体力が不足で原因が体調不良などと分かっている時です。体力がないと感じる時に疲れがとてもたまっているとか、体の調子が悪いと自覚している時にはランニングをしてはいけません。

その場合は体の調子を整えるための休息を取ったり、病院などでみてもらいましょう。自己判断で余計に体の調子を崩してはいけません。まずはあなたの体のコンディションを知るのが一番なのです。

ランニングが出来る体調であれば少しずつチャレンジしてみましょう。ランニングをする時間帯で得られる美容効果は次の記事を読んでみて下さい。

体力をつけるためにウェイトトレーニングをするべき理由

ウェイトトレーニングをするべき理由①筋力を鍛えると基礎体力が上がるから

体力

ウェイトトレーニングをするべき理由のひとつ目は、基礎体力が上がるからです。基礎体力とは人が生きていく中でベースとなる体力のことです。少しずつでも筋力を鍛えれば、基礎体力も上がってきます。基礎体力が上がれば今までしていた運動をしても、きついと感じなくなってくるのです。

ウェイトトレーニングをするべき理由②汗をかく事で病気の予防にもなるから

汗

ウェイトトレーニングをするべき理由のふたつ目は、汗をかいたり代謝を良くすることが病気の予防になるからです。汗をかけば体の余分なものを出してくれます。代謝が良くなれば体の調子を整えてくれます。汗をためてしまわずに体を動かすことは、体を元気にすることなのです。

ウェイトトレーニングをするべき理由③あなたの精神力が強くなるから

強い

ウェイトトレーニングをするべき理由のみっつ目は、精神力も鍛えられるからです。きついなやめたいなと思った時にあと一回だけ頑張ることで、あなたはあなたを乗り越えられるのです。もう駄目だと思ってからの一回があなたをどんどん強くしていくのです。

女性はきれいなお尻にあこがれるものです。お尻だけを鍛えるトレーニングもあるのです。美尻を目指すなら次の記事を参考にして下さい。

家でできる体力をつける方法3つ

家でできる体力をつける方法①窓や床などをふく

窓

家でできる体力をつける方法のひとつ目は窓や床をふくことです。窓をふく時には足は大きめに開きます。上下や左右の動きを意識して腕を大きく動かすようにふきましょう。手を片方ずつ使ってふいたり、両手を使ってふいても全身を使った運動になります。足を開かずに上下をふけば、スクワットをしながらの窓ふきが出来ます。

床をふく時には膝をつきその場から動かずに、腕を大きく振ることを意識して掃除をしましょう。力を入れて床をふけば体が温まります。長い廊下を端から端までふきながら進みましょう。太ももやふくらはぎ、腕に力が入り効果的なトレーニングを行えます。

家でできる体力をつける方法②立ち仕事中の片足立ち

床

家でできる体力をつける方法のふたつ目は、台所での洗い物や洗濯物を干す時に片足立ちをすることです。家の中で立っている時間は割りと多いものです。その時に片足で立つことを意識すれば、足を鍛えると同時にバランス感覚も養えます。上げている方の足を上げる高さは低くて良いので、転倒をしないように気をつけましょう。

足を上げることに慣れてきたら作業をせずに片足立ちをしましょう。足を横に45度くらいまで上げる動きをすれば太ももの内側が鍛えられます。足を後ろに上げる動きをすればヒップアップの効果が得られます。片足で立つことは効果的なトレーニングになります。

家でできる体力をつける方法③腰を曲げずに膝を曲げる

膝

家でできる体力をつける方法のみっつ目は、何かをする時に腰を曲げるのではなく膝を曲げることを意識することです。例えば落ちている物を拾う時に腰を曲げて取るのと膝を曲げて取るのでは、腰を曲げる人の方が多いのです。それは膝を曲げる方がきついと無意識に分かっているからです。

立ったり座ったりを意識してすると、腕や足をより使うことになります。膝を曲げて体を動かすとより筋肉を使うので、トレーニングになるのです。

掃除をしたくないと思ってしまう時もたまにはありますよね。でも片づけないといけない時には次の記事を読んでやる気を出しましょう。

疲れやすい食生活・習慣の特徴は?

疲れやすい食生活・習慣の特徴①遅く寝て遅く起きる

眠い

疲れやすい食生活・習慣の特徴のひとつ目は、夜遅くまで起きていて朝はなかなか起きられないという生活を繰り返すことです。人は寝ている間に一日の疲れを癒します。疲れている時こそ早めに眠り体を回復させましょう。ダラダラと寝ているのは、疲れを減らすのではなく増やしているのです。

疲れやすい食生活・習慣の特徴②朝を食べない、夜中に食べる

食べる

疲れやすい食生活・習慣の特徴のふたつ目は、朝食を食べなかったり寝る前に食べることです。朝食は一日を頑張る為に必要不可欠なものです。朝食を抜けば集中力も欠け、頭も動きにくいままです。寝る前に食べると寝ている間も胃は働き続け、体は休まりません。食事は疲れと深い関係があるのです。

疲れやすい食生活・習慣の特徴③いつもストレスを感じている

ストレス

疲れやすい食生活・習慣の特徴のみっつ目は、いつもストレスを感じていることです。ストレスをなくすことは難しいでしょう。でもストレスばかりを気にしていては、頭も体も休まりません。ストレスを強く感じ過ぎると体調を崩してしまいます。ストレスを発散することは体をいたわることになります。

ストレスはためこんではいけません。好きな事をして気分転換をしましょう。ストレスが発散できないと思ったら次の記事を参考にしましょう。

体力をつけたいと思うけどいつも断念する人が考えるべきことは?

いつも断念する人が考えるべきこと①誰の為にやるのかを考える

自分

体力をつけたいと思うけどいつも断念する人が考えるべきことひとつ目は、誰の為にやろうと思ったのかを見直すことです。もしあなたが友達に一緒に運動しようよと言われたとします。きっかけは友達だったとしても、運動を始めるのは良いことなのです。ただその時に友達に言われたからという気持ちを捨てましょう。

きっかけは友達だったけど、自分の為にやっているんだという意識をもちましょう。それがないと友達がやめた時にあなたもやめてしまいます。自分自身の為という自覚がないと、簡単に断念してしまうものなのです。

いつも断念する人が考えるべきことは②目標や目的を見直す

目標

体力をつけたいと思うけどいつも断念する人が考えるべきことふたつ目は、運動をする目的は何かを見直すことです。もしあなたが夏がくる前にやせたらいいな、と思っているのなら続かないでしょう。私運動をしているのと言いたいだけならば、きついと思った時に断念するでしょう。

その先に目標をもちましょう。痩せて彼氏に褒めてもらいたいとか、好きな人に告白しようと思うことが大事です。運動をすることがゴールではなくその先に目的をもって向かっていくことで、あなたはきっと頑張れるはずです。

いつも断念する人が考えるべきことは③無理なくできるものを少しずつやる

ちょっと

体力をつけたいと思うけどいつも断念する人が考えるべきことみっつ目は、無理な目的を立てていないかどうかです。目的を高くもつことは大切です。でもクリア出来ないほどの目標はあなたを苦しめます。体力をつけたいとかトレーニングをしたいと思った時は最初が肝心です。

最初は簡単だなと思えるくらいのトレーニングから始めましょう。クリア出来ることとその達成感が大事なのです。それがなく苦しいだけの運動では三日ももたないでしょう。無理をしないで出来ることから始めるのが、継続していくコツなのです。

ダイエットは体を動かすことも大事ですが、基礎代謝があがれば体重も落ちやすくなるのです。次の方法で基礎代謝を上げましょう。

病み上がりから体力をつける方法は?

病み上がりから体力をつける運動方法①以前の日常生活を過ごす

日常

病み上がりから体力をつける運動方法のひとつ目は、病気になる前の日常生活を無理なく過ごすことです。人は数日でも動かないだけで足が弱くなります。気付いていないかもしれませんが、それだけ日常生活で体力を使うということなのです。疲れやすいと感じたら焦らずにまずは日常生活に戻れるようにしましょう。

病み上がりから体力をつける運動方法②ウォーキング

歩く

病み上がりから体力をつける運動方法のふたつ目は、ウォーキングから始めることです。歩くだけのように感じるかもしれませんが、歩く行為は体に負担をかけることなく出来る素晴らしい運動なのです。姿勢を真っ直ぐに伸ばして、いつもの歩幅より少し大きく歩きましょう。それで体力をつけられます。

病み上がりから体力をつける運動方法③負荷のないウェイトトレーニング

トレーニング

病み上がりから体力をつける運動方法のみっつ目は、ほとんど負荷をかけずにウェイトトレーニングをすることです。タオルを使って体を動かしてみたり、飲みかけのペットボトルで腕を鍛えたりするのも良いでしょう。階段を登り降りするのも負荷をかけずにウェイトトレーニングする方法です。

体を動かすと温まってきます。でもなかなか温まらず冷えがひどい時には体調を崩しているのかもしれません。次の記事を参考にしてみて下さい。

あなたに合ったトレーニングを探そう

トレーニングは続けないと効果が得られません。継続するためにはあなたに合った無理のない方法を選ぶ事が大切なのです。体のために栄養価の高い食事をとりながら体力をつけましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。