Large thumb m keep aspect 20191221060051708 500

12月上旬・中旬・下旬のディズニーの服装は?天気や気温も知って最適コーデでGO!

更新:2020.10.07

クリスマスシーズンの12月にディズニーへ行く人も多いですよね。寒さが本格的な12月は、どのような服装が最適なのでしょうか?ここでは、12月の上旬、中旬、下旬別におすすめのディズニーコーデを紹介します。しっかり防寒して冬のディズニーを楽しみましょう!

【上旬】12月のディズニーにおすすめの服装3選

①カラフル柄スカートコーデ

1つ目はカラフル柄スカートコーデです。12月の上旬は、スウェットなどを重ね着したトップスにスカートのコーデもおすすめです。そこまで冷え込まない上旬なら、スウェットの重ね着スタイルで防寒対策ができます。

カラフルな柄のスカートは、ディズニークリスマスの楽しい雰囲気にぴったりです。スウェットの下にはレースの襟付きインナーを合わせると、首元が可愛い着こなしになります。

②もこもこアウター&デニムコーデ

2つ目はもこもこアウター&デニムコーデです。もこもことした素材のアウターは、12月上旬の防寒対策に便利なアイテムです。可愛い印象のピンク色を着ると、ディズニーでも写真映えするコーデになりますよ!

ボトムスはデニムパンツを合わせて、カジュアルな格好でまとめています。トップスにもアウターと同じピンクを使い、靴もピンク色で統一した可愛い色のコーデです。クリスマスの楽しいイベントにもぴったりな、カラフルな色使いがポイントです。

③オールブラックコーデ

3つ目はオールブラックコーデです。12月の初旬は、コートを着るほどではない気温の日も多くあります。ダウンベストのように、コートよりも軽く着られるアイテムがあると便利ですよ!

全身を黒いアイテムでまとめたオールブラックコーデは、2020年秋冬のトレンドと言われています。ボトムスはダメージ加工されたデニムを合わせ、カジュアルなコーデにしています。

なお、冬のダメージデニムを使ったコーデは、別の記事でも詳しく紹介しています。カジュアルかつメンズライクな着こなしができるダメージデニムは、冬のディズニーコーデにも役立ちますよ!こちらの着こなしも、是非参考にしてみてくださいね。

【中旬】12月のディズニーにおすすめの服装3選

①ピーコート&ニットコーデ

1つ目はピーコート&ニットコーデです。12月中旬のディズニーは、コートを着て防寒対策をしましょう。シンプルに着こなせる無地のピーコートも、12月中旬の天気や気温におすすめのアイテムです。

トップスには白いニットを着て、更にニット帽も合わせて冬らしいコーデにしています。冬コーデに欠かせないニットはディズニーコーデにも便利なので、12月中旬頃のコーデに役立ててみてくださいね。

②ボアブルゾン&ロングスカートコーデ

2つ目はボアブルゾン&ロングスカートコーデです。12月中旬のディズニーでコートより軽いアウターを着たい場合は、ボアブルゾンがおすすめです。さっと羽織る感覚で着られますが、防寒対策もばっちりですよ!

膝下丈のロングスカートを合わせて、可愛いカジュアルコーデにまとめています。中旬でも暖かい日があるので、気温によってはスカートでも大丈夫です。ベレー帽をかぶると、より可愛い印象のコーデになりますよ!足元は歩きやすいぺたんこ靴だと、パーク内でも楽に過ごせます。

③ニットトップス&ニットパンツコーデ

3つ目はニットトップス&ニットパンツコーデです。12月中旬頃の気温には、冬に人気のニットが活躍します。ニットのトップスとニットパンツのオールニットも、人気のコーデです。

トップスのニットとニットパンツは、それぞれ色とデザインが異なるので、同じニットでも違いが楽しめます。更に上からコートを羽織れば、寒い冬のディズニーでも快適に過ごせますよ!

クリスマスが近い12月中旬ごろから活躍するニットですが、無印良品のアイテムも人気です。シンプルかつおしゃれに着こなせる無印のニットには、色々な種類がありますよ!別の記事では口コミと一緒にアイテムを紹介しているので、こちらも参考にしてみてくださいね。

【下旬】12月のディズニーにおすすめの服装3選

①チェック柄ロングコートコーデ

1つ目はチェック柄ロングコートコーデです。クリスマスシーズンである12月下旬は、温かいアウターがあると便利ですね。ロング丈のコートは、寒い下旬でもしっかりと防寒対策ができますよ!

グリーンを使ったチェック柄のコートは、クリスマスの雰囲気にもぴったりです。ディズニークリスマスの雰囲気に合った写真を撮りたいときにも、おすすめのカラーですよ。

なお、ディズニーのクリスマスにおすすめのコーデは、別の記事でも詳しく紹介しています。クリスマスシーズンならではのコーデを楽しめば、ますますディズニーも楽しめますよ!是非こちらのコーデも参考にしてくださいね。

②マウンテンパーカー&パンツコーデ

2つ目はマウンテンパーカー&パンツコーデです。カジュアルに着こなせるマウンテンパーカーは、クリスマスシーズンのディズニーにもおすすめです。ダークカラーではなく明るめの色を選べば、クリスマスのパーク内で映える写真が撮れますよ!

ボトムスは今トレンドのニュアンスカラーを使ったパンツを合わせて、流行りのコーデにしています。歩きやすくて暖かいショートブーツも、12月下旬のディズニーにはぴったりのアイテムです。

③ボアコート&カーゴパンツコーデ

3つ目はボアコート&カーゴパンツコーデです。12月下旬の防寒対策には、ロング丈のコートもおすすめですよ。ボア素材のロングコートなら、寒い12月下旬でも快適に過ごせます。

トップスにはタートルネックを選ぶと、首回りの寒さも軽減できますよ!ボトムスはカジュアルに履けるカーゴパンツを合わせて、活動的なコーデにしています。スニーカーを履けば、パーク内でも歩きやすいコーデになります。

12月のディズニーにおすすめな服装以外の防寒対策とは?

①カイロ

ニット姿の女性

1つ目はカイロです。12月のディズニーに行く場合は、使い捨てのカイロを持っておくと便利です。貼るタイプ、貼らないタイプ、靴用など、いくつかの種類を最低1個ずつ持っていくと、寒い時に役立ちますよ!

ディズニーは海に面しているため、冬の寒さは特に厳しくなります。パーク内で寒くなった時に体が温まるよう、カイロはバッグに入れておきましょう。ディズニーキャラクターのカイロケースもあるので、ケースに入れて持ち歩くのもおすすめです。

②ヒートテック下着

下着姿の女性

2つ目はヒートテック下着です。冬に役立つヒートテック下着は、通常の下着より暖かく、防寒対策におすすめです。薄手なのに暖かさがあるので、洋服の下に着こんでおくと安心ですよ!

ヒートテックのアイテムは洋服もありますが、下着もヒートテックにしておくと、しっかり防寒対策できます。その日の気温や天気に合わせて、長袖、半袖などデザインを変えてみましょう。

なお、ヒートテックタイプのアイテムについては、別の記事で詳しく紹介しています。人気のユニクロをはじめ、しまむらやイオンなどブランドごとに比較しているので、知りたい方はこちらも記事も参考にしてくださいね!

③ひざ掛け

ブランケットをかけた脚

3つ目はひざ掛けです。ディズニーはパレードの場所取りで、長時間座りっぱなしの場合もありますよね。冬場のパーク内で長時間シートを敷いて座っていると、特に下半身が冷えがちです。

そんな時は、コンパクトなひざ掛けを持っていると便利です。バッグに入れて持ち運びやすいサイズのひざ掛けを持っていきましょう。使わない間は、ロッカーに入れておくのもおすすめです。

ひざ掛けはパーク内のお店で売られている場合もあります。もし持っていくのを忘れた場合は、その場で買うのも手段です。お気に入りのキャラクターが描かれた可愛いアイテムで、防寒対策をしましょう!

④ファンキャップ

ニット帽

4つ目はファンキャップです。ファンキャップとは、ディズニー内で売っているキャラクターの帽子のことです。ディズニー気分を盛り上げてくれるアイテムですが、実は暖かいので頭の寒さ対策にも便利ですよ!

好きなキャラクターのファンキャップをかぶれば、楽しい気分で防寒対策ができます。当日帽子をかぶっていくのを忘れてしまった時も、便利です。もちろん写真映えもよくなるので、見た目を楽しみつつ寒さからも身を守れて一石二鳥です。

⑤風を通さない靴

赤いスニーカー

5つ目は風を通さない靴です。冬のディズニーは足元が冷えがちなので、風を通しにくい素材の靴を選びましょう。できるだけ足首まで暖かい、厚手のスニーカーやショートブーツなどがおすすめです。

靴の下にはヒートテックの靴下や、5本指ソックスを履くのも防寒対策になりますよ!また、雨や雪の日以外は、温かくて歩きやすいムートンブーツもおすすめです。ヒールがなくて暖かいため、冬のディズニーには最適なアイテムです。

ただし、ムートンブーツは水に弱い為、雨や雪の日は革や合皮などの水をはじくブーツがおすすめです。ヒールは低めで、着脱しやすいショートブーツを選ぶようにしましょう。

12月のディズニーの気温に合わせた服装のポイントとは?

①上旬の気温

ベンチに座る女性と男性

ディズニー周辺の12月上旬の気温は、2019年のデータだと平均最高気温が13度ほどになります。平均最低気温が6.6度ほどで、まだ冬の寒さが厳しく感じない程度の気温です。

スカートの下にタイツを履いたり、パーカーやブルゾンを重ね着したりしたコーデがおすすめです。本格的な防寒対策をすると、歩いたり屋内に入ったりしたとき、汗ばむ可能性があります。晩秋あたりのコーデを参考に、重ね着スタイルにしましょう。

②中旬の気温

マフラーをした女性

12月中旬の気温は、2019年のデータだと平均最高気温が14.3度ほどになります。2019年だと、中旬でも上旬より少し気温が高いデータとなりました。平均最低気温は、7.6度と上旬より高い気温となっています。

一方で最高気温が8.8度まで下がる日もあるので、気温によってコーデを変えるのがおすすめです。暖かい日は上旬と同じコーデ、寒い日はコートを着たり、裏起毛のパンツを履いたりして、防寒対策しましょう。

③下旬の気温

スノードーム

12月下旬の気温は、2019年のデータだと平均最高気温が11.8度ほどになります。平均最低気温は5.6度と、上旬、中旬に比べて、下旬は気温が下がります。また、12月下旬は雪が降る場合もあります。

防寒対策はしっかりと行い、風を通さない厚手のアウターを着るなど、温かい格好で行きましょう。帽子、マフラー、手袋といった冬用の小物もおすすめです。また、雨や雪の日は、濡れにくく暖かい素材も選びましょう。

12月のディズニーの平均気温(2019年のデータ)

時期 上旬 中旬 下旬
最高気温 13度 14.3度 11.8度
最低気温 6.6度 7.6度 5.6度

12月のディズニーの天気に合わせた服装のポイントとは?

①晴れ

ハートの雲

12月のディズニーで天気が晴れの場合、12月上旬ごろのコーデで行くのがおすすめです。体温調節できるよう重ね着をしたスタイルで、晩秋頃から使えるブルゾン、パーカーなどを羽織りましょう。

天気が晴れの日は、動いているうちに汗ばむ場合もあります。汗をかいたらすぐ上着が脱げるようなコーデで行きましょう。冬でも天気が晴れだと、気温も高くなりがちなので、あまり暑すぎないコーデにしてくださいね。

②曇り

雲の多い空

天気が曇りの場合は、天気が晴れの日よりも肌寒くなりがちです。その日の天気と気温をチェックして、防寒対策をしましょう。特に冬の天気が曇りの場合は、北風が冷たく感じがちです。

ディズニー周辺は海風が強く吹くため、天気が曇りだとより冷たい風を感じます。北風が吹いても寒さに耐えられるよう、マフラーや手袋があると便利です。顔を寒さから守るためには、マスクをしても効果的ですよ!

③雨・雪

手袋をした手

12月の下旬ごろになると、雪が降る場合もあります。また、雨などの悪天候になると、かなり寒さを感じやすいため、しっかり防寒対策をしましょう。雨や雪の天気だった場合、濡れにくい素材も重要になります。

濡れると染みやすい素材ではなく、表面がツルツルした素材がおすすめです。ダウンコートなど、防寒対策ができて濡れにくいアイテムを選びましょう。また、ムートンブーツは水分が染みやすいので、防水と防寒機能が揃った、滑りにくいブーツなどを履きましょう。

おすすめの服装で12月のディズニーを楽しもう!

12月のディズニーはクリスマスシーズンなので、よりおしゃれで可愛いコーデを楽しみたいですよね。今回は上旬、中旬、下旬別におすすめのコーデを紹介しました。おしゃれで防寒対策もした冬コーデで、クリスマスシーズンのディズニーを満喫しましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。