Large thumb shutterstock 578007733

100均ダイソー・セリアの変換プラグ3選!3ピンのコンセントや変圧器は?

更新:2020.10.22

100均で変換プラグを購入できることはご存知でしたでしょうか。そこで今回は、100均のダイソーのコンセントの変換プラグ、変換プラグには変圧器が必要な注意点についてご紹介していきます。是非今回のを参考に、旅行に行く際に必ず必要となる変換プラグをチェックしておきましょう。

100均(ダイソー)の変換プラグは消費者に優しい!

100均(ダイソー)の変換プラグはコスパが良い!

家

100均ダイソーの変換プラグはコスパが良いという魅力があります。以前は2つ入って200円で購入するものが多かったのですが、今では1つで100円で購入することができるという最大の魅力があります。通常変換プラグを購入する際は、数百円かかるものが多いですが、それが100円で購入できるのはとても嬉しい点です

またこれからご紹介していきますが、100均ダイソーには、変換プラグが3種類あります。その3種類全てを買ったとしても、税込で324円というかなり低価格で購入できるので、旅行の準備なのであまり費用がかからず、コストを抑えることができるのでとてもおすすめです。

100均(ダイソー)の変換プラグのパッケージの裏が優しい!

家

100均ダイソーの変換プラグのパッケージの裏が優しいというとこが魅力です。どういうことかというと、100均ダイソーの変換プラグのパッケージの裏面を見ると、主にどこの国で使うことができるかが記載されています。そのためこれから旅行に行く際の参考にできるのです。

さらに、使うことができる国や地域の記載だけでなく、その変換プラグを使うことができるコンセントの形状まで記載されています。そのため100均ダイソーのパッケージの裏面を見ることで、どのコンセントの形状に使うことができるかが分かるので、買う消費者にとってとても優しい商品なのです。

まだ下記の記事では、フランスのコンセントプラグの電圧や形状についてご紹介しています。フランスの旅行に行く際は、フランスのコンセント事情についても、しっかりと理解しておく必要があります。下記の記事でフランスの電源事情について詳しくご紹介していますので、是非こちらもチェックしてみてくださいね。

【ダイソー編】おすすめ100均変換プラグ3個!

100均|ダイソーの変換プラグ①Aタイプ

100均|ダイソーの変換プラグの1つ目は、Aタイプの変換プラグです。このAタイプの変換プラグとは、日本で日常的に使っているコンセントの形状と同じものです。このAタイプの変換プラグは、アメリカやカナダ、ブラジルや韓国、中国やアジアなどで使われています。

しかし、日本の電化製品はこのAタイプのプラグのものばかりなので、日本の電化製品を他の海外で使う場合は、変換プラグが不要なので、あまりこのAタイプの変換プラグを購入することは、あまりないと言えるかもしれませんね。しかし低価格で購入できるのでおすすめです。

また下記の記事では、中国のコンセントプラグの電圧や形状についてご紹介しています。日本と同様のAタイプのコンセントの形状が使われている中国では、地域によっては違うコンセントの形状が使われているため、是非こちらの記事もチェックしてみてくださいね。中国の旅行のコンセント形状を理解しておきましょう。

100均|ダイソーの変換プラグ②Cタイプ

100均のダイソーの変換プラグ2つ目は、Cタイプの変換プラグです。このCタイプの変換プラグは、丸いピンが2つあるプラグの形状です。このCタイプの変換プラグは、ドイツやフランス、イタリアなどのヨーロッパで主に使われています。また韓国や中国でも、このCタイプの変換プラグが使われている地域もあります。

このCタイプの変換プラグは、様々な海外で使われていることが多いので、ひとつ持っておくと便利です。100円で購入できるので、海外に旅行にいく際は購入しておくとよいでしょう。

また下記の記事では、ドイツのコンセントプラグの電圧や形状についてご紹介しています。100均で購入できるCタイプの変換プラグを使うことができるドイツのコンセントの形状について詳しくご紹介していますので、是非こちらの記事もチェックしてみてくださいね。ドイツのコンセント事情をしっかりと理解しましょう!

100均|ダイソーの変換プラグ③Oタイプ

100均ダイソーの変換プラグ3つ目は、Oタイプです。このOタイプの変換プラグは、ハの字型の平らなピンが2本ある変換プラグです。このOタイプの変換プラグは主にオーストラリアや、ニュージーランドなどのオセアニア地域で使われています。他の国でも地域によってはOタイプの変換プラグが使われるところもあります。

そのため100均のダイソーで購入できるこのOタイプの変換プラグを一つを持っておくと、海外でいざという時に使うことができとても便利です。海外ではAタイプの日本と同じコンセントの形状が使われている国もありますが、日本と離れている国ではAタイプが使われていないため、変換プラグを持っておくのがおすすめです。

また下記の記事では、ニュージーランドのコンセントプラグの電圧や形状についてを紹介しています。100均ダイソーの変換プラグのOタイプを使うことができる、ニュージーランドのコンセント形状を詳しくご紹介していますので、是非こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

100均|セリアの変換プラグは?

セリアでは変換プラグを取り扱っていない!

顔を覆う女性

残念ながら現在のところ、セリアには変換プラグは売っていないようです。ダイソーと比べると、セリアはどちらかというとインテリアや生活雑貨などに強みを持つ店舗なので、こういった工具や電気関連の商品は扱っていないこともあります。変換プラグに関わらず目的の商品を探す時は、目当ての商品があるかどうか電話で確認してから店舗に出向くといいでしょう。

100均(ダイソー)のプラグで3ピン2ピンを変換できる?

100均には3ピンのプラグは売ってない!

落ち込む女性

東南アジアや中東、アフリカに多いB3タイプやBFタイプなどが3ピンのプラグにあたりますが、残念ながら現在のところ、3ピンの変換プラグは100均には売ってないようです。今後の商品展開に期待しましょう。

100均(ダイソー)の変換プラグの注意点!

100均(ダイソー)の変換プラグには変圧器が必要!

家

100均ダイソーの変換プラグの注意点1つ目は、100均ダイソーの変換プラグには、変圧器が必要ということです。100均ダイソーの変換プラグは、108円で購入することができるという最大の魅力がありますが、海外で使う際は変圧器を使う必要があります。

日本のコンセントの形状はAタイプで、100Vの電圧がほとんどです。しかし海外では100Vではなく、220Vから240Vの地域が多く、この100均ダイソーの変換プラグを購入しても、そのまま使うことはできません。そのため海外に旅行に行く際はこの変換プラグと変圧器を購入する必要があるのです。

変圧器は電気屋さんや通販などで簡単に購入できるので、変換プラグのように、海外に旅行に行く際は変圧器も準備しておきましょう。100均の変換プラグは変圧機能が付いていないので、そのまま使ってしまうと、電圧が対応していないものはショーとする原因になるため、そこは注意する点と言えます。

100均(ダイソー)の変換プラグは海外のコンセント専用!

家

100均ダイソーの変換プラグの注意点2つ目は、100均ダイソーの変換プラグは海外専用ということです。100均のダイソーの変換プラグは、海外仕様で作られているため日本で使うことはできません。そのため100均ダイソーで購入できるタイプで、変換プラグを日本で使うことができないのです。

また100均ダイソーの変換プラグのパッケージの裏面には、本製品は経済産業省の例外承認を受けており、日本国内での使用は認められていません、と記入されているため、日本で使うことができないということが、明確に記載されています。

100均の変換プラグを購入してみよう!

いかがでしたでしょうか。今回は100均ダイソーの変換プラグについてご紹介しました。100均のダイソーの変換プラグは、ひとつ108円で購入することができ、とてもおすすめです。旅行に行く際のコストの削減をできるという点は、ちょっとした旅行や出張などにとても便利なものでないでしょうか。

また、変換プラグはAタイプ、Cタイプ、Oタイプの3種類を購入することができるので、様々な国で対応することができます。今回ご紹介した100均ダイソーの変換プラグを是非参考に、この機会に購入してみてはいかがでしょうか。変換プラグを購入して、海外でコンセントに困らないようにしっかりと準備しておきましょう。

まだ今回は100均の変換プラグについてご紹介しましたが、下記の記事ではUSBケーブルについてご紹介しています。旅行に行く際は、USBケーブルも必需品となってきますよね。そのUSBケーブルも100均で様々な種類が販売されており、購入することができるので、是非こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。