INDEX

皮肉や小言を言う人の性格や特徴3選

皮肉や小言を言う人は神経質な性格

神経質な性格

皮肉や小言を言う人は神経質な性格の人です。生活面においてもきちんと整理整頓ができていたり、時間にも正確で、遅れたりすることなどありえないと思っているのが特徴です。もちろん、きちんとしていることは良いことですし、社会人としてはとても優秀な人なのです。

けれど、それ故に人に対してとても厳しく、自分の考える枠にはまらなければイライラしてしまうのです。目についてしまい正すために嫌味や小言を言ってしまうのです。また、神経質で嫌味や小言を言う人は自分では気がついていないことが多く、自分の考えに自信を持っているのも特徴です。

皮肉や小言を言う人は自己顕示欲が強い性格

自己顕示欲が強い

皮肉や小言を言う人は、自己顕示欲が強い人です。プライドが高く自分が一番でないと気が済まないような性格の持ち主です。そのため、自分以外の誰かに注目が集まったり、自分と比較されたりするとその対象となった人に対して必要に皮肉や小言を言ってしまうのが特徴です。

例えば、後輩なのに褒められたりするとその後輩に対して、嫌味を言ったり、「後から入ったのにスゴイのね。」などと、自分を差し置いて褒められていることをネチネチと攻撃してきたりするのです。自己顕示欲が高くプライドが高い人ほど根に持っていつまでも攻撃し続けたりするのです。

皮肉や小言を言う人は臆病な性格

皮肉や小言を言う人は実は臆病な性格の人です。本当はハッキリ言いたけれど臆病な性格のため本音は言えず遠回しに物事を言ってしまうため皮肉や小言に聞こえてしまいます。

臆病な性格の人が言う皮肉や小言は「どうせ○○だからいいよね。」「どうせ私なんて…。」などと、「どうせ」などの卑屈な言い回しをするのが特徴です。そのため、聞いていてもイラッとする事も多いのです。

皮肉や小言を言う人の心理8選

皮肉や小言を言う人の心理①意味もなく言っている

人のアラが気になる

皮肉や小言を言う人は、自分自身皮肉や小言を言っている意識がなく嫌味や小言を言って入る場合があります。目についたことを的確に指摘しているだけで深い意味はありません。このような人は、たとえ皮肉や小言を言うことについて指摘されても何のことで指摘されているのかさえわかっていません。

また、深い意味がなく嫌味や小言を言っている人は、もともとの言い方が皮肉っぽくなり、しつこい印象を与えてしまうため、言われた側が受け流すしかないのです。

皮肉や小言を言う人の心理②自分と比較してしまう

自分と比較してしまう

皮肉や小言を言う人の心理は、人のアラばかりが気になってしまい良いところを見つけようとしないのです。性格的に、神経質な場合も影響しますが自分の尺度で物事を推し測るため自分の考えに当てはまらないと気になり、嫌味や当てこすりを言って攻撃したくなるのです。

また、「自分ができているのにどうして出来ないの?」などと、純粋に「出来ないこと」自体が理解できず、イライラして嫌味や小言を言ってしまうのです。

皮肉や小言を言う人の心理③自身がストレスでイライラしている

ストレスでイライラ

皮肉や小言を言う人の心理は自分自身がストレスが溜まりすぎて余裕がない精神状態なのでしょう。そのため、感情的になってしまいつい嫌な皮肉や小言を言ってしまうのです。

ストレスなどで心理状態が悪く嫌味や小言を言ってしまう人は、言った後から自己嫌悪に陥り、それがまたストレスとなることも多く、自分の精神状態の改善をしなければ人に対しても優しい気持ちにはなれないのです。

皮肉や小言を言う人の心理④プライドが高い

プライドが高い

皮肉や小言を言う人の心理は、プライドが高く自分の一番出なくては嫌だという心理が働いています。そのため、誰かが褒められると無性に腹がってしまいます。まるで、自分のプライドが傷つけられてしまったような気分いなってしまうのです。

そにため、自分意外の誰かを褒めた人や褒められた人の両方に対して当てこすりのようなことを言ってきたり、自分の功績などの自慢話をしたりしてネチネチと仕返ししてくるのです。

皮肉や小言を言う人の心理⑤嫉妬深い

嫉妬深い

プライドが高いことと似ていますが、皮肉や小言を言う人の心理は、嫉妬心が強い場合も多いのです。自分では気がついてないかもしれないけれど自分が評価されなかったりしたら相手のことが許せないほど嫉妬心が沸き起こってくるのです。

「どうしてあの子ばかり褒められるの?」「自分の何がいけないの?」などの思いが強い嫉妬心を招いてしまい、皮肉や小言、当てこすりのような言葉で攻撃してくるのです。

皮肉や小言を言う人の心理⑥いつも人のことを下に見ている

人のことを下に見ている

皮肉や小言を言う人の心理は、自分が優秀であることを自覚しています。優秀なのは自分が努力をしてきたため当然のことだと思っているのです。そのため、能力が低い人は努力もしない無能人間だと思っているため、皮肉や小言が言いたくなってしまうのです。

「そんなことも出来ないの?」の中には「無能だから。」という見下す心理が働いていることが多く、皮肉や小言もキツイ口調になってしまうのです。

皮肉や小言を言う人の心理⑦皮肉や小言を言う相手が嫌いなタイプ

相手が嫌いなタイプ

皮肉や小言を言うのは、その相手が嫌いなタイプの場合も多いのです。職場でも全くそりが合わずその人の行動が気に食わないような相手はいますよね。そのため、他の人が同じことをやってもイラッとこないのにその人がやると気になってしまい皮肉や小言を言ってしまうのです。

こんな場合は相手も同じようにあまり良い感情を持っていないことが多く、お互いが受け入れられない関係のため一緒にいる以上常に、イライラは付きまとってしまいます。

皮肉や小言を言う人の心理⑧本心が上手く言えない

本心が上手く言えない

皮肉や小言を言う人は、自分の本心が上手く伝えられない心理からです。本心ではそんなことを思っていないのについつい皮肉や小言を言ってしまい相手に嫌な気分を与えてしまうのです。

この様に本心が上手く言えず、嫌味や小言を言ってしまう人は、自分を理解してほしい、相手との距離を縮めたいという心理の裏返しからの行動なのです。

皮肉や小言を言ってしまう原因

皮肉や小言を言ってしまう原因①自分をわかって欲しいと思っている

自分をわかって欲しい

皮肉や小言を言う人には何らかの原因があるのです。皮肉や小言を言う人は、実は自分の事をもっとわかって欲しいと思っていることが多いのです。つまりは、自分のことを素直に表現できないため逆のことを言ってしまい相手に引かれてしまったりするのです。

皮肉や小言を言ってしまう原因②心が疲れてしまっている

心が疲れている

皮肉や小言を言う人は、心が疲れていることも原因です。自分の心が疲れて弱っているため人に対して優しい言葉で話すことができません。仕事で忙しかったり、大好きな人と上手くいかなかったり心が疲れてストレスが溜まっていることが原因です。

皮肉や小言を言ってしまう原因③かつて自分も同じようなことをされてきた

自分も同じようなことをされた

皮肉や小言を言う原因は自分自身もかつて皮肉や小言を言われてきた経験があるため、それが当たり前になっているのです。子供のころから、身近な人に皮肉や小言などを言われて育ってきた場合は、人に対して皮肉や小言を言うことしか自分が思ったことを伝える方法を知らないのです。

皮肉や小言を言ってしまう原因④コミュニケーション能力が欠けている

コミュニケーション能力が欠けている

皮肉や小言を言う人はもともと、人とのコミュニケーション能力がもともと備わっていないことが原因でしょう。コミュニケーションが欠けていることは元々の性格か、過去に人との関り方で失敗してしまい人とコミュニケーションを取るのがトラウマになってしまっている場合も、ついつい皮肉や小言を言ってしまうのです。

コミュニケーション能力の欠けていることが原因で嫌味や小言を言う人は、自分で分かっている場合は何かきっかけがあれば徐々に改善することもあるでしょうが、まったく意識ない場合は残念ながらそんな人だと達観するしかないのです。

皮肉や小言を言う人の対処法と付き合い方5選

皮肉や小言を言う人タイプ別付き合い方

タイプ別

皮肉や小言を言う人とどうしても付き合っていかなくてはならない場合は、こちら側でも対処法を考えなくてはなりません。時と場合とシチュエーション、皮肉や小言を言う人のタイプなども理解して付き合うと意外に楽になるのです。

皮肉や小言を言う人が陰湿な場合と、実は単純な場合によっても対処法が変ってくることを理解しておくことです。陰湿でしつこいタイプは変に刺激をすると長引いたり面倒なことになります。でも、言葉はきついけれど単純な場合はこちらの対応一つでずいぶん変わることもあるのです。

皮肉や小言を言う人の対処法①意味がわからないことを言ってもスルーする

スルーする

皮肉や小言を言う人の中でも厄介なのは、いつまでもネチネチと呼び出して皮肉や小言を言うタイプの人です。上司や先輩の場合は、呼び出されたら無視するわけにはいきません。そして、そんな上司や先輩は説教という名目の元自分の感情で皮肉や小言をいうことが多く、特に何か意味があるわけでもないのです。

そのため、説教をするようなふりをして長々と当てこすりや皮肉めいた小言を言います。そんな時は決して反論してはいけないのです。本来言っている内容には意味がないのですから。言われることを聞き流すようにするのです。

また、上司や先輩の意味のない皮肉や小言が始まったらタイミングを見て、同僚などに電話してもらうか仕事を頼んでくれるようにお願いしておくのも対処法のひとつです。

皮肉や小言を言う人の対処法②とりあえず素直に振る舞う

素直に振る舞う

ネチネチと長時間皮肉や小言を言うのではなく、キツイ言葉の一撃を浴びせてこられる場合の対処法は、とりあえず素直に話を聞いて受け入れることです。キツイ言葉で皮肉や小言を言う人は心に持っていられないだけなのです。そのため、言ってしまえば意外にスッキリして後は普通に接してくることも多いのです。

皮肉や小言を言う人の対処法③謝る

謝る

皮肉や小言を言う人でもキツイ言葉でズバッと攻撃してくる人には、とにかく素直に謝ることです。「でも」「だって」などの言い訳に聞こえるキーワードを使うと逆鱗に触れてしまうこともあり、長引いたりします。「すみません。以後気をつけます。」と素直に謝ると意外にすんなり終わることも多いのです。

ただ、もともと皮肉や小言を言うような性格のため何度も同じようなシチュエーションはおこりますからその都度対応することになります。

皮肉や小言を言う人の対処法④反論できる材料をためておく

材料をためておく

皮肉や小言を言う人で、ネチネチタイプと激高タイプの両方に共通するのは、何度も自分の感情で皮肉や小言を言ってくる場合は、こちら側も言われてばかりではいられませんよね。そこで、間違っていることはハッキリ正すという対処法も試してみることも大事です。

上司や先輩に何度も皮肉や小言を言われて嫌な気分になってしまうと仕事にも影響があります。そのため、嫌な空気になる覚悟で反論してみることも必要です。この場合は事前の準備がいります。周りの仲間の協力や、意味のないことで皮肉や小言を言われた内容などをしっかり残しておいて反論できるよう材料をためておきます。

「○○日に言われた言葉はおかしいと思います。」「○○さんが言った言葉はパワハラになると思います。」など、手荒ではありますが、度が過ぎるほどの嫌味や小言はパワハラにあてはまることになるため、調べた上で話し合いの場を持つのも対処法のひとつです。

皮肉や小言を言う人の対処法⑤自慢話を聞いてあげる

自慢話を盛り上げる

自身ではあまり悪意とは思ってない嫌味や小言を言う人には、こちら側が大人の対応をすることも対処法のひとつなのです。また、意外に単純で人に構って欲しいと思っているこのタイプは、自慢話が大好きで自分を大きく見せたいと思っています。

そこで、皮肉や小言の合間に出てくる自慢話には大きく関心を示してあげると良いでしょう。あまり大げさではなく「すごいですよね。私には無理です。」などと、自尊心をくすぐるように褒めることがポイントです。皮肉や小言から自慢話に移行するかもしれませんがそこはニコニコ笑ってスルーすることですね。

皮肉や小言を言う人を撃退しよう

当てこすりを言われたら「勉強になりました!」と笑顔で返す

皮肉や小言を言う人を撃退したいと思っているのなら、立ち向かうことも必要です。でも、嫌な雰囲気はごめんだという人にもってこいなのが、当てこすりを言われた時には、「勉強になりました!」「参考にします!」など、その人のことを受け入れ且つ、自分も実践するという事を最大限にアピールしてみることです。

その時は、周りの人の協力も得ることも忘れてはいけません。「スゴイ!」「エライぞ!」などと周りに賛同してもらい、皮肉や小言を言う人がそれ以上言えなくなる状況に持っていくのです。そうすることで、皮肉や小言を言っていることが周りにも認識され恥ずかしくなること間違いなしでしょう。

皮肉や小言を言う人には「お酒飲みにつれてって下さい!」とあえて誘う

お酒を誘う

皮肉や小言を言う人を撃退するのは、相手の懐に入るのもひとつです。普段、皮肉や嫌味ばかり言っている人は人からの飲み会などの誘いもないはずです。そのため、あえて「飲みにつれてって下さい!」と誘ってみる方法は有効です。

何で?と驚かれるかもしれませんが、色んな理由をつけて誘うと意外にノッテくれることもあるのです。飲みの席での一面を見ることで皮肉や小言を言う人の一面がわかるかもしれません。また、皮肉や小言を言うのは誰かと交流したかったからかもしれないため、あえて誘ってみるのも対処法のひとつかもしれないのです。

皮肉や小言を言う人にはバシッという

バシッという

皮肉や小言を言う人は、人を選んで言っていることも多いのです。そのため、大人しく皮肉や小言を言っても怒らない相手にばかり言うのです。そこで、人を見て皮肉や小言をいうような人には、皆の前でバシッと意志表示をするのは効果的です。

「いい加減にそんな言い方止めて下さい!」とバシッと反論するのです。こちらもその時周りの人にも協力してもらうことです。「そうね、言いすぎだと思ってたわ。」「いくらなんでもヒドイ言い方よね。」などと、少々いじめみたいになりますが、周りにお願いして皮肉や小言を言う人をギャフンっといわせてやりましょう。

皮肉や小言を言う人のことを理解して対処法を考えよう

皮肉や小言を言われるのは嫌ですよね。意味もなくくどくど、ネチネチ言うタイプ、キツイ言葉で一撃してくる場合とタイプによって対処方法も違ってきます。皮肉や小言を言う人がどんなタイプでどんなパターンの皮肉や小言を言ってくるのか把握した上で対処すると意外に簡単に対応できることもあるんです。

理不尽な皮肉や小言は嫌な気分になってしまいます。皮肉や小言を言う人に打ち勝って気持ち良く過ごせる環境にするために入念なリサーチと仲間の助けも必要となることを頭に入れておきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。