Large thumb shutterstock 607492355

100均の刺繍枠3選!ダイソー・セリア別!使い方・活用術も

更新:2019.06.21

最近は100均でも刺繍枠を購入することができるようになりました。刺繍に興味を持った方でもすぐにチャレンジできますね。実は刺繍をする以外にも、刺繍枠にはいろいろな使い方があります。今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの刺繍枠を使い方とともに紹介していきます。

100均の刺繍枠は入手が容易で実用的!

刺繍初心者でも手に入れやすい!

PC

手芸をする人は誰でも知ってる刺繍枠ですが、最近では100均でも購入できることを知っていますか?手芸屋さんはちょっと敷居が高くて、初めて刺繍をしてみたいを思っても何を揃えたらいいのかわからないですよね。

新しく始める方は道具をそろえるのにコストがかかってしまう心配をする人もいるのではないでしょうか?そんな時、ダイソーやセリアなどの100円ショップへ行けば手軽にいろんな材料を揃えることができます。手芸屋さんで本格的なものを買う前にお試しにもいいですね。

お店によって大きさが違う!

買い物

手芸屋さんへ行くと、刺繍枠にはたくさんの種類・大きさがあります。しかし、100均ではいくつものサイズを取り扱っていないことがあります。そんな時はショップを変えて探してみましょう。ここでいくつか紹介しますが、新しいレア刺繍枠を見つけられるかもしれません。

刺繍枠のサイズは刺繍するものの大きさによって変えてみましょう。刺繍したいデザインの一回り大きいくらいの刺繍枠を用意するのがおすすめです。「大は小を兼ねる」なんていいますが、大きすぎると支える手が疲れてしまい長時間の刺繍には向きません。手に取って、刺繍することをイメージしながら選んでみてください。

【ショップ別】100均のおすすめ刺繍枠3選!

①ダイソーのおすすめ刺繍枠

1つ目はダイソーの刺繍枠です。ダイソーでは100均の中でも大きめな直径15cmが購入できます。素材はプラスチックなので、軽くて使いやすくなっています。そのまま壁飾りにする予定の作品や、クッションなど大きめの刺繍をする場合に向いていますね。

上の写真はダイソーで購入した刺繍枠を使って刺繍した作品です。たくさんのお花をあしらって、ハート型にデザインされています。カラフルに色を使っていて、きれいですね。お部屋の印象を華やかにかえてくれるインテリアになります。

②セリアのおすすめ刺繍枠

2つ目はセリアの刺繍枠です。こちらは12.5cmで、ダイソーのものより少し小さめです。素材はプラスチックで同じですがダイソーと違って、ブラックとベージュの2色が販売されています。

自分の好みで選ぶのもよいですし、作品に合わせて色を選ぶことができます。糸を刺した後にそのまま壁飾りにする使い方をするなら、飾りたい壁との相性を考えることもできますね。

③キャンドゥのおすすめ刺繍枠

3つ目はキャンドゥの刺繍枠です。キャンドゥの刺繍枠は、ダイソーやセリアよりも小さい10cmのものが購入できます。枕の隅に作るワンポイント刺繍や、お子様の名前の刺繍など、細かいところを刺繍する際に向いています。

キャンドゥの刺繍枠はブラウン色で刺繍を選ばずおしゃれに作品を締めてくれるお色ですね。こちらもプラスチック素材なので、小さくて軽くできています。まずはイニシャルなどワンポイントから、と考えている方におすすめです。

100均刺繍枠の使い方は?

オーソドックスに刺繍する!

1つ目は一番オーソドックスな100均刺繍枠の使い方は刺繍することです。エプロンのワンポイントリメイクやクッションのデザイン刺繍などいろいろなものをおしゃれにアレンジすることができます。ダイソーやセリアには刺繍する小物や刺繍糸なども販売されているので、気軽にチャレンジすることができますね。

そんな刺繍枠ですが、初めて使う方は使い方に戸惑うかもしれません。布をピンと張ることができれば綺麗な刺繍の完成に一歩近づくことができます。下の手順や動画を参考に実際に刺繍枠を使って作業してみてください。簡単に刺繍しやすい状態に布を張ることができますよ。

刺繍枠の取り付け方

  1. 刺繍をする布を広げる。
  2. 刺繍枠のねじを緩めて内側(小さいほうの枠)を布の下に置く。
  3. 刺繍枠の外側(大きいほうの枠)を布の上から半分くらいはめる。
  4. 布が動かないようにねじを締める。
  5. 平らなところに置き上から外枠を押すように残り半分をはめる。

POINT

周りの布を引っ張るときは丁寧に!

布がゆるんできたときは刺繍枠にはめたまま、周りの布を引っ張って調節することができます。その時、一方からだけ引っ張ると布が歪んでしまい刺繍の歪みになってしまうことも…。いろいろな方向から少しづつ引っ張って、布が歪まないように調節しましょう。

セリアにもあるバイアステープで自分だけの刺繍枠に!

テープ

2つ目はバイアステープを使ったオリジナル刺繍枠です。バイアステープとは、写真上のように布生地をテープ状にしたものです。いろいろな柄や種類があるので、写真下のように自分だけのオリジナル刺繍枠を作ることができます。刺繍をする間ずっと愛用する刺繍枠に可愛いアレンジをしてモチベーションもアップですね。

実は、バイアステープには見た目だけでなく利便性にも効果があります。100均の刺繍枠はプラスチック製のものが一般的ですが、プラスチックはつるつると滑りやすくピンと張った布が緩んできやすくなってしまいます。布製のバイアステープを貼ることで刺繍する布と引っかかりができ、張った布が緩みづらくなるのです。

他にも、ダイソーやセリアなど100均で手に入るバイアステープを紹介した記事もあるので、下記の記事も参考にしてみてください。自作バイアステープの作り方も紹介されています。

オリジナルのファブリックパネルに!

3つ目はおしゃれなインテリア、ファブリックパネルとしての使い方です。ファブリックパネルなんて難しいと思ってしまうかもしれません。よくテレビなどで見かけるのは四角いものが多いかと思いますが、100均の刺繍枠を使えば丸くてかわいいファブリックパネルを作ることができます。

ただの枠などに丸く布を張るのは難しいですが、刺繍枠を使うことで簡単に布を張ることができます。先程紹介した刺繍枠に布をはめる方法と同じように、お気に入りの柄の布を刺繍枠にはめ込むだけでできる簡単アレンジです。余った布は後ろで丁寧にカットしましょう。

刺繍枠に張るのは布だけでなく、ペーパーナプキンでも作ることができます。四角のものとは違い、丸いファブリックパネルを飾るとなんだか心も丸く優しくなれるような空間になりますね。

100均刺繍枠の便利グッズ!

100均刺繍枠の関連グッズ①刺繍糸

刺繍枠を使って刺繍するときに必要な関連グッズ1つ目は刺繍糸です。刺繍するのになくてはならないものですね。手芸屋さんに行くと、微妙な色の違いがある数えきれないほどの刺繍糸があります。

100均での品揃えもそれに劣らず雰囲気別にたくさんの刺繍糸が並べられています。写真のものはオリジナルカラー・ビビットカラー・パステルカラーの3種類です。これだけでも微妙な色の変化を表現できそうですね。

下絵に合わせながら、いろんな色を置いてみたいという方にはパッケージになっているダイソーやセリアなど100均の刺繍糸がおすすめです。余った刺繍糸で作るリメイク法もあるので、気になった方は下記記事も見てみてください。

カラフルで可愛い♡余った刺繍糸のとっておきリメイクアイデア

100均刺繍枠の関連グッズ②ダイソーの刺繍用下地シート

2つ目に紹介するのは刺繍枠を使って刺繍するときにあると便利な刺繍用下地シートです。刺繍をする時、プリントアウトしたデザインや手書きのものをチャコペーパーなどを使って布地に転写すると思います。こちらは、その転写の手間を省くことのできるグッズです。

下地シート自体にデザインを手書きをしたり、プリンターでも使えるのでプリントアウトして使用することもできます。裏面はシールになっている為縫い付けなどは必要ありません。使い方はとっても簡単なので、下の手順を参考に使ってみてください。

刺繍用下地シートの使い方

  1. シール面にデザインを描く
  2. 刺繍する布地にシールを貼る
  3. 刺繍する
  4. 下地シートを貼ったまま布地を洗う

POINT

下地シートは水に溶けるタイプ!

このダイソーの下地シートは水に溶ける素材で作られています。下書きしたシールを布に貼ってそのまま刺繍をします。刺繍が終わったら、やさしく水洗いしましょう。シートだけが溶けて、きれいに刺繍だけが残ります。

100均刺繍枠の関連グッズ③ウッドピンチ

3つ目に紹介するのは、ウッドピンチを使った可愛い刺繍糸の収納方法です。ダイソーやセリアで買ってきた刺繍糸をそのままボックスなどに片付けるのもいいですが、せっかくなら可愛く、実用的に収納したいですよね。

そんなときに便利なのは、ウッドピンチの使い方をアレンジした刺繍糸の収納法です。ウッドピンチの本体に刺繍糸をくるくると巻き付けます。ころんとしたフォルムがとても愛らしいですね。この状態で浅い収納ボックスなどに収納しておけば、パッと見ただけで必要な色を取ることができます。

また、刺繍糸を巻いた状態でもウッドピンチの挟む機能も使えるので、刺繍糸の端を留めておくことができます。これなら、棚の中で他の刺繍糸に巻き付いて…なんてことも起こらず、すっきりきれいに収納しておくことができますね。他にもおしゃれな刺繍糸の収納方法があるので下記の記事も参考にしてみてください。

100均刺繍枠の活用例~刺繍~

100均の刺繍枠で子供用品をオリジナルに!

赤ちゃん

まず子供用品に可愛い刺繍をする活用例です。例えば赤ちゃんのスタイを作るのがおすすめですよ。もちろん100均の刺繍枠を使って作ることができます。妊娠中の動けないときに自分の赤ちゃんのために作るなんて素敵ですね。

ご自身のためでなく、お友達の出産祝いのプレゼントに贈っても喜ばれるかもしれません。量販店にない、ハンドメイドの温かみで微笑ましいお祝いにいかがですか?

刺繍した作品をプレゼントしたいと思っても何から揃えればいいんだろう…100均でも一から道具を揃えるのは大変…なんて思った方におすすめなのは刺繍キットです。下の記事では初心者でも簡単に始めやすい刺繍キットを紹介しています。可愛いデザインも紹介されているので参考に見てみてください。

シンプルなインテリアにも華やかな刺繍!

白いクッション

2つ目の100均刺繍枠活用例はインテリアの刺繍です。クッションなどのもともと白いシンプルなものに刺繍枠を使って作成していきます。シンプルなお部屋のワンポイントにいかがですか?お花の刺繍柄なんか華やかでいいですよね。

写真フレーム

刺繍枠を使って刺繍したインテリアは、完成したら写真立てに入れて飾ると一枚の絵のようで素敵ですよ。写真立てもダイソーやセリアで購入することができるので、このような使い方を真似してみるのもいいかもしれません。

100均刺繍枠の活用例~壁飾り~

海外で話題の刺繍枠を使ったDIY!

花

次に紹介するのはウォールアートです。海外でも流行っている壁飾りですね。ウォールアートは刺繍枠に麻布を張って造花でフラワーアレンジを施すというものです。造花は100均にも可愛いたくさんの種類が販売されているので、コストも抑えてアレンジすることができますね。

ダイソーやセリアで購入できる造花を使ったアレンジに興味がある方は以下の記事も読んでみてください。造花で作ることができるアレンジメントが紹介されています。平面なアレンジメントを参考にすれば、刺繍枠に応用させることもできますね。

実用的な使い方ができるピアスホルダー

アクセサリー

2つ目の活用法はピアスホルダーです。みなさんがお持ちのネックレスやピアスなど、アクセサリーを収納することができます。お気に入りのピアスを掛けると、それだけでおしゃれなインテリアのように早変わりしますね。

ピアスの紛失も防げて一石二鳥ですね。100均の刺繍枠を使って少しの手間をかけるだけで、手の込んだインテリアになります。実用的な使い方ができるのは嬉しいですね。ウォールアートが気になった方は、この他にも真似したくなるような手造りウォールアートを紹介した下記のサイトも参考にしてみてください。

【100円グッズ】『刺繍枠』でお洒落なウォールアート 【インテリア】

100均刺繍枠のアイデア活用術2選!

100均刺繍枠のアイデア活用術①刺繍枠の使い方を変えて時計にアレンジ

壁

100均刺繍枠のアイデア活用術1つ目は自作時計です。刺繍枠に布を張って、時計のムーヴメントを付けることで実際に時を刻む時計をハンドメイドできるのです。

ムーヴメントとは時計の針を動かす部品のことを言います。手芸屋さんや、ネットショップでも販売されていて、安いものでは500円ほどで購入できます。手を出しやすい値段なので、気軽にチャレンジすることができますね。

時計は、布の代わりにチュールレースとサテン生地を合わせて使ってもおしゃれですよ。レースを使うことで女の子の部屋にもぴったりな可愛い時計に仕上がります。

100均刺繍枠のアイデア活用術②ドリームキャッチャーで運気を集めよう!

100均刺繍枠のアイデア活用術2つ目はドリームキャッチャーです。お部屋の雰囲気が、ガラッと変わるドリームキャッチャーですがこれも手作りすることができます。

ダイソーやセリアなどにはたくさんの刺繍糸が販売されていることは紹介しました。その刺繍糸をいつもとは違う使い方をして作っています。ドリームキャッチャーは、他にも造花などの100均にある材料を使った可愛いアレンジも人気ですよ。

100均の刺繍枠もアイディア次第で用途は無限大!

刺繍

いかがでしたでしょうか?100均の刺繍枠は、本来の使い方である刺繍作業の道具として使うことができます。しかしそれだけでなく、お部屋のインテリアをハンドメイドするときのプチプラ材料としても活躍します。

ここで紹介したものはほんの一例です。100均の刺繍枠はアイディア次第で他にも様々な使い方があるでしょう。コストを気にせず使うことができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。