Large thumb shutterstock 145331824

100均の黒板14選!ダイソー・セリア別!おしゃれなカフェ風インテリアに!

更新:2019.06.21

100均の黒板を知っていますか。実は発売当時爆発的な大ヒットをした商品で100均DIYに火をつけたともいわれている商品です。おしゃれなカフェ風インテリアを目指すにはもってこいの100均アイテムです。そこで今回は100均ダイソー、セリア、キャンドゥのおすすめ黒板を紹介します。

100均の黒板は大人気?どんな商品なの?

100均の黒板はインテリアに!小さくて使いやすい!

小物が光るインテリア

100均の商品はインテリア小物としてとても人気です。中でも黒板や黒板シートはアレンジがしやすかったり、カフェ風のインテリアに良く合うのでおしゃれな部屋を作るのにとても適した商品です。100均のダイソーやセリアは黒板アイテムの品数も揃っていて、自分の思うようなおしゃれなインテリアができるので評判です。

しかし黒板と言うと、学校の教室の前にある大きなものを想像する方もいるでしょう。100均の黒板はそのミニチュア版というようなサイズで、A4サイズ程度と考えて良いでしょう。また黒板シートという商品はその倍くらいの大きさになりますが、こちらの商品は次で紹介します。

100均の黒板は切ることができる!

はさみでカットできるもの

100均の黒板アイテムとして画期的で使えるのが黒板シートです。こちらは名前のとおりハサミで切って自分の好きなサイズ、形にして使うことができます。また裏面が貼りつけシートになっていますので、用途によって貼ったところを黒板にしてしまうのでとても便利で楽しいですね。

黒板シートは大きさも100均で売られているミニ黒板より大きなものが多いので、何枚かを足して大きな黒板を作ろうという方もいるでしょう。しかし貼りつけ作業の際に空気が入りやすかったり、出来上がったものの継ぎ目が気になったりして上手くいかないことが多いです。そんな時は次に紹介する黒板塗料も良いでしょう。

100均の黒板は塗ることもできる!

ペイントは便利

また100均の黒板アイテムにはペイントしたその場所を黒板にしてしまうというものもあります。黒板ペイントと言う商品がそれです。自分の使いたい場所が黒板シートを貼るには小さすぎる場合や黒板を置くスペースがない場合などに使うことができます。また大きい黒板を作りたい時は塗料なので継ぎ目の心配がありません。

また100均には塗料の扱いもあり、その品揃えも豊富です。100均の塗料についてこちらの記事でまとめていますので、興味のある方はぜひご覧になってください。

それでは次から実際に100均ダイソー、セリア、キャンドゥで取り扱っている黒板アイテムを紹介します。品数も種類もありますので、自分の用途に合った黒板アイテムが見つかるはずですよ。

[ダイソー編]おすすめの黒板5選!

ダイソーの黒板①インテリア黒板

ダイソーのおすすめの黒板は、インテリア黒板です。こちらは本物の黒板をミニチュアサイズにしたスタンダードな黒板で、その大きさは約20×26cmです。A4サイズより少し小さめになりますが、黒板としての機能は問題ありません。100均で別売りされているチョークでちょっとした伝言板として使うのも良いですね。

ダイソーの黒板②木製ブラックボード

ダイソーのおすすめ黒板の2つ目は、シンプルブラックボードです。こちらのサイズはA4サイズで少しインテリア黒板より大きめとなっています。シンプルなブラックボードで、厚さありませんのでそのまま使うよりも写真のように木枠にはめ込んで使うのが良いようです。

また黒板シートよりもしっかりしているのでDIYに使いやすい点も人気です。キッチンの家具の扉に取り付けてそこに今日の献立のメニューを書けばおしゃれなカフェインテリアになります。色も黒なので雑多なキッチンアイテムを隠してしまうのにも便利ですね。

ダイソーの黒板③チョークで書く黒板シート

ダイソーのおすすめの黒板の3つ目は、チョークで書く黒板シートです。こちらは大きさが約45×35cmと他の商品よりも大きいです。またシートなので色々な形やサイズに切ることができますから、その使い方は多岐にわたる便利なアイテムです。

例えば、黒というカラーを活かして部屋のリメイクをすることでおしゃれでシックなイメージの部屋作りをしている方もいます。黒板シートは裏が貼りつけシートになっているので、壁に穴をあける必要がありませんので賃貸住宅でも安心して使うことができます。

ダイソーの黒板④ミニブラックボード

ダイソーのおすすめの黒板4つ目は、ミニブラックボードです。こちらは手のひらサイズのミニ黒板で三脚タイプの木製のスタンドが付いています。とても小さいですが、黒板として普通に使えますのでインテリアにおすすめのアイテムです。

ダイソーの黒板⑤たっぷり使える黒板プリント

ダイソーのおすすめの黒板5つ目は、たっぷり使える黒板プリントです。こちらはインク塗料になっていて、色はブラック、ブルー、グリーンの三色で水性塗料です。こちらは絵の具のような使い方もでき、例えばブラックとブルーを混ぜて紺色の塗料を作ることができます。たっぷりという名前だけあり、60ml入っています。

黒板塗料とはいうものの、マグネット使用はできません。もしマグネットを使える黒板が作りたいのであれば、マグネットが付く素材にこの塗料を塗れば良いです。黒板なので丈夫な材質のものを選ぶことをおすすめします。

[セリア編]おすすめの黒板7選!

セリアの黒板①インテリアミニ黒板

セリアのおすすめの黒板は、インテリアミニ黒板です。こちらは大きさが30×20×(厚さ)0.6cmとなっておりA4サイズより一回り大きいサイズです。使い方としてカフェ風のインテリアとしておしゃれに飾っている方が多いです。

また子供のお絵かきボードとして部屋に飾っている方もいます。これならどんなにいたずら書きをしてもお母さんは心配しなくていいし子供も怒られずに済みますので便利ですね。

セリアの黒板②インテリアウッドフレーム黒板

セリアのおすすめの黒板2つ目は、インテリアウッドフレーム黒板です。大きさは約19.8×14.8×(厚さ)0.9cmで、ほぼA5サイズで手軽で使いやすいサイズともいえます。マグネット使用可能とも書いてありますので、同じ100均のマグネット商品を使っておしゃれなインテリアを作ってみてはいかがですか。

セリアの黒板③黒板シート

セリアのおすすめの黒板3つ目は、黒板シートです。こちらは大きさが約30×45cmでA3サイズより気持ち大きめというところです。黒板シートは裏に貼りつけシートがついていて、そのまま好きなところに貼りつけて使うのも良いのですが、木板やスチール板などの固い素材に貼りつけて使うのもおしゃれな黒板ができます。

またこちらの黒板シートは、チョーク専用になっていますのでご注意ください。100均には黒板チョークと黒板消しの取り扱いもしていますので、そちらを一緒に購入するのがおすすめです。

セリアの黒板④ブラックボードシート

セリアのおすすめの黒板4つ目は、ブラックボードシートです。先程紹介した黒板シートと大きさも一緒ですし、よく似ているので間違いやすいのですが、こちらはチョークが使用できません。ブラックボード用マーカー専用商品となっていますのでご注意ください。使い方は黒板シートとよく似ています。

裏面が貼りつけシートになっているところも黒板シートと一緒です。好きなところに好きな形にカットして使うことができます。最近は収納ボックスやビンなどに貼って使う方も多いようです。カラーが黒なのでシックでおしゃれなラべリングができると人気です。

セリアの黒板⑤塗るだけで黒板になるシート(水性)

セリアのおすすめの黒板5つ目は、塗るだけで黒板になるペイントです。こちらは液体で、塗ったものを何でも黒板にしてしまうという面白い商品です。塗る黒板は水性と油性があり、こちらは水性の商品になります。容量は15mlで用途は木材、段ボール、植木鉢、ガラス、金属、玩具と意外に多くの物に塗ることができます。

使い方としては、黒板シートなどを使えないスペースの狭い部分に塗料を使って黒板仕様にするのが一般的なようです。しかしこのような黒板塗料には黒板の機能のひとつであるマグネット機能は使えないのでご注意ください。

セリアの黒板⑥黒板ペイント

セリアのおすすめの黒板6つ目は、黒板ペイントです。こちらの商品は先程のチューブタイプよりも多い60mlで、同じく水性タイプです。用途は、木材、紙、陶器、ガラス、金属などに使えます。蓋を開けたらそのまま塗り始めるのではなく棒でかき混ぜます。よく混ざっていないときれいに塗ることができないようです。

使い方の一例として、木材を自分の好きな形に切って、そこにこの黒板ペイントを塗り、ミニ黒板として使う方が多いようです。塗る手間はありますが、自分の好きな形の黒板ができるなんて面白いですね。また、こちらはマーカーやクレヨンなどは使用できません。チョークのみの使用になります。

セリアの黒板⑦ブラックボードDSPボード

セリアのおすすめの黒板7つ目は、ブラックボードDSPボードです。手のひらにのるくらいの小さな黒板で、インテリア用品として使うことができます。小さいですが、しっかりと黒板の機能は持っており、チョークで書きこむことができます。壁掛け用の三角カンがついているので、押しピンを使って簡単に壁に飾れます。

[キャンドゥ編]おすすめの黒板2選!

キャンドゥの黒板①吹き出し型の黒板

キャンドゥのおすすめの黒板は、吹き出し型の黒板です。このような形は今まで自分で作らなければいけなかったのでとても画期的で人気になっています。こちらは吹き出し型の黒板にチェーンが付いているので簡単に壁に飾ることができますし、インテリアの中に置いてあっても可愛らしいですね。

キャンドゥの黒板②ウッドフレーム黒板

キャンドゥのおすすめの黒板2つ目は、ウッドフレーム黒板です。こちらは外枠が木枠になっているスタンダードなミニ黒板です。チョークを使って書けば、それだけでおしゃれなインテリアに見えるので不思議です。キャンドゥには使いやすい黒板消しも売っていますので、チョークと揃えて子供のお絵かきにも使えて楽しめます。

100均黒板のインテリア活用法

100均の黒板で食卓をおしゃれに

100均の黒板アイテムを使っておしゃれなキッチンを作りましょう。例えば、普通のミニ黒板も木枠を自分の好きな色の塗料やニスを塗ればそれだけで雰囲気が変わっておしゃれに見えます。そこに今日の献立メニューを書けばカフェ風キッチンの完成です。また、黒板をそのまま料理をのせるトレーとして使うのもおしゃれです。

黒板トレーに料理をのせて、その隙間に料理の名前を書いたり、飲み物を置いてその隣にメッセージを一言書くなどしてもそれだけでおしゃれなインテリアになりますね。

100均の黒板は玄関に置いて伝言板代わりに

100均の黒板は玄関に置いてもその力を発揮します。例えば忘れ物防止ボードとして、玄関の壁に掛けて使うことができます。フックをつけて鍵をかける場所を作れば、いつも鍵を探す手間が省けて便利です。また伝言板として、留守中に帰ってきた子供に伝えたいことを書いておくこともできます。

100均の黒板はおしゃれなインテリアとして

100均の黒板はインテリアとしてもとても便利でおしゃれなアイテムです。今あるインテリアの中にそっと置いておいても、黒が部屋を引き締めてくれるのでおしゃれに見えます。また、チョークで手書きするのも良いですが、転写シートなどを使って、文字やイラストを黒板にプリントしてインテリアするのもおしゃれです。

100均黒板をカレンダーにしよう

100均の黒板をカレンダーとして利用している方もいるようです。一度書いても消すことができるので、スケジュール管理にもとても優れていて便利です。ミニ黒板に数字の転写シートを使って下地を作れば完成です。黒板シートならいろんな形にできるのも楽しいですね。

また黒板以外でも、自作のカレンダーを楽しむことができます。自分の思うようなカレンダーが作れたら毎日楽しそうですね。初心者でも素敵なカレンダーが作れますよ。こちらの記事にまとめてありますのでぜひご覧ください。

100均黒板シートのリメイク活用法

100均の黒板シートでおしゃれなキッチンに変身

100均の黒板シートはカットでき、貼りつけることができるので様々な用途に利用することができてとても便利なアイテムです。例えばキッチンですと、戸棚の扉に貼りつければ単純にリメイクになります。また黒板なので字も書けますから、メニューなどを書いてカフェ風キッチンがつくれます。

また調味料BOXに黒板シートを貼りつけてそこに調味料の名前を書けば、調味料が行方不明になることもありませんし、見た目もおしゃれです。ゴミ箱も黒板シートを貼って黒いスタイリッシュなゴミ箱に、錆びてきたお菓子の缶も黒板シートを貼っておしゃれに変身させることもできますので色々と試してみるのも楽しいですよ。

100均の黒板シートで子供も楽しんで

100均の黒板シートで、子供の収納箱を作るのもおすすめです。小学生の子は黒板に慣れ親しんでいますから、その黒板を家で使える楽しさで喜びますし、小学校に上がる前の子は初めて触る黒板に興味深々でしょう。お絵かき用の黒板を用意すれば、たちまちその魅力にはまってしまうかもしれませんね。

また小さいお子さんのお片付けはお母さんの悩める問題でもあります。黒板シートで収納箱を作って子供が楽しんでお片付けに取り組めたら良いですよね。また、黒板シートに中身を書きこめば玩具がどこに行ったか分からなくなる心配もありませんし、一石二鳥です。

100均の黒板を使っておしゃれな部屋で癒されそう!

おしゃれな部屋

100均の黒板アイテムを紹介しました。黒板なんて学校で使うものだと思っていた概念が弾き飛ばされるほど様々なアイデアや使い方があります。黒板は字を書くものだけではありません。今はおしゃれなインテリアに欠かせないものになってきています。ぜひダイソー、セリアに足を運んで黒板アイテムを手に取ってみて下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。