INDEX

酒乱とは?

酒乱とは普段は気が弱い人が多いのも特徴

悩む女性

現代社会は多くのストレスを抱えている人で溢れています。そのストレスを解消するために、人は様々なストレス発散法を行い適度にストレスを溜めないようにしているものです。しかし、中にはそのストレスをお酒の力を借りて発散している人が多いのも事実です。

楽しくお酒を飲めるのであれば問題ないのですが、中には酒癖の悪い「酒乱」と呼ばれる人もいますよね。酒乱と呼ばれる人の多くは、お酒が入ると人が変わったように気が大きくなってしまう人が多いのも特徴。普段、気の弱い性格なのにお酒を飲むと人が変わるという人は要注意です。

酒乱の人というのは、気性が荒くなる傾向にあるので言葉使いだったり、手を挙げてしまうという事もあるでしょう。そうなれば、周囲は恐怖に慄き、だれも一緒に飲みたいと思う人はいなくなってしまいます。女性の場合には、一生結婚できないという事にもなってしまいますので注意が必要です。

飲みすぎなくても一定量を超えると酒乱に

拒否する女性

酒乱の人というのは、必ずしもお酒に弱い人がなるというわけではありません。例えば、会社などの飲み会であれば自分というものを保つ事ができるのに、友達や家族など気を許せる相手との飲みの席ではつい、その場の雰囲気が楽しすぎて飲みすぎてしまいます。あるいは、気を張っていない場では酔いが回るのも早いと言えます。

その為、お酒の量に関係なく気を張っていない場での飲み会では酒乱になる人が多いという傾向も。たまに、会社の飲み会でも酒乱になる人もいますが、そうなれば会社での評判もガタ落ちになってしまいますよね?そうならない為にも、社会人としての秩序はある程度保った状態でお酒を楽しむという事も大事な事です。

酒乱になる原因5選

酒乱になる原因①:ストレス

頭を抱える女性

酒乱の原因の中でも一番多いのが普段、多くのストレスを抱えているという事です。家庭や仕事でストレスを抱えている人が、お酒が入ると感情のコントロールが利かなくなってしまい、酒乱となって発散されてしまう事で起こるのも特徴。一時的に、大きなストレスを抱えている時期には、一時的に酒乱になってしまう人もいます。

酒乱になる原因②:元々気性が荒い

殴られる男性

酒乱の人の多くは普段と正反対の性格になる事が多いので周囲は驚く人も多いというのも特徴です。例えば、普段は穏やかな性格なのに、お酒が入るとたちまち暴力的で気性が荒くなってしまう。そういう人は元々がそのような性格であり、いつもは理性で穏やかに保つ事ができますが、お酒が入るとコントロールできなくなります。

そして、こういう人の場合に気が大きくなりすぎて最悪、暴力沙汰になってしまうという事も多いという傾向があります。自分の感情のままに行動してしまうので、普段鬱憤が溜まっている場合にはその鬱憤をお酒の力を借りて晴らしてしまうという事もあるでしょう。そうなれば治し方もしっかり行わなければいけません。

酒乱になる原因③:遺伝が原因

老人

遺伝が原因の場合には、親も酒乱である事が多いというデータもあります。必ず遺伝するというわけではありませんが、親が酒乱であった場合には、自分自身も酒乱になる可能性が充分あるという事は理解しておく必要があるでしょう。もし、親が酒乱であった場合にはお酒に逃げるという事をしない事も大事な事です。

酒乱になる原因④:気が小さい

頭を抱える男性

酒乱の人の本来の性格は、気が小さくてシャイな性格である場合も多いのも特徴です。普段は、人前に出るという事を自ら避けているような性格ですが、お酒が入るとたちまち普段抱えている鬱憤を一気に爆発させます。お酒の力を借りなければ本音を相手にぶつける事ができないという典型例です。

こういう人の場合には、会社の飲み会で普段上司に言えない事をお酒の力を借りて思いっきり言ってしまうので最悪の場合、他の部署に異動になったり、会社に居づらくなるという状況に発展してしまう事も多いので要注意です。こうなれば仕事でも不都合な事が増えますので、適切な治し方で対処する必要があります。

酒乱になる原因⑤:アルコールに弱い

お酒

体質的に元々アルコールに弱いという人も酒乱になりやすい傾向があります。アルコールに弱いと少量でもすぐに体中にアルコールが回ってしまうのでこういう人は周りがお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたいという時には、一人出来上がってしまい、さらにお酒を飲んでしまう事で吐いたり絡んだりして迷惑をかけるのも特徴です。

酒乱の人の特徴5選

酒乱の人の特徴①:自制が利かない

×を作る男性

酒乱な人の場合、酒乱である事をわかっているのにお酒を飲みたいという気持ちのままに飲んでしまう為、結果的に飲みすぎてしまい毎回酒乱になって周囲に迷惑を掛けてしまうという事になってしまいます。普段から自分の欲望のままに行動している人は酒乱になりやすい傾向にあるのも特徴です。

また、お酒の力を借りてからでしかストレス発散できないという人も要注意です。欲望のままにお酒を飲んでしまう為に、酒乱になるどころか様々な病気を引き起こしてしまいがちです。そうなれば身が持たないので、こういう人はしっかりとした治し方を実践してお酒を控える必要があります。

酒乱の人の特徴②:これと言った趣味がない

趣味

趣味などのように何かに無心で打ち込めるものが何もないという人も酒乱になりやすい傾向にあります。趣味というものは、自分の好きな事をしている分、それが自然とストレス発散になっているという事に直結しています。その為、何も趣味がないというのも酒乱になってしまう原因になるのです。

酒乱の人の特徴③:人の悪口が大好物

叫ぶ男性

あなたの周囲にも人の悪口を言ってストレス発散している人っていませんか?そういう人の場合には、溜まりに溜まった相手への不満がお酒が入る事で爆発してしまうのです。お酒の席ではいつも人の愚痴が止まらない、という人の場合、日頃相手への不満を吐き出す所がない為、日頃のストレスをお酒の力で発散しているのです。

こういう人は女性に多く見られます。やはり、愚痴を聞かされる相手からしてみればあまりいい気持ちはしませんよね?それどころか、せっかくの楽しいお酒の席が台無しになってしまいます。こういう事を続けていれば、いずれあなたはお酒の席でも一人になってしまいます。その為、しっかりと治し方を学ぶ必要があります。

酒乱の人の特徴④:暴力を振るう

指をさす女性

酒乱の人の特徴として、お酒が入った途端ストレスの対象となっている人に対して暴力を振るってしまうという事もあります。特に、普段おとなしい性格の人の場合には、普段とのギャップが大きい分、その反動で暴力がエスカレートしてしまう傾向にあるので注意が必要です。場合によっては、会社をクビになってしまう事も。



暴力という行為自体、絶対にやってはいけない行動であるが故に酒乱の人というのは人生を棒に振ってしまうパターンも少なくないので会社がクビになるだけでなく、家族とも別れて暮らさなければいけなくなるという事を肝に銘じておく必要があると言えます。

酒乱の人の特徴⑤:酔いが冷めると記憶がない

寝る女性

酒乱の人の場合、周囲が一番厄介だと思うのが寝て起きたらその時の記憶がスッポリなくなっているという事です。お酒を飲んで、そんなに大変な事をしていなければ問題ないのですが、相手をケガさせてしまったり、相手に暴言を吐いていた場合には後始末が大変です。

1日で置かれている立場や状況が一変してしまう事もありますので、それは一番気を付けなければいけません。記憶がなくなっているという事はそれだけ飲みすぎてしまっているという何よりの証拠ですので、少なくとも周囲には何らかの迷惑を掛けてしまっている可能性がある事は否めません。

酒乱の治し方

酒乱の治し方①:自分が酒乱であるという事を認める

横向きの男性

酒乱を治す一番の近道は、何より自分が酒乱であるという事を理解する事です。その事実を認める事で、酒乱を治したいという気持ちが芽生えます。どうしても信じられないという場合には、友人などに頼んでお酒の席でのあなたの姿を動画に撮ってもらっておく、というのも効果的です。

その事実を認める事ができれば、自然と意識してお酒の量を調節する事もできるでしょうし、自制を掛ける事も可能です。お酒の席で大きな失敗をした事がきっかけでお酒を飲む量を減らそうと心がける事でも遅くはありません。酒乱であるという事実を受け止めるか否かが酒乱の治し方で一番の近道だと言えます。

酒乱の治し方②:酒乱の結末を知る

薬

酒乱はストレスを発散するにはいいのかもしれませんが、その代償も大きなものになるという事は常に念頭に置いて生活していかなければいけません。例えば、お酒が好きで飲みたい欲求のままに飲んでいれば、徐々にアルコール依存症になってしまうという事も否めません。依存症になればそれだけ治すのは一苦労です。

それだけではありません。お酒を飲み過ぎれば、様々な病気を引き起こしてしまいます。お酒が原因で、一生働けない体になってしまうという事もあるでしょう。そうならない為にも、このまま大量のお酒を飲み続ければどうなるか、という事実を今一度再確認する事も酒乱の治し方の一つだと言えます。

酒乱の治し方③:ストレス発散法を別に見つける

ジョギングする男女

一番のストレス発散法がお酒を飲む事になっている場合には、別にストレス発散法を見つける事が効果的です。例えば、汗を流すスポーツや没頭できる趣味を見つける事もいいでしょう。酒乱の原因は大抵の場合、多くのストレスを溜めている事が原因である事が多いので、そのストレスを別の事で発散できるようになれば治るはず。

女性が酒乱になる意味とは?

女性の酒乱の意味①:生理前後などでホルモンバランスが崩れている

頭を抱える女性

女性の場合には、生理前後や生理中などはホルモンバランスが崩れる為に体調自体が万全であるとは言えません。その為、お酒を飲む事で余計に普段よりも感情のコントロールが利かなくなりやすい状況にあると言えます。それだけでなく、普段よりもお酒の回りが早く感じる為に吐いてしまったりします。

もし、自分自身で生理がもうすぐ始まるという事がわかっている場合やいつもよりもイライラするという場合には敢えて、お酒を飲まないという選択をするのもいいでしょう。酒乱で悩んでいる女性の場合には、自分自身の体調の事はあなたしかわからない事でもあるのでその点は、自分で考えながら行動する事をおすすめします。

女性の酒乱の意味②:お酒が入った時の人柄が本性である場合が多い

鏡を見る女性

普段、大人しくて可愛い女性がお酒を飲んだ途端、驚くほど性格が変わってしまうという話を聞いた事がありませんか?シラフである場合には、ある程度理性があるので平常心を保っていられますが、お酒が入れば感情のままに行動してしまうという事が言えます。その為、暴力的になったり、暴言を吐いたり。

周囲は、そんな女性の姿に驚くかもしれませんが、実際にはそれが女性の本来の姿である事の方が多いと言えます。普段、我慢して演じている姿を理性が飛んでしまったが為に演じる必要がなくなった事で、気持ちが大きくなり普段抱えている相手への不満を爆発させてしまうのです。

酒乱の人が周囲にいる場合の対処法

一緒に飲まない

食事会

お酒の席というのは、本来楽しい席ですよね?その為、酒乱の人が一人でもいるのであればその席もたちまち気まずいものになってしまいます。一番、簡単にできる対処法はお酒を一緒に飲まないという事です。一緒に飲んでいても巻き込まれてしまったり、暴力を振るわれたり良い事は一つもありません。

挙句の果てには、相手は次の日には記憶にない事の方が多い為腹が立つだけです。迷惑を掛けられる事の方が多いという事がわかっているのであれば、最初から一緒に飲む事は避けるという選択をした方が身のためです。

酔う前に対処する

食事会

空腹時に飲みすぎてしまえば、それだけ早くお酒が回ってしまいます。それを避ける為には、お酒の量が多いなと感じた時にすかさず料理を勧めてみるのも効果的です。ピーナッツなどのおつまみなどを勧めるのもいいでしょう。そして、お酒の種類を色々飲ませないというのもいいと思います。

ビールやチューハイ、ワインなど種類をあれこれ頼めば余計にお酒が進んでしまう原因にもなってしまうものです。今日飲むのはこれ、と一つに絞る事で悪酔いする事無く、楽しいお酒の席を過ごす事ができます。

専門医を勧める

医者

暴力を振るったり、暴言を吐いたりするのはやはりお酒を飲むべきではないという何よりの証拠です。最悪の場合、人を殺してしまう事も考えられますのでそうなれば断酒させるか、医者の力を借りてお酒を断つかその選択しかないように感じます。それは、相手を守る手段でもあり、自分自身を守る為でもあります。

やはり、酒乱の人の周囲にいる人というのはそれだけ迷惑を掛けられる事も多いと思います。その為、酒乱を治す最善の策があるのであればそれを相手に勧めて一緒に楽しいお酒が飲めたら良いと思いませんか?

酒乱になるには原因があるという事を理解しよう

今回は、「酒乱の原因や特徴、治し方」に至るまで様々な面からご紹介してきましたがいかがでしたか?今では、男性だけでなく女性にも年々増えてきています。しかし、酒乱というのはどちらかというと人に嫌われてしまうものでもあります。その為、自分自身が酒乱であるという事実を認める事が重要です。

そのために一番重要な事は、何が原因で酒乱になっているかという事やその意味を理解する事です。今回は、周囲の人にも参考になるような対処法なども併せてご紹介していますのでぜひ、参考にして頂けると幸いです。酒乱を治す一番の近道は、その原因を探す事です。この事を今一度再確認する事が一番の酒乱の治し方です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。