INDEX

男性が見ている女性のパーツとキスしたくなる瞬間は?

男性が意外と見ている女性の「唇」

1-2

男性は女性のどのパーツが目に入りやすいのでしょうか?英マンチェスター大学のGeoff Beattie博士らによる実験から、多くの男性は唇を見る時間が長いそうです。目を見つめている時間はわずか0.95秒で髪は0.85秒なんだとか。残りの多くの割合を占める唇を見る時間はなんと「10秒中7秒」です!

最初の「10秒の間に7秒」となるとかなり多くの時間、唇を見ていることになりますよね。しかしそれには条件があり・・・それはリップメイクをしていることです。リップメイクをしていない場合は2.2秒にも下がります。

男性はドキッとした瞬間にキスしたくなる

1-3
無防備な姿・守りたいと思ったとき

男性は、女性の普段見せない姿を見たときにキスしたくなります。たとえば、女性の弱い部分を見たときです。常に守りたいと思う女性はもちろん、普段見せない弱い姿を見たときに、保護本能が働きます。また、無防備な寝顔やリラックスした表情も普段見せないギャップとして、男性はキスしたくなります。

目が合ってドキッとしたとき

同じタイミングで目が合ったときなどはドキッとしますよね。また、上目遣いで見つめられたときなどもキスしたくなります。他にも、女性に甘えられたときなどもポイントです。くっついたり、おねだりしたりなど、素直に自分の気持ちを伝えることで、少しのかわいいわがままに男性はキスしたい感じます。

男性の本気度がわかる本命キス

1-3
ムード作りをしてくれる

本気で恋愛したい女性には軽々しくキスはしません。気を付けるべきポイントは、キスするときに女性の顔を見つめるかどうかです。女性の表情を見て、女性の意志を確認した上でのキスは、相手の女性に対して本気の可能性が高いです。本気の相手には、丁寧に紳士なキスをしたいと思うからです。

キスだけで満足する

良い雰囲気の中でキスをしたとして、そこから先の行動が大事なポイントです。男性は、本気の相手とはキスだけで幸福感を得て満足することができます。毎回キスをする度にエッチに持ち込もうとしたり、すぐに触ってくる男性は、体目当てかもしれません。キスにちゃんと愛情を持ってくれているかで男性の気持ちがわかります。

柔らかい唇がいい?キスしたくなる唇の特徴7つ

キスしたくなる唇の特徴①:潤った唇

潤っていて、濡れたような唇を男性がキスしたくなるような唇に欠かせない要素のうちの1つです。赤ちゃんのような自然なうるうるとしたツヤのある柔らかい唇に女性ならではの魅力を感じます。乾燥しているカサカサの唇だとキスしたい唇からは程遠いですよね。そこで大事なのが素で潤っている柔らかい唇になることです!

素の唇が潤っていることで、唇にまでケアが行き届いている清潔な印象も与えられます。柔らかい唇にナチュラルな女性の魅力もアップして、キスしたくなること間違いなしです。

キスしたくなる唇の特徴②:ナチュラルで血色のよい唇

多くの男性が好感を持つのは、ナチュラルな血色のよい唇です。男性が女性の唇を見つめる理由の一つに、男性の本能として丈夫な子孫を残すための健康的な女性を選ぶため、というようにも言われています。健康的に見える血色のよい唇は、柔らかい唇に見え、キスしたくなる対象として認識されます。

キスしたくなる唇の特徴③:ツヤのある唇

男性は、濡れたようなツヤのある唇にセクシーさを感じます。そんなときに活躍するのがグロスです!そこでキスしたくなる柔らかい唇に自然に見えるグロスの塗り方をご紹介します。

グロス→口紅 の先塗りグロス

普段は口紅の上からグロスを重ねることが多いですが、こちらの方法は先にグロスを塗ってから口紅を重ねる方法です。グロス全体的に伸ばし、少し時間を置いてかた軽くティッシュでオフします。その後に口紅をポンポンと優しく叩きこむように塗ることで完了です。伸ばして塗るのではなく、叩きこむとよれにくくなります。

\ POINT /

先塗りグロスの注意!

唇が弱い方、荒れている方がグロスにリップ美容液を兼ねるもの以外を使う場合には、リップクリームなどを最初に塗ることをおすすめします。

キスしたくなる唇の特徴④:厚みのある唇

3-4

ふっくらとした唇も男性から見ると魅力的です。特に柔らかく見えるのは、下唇の厚い唇だそうです。ふっくらとした柔らかい唇に見せられる、立体的な効果があるアヒル口もキスしたくなると男性に人気です。

キスしたくなる唇の特徴⑤:清潔感のある唇

キスしたくなる唇に欠かせないのは清潔感です。女性も男性に清潔感を求めることが多いのと同様で、清潔感の重要性は高いと言えます。食事のあとなどに唇に食べかすがついていたり、歯に口紅がついていたりすると、キスをする雰囲気は作りづらくなってしまいます。

キスしたくなる唇の特徴⑥:いい香りのする唇

3-5
柑橘系の香り

柑橘系の香りはユニセックスな香水などでも多く使われており、全てのシーズン問わず安定した人気です。オレンジやグレープフルーツなどは嫌味のない香りです。男性も一緒に楽しめる香りをまとうことで好感を高められるでしょう。

フローラル系の香り

男性もまといやすい柑橘系の香りとは違い、フローラル系のふんわりと甘い香りを好む男性も多くいます。女性らしさ、華やかさが伝わりやすいので、男性も改めて魅力を感じやすくなります。

キスしたくなる唇の特徴⑦:感情の伝わる唇

人は、動きのある部分に目がいきやすいと言われています。唇は話すときにも動くように、感情を表現しやすいパーツです。喜怒哀楽を素直に自然と表現できる女性に、一緒にいて楽しい!という男性の気持ちを引き出すことができます。

キスしたくなる柔らかい唇の作り方とは?

柔らかい唇の作り方①:唇が荒れる原因をストップ

3-1
乾燥の原因3つ
  1. 空気の乾燥・・・屋外の乾燥だけでなくクーラー等使用により屋内でも乾燥しがちです。
  2. 唇を舐める・・・一時的に潤ったように感じますが、唾液が蒸発するときに唇にもともとあった水分も一緒に蒸発してしまいます。せっかくのリップクリームも落ちてしまい、乾燥を招きます。
  3. 水分不足・・・体内の水分不足も皮膚の乾燥と同様、唇の乾燥につながります。

柔らかい唇の作り方②:「リップスクラブ」で古い角質をオフ

リップスクラブの方法
  1. 唇をぬるま湯で少し湿らせる
  2. 適量のスクラブを手にとり、唇の周りもオーバーに小さく円を書くように優しくマッサージをします
  3. 唇がなめらかになってきたら、ぬるま湯でよくすすぎます

\ POINT /

ポイント

唇はデリケートな個所なので、湿度が高いお風呂で潤った後などに、力のはいりにくい薬指で行うのがポイントです! また、唇のターンオーバーは約7日なので、週に1回~2回のスペシャルケアとして行うのがおすすめです。

おすすめのスクラブアイテム

柔らかい唇になれると人気の定番リップスクラブ/バブルガムフレーバーです。甘い香りと効果の高さが人気の一つ!お手入れの時間も楽しくなれる可愛いリップスクラブです。期間限定の商品も毎回話題になるLUSHをチェックしてみては?

効果が高いといわれる黒糖を使った、自然なシュガースクラブでほんのり甘さが残る香りです。こちらはs最も人気なフレーバーで、こだわりの丸い球状のスクラブが優しく柔らかい唇に整えてくれます!

お家にあるもので0円リップスクラブ
3-3

作り方は簡単で、これらの材料を混ぜ合わせるだけです!それぞれに含まれた有効な成分が柔らかい唇を作るのに役立ってくれます。

材料
砂糖 小さじ2 浸透力・保湿力
はちみつ 小さじ2 潤いをプラス・皮膚軟化作用
オリーブオイル 大さじ1 肌なじみをアップ・乾燥を防ぐ

\ POINT /

注意!

手作りのもので防腐剤などを使わないので、1回つくったものは使い切ることをおすすめします!

柔らかい唇の作り方③:「リップマッサージ」でふっくらトーンアップ

3-4
血行をよくするマッサージ
  1. 上唇の真ん中から左右それぞれにそってなぞる
  2. 下唇も同様にそってなぞる
  3. 上唇の真ん中から左右にそれぞれにそって円を描くようにマッサージ
  4. 下唇も同様に円を描くようにマッサージ
唇をふっくらさせるマッサージ
  1. 唇を尖らせた形にした状態で、唇をブルブルと振動させる
  2. 普段通りに口を閉ざした状態で唇をブルブルと振動させる
  3. 笑顔を作るようにして、口角を上げた状態で唇をブルブルと振動させる

\ POINT /

ポイント!

リップマッサージをするときには、素の唇にではなく、リップバームなどをたっぷり塗ることがポイントです!マッサージの刺激から唇を保護することはもちん、マッサージと同時にリップバームを浸透させることで、柔らかい唇に。

柔らかい唇の作り方④:「リップパック」で保湿力アップ

3-5
パッチタイプのリップパックアイテム

CHOOSYの高密度ハイドロゲルのパックが柔らかい唇へと導いてくれます。6種類の贅沢美容成分配合と、気分で選べる5種類のフレーバーがプチプラなのも嬉しいおすすめ商品です。新しく贅沢な美容液成分がより多く配合されたシリーズやカラフルなデザインのシリーズなども出ています。

ラップシートのリップパックアイテム

普段お使いのリップケアアイテムや、オイル・はちみつなどの天然素材を使いたい場合には「ラップシート」タイプのリップケアアイテムがおすすめです。唇専用のラップシートを使うことで、食品用のラップのように1回1回切る手間も省いて、柔らかい唇へ近づけます。

柔らかい唇の作り方⑤:「リップ美容液」でキスしたい唇に

3-6
ナイトケアにおすすめ

エイジングケアに特化したシリーズです。ビタミンA誘導体、エラスチンも配合されています。無色でグロスのようなテクスチャーがたっぷり潤いを与えてくれます。ファッション雑誌saitaにてモデルとして活躍されている田中亜希子さんもおすすめされているアイテムです!

リップメイクにもおすすめ

Diorのリップマキシマイザーは定番のロングセラーです!ヒアルロン酸と海洋性由来成分を含むコラーゲン配合のエキスパートフォーミュラが潤いのあるふっくらとした唇へと導いてくれます。色づくタイプなので、普段お使いのリップメイクの下地にももちろん使えます。

ETVOSは国産のミネラルコスメブランドで、こちらの商品も敏感肌に優しい低刺激処方になっています。保水効果の高い植物由来オイルをメインにつくられています。補修・血色・保湿・ハリの4つに目を向けた成分が配合されています!自分に合った色が選びやすい10色展開です。

柔らかい唇を使ったキスのテクニック

キスのテクニック①:キスしたい!と思わせる雰囲気づくり

4-1

仕草や表情なども大事なテクニックです。男性の目をじっと見て逸らした後に上目遣い。など、男性が刺激を受けやすいのは視覚効果なので、目に見えるものに対して、キスしたくなるなどの反応がしやすいのです。見せつけるように唇を舐めたり、うまく使いこなして男性のキスしたい!を引き出しましょう。

キスのテクニック②:唇以外の部位にキス

4-2

普段はあまりキスされないような場所にキスされることで、その場所に意識が集中して、柔らかい唇を感じやすくなります。とくに、耳や首筋などは男性からドキッとするという声が多いです。人に触られることの少ない場所だからこその特別感とドキドキを感じ、キスしたいと思わせます。

キスのテクニック③:柔らかい唇で柔らかい動きのキス

4-3

最もベーシックなキスは、目を閉じてお互いの唇を合わせるプレッシャーキスです。ゆっくりとソフトにすることで、柔らかい唇をより感じ、もっとキスしたい!と男性に思われます。

また、スライドキスとスウィングキスと呼ばれるものがドキドキするといわれます。普通にキスするように唇を合わせて、自分の唇で相手の唇を往復し、唇に唇を這わせるような動きをするスライドキス。次に相手の下唇を軽く噛み、そのまま頭を小さく降るスウィングキスです。

キスのテクニック④:飽きさせない緩急をつけたキス

4-4

普通のキスより緩急をつけた大胆なキスというと、主に聞くのはディープキスだと思います。今回は男性を飽きさせないような他のキスをご紹介します。まず、キスの合間には、ニプルキスがいいかもしれません。相手の唇に舌を這わせるキスで、相手の唇のどこかに舌を置き、そこから唇全体を1周するようなイメージです。

カクテルキスという、口を開けたままでお互いの唇や舌を吸ったり軽く噛んだりするキスもあります。外国の映画などで見たことがあるかもしれません。名前の通りカクテルを口の中で味わうようなイメージです。また、カクテルキスの派生でクロスキスがあります。違う点は口を離したまま行うことです。

キスのテクニック⑤:キスと同時にするポイント

4-5

キスをしながら、空いている手で男性の体に触れるなど、ドキッとさせる仕草でキスを盛り上げましょう!男性は密着することでドキドキが高まり、もっとキスしたい!と思います。とくに頭を撫でられたり、背中に腕を回して抱き着くことが男性の気持ちを高めるのに効果的です。

キスしたくなる唇で魅力アップ

5-1

唇は顔のパーツの中でも、はじめに1番見られる部位なんです。魅力的な男性に出会ったときに自信を持って接することができるように、普段の生活から意識・ケアをして、素の唇美人になりましょう!男性から見たキスしたくなる柔らかい唇をつくることで男性の視線も釘づけになること間違いなしです!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。