Large thumb shutterstock 332500766

100均の色鉛筆13選!ダイソー・セリア別!24色がおすすめ!

更新:2019.06.21

今、ダイソーやセリアなど100均の色鉛筆が人気です。色の数が多いものや持ち運びが便利なもの、絵の具に変化する色鉛筆などとても充実しています。24色入りのものもあり、100均のものとは思えないクオリティで、今流行りの大人の塗り絵にも最適です。ダイソーやセリアなどお店別におすすめの色鉛筆をご紹介します。

100均の色鉛筆は種類が豊富で使いやすい!

100均の色鉛筆はクオリティが高い!

驚き

100均の色鉛筆は種類が豊富で、新しいものがどんどん発売されています。子供向けのものはもちろんですが、大人向けのものまで100均の商品とは思えないクオリティの高さです。

100均の色鉛筆はたくさん種類がありますが、どれも発色が綺麗なのが特徴です。安いものだとかすれたり、色が薄かったりすることもありますが、今100均で販売されている色鉛筆は力を入れなくてもしっかりと色がつきます。

100均の色鉛筆は24色入りがおすすめ!

色

100均の色鉛筆は、入っている本数や色合いが違うものがたくさんあります。一般的なものは多くても18色程度です。18色でも塗り絵やお絵描きには十分ですが、24色入っているものを使用すれば塗り絵の幅も広がります。

100均の色鉛筆が24色入りになると、クオリティが下がるのではないかと感じる人もいるでしょう。しかし、塗り心地は滑らかで子供でもスラスラ描くことができます。24色入りの色鉛筆を今流行りの大人の塗り絵に使用する人が多く、出来上がった塗り絵は100均の色鉛筆を使ったとは思えない程の仕上がりです。

【ダイソー編】おすすめ100均色鉛筆6個!

ダイソーの色鉛筆①24色筒型ケース色鉛筆

ダイソーの色鉛筆の中で最も色の種類が多いのが、筒型のケースに入っている24色の色鉛筆です。塗り心地は軽く、普通の色鉛筆の色の他に明るめの色が何種類か入っています。24色入りの色鉛筆はダイソーにのみ販売しているため、売り切れの店舗もあるようです。

ダイソーの24色筒型色鉛筆には色名リストがありません。入っているものを色で表しています。塗り絵などでは重ね塗りよりもベタ塗りの方が綺麗に色が出ます。24色あるので、子供も大人も塗り絵におすすめの色鉛筆です。

ダイソーの色鉛筆②金色銀色入り色鉛筆

ダイソー以外の100均には売っていない金色と銀色が入っている色鉛筆は子供に人気があります。12本入りでとても滑らかな描き心地で塗りやすいと評価の高い色鉛筆です。大人の塗り絵などではあまり金色や銀色は使用することがないですが、子供にとっては特別な色のようです。

金色や銀色はかすれてしまうものが多いですが、ダイソーの金色と銀色はとても綺麗に発色します。少しキラキラした感じもあり、塗りやすい色鉛筆ですので子供用におすすめです。

ダイソーの色鉛筆③20色の色鉛筆

ダイソーの20色入り色鉛筆は、とても綺麗に発色すると評判です。特に大人の塗り絵で使用している人が多く、SNSでも作品を投稿する人が増えています。100均の色鉛筆で塗ったとは思えない素敵な作品ばかりです。

ダイソーの20色入り色鉛筆は細軸タイプで、一般的なものより細く作られています。芯が少し柔らかいので、あまり力を入れずに重ね塗りすると綺麗に塗れます。20色入りなので幅のある塗り絵が楽しめます。

ダイソーの色鉛筆④蛍光色鉛筆

蛍光色のマーカーは100均でもよく見かけますが、蛍光色の色鉛筆はなかなかありません。ダイソーの蛍光色鉛筆は、10色入りです。ネットショップでは1本約200円程度で販売しているので、とてもお買い得でおすすめです。

パッケージにも書いてある通り、鮮やかな発色で明るい色合いです。描き心地も滑らかで、綺麗にムラなく塗ることができます。塗り絵だけでなく、マーカーとしても利用できます。色鉛筆なので先端を細く削れば細かなマーキングができとても便利です。

ダイソーの色鉛筆⑤虹色の色鉛筆

今、話題になっている色鉛筆がダイソーの虹色鉛筆です。2本入りと数は少ないですが、1本の色鉛筆で7色の色が出ます。発色もとても綺麗で、1本でおしゃれな絵が描けると評判です。

7色が1つになっているので、出てくる色の予想がつかない色鉛筆です。しかし、それが誰でも簡単におしゃれな絵を描くことができる理由です。SNSでも評判になり、品薄状態の店舗や入荷待ちの店舗もある程の人気です。見かけたら即買いをおすすめします。

ダイソーの色鉛筆⑥ノック式色鉛筆

筆箱の中で、鉛筆や色鉛筆は先端が折れてしまうことがよくあります。ダイソーのノック式色鉛筆は、ボールペンのように先端を中にしまえるので、筆箱の中でどんなに動いても先端が折れる心配がないので子供用にもおすすめの色鉛筆です。

ダイソーのノック式色鉛筆は、小さな子供を持つお母さんから人気の色鉛筆です。お出かけのときなど持ち運びも便利で、色鉛筆なので、手や周りを汚してしまう心配はありません。削る必要がなく、ゴミが出ないのも人気の理由です。

足を運ぶたびに新商品が出ていると言っても良い程100均の品揃えは素晴らしいです。100均の代表的なお店というとダイソーやセリア、キャンドゥなどが思い浮かびます。その中でも品揃えが1番と言われるダイソーについて書かれた記事があります。おすすめ商品がわかりやすく紹介されています。是非参考にしてください。

【セリア編】おすすめ100均の色鉛筆5個!

セリアの色鉛筆①ツイン色鉛筆

View this post on Instagram

#セリア#色鉛筆#セリア色鉛筆#ツイン色鉛筆

A post shared by 熊参上 (@xiongcanshang) on

セリアのツイン色鉛筆は、1本で2色使える色鉛筆です。赤と青のツインタイプの鉛筆を使ったことのある人も多いでしょう。セリアのツイン色鉛筆は、両側から削るタイプの色鉛筆です。10本分の量で20色使えるので、持ち運びにも便利な色鉛筆でおすすめです。

セリアの商品は、他の100均に比べておしゃれなものが多いのが特徴です。一般的な色鉛筆よりも少し変わった色鉛筆が揃っています。ツイン色鉛筆は塗り絵だけでなく、外で絵を描く人にも人気です。発色も良いので、風景画などの絵を描く人にもおすすめの色鉛筆です。

セリアの色鉛筆②にほんの色鉛筆

セリアのにほんの色鉛筆は、風景を描くのに適した色鉛筆です。一般的な色鉛筆に入っている色ではなく、日本の四季を描きやすいようにと、伝統の色が入っています。色名が和風で可愛らしく、優しい木の温もりも感じられます。セリアの色鉛筆の発色はとても良く、紙質がツルツルのものでも綺麗に塗ることができます。

セリアのにほんの色鉛筆はネットやSNSでも評判になっています。珍しい色合いと塗りやすさが話題となっています。珍しい色が入っていることで人気が出ていますが、やはりコスパの良さも人気の1つです。

セリアの色鉛筆③缶ケース色鉛筆

セリアの缶ケース色鉛筆は、短めでコンパクトな色鉛筆です。子供が持つには丁度良い長さで、使いやすいと人気があります。色の種類は12色で、少し固めで色は他のものに比べて薄めですが、塗心地は良いです。

紙やビニールのケースではなく、缶ケースなので別のものに入れ換える手間がかかりません。持ち運びにも便利で、子供とのお出かけのときに持っていくと重宝します。

セリアの色鉛筆④クーピーペンシル

View this post on Instagram

#セリア#クーピー#セリアクーピー

A post shared by 熊参上 (@xiongcanshang) on

100均の中でもクーピーペンシルとして販売されているのはセリアだけです。他の100均には似たものはありますが、クレヨンという表記になっています。小学生がよく使う文房具の1つですが、クーピーは折れやすいという特徴があります。しかしセリアにあるクーピーペンシルは折れにくいと評判です。

2本入りで6色展開です。小学生を意識しているので、風景画でよく使用する色が入っています。ネット販売では、1本約70円で販売しており、色の種類は60色と豊富に揃っています。セリアにある色であれば1本約50円で購入できるのでお得です。

セリアの色鉛筆⑤メタリック色鉛筆

色鉛筆の新作が続々と出る中、セリアのメタリック色鉛筆が話題となっています。シックな感じが出て、綺麗に塗れると評判です。メタリックは硬いイメージですが、セリアのメタリック色鉛筆はとても滑らかで塗りやすいのでおすすめです。

色合いは落ち着いた感じですが、キラキラしたメタリック感がとても綺麗に発色します。塗り絵で使用する場合、アクセントに少しだけ使用する人や、全てをメタリック色鉛筆で塗ってキラキラの塗り絵にする人もいます。

100均の色鉛筆はほとんどのものが紙の箱やビニールの梱包で販売されています。自宅用でペン立てに立てる場合はそのままでも良いですが、持ち歩く場合は筆箱に入れなくてはなりません。100均にはおしゃれな筆箱がたくさんあります。どんな筆箱があるか紹介している記事もありますので、是非参考にしてください。

【キャンドゥ編】おすすめ100均色鉛筆2個!

キャンドゥの色鉛筆①環境に優しい色鉛筆

キャンドゥの12色の色鉛筆は、木材を使用していないので環境に優しい色鉛筆です。形が三角形で転がりにくいので、子供が机の上にバラバラにしても下に落ちることを防げます。また、三角形の形は握りやすいので子供にも使いやすくなっています。

キャンドゥの環境に優しい色鉛筆は、少し芯が硬めですが色が紙にしっかり出て、力を入れなくても綺麗に塗ることができます。重ね塗りにも適していて、何度か重ね塗りすることで1本の色鉛筆から薄めの色から濃い色まで、好みの色を出すことができます。

キャンドゥの色鉛筆②水彩色鉛筆

キャンドゥの水彩色鉛筆とは、一般的な色鉛筆のように色を塗り、色のついた部分を水のついた筆で撫でると絵の具のようになる色鉛筆です。色鉛筆で塗ったときと雰囲気が変わり、優しい色合いになります。

小さな子供が絵の具を使うのは、汚れを気にして準備をしなければならないので大変です。しかしキャンドゥの水彩色鉛筆を使用すれば、色鉛筆と筆と水だけ準備すれば良いので簡単に絵の具の雰囲気を味わえます。

100均の文房具の種類は豊富で、どれもクオリティの高さに驚かされます。色鉛筆だけでなく、絵の具も使いやすいと評判の商品です。100均の絵の具についてまとめられた記事がありますので、合わせてご覧ください。

100均の色鉛筆を使って塗り絵をしよう!

100均の色鉛筆作品①ダイソーの色鉛筆

ダイソーの色鉛筆を使用して大人の塗り絵を塗ると、とても綺麗な発色で素敵な塗り絵が出来上がります。塗り心地が滑らかなので、細かいところも色がかすれずに塗ることができます。ダイソーの色鉛筆は色の種類が豊富なので、どんな塗り絵にも使用できます。

ダイソーには大人の塗り絵本も販売されています。花の国という細かいタイプの塗り絵の他に、メルヘンの世界やロマンティックドリーム、お姫さまとファンタジーという塗り絵本があります。ダイソーの色鉛筆と合わせて使用してみてください。

100均の色鉛筆作品②セリアの色鉛筆

セリアの色鉛筆で大人の塗り絵を塗ると優しい雰囲気の塗り絵が出来上がります。色鉛筆の芯が滑らかなので塗りムラもなく、細かなところまでしっかり色がついて綺麗な仕上がりになります。セリアのにほんの色鉛筆を使用して和の塗り絵をする人が増えています。

セリアの塗り絵本は大人向けは少ないですが、子供向けのものが多く並んでいます。小さな子供が塗る簡単なものから、大人も楽しめる細かなものまで揃っています。是非セリアの色鉛筆と合わせて使用してみてください。

100均の色鉛筆作品③キャンドゥの色鉛筆

キャンドゥの色鉛筆を使って大人の塗り絵を塗ると鮮やかな色合いの塗り絵が出来上がります。少し芯が硬めなので、先端を尖らせても折れることなく細かい部分までしっかり塗れます。何度か重ね塗りすると色の雰囲気が変わるので、グラデーションを作ることもでき、塗り絵の幅が広がります。

キャンドゥにはポストカード型の塗り絵があります。少しだけ試してみたい人におすすめです。他にもリボンの騎士や浮世絵の塗り絵など、他の100均にはない塗り絵本があります。是非キャンドゥの色鉛筆と合わせて楽しんでください。

最近の塗り絵は、子供のものより大人のもの種類の方が豊富です。大人が塗り絵をすると、色々な良い効果をもたらすことが分かっています。そのことについて書かれた記事がありますので、読んでみてください。

100均の色鉛筆で塗り絵以外にできることとは?

100均の色鉛筆おすすめ使用法①手帳のデコレーション

色鉛筆は使い方によって細くも太くも書けるので、手帳や家計簿を華やかにするのに適しています。線を引いたり囲ったり、絵を描いたり色々な使い方ができます。手帳の中を付箋やシールで可愛くする人が増えています。24色入りの色鉛筆を使えば華やかな手帳になります。

毎日使う手帳だからこそ、開いたときに気分が上がるものにしたいと思う人は多いのではないでしょうか。家計簿もただ数字を記入するのではなく、色鉛筆で色を付けるだけで見やすいものになります。100均の色鉛筆や他の文具を使って素敵な手帳や家計簿にしてみてください。

100均の色鉛筆おすすめ使用法②プラモデルの塗装

プラモデルは子供や男性がするものというイメージがありますが、最近では種類も豊富で車やロボットの定番のものと、屋台などの面白いプラモデルがあります。塗料も専用のものを準備するなど手間がかかるので、なかなか手を出せない人も多いでしょう。

最近は100均でも塗料が売られています。そして、色鉛筆も塗料として使えることをご存知でしょうか。プラスチックにそのまま塗っても色は乗りませんが、ヤスリで傷をつけたりトップコートの上から塗ったりすると色鉛筆でもしっかり色がつきます。

全体を塗るには色鉛筆は向いていませんが、流行りのサビ加工やレトロ感を出すために使用すると、味が出ていい雰囲気になります。プラモデルは難しいと感じる人も、小さなものから1度チャレンジしてみてください。

100均の色鉛筆おすすめ使用法③プラ板アクセサリー作り

プラ板は昔、子供が簡単なキーホルダーを作る程度のものでした。油性ペンでの着色が一般的でした。しかし近年プラ板でアクセサリーを作る大人が増え、着色方法も色々な手法が生み出されています。その中に色鉛筆で着色する方法があります。

色鉛筆で着色するといっても、プラスチックなのでそのままでは塗れません。まずプラ板に細かい目の紙やすりで傷を付けます。傷を付けた方に色鉛筆で色を塗っていきます。出来上がりは4分の1に縮むので色が濃くなることを想定して塗ってください。色鉛筆は色の濃淡がつけやすく、指で擦ってぼかすこともできます。

プラ板アクセサリーは、フリマアプリでとても人気です。100均で材料も全て揃うので簡単に始められます。プラ板アクセサリーについてまとめられた記事がありますので、参考にして是非1度試してみてください。

塗り絵で気分をリフレッシュさせよう!

子供からお年寄りまで多くの人が楽しんでいる塗り絵ですが、色を塗るという行動にはリラックス効果があります。他に、認知症予防や集中力アップ、ストレス発散、思考力を鍛えるなど様々な効果が期待されます。

100均の色鉛筆は安く種類も豊富ですので、すぐに塗り絵が始められます。24色入りやメタリックなど好みの色鉛筆でストレス発散してみてください。ストレスの発散が上手くできない人の特徴や、音楽での発散方法について書かれた記事があります。参考にして、ストレスのない生活を送ってください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。