Large thumb shutterstock 145719368

付き合って6ヶ月カップルの記念日推薦プレゼント&倦怠期を避ける方法!

更新:2020.07.15

付き合って6ヶ月になるカップルであれば、まだまだ気持ちは燃え上がっている時期であるはずです。 それにも関わらず、倦怠期を迎えてしまうようなカップルがいるのも事実です。 せっかくのパートナーとこれからも長く一緒に楽しめるようにするには、プレゼントをするなど相手のことを考えるのが大事になります。

付き合って6ヶ月のカップルの特徴

付き合って6ヶ月のカップルの特徴①:見つめることが多い

見つめる

付き合って6ヶ月くらいの時期のカップルというのは、まだまだラブラブでいることが多いです。そんな二人はいつも見つめあっていますし、お互いの事しか見えていない感覚でもあります。周りが見えないくらいに付き合って6ヶ月のカップルというのは相手のことしか見えないことが多いのです。

いつまでも仲良くいることができると思っているカップルもいますし、少し不満を感じながらも一緒にいるカップルもいますが、相手と一緒にいることで見つめ合い愛し合っていることを実感することができるそんな時期が付き合って6ヶ月という感覚であります。

付き合って6ヶ月のカップルの特徴②:スキンシップが増える

スキンシップ

付き合って6ヶ月のカップルになると、手を繋いでデートすることも日常的になってきますし、体が触れ合うことに対して抵抗がなくなってきます。そこから、日常的にスキンシップが増えてきますし、相手に触られることにも違和感がなくなってくるのが付き合って6ヶ月くらい経った時期であると言えます。

付き合って6ヶ月のカップルの特徴③:周りを気にしない

ラブラブ

付き合って6ヶ月になってくると相手の事もある程度わかってきますし、お互いの関係が1歩も2歩も進んだものになっていることが多いですから、外にいても二人の空間といった感じで周りの事を気にせずにイチャイチャするようなことも増えてくるものです。それだけ付き合って6ヶ月という時期は楽しいものです。

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと①:干渉しすぎない

干渉

付き合って6ヵ月くらいのカップルはそれまではいつまでも横に居たいと思うような気持ちがあっても少しずつ自分の事も大事にするようになってきます。どちらか一方だけがこの気持ちを強く持つようになると相手を干渉しすぎることになってしまいます。

相手の事を好きであるからこそ、色々なことに干渉したくなる気持ちも湧いてきます。しかし、細かなことまで干渉してしまうと、相手にとってはそれが重荷に感じられてしまうことがあります。ですから、好きだからこそ干渉しすぎずに相手を認めて、それぞれの自由も持つことで長続きするのです。

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと②:細かい指摘をしない

指摘

付き合って6ヶ月くらい経つカップルですと、相手のことも沢山わかるようになってきます。また、相手に自分の気持ちや思っていることを言いやすくもなってくるものです。そこで、自分の思っていることを何でも言うことは良い面もありますが、指摘になってくると相手に面倒な気持ちばかり与えることになってしまいます。

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと③:嫌なところも理解する

嫌なところ

付き合って6ヶ月経つようなカップルだと相手の嫌な部分も見えてくることがあります。絶対に許せない、人としておかしいことを除いてはある程度我慢するか、なぜそのようなことをするのかしっかり話をすることがカップルと言っても大切になります。嫌な部分をきちんと理解することが相手を知る上で大切なのです。

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと④:違和感を話し合う

違和感

付き合って6ヶ月のカップルが気を付けるべきこととして、相手に何か違和感を感じたのであれば、それをきちんと話すことです。相手の気持ちが自分の方を向いていないようであれば、話をしてみたり、態度が素っ気なければこちらから話しかけたりしなければ、そのままにしておくことは良くないことです。

仕事でストレスが溜まって違和感を感じたり、相手に対する不満が少しずつ溜まっていたり、実際には、相手のことが大好きなのにどこかに違和感のようなものを感じていることがあるのもこの付き合って6ヶ月という時期にはあり得ることです。そういった時に話をすることで解消され、より一層相手を好きになれるのです。

付き合って6ヶ月のカップルが気をつけるべきこと⑤:マンネリ対策

マンネリ

付き合って6ヶ月のカップルになってくると、出かける場所も同じようなところになったり、新鮮味がなくなってくることも多くなります。このようなマンネリを放っておくのではなく、小さな変化でも良いので何かしら新しい刺激を感じるようにしていくことが大切になってきます。

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと①:プライベートを尊重する

プライベート

付き合って6ヶ月経つカップルであれば、どちらかが冷静になってくる頃でもあります。プライベートな時間を持ちたかったり、相手の目の前で友達と連絡を取り合うことも多くなるかもしまれませんが、それを疑ったりするのではなく、プライベートとして割り切れる関係づくりが大事になります。

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと②:相手の意見も聞く

意見

付き合って6ヶ月もすると、どんなに相手を思いやっていたカップルであっても相手に色々な事を言えるようになってきます。すると、急に自分の意見を相手に押し付けてしまうようなことも出てくるのです。そのようにならないために、相手の意見をしっかりと聞いてお互いに尊重していくことが大事になってきます。

相手の気持ちをきちんと聞くことは長続きするためには重要なことです。自分の話を聞いてくれるからこそ、相手に好感を抱き付き合うようになることもあります。最初は相手の話すことを何でも聞きたいという気持ちも大きくそれが嬉しかった気持ちを忘れなければきっと大丈夫なのです。

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと③:束縛しすぎない

束縛

付き合って6ヶ月のカップルであれば、まだまだラブラブな気持ちもたくさんあります。そこで気を付けたいのが、束縛をしすぎないということです。お互いが同じだけの気持ちで束縛していればいいですが、必ずどちらかの気持ちが強くなるものです。そうなると億劫になってしまいますから注意が必要です。

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと④:思いやりを持つこと

思いやり

付き合って6ヶ月も経ってくると、自由に自分の気持ちや意見を言い合うようになります。しかし、思ったことを言うことは大事ですが、相手のことを思いやる気持ちを持つことも大切です。相手を思いやる気持ちを持っていなければ、長く一緒にいることはできませんし、誰といても同じ結果になっていまいます。

付き合って6ヶ月のカップルがするべきこと⑤:相手を信頼すること

信頼

付き合って6ヶ月が経つカップルにもなれば、仕事や学業など相手にも自分にもプライベートで忙しい時間が増えてくるはずです。そういった時に、「会えないから」とか「不安だ」といった気持ちを持つのではなく、次に会うことができる時まで自分を磨いていくくらいの気持ちで相手を信頼することが大切になります。

相手のことをそれだけ信頼することができるのか、それがカップルが長続きしていくために重要なことです。付き合って6ヶ月くらいであれば、いつまでも一緒にいたいと束縛しがちになりますが、そこでゆったりとした気持ちを持つことがお互いの気持ちを覚めさせないために必要なことになります。

付き合って6ヶ月のカップルがマンネリ・倦怠期を迎えないためには?

旅行に行く

旅行

マンネリを迎えないために、カップルが行える方法として、旅行に出かけることも大事になってきます。普段のデートも楽しいものであるでしょうが、1泊であっても、近距離であっても良いのでちょっとした旅行を行うことで普段にはない楽しい時間を過ごすことができ、マンネリ解消につながります。

いつもと違ったデートをする

デート

記念日でもなくても普段とは違ったデートをすることで、新しく相手の事を考える気持ちが湧いてくるはずです。ディナーにちょっといいお店に行くとか、普段はいったことのないBarに入ってみるとかちょっとした変化を与えるだけで倦怠期というのを防ぐことができるものです。

自宅デートも大切

家デート

普段は近所でも出かけることが多いカップルであれば、自宅でのんびりとしたデートを楽しむこともマンネリを防ぐには大事なことです。DVDを借りたり、CDを借りたりして、自宅でゆっくりと過ごすことで相手のことをしっかりと見つめなおすことにもなりますし、二人っきりの時間をゆっくりと過ごせます。

自宅デートの良いところは、二人っきりの時間をゆっくりと過ごすことができるところです。外では見ることのできなかった一面もゆっくりと自宅デートをすることで見ることができますし、のんびりと話をする時間を持つこともできますから、出かけてばかりのカップルであれば、自宅デートも新鮮に映るはずです。

ペアの商品を探す

ペア

付き合って6ヶ月も経つようなカップルがマンネリをしないように気を付けるべきこととして、お互いへのプレゼントを送ることも大事になってきます。ペアのアクセサリーなどを探してプレゼントすることで、相手をいつも傍に感じていることができますし、それが二人の気持ちをより高めてくれます。

家事を一緒に行う

家事

どちらかが一人暮らしをしているようなカップルであれば、付き合って6ヶ月もした頃に、日常的な家事や模様替えを一緒に行うことも新しい気持ちを抱かせてくれます。二人で暮らしているような雰囲気を出していくことで普段では感じることのできない感覚を味わい倦怠期の予防にもなっていくのです。

付き合って6ヶ月のカップルのおすすめプレゼント

付き合って6ヶ月カップルのおすすめプレゼント①:ペアネックレス

付き合って6ヶ月経ったカップルであれば、その記念として、また、お互いを近くに感じることができるようにペアネックレスのプレゼントなどで気持ちを高めることでより相手の事を思いやることができるようになってきます。相手を傍に感じることができるプレゼントはとても大事なものです。

付き合って6ヶ月カップルのおすすめプレゼント②:ミサンガ

付き合って6ヶ月ほどのカップルが一緒に身に着けたいプレゼントとして、ミサンガも手軽にできるものと言えます。男性が作っても良いですし、女性が作ると男性はそれだけでも大いに喜ぶはずです。学生であれば、腕にお揃いで付けることもできますし、社会人であれば、お互いに足首に巻くことで二人だけのものとなります。

付き合って6ヶ月カップルのおすすめプレゼント③:キーケース

一緒に暮らしたりしていなくても、お互いに一緒にキーケースを持つことで、自宅に帰った時や、自宅から出かけるときに、相手の事を想うようになってきます。お互いに同じものを持つことは、相手を近くに感じることができ、いつまでも一緒にいるという気持ちを抱かせてくれる大事なプレゼントと言えるのです。

付き合って6ヶ月のカップルのおすすめサプライズ

付き合って6ヶ月カップルのおすすめサプライズ①:手作りプレゼント

付き合って6ヶ月くらい経つカップルには、少しのサプライズでも新鮮さを感じることができるはずです。相手のために、手作りのマフラーなどをプレゼントすれば喜ばれるはずです。手作りとは、作成段階でも相手の事を想い続けているということを相手に伝えますので、大きなサプライズとしてとらえられるのです。

付き合って6ヶ月カップルのおすすめサプライズ②:手紙

付き合って6ヶ月くらい経つカップルであれば、相手に自分の気持ちを素直に伝えることができなくなってきていることもあります。しかし、言葉にして感謝や愛を伝えなければ、せっかくの関係に亀裂が入ることもありますので、こういった時には、手紙を送ったり、そっと手渡すだけでも大きなサプライズとして喜ばれます。

付き合って6ヶ月カップルのおすすめサプライズ③:非日常のデートプラン

デート

カップルがマンネリを予防するために一番重要になってくるは、デートプランであります。普段とは違った場所に出かけてみるとか、少し遠出をしてみるとか、自分がいる場所から車や電車を使えば沢山の場所に行くことができるはずですから普段と違った環境でマンネリを解消することが大事になります。

付き合って6ヶ月になるカップルはお互いを大事に思うことが一番大事

付き合って6ヶ月になるカップルというのは、相手に自分の意見を言い合えるようにもなってきますし、お互いの事がわかってくる時期でもあります。そういった時にこそ、相手を思いやり見つめあうことでより愛し合うことができるようになっていくのです。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。