INDEX

「あおと」と読む男の子の名前について

「あおと」と読む名前の印象

小さな男の子の子

「あおと」と読む男の子の名前は「〜と」と今男の子に人気の止め字で終わる名前で、イマドキのカッコいい印象の名前になります。男の子の名前人気ランキングではここ数年で人気上昇中で2017年には第8位という上位にランクインした人気の名前です。

「あおと」と読む男の子の名前によく使われる漢字ランキング

ランキングを確認できるパソコン

「あおと」と読む男の子の名前によく使われている漢字をランキングでご紹介します。同じ「あおと」と読む男の子の名前でも使う漢字や組み合わせで雰囲気や印象は大きく変わります。また、名前に込められる願いも様々に変化しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

「あおと」と読む男の子の名前によく使われる漢字ランキング
  • 第1位:葵翔(自由にのびのびと成長し、気品と落ち着きのある人になって欲しい)
  • 第2位:葵斗(おおらかで広い心を持ち、気品と落ち着きのある人になって欲しい)
  • 第3位:蒼翔(自由にのびのびと健やかに成長して欲しい)
  • 第4位:碧人(清らかで済んだ心を持ち、周りの人と助け合える優しい人になって欲しい)
  • 第5位:碧斗(おおらかで広く、清らかで済んだ心を持った人になって欲しい)
  • 第6位:蒼斗(おおらかで広い心を持ち、のびのびと健やかに成長して欲しい)
  • 第7位:葵人(気品と落ち着きがあり、周りの人と助け合える優しい人になって欲しい)
  • 第8位:碧音(清らかで済んだ心を持ち、周りの人を楽しませ癒すことのできる人になって欲しい)
  • 第9位:葵音(気品と落ち着きがあり、周りの人を楽しませ癒すことのできる人になって欲しい)
  • 第10位:蒼音(のびのびと健やかに成長し、周りの人を楽しませ癒すことのできる人になって欲しい)

「葵」を使った「あおと」と読む男の子の名前12選

「葵」の画数・意味・由来・イメージ

植物

「葵」は並んで生えた草と日の出や日の入り、方角を知る器具の形から成り立っていて、測るということを表しています。四方に広がる花を咲かせる「あおい」という意味があります。「色や香り」「夏」「気品」「落ち着き」などのイメージを持つ漢字です。

「葵」の画数は12画、すぐれた直観力でどのような環境下でもその場の状況に合わせて柔軟な対応のできる人です。しかし、何事にも投げやりで地道に長く続けるということが苦手という一面があります。直観力を活かせる場を見つけられれば、才能を発揮して大きな成功や名声を手にすることができます。

「葵」を名前につける時の願い・想い

庭園

「葵」は徳川家の家紋にも使われていることから「気品」「落ち着き」などのイメージがあります。「穏やかで気品のある人に成長して欲しい」という想いを込めることができます。

「葵」を使った「あおと」と読む男の子の名前

赤ちゃんを抱く女性
「葵」を使った「あおと」と読む男の子の名前
葵音 葵飛 葵都 葵翔
葵人 葵仁 葵士 葵大
葵斗 葵杜 葵登 葵兎

「葵」と読む男の子の名前は落ち着きがあり古風な印象の名前になります。「都」「杜」などの漢字と組合わせるとより和の雰囲気が強くなりますね。

「碧」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「碧」の画数・意味・由来・イメージ

海沿いの街

「碧」は3つの玉をつないだ形、石、日光またはどんぐりの実、崖の形から成り立っていて、輝きのある玉のような石を表しています。「深い青色」「青緑色」などの意味があります。「色や香り」「夏」「海」「優美」などのイメージを持つ漢字です。

「碧」の画数は14画、忍耐強く努力家で集中力がありますが、その方向性が定まらず、追い込まれてから力を発揮できる人です。想いや覚悟は一途なのですが、その想いが周りに理解されずに苦しむことがあるかもしれません。

「碧」を名前につける時の願い・想い

空と太陽

「碧」は青い色の美しい石を表すこともあり「曇りのない澄んだ心を持った人になって欲しい」という願いを込めることができます。また「明るく爽やかな印象を持つ人になって欲しい」という願いを込めることもできます。

「碧」を使った「あおと」と読む男の子の名前

海を散歩する親子
「碧」を使った「あおと」と読む男の子の名前
碧音 碧斗 碧人 碧杜 碧都
碧飛 碧翔 碧士 碧透 碧富

「碧」を使った「あおと」と読む男の子の名前は古風で美しさのある名前になります。透き通るという意味を持つ「透」という漢字と組合わせると、より澄んだイメージの名前になりますね。

「蒼」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「蒼」の画数・意味・由来・イメージ

花畑

「蒼」は並んで生えた草と穀物倉庫に収めたばかりの青々とした草の形から成り立っていて、草が青く茂るさまを表しています。「あお」「あおい」「草木が茂るさま」という意味があります。「色や香り」「冬」「爽やか」といったイメージを持つ漢字です。

「蒼」の画数は13画、頭脳明晰で計画力や決断力、行動力がある人です。性格も優しく誰にでも公平な誠実さを持ち合わせているため周りの人から好意的に思われ、援助や後押しも絶えることがありません。しかし、その才に溺れ人間関係を誤ってしまうと、思わぬ落とし穴にはまってしまうことがあります。

「蒼」を名前につける時の願い・想い

デッキに置かれたライト

「蒼」は草木が青々と茂る広い草原などを連想させることから「のびのびと健康に成長して欲しい」という願いを込めることができます。また「爽やかな印象の人になって欲しい」という願いを込めることもできます。

「蒼」を使った「あおと」と読む男の子の名前

公園で遊ぶ親子
「蒼」を使った「あおと」と読む男の子の名前
蒼人 蒼都 蒼杜 蒼斗 蒼飛
蒼音 蒼翔 蒼士 蒼隼 蒼紘

「蒼」を使った「あおと」と読む男の子の名前は、のびのびとした爽やかさを感じる名前になります。俊敏な鳥である「隼」という漢字と組み合わせるとスマートなカッコいい印象の名前になります。

「青」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「青」の画数・意味・由来・イメージ

青とピンクのバラ

「青」は草木が地上に生じてきた様子と井げたの中の染料の形から成り立っていて、青い草色の染料を表しています。「あお」「あおい」と色を意味するほかに「若い年ごろ」という意味もあります。「さわやか」「色や香り」「春」「夏」というイメージを持つ漢字です。

「青」の画数は8画、精神的に忍耐強く不屈の精神で物事にあたることができる人です。優しさと誠実さもあり、真面目さから周りの人から好意的に思われます。しかし、その真面目さから妥協を許せず自分を追い込み逆境から逃げ出せなくなることがありますので注意しましょう。

「青」を名前につける時の願い・想い

青のペンキ

「青」の色味から「若々しい爽やかさと思慮深さの両面を持った人になって欲しい」という願いを込めることができます。また「けがれのない澄んだ心と、広く大きな心を持った人になって欲しい」という願いを込めることもできます。

「青」を使った「あおと」と読む男の子の名前

リビングで遊ぶ少年
「青」を使った「あおと」と読む男の子の名前
青斗 青杜 青都 青飛 青翔
青登 青冬 青人 青仁 青士

「青」を使った「あおと」と読む男の子の名前は、爽やかさと若々しい印象の名前になります。「飛」「翔」などの漢字と組み合わせると、これから未来に向かって羽ばたくお子さんにぴったりの名前になりますね。

「明」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「明」の画数・意味・由来・イメージ

明るいイメージ

「明」は欠けた月と太陽の形から成り立っていて、明るいさまを表しています。「あかるい」「はっきり見える」「事がはっきりしている」「物事を見分けたり見通したりする」などの意味があります。「明るい」「「名声」「夢」「希望」「光」「風」「ユーモア」など様々なイメージを持つ漢字です。

「明」の画数は8画、精神的に忍耐強く不屈の精神で物事にあたることができる人です。優しさと誠実さを持ち、真面目なため周りの人から好意的に思われます。しかし、その真面目さから妥協が許せず自分を追い込み、逆境から逃げ出せなくなることがありますので注意しましょう。

「明」を名前につける時の願い・想い

明るいイメージ

「明」が持つイメージから「明るく朗らかで周りの人を元気づけてあげられるような人になって欲しい」という願いを込めることができます。また「物事を見分け、正しいことを判断できるような人になって欲しい」という願いを込めることもできます。

「明」を使った「あおと」と読む男の子の名前

明るいのイメージ
「明」を使った「あおと」と読む男の子の名前
明央人 明央斗 明央杜 明央都 明桜人
明桜斗 明桜都 明男杜 明緒斗 明緒杜

「明」を使った「あおと」と読む男の子の名前は、明るい印象の名前になります。「桜」「都」などの漢字と組み合わせると、古風な印象の名前にもなりますね。

勢いを感じる「昂」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「昂」の画数・意味・由来・イメージ

夕日と女性

「昂」は太陽と立つ人、ひざまずく人の形から成り立っていて、太陽が仰ぎ見るように高くなることを表しています。「高くなる」「上昇する」「感情が高ぶる」などの意味があります。これらの意味から「勢い」「向上心」などのイメージを持つ漢字です。

「昂」の画数は8画、精神的に忍耐強く不屈の精神で物事にあたることができる人です。優しさと誠実さも持ち合わせており、真面目なため周りの人から好意的に思われます。しかし、その真面目さから妥協が許せず自分を追い込み、逆境から逃げ出せなくなることがありますので注意しましょう。

「昂」を名前につける時の願い・想い

山に登る男女

「昂」は勢いを感じることから「意欲的で上を目指す意志の強い人になって欲しい」という願いを込めることができます。また「豊かな感性を持ち、様々な分野で活躍して欲しい」などの願いを込めることもできます。

「昂」を使った「あおと」と読む男の子の名前

公園を散歩する親子
「昂」を使った「あおと」と読む男の子の名前
昂央斗 昂央杜 昂央都 昂央登 昂音
昂桜斗 昂桜杜 昂生斗 昂生杜 昂男斗

「昂」を使った「あおと」と読む男の子の名前は、キリッとした男の子らしさを感じる名前になります。「登」という漢字と組み合わせると、より高い目標に向かう力強さを感じる名前になりますね。

自然にちなんだ「空」を使った「あおと」と読む男の子の名前10選

「空」の画数・意味・由来・イメージ

空と雲

「空」は穴ぐらの形と貫くという意味があるのみや差し金などの工具の形から成り立っていて、貫いた穴を表しています。「そら」「がらんとして大きい」といった意味があります。「おおらか」「広い」「宇宙」などのイメージを持つ漢字です。

「空」の画数は8画、精神的に忍耐強く不屈の精神で物事にあたることができる人です。優しさと誠実さもあり、真面目であるため周りの人から好意的に思われます。しかし、その真面目さから妥協が許せず自分を追い込み、逆境から逃げ出せなくなることがありますので注意しましょう。

「空」を名前につける時の願い・想い

空

「空」の「広い」といったイメージから「広い大空へ羽ばたき、世界で活躍して欲しい」という願いを込めることができます。また「おおらかで広い心を持った人になって欲しい」という願いを込めることもできます。

「空」を使った「あおと」と読む男の子の名前

公園でピクニックをする親子
「空」を使った「あおと」と読む男の子の名前
空音 空桜音 空桜斗 空桜杜 空央斗
空央杜 空生音 空生斗 空雄斗 空雄杜

「空」を使った「あおと」と読む男の子の名前は、爽やかさと個性があふれる名前になります。「桜」という漢字と組み合わせると、日本らしさのある美しい風景が目に浮かぶステキな名前になりますね。

「あおと」と読む男の子の名前に使わない方が良い漢字

生命の終わりを意味する漢字「亜」

ストップサインを出す女性

漢字には名前に使わない方が良いとされているものもあります。例えば「あおと」と読む男の子の名前にも仕える「亜」もその1つです。「亜」は皇族や身分の高い人を埋葬するお墓を上から見た形から成り立っており、生命の終わりを連想させる漢字になります。そのため、名前には使わない方が良いという考え方もあります。

気になるという方は名前に使うのを避けた方が良いでしょう。しかし、「亜」には「つぐ」などの意味もあり「伝統を重んじる人になって欲しい」などの願いを込めて、実際には名前にも多く使われています。

漢字の意味は捉え方次第

名前を考えて悩む夫婦

実は名前に使わない方が良い漢字はまだまだたくさんあります。お子さんへの最初のプレゼントとなる大切な名前です。名前に使わない方が良い漢字や意味などを知っておくことも大切です。名前に使わない方が良い漢字の関連記事を参考にしてみて下さい。

漢字が持つ意味は1つとは限りません。様々な意味を持ち、中には良い意味と悪い意味のどちらの意味を持つ漢字もたくさんあります。明らかに名前にふさわしくない漢字は別として、漢字の意味はその人の捉え方次第です。実際には名前に使われている漢字も多くありますので、あまり考えすぎずに名前を探していきましょう。

Small thumb shutterstock 609100724
関連記事 名前に使わない方が良い漢字の意味200選!名付けで失敗しないコツは?

名前に使わない方が良い漢字の意味があるのをご存知ですか?あからさまにわ

漢字の意味を考えてステキな「あおと」を見つけよう!

いかがでしたか?お子さんへの最初のプレゼントとなる名前、ステキな名前をつけてあげたいですよね。「あおと」は「〜と」で終わり、今男の子に人気の止め字でイマドキのかっこよさのある名前になります。

「あおと」という響きが決まっていても、どの漢字を使うのか迷ってしまいますよね。そんな時には、お子さんへのイメージをたくさん膨らませてみて下さい。それから、漢字の画数や意味、由来などを調べていくと、イメージに合った「あおと」が見つかるはずです。

「あおと」と読む男の子の名前を72選ご紹介しました。気に入った「あおと」は見つかりましたか?お子さんへのステキな名前、それはパパママが気に入った名前であるということも大切です。同じ「あおと」と読む男の子の名前でも使う漢字によって印象は大きく変わります。ぜひ気に入った「あおと」が見つかりますように!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。