INDEX

「れん」と読む男の子の名前のイメージ

「れん」と読む男の子の名前の印象

印象

連という響きはとてもかっこいい名前ですよね。最近では、とても人気があり上位のランクに入っています。1文字で「れん」とつける赤ちゃんも多いようです。「れん」という字は様々な漢字が使われています。「れん」という字のイメージは、とても力強く、凛とする名前です。

「れん」という字に使われている漢字からも、力強い、かっこいいなどを連想させたのでしょう。「れん」という名前は、イメージからも男の子に使う場合が圧倒的に多いようです。女の子に使う場合は、可憐な、綺麗なというイメージで使われているようです。

「れん」と読む名前によく使われる漢字ランキング

赤ちゃん名前漢字ランキング
《男の子》蓮の漢字ランキング
  • 1位 蓮:清らかな心と負けず嫌いで力強い
  • 2位 廉:心が清らかで欲がない。きまり正しい。いさぎよい
  • 3位 漣:さざなみのようす 涙が連なって流れる様
  • 4位 錬:心身や技をきたえる
  • 5位 連:つながり続ける 結びつなぎ合わせる
  • 6位 練:心身や技をきたえる 質を高める
  • 7位 憐:可愛いと思う
  • 8位 煉:鉱物を熱して不純物を除き良質のものにする
  • 9位 恋:言葉をつなぐ 慕う 恋しく思う
  • 10位  怜:いつくしむ 

「れん」の漢字ランキングでは、圧倒的に『蓮』という漢字が人気でした。強さの中に暖かさ、清らかさなどを含んでいるので、男の子でも優しい気持ちを持ってほしいという両親の願いが込められているのでしょう。順位の低い漢字は、女の子につける親が多いのですが、男の子につけたいと若い世代の親がつける傾向があります。

【れんの漢字】ランキング10位「怜」

「怜(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

怜のイメージ

怜(れん)の画数、意味、由来、イメージ、由来をまとめてみました。怜の画数は8画になります。意味は、かしこい あわ(れむ)となります。怜という漢字のイメージは、透き通るような爽やかな雰囲気があります。女性に多く使われていますが、最近では、男の子に使うことも多いようです。

怜の由来は、「忄(りっしんべん)」は心を表します。「令」は澄み透ることを表すことから成り立っています。2つを合わせて「怜」という漢字には心が澄んでいるという意味があり、悩みがなくいつも賢く事を運んでいけるのです。明るく清い心のような漢字になりますね。

画数 8画
訓読み かしこい あわ(れむ)
音読み れい れん
意味 かしこい いつくしむ あわれむ
イメージ 透き通る 爽やか
由来 怜の由来は、「忄(りっしんべん)」は心を表します。「令」は澄み透ることを表すことから成り立っています。2つを合わせて「怜」という漢字には心が澄んでいるという意味があり、悩みがなくいつも賢く事を運んでいけるのです。

「怜(れん)」を名前につける時の願い、想い

澄んでるイメージ

「怜」をつける時の願いや想いは、「怜」という字は一見冷たいイメージに感じる場合があります。意味として心が澄んでいるなります。怜の字を使って、心優しく、誰にでも表裏なく接してくれる人であってほしい、誠実な人間で、人が困っている時には手を差し伸べられる人に育ってほしいという思いが込められています

「怜(れん)」を使う漢字は、相手のことを思いやれる優しさをもつ字ですので、女の子によく使われますが、後ろに怜をつけて名前を地ける場合もあります。例えば、亜怜(アレン)や華怜(カレン)といった名前になります。通常は「れい」と呼ぶことが多い字です。

【れんの漢字】ランキング9位「恋」

「恋(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

恋のイメージ

恋(れん)の画数は、10画です。このままだけでは画数をきにする方は、極端、不遇で吉凶なので恋の一文字つけると良いでしょう。意味は、恋しいと思う気持ちだったり、慕う心です。イメージもいつも私たちが感じている気持ちと一緒で、甘い、可愛い、淡いを連想させます。

恋の由来は、昔の恋という字は「戀」という字だったことから「言」と「糸」を合わせた言葉の意味は、つむぐになります。その字に「手」が加わることにより、意味が手を繋ぐになり、のちに恋しい、慕うになりました。

画数 10画
訓読み こい こい(しい) こう
音読み れん
意味 恋しいと思う気持ち 慕う
イメージ 甘い 淡い 可愛い
由来 恋の由来は、昔の恋という字は「戀」という字だったことから「言」と「糸」を合わせた言葉の意味は、つむぐになります。その字に「手」が加わることにより、意味が手を繋ぐになり、のちに恋しい、慕うになりました。

「恋(れん)」を名前につける時の願い、想い

恋

「恋」を名前につける時の願いや想いは、恋愛をイメージしますよね。可愛らしい子が恋をするイメージですが、そのイメージから、愛を与えられる人になってほしい。人を愛する優しい人になってほしいと願いを込めました。

女の子につける人が多いですが、最近男の子に取り入れて、思いやりと愛情あふれるように育ってほしいとつける人もいます。失恋という字では悲しいイメージですが、名前的に使うと愛が溢れている名前になります。

「恋(れん)」の漢字は、恋一(れんいち)恋空(れんあ)恋芽(れんが)など漢字を見ると綺麗な名前が印象的です。杏恋(あれん)恋次(れんじ)恋叶(れんと)などたくさん良い響の名前があるので迷いそうです。外国的な響の名前なので人気です。

【れんの漢字】ランキング8位「煉」

「煉(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

力強いイメージ

煉(れん)の画数は13画です。名前の画数だけ見ると才能や人気がでる画数で大吉です。意味は、ねるや鍛えるという意味合いがあり、心を鍛えるという意味にもなります。イメージ的には、力強い、賢い、質が良いなどです。強く賢くなってもらいたい男の子に良い漢字です。

煉の由来は、「火(ひへん)」の燃え立つ炎の象形と「東」の束ねた袋の象形とその袋に分けたものの象形からきています。火を合わせてまとめることから、ねりかためるという意味ができたのでしょう。

画数 13画
訓読み ね(る)
音読み れん
意味 ねる きたえる 金属をとかして精錬する 心をねりきたえる
イメージ 質を高める 力強い
由来 煉の由来は、「火(ひへん)」の燃え立つ炎の象形と「東」の束ねた袋の象形とその袋に分けたものの象形からきています。火を合わせてまとめることから、ねりかためるという意味ができたのでしょう。

「煉(れん)」を名前につける時の願い、想い

強くたくましく

「煉」を名前につける時の願いや想いは、男の子に生まれたなら、特に強い子になって欲しいと考えている親が多いでしょう。この字は鍛えるという意味があるため、鍛練した、誠実に心をよじ曲げずに成長しますようにという想いがあります。誠実さを忘れずにまっすぐな気持ちを持ちながらすくすくと育って欲しいと願いです。

【れんの漢字】ランキング7位「憐」

「憐(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

可憐なイメージ

憐(れん)の画数は16画です。16画ではどんな画数なのでしょうか。衆望という多くの人たちから寄せられる期待や信頼。頭領になれる大吉の画数です。この漢字はいつまでも心がひきさかれるという意味です。意味的には少し悲しい意味がありますが、可憐なイメージもあり、繊細で美しさも秘めています。

憐の由来は、「隣」の字があります、この字の(となり)という意味を用いながら、「忄(りっしんべん)」を付けることによって、「隣り合わせる人の心」となります。ですので、人の心に寄り添える綺麗な心を持つ人にぴったりな漢字です。

画数 16画
訓読み あわれみ あわれむ
音読み れん
意味 いつまでも心がひきさかれる
イメージ 可憐な 
由来 憐の由来は、「隣」の字があります、この字の(となり)という意味を用いながら、「忄(りっしんべん)」を付けることによって、「隣り合わせる人の心」となります。

「憐(れん)」を名前につける時の願い、想い

可憐な子ども

「憐」を名前につける時の願いや想いは、強い心を持ちながらも、弱い人の立場に立つこともできる強い子になってほしいという願いや、どんな人にも隔てなく優しくできる子に育ってほしいという想いがあります。やはり優しさや思いやりを大切にして欲しいと親の願いが強いです。

憐という漢字は、難しい漢字ですが美しい漢字です。最近は名前の漢字でなんという名前なのか難しい名前が多いです。逆に漢字の難しい字は使う人は少ないです。この字を名前に使うことで、字に興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

【れんの漢字】ランキング6位「練」

「練(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

練のイメージ

練(れん)の画数は14画です。14画は虚偽や心弱と言われ吉凶です。この名前に「練二」といったように一文字付け加えることで大吉の画数に変わりますので、参考にしてください。努力によって成果を上げるといった意味になりますので、言葉としては良い印象ですよね。イメージも硬く強い印象です。

練の由来は、「糸(いとへん)」のより糸の象形と「東」のたばねた袋の象形とその袋に選別して入れた物の象形からこの漢字ができています。この字から「選び取る」という意味や「ねる」と意味ができました。何度も繰り返しながら成果をあげるという意味でも良い漢字です。

画数 14画
訓読み ねる
音読み れん
意味 努力によって成果を上げる

「憐(れん)」を名前につける時の願い、想い

「練」を名前につける時の願いや想いは、金属を熱すると赤く燃えるイメージですよね。そこから情熱や集中力などを連想させます。子供に名前をつけるときの願いに「向上心のある子どもに育ってほしい。努力を怠らない情熱のある子どもに育ってほしい。」という願いや想いがあります。

【れんの漢字】ランキング5位「連」

「連(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

連(れん)の画数は10画です。10画は極端や不遇という吉凶です。連だけではなく、大吉の名前になるような漢字を使って名前を使うと良いでしょう。例えば、「連大」というように3字付け加えると13画で大吉になります。連の意味は仲間やつながり続く、結びつくという意味でとても素敵な意味です。

イメージは、調和するといったまとまる柔らかいイメージです。連の由来は、車は人や動物が引いて動かすものでした。“人の後ろに車が連なる”という様子と、“道・歩く”ことを表す『⻌(しんにょう)』と合わさり、“一列に続く・引き続く”などの意味が派生しました。

画数 10画
訓読み つらなる つらねる つれる 
音読み れん
意味 仲間 つながり続く 結びつなぐ
イメージ 調和 輪
由来 車は人や動物が引いて動かすものでした。“人の後ろに車が連なる”という様子と、“道・歩く”ことを表す『⻌(しんにょう)』と合わさり、“一列に続く・引き続く”などの意味が派生しました。

「連(れん)」を名前につける時の願い、想い

大切にする心

「連」を名前につける時の願いや想いとは、先ほども連の意味で説明しましたが、とても良い意味がある字です。親もこの意味を知ったらつけたくなる字だと思います。親の願いとは、友だちや仲間を大切にする人になるように願いを込めています。人とのつながりや幸せがずっと続くように想いを秘めています。

【れんの漢字】ランキング4位「錬」

「錬(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

錬(れん)の画数は10画で、「練」と一緒で追加の字を付け加えると大吉になります。16画「充錬」で大吉、15画「錬司」、18画「錬空」で吉です。金属を熱していらないものを取り除くという意味の漢字です。イメージは、繋がるという印象が強いようです。

錬はもともと鍊という字です。鍊の由来を調べて見ました。そもそも鍊という字は旧字体です。ですが人名用漢字として使用できます。右側の「柬」には、「えらぶ」という読みがあります。そこで「練」は、「糸を選びとる」という意味があり、上質にするという言葉が成り立ち、「ねる」という言葉の由来「練」ができました。

画数 10画
訓読み つらなる
音読み れん ね(る)
意味 金属を熱していらないものを取り除く
イメージ 繋がった 
由来 錬はもともと鍊という字です。鍊の由来を調べて見ました。そもそも鍊という字は旧字体です。ですが人名用漢字として使用できます。右側の「柬」には、「えらぶ」という読みがあります。そこで「練」は、「糸を選びとる」という意味があり、上質にするという言葉が成り立ち、「ねる」という言葉の由来「練」ができました。

「錬(れん)」を名前につける時の願い、想い

錬の願い

 「錬」を名前につける時の願いや想いは、金属は熱すると赤く燃えるイメージですよね。そこから情熱や集中力などを連想させます。子供に名前をつけるときの願いに「向上心のある子どもに育ってほしい。努力を怠らない情熱のある子どもに育ってほしい。」という願いや想いがあります。

【れんの漢字】ランキング3位「漣」

「漣(れん)」の画数、意味、イメージ、由来

漣(れん)の画数は、14画です。練と同じで14画吉凶ですが、2画もしくは、7画の漢字を加えると大吉になり、21画では指導や征服のの意味なります。さざなみ、小波、波立つと意味があります。漣という字は男らしい漢字に見えますが、さざなみという意味合いから、穏やかな、静かなイメージになります。

「漣」の由来は、「氵(さんずい)」と連の字の意味からと、さらに「さざなみ」の訓読みからきています。川の流れる様子が連なっている様子から、波が細やかく小刻みに打っているように連想させます。

画数 14画
訓読み さざなみ
音読み れん
意味 さざなみ 小波 波立つ
イメージ 夏 海 穏やかな
由来 「漣」の由来は、「氵(さんずい)」と連の字の意味からと、さらに「さざなみ」の訓読みからきています。川の流れる様子が連なっている様子から、波が細やかく小刻みに打っているように連想させます。

「漣(れん)」を名前につける時の願い、想い

「漣」を名前につける時の願いや想いは、穏やかな優しい人に育ってほしいという願いがこめられています。さざなみという意味から連想させる願いのようです。小学校時代には落ち着きのない子供がいますが、この漣は、落ち着きのある、礼儀正しい子供になってほしいという想いが込められています。

「漣(れん)」を使った名前

「漣(れん)」を使った名前には、「漣大」(れんた)は、自分の夢に向かって意欲的に突き進める精神、親や人に誰でも優しく接することができる人になってもらいたいという願いがあります。また、連太郎(れんたろう)や漣真(れんま)、海漣(かいれん)などあまり聞きなれない名前をつけるのも良いでしょう。

【れんの漢字】ランキング2位「廉」

「廉(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

意味

廉(れん)の画数は13画です。才能や人気がでる漢字です。物事をしっかりやりけじめがあるという意味があります。欲張らないという意味もありますが、イメージ的には賢く、何事もしっかりやることができるという漢字です。男らしさを持ち合わせた字になりますが、どこか凛々しく爽やかさを感じます。

廉の由来は、「广」の部署が’家、「兼」は2つあるものを合わせて1つにすることを表す意味になり、組み合わさってかどになります。わかりやすくいうと、「家の中で2つのものが交わって1つになる場所をかど」という由来になります。

画数 13画
訓読み やすい かど
音読み れん
意味 物事をしっかりやりけじめがある 欲張らない
イメージ 力強い かしこい
由来 「广」の部署が’家、「兼」は2つあるものを合わせて1つにすることを表す意味になり、組み合わさってかどになります。わかりやすくいうと、「家の中で2つのものが交わって1つになる場所をかど」という由来になります。

「廉(れん)」を名前につける時の願い、想い

蓮の想い

「廉」を名前につける時の願いや想いの意味は、男の子なら凛々しい漢字で人気があります。意味では「かど」という意味ですが、廉という字が清廉潔白という言葉があるように、清らかに汚れのない誠実な心を持ち合わせ、けじめのある行動ができ誠実な道を進んでほしいという願いが込められています。

「廉(れん)」を使った名前

廉の名前

「廉(れん)」の名前によく使われる漢字をいくつかご紹介します。笑廉(えれん)は、口をすぼめてほほとわらうという意味から、いつまでも笑いが絶えない心の温かい人になってほしいとの願いがあります。孝廉(こうれん)は親をたいせつにする心優しい子供になってほしいという意味があります。

同じ「れん」でも組み合わせで印象はだいぶ変わります。れんの一文字に漢字を加えることにより、字の雰囲気まで変わるので、名前をつけることは、大変なことです。

【れんの漢字】ランキング1位「蓮」

「蓮(れん)」の画数、意味、由来、イメージ

蓮のイメージ

蓮の画数は13画です。才能もあり人気も抜群にある注目できる画数です。それゆえにこのまま「連」とつける人も多いです。水草の名前の「はす」からきている漢字です。はすの花の字なのですが、日本の人にはとても好印象の漢字になります。「蓮」にさあに優しい漢字を付け加えるともっと素敵な名前になるでしょう

「蓮」の由来は、「連」のつらなるの意味と「艹」の草冠を組み合わせて、「連なった実や植物」を意味します。「蓮」の実の断面がハチの巣のようになっていますが、そこからはちのすが崩れて、蓮の字を「はす」とも呼ばれるようになったようです。

画数 13画
訓読み はす はちす
音読み れん
意味 はす 水草の名前
イメージ 蓮の花 夏
由来 「蓮」の由来は、「連」のつらなるの意味と「艹」の草冠を組み合わせて、「連なった実や植物」を意味します。「蓮」の実の断面がハチの巣のようになっていますが、そこからはちのすが崩れて、蓮の字を「はす」とも呼ばれるようになったようです。

「蓮(れん)」を名前につける時の願い、想い

蓮の花は仏教の世界では大変大切な花です。極楽浄土の象徴とも呼ばれています。蓮華(れんげ)は、仏教の中で極楽のは蓮の花が咲いているとされています。その蓮は、泥の中で育ちますが、泥から出てくる花は、泥に染まらずにとても美しい花を咲かせるので、蓮の字をつける人が多いです。

「蓮」を名前につける時の願いや想いは、蓮の花から水面の咲く花はとても美しいです。でもその水面上の下は泥水です。泥水の上で根太く、力強く咲いている様に、男の子にも清らかで、凛と咲いているが清潔さを持ち合わせているが、何かあっても動じない精神で力強く生きて欲しいとの願いが込められています。

「蓮(れん)」の名前に付け加える漢字

「蓮(れん)」の名前によく使われる名前は、蓮翔(れんしょう、または れんと)すがすがしさと穏やかさを持ち合わせ、のびのびと自由に生きてほしいという願いがあります。蓮都(れんと)は、優しく誠実な人で、人に頼られる人に成長してほしいという願いがあります。

「れん」と読む男の子の名前に使わない方が良い漢字

男の子の「れん」に使わない方が良い漢字「聯」

ダメな漢字

男の子のれんの漢字「聯」は、つぎつぎとつながる意味があり悪い意味ではありませんが、人名漢字ではないので、この聯という漢字は名前に使えないのです。しかもこの漢字は難しい漢字ですので、おすすめできません。

男の子の「れん」に使わない方が良い漢字「戀」

男の子のれんの漢字「聯」は、使わない方が良い漢字になっています。それはこの字の意味にあるからです。断ち切れずに心が引き裂かれてしまう様を表したり、いつまでも慕わしくて、心が落ち着かずに不安になってしまう意味があるからです。さらに、この戀は難しい 字ですので、おすすめできません。

男の子の「れん」に使わない方が良い漢字「斂」

男の子のれんの漢字「斂」は、絞るようにしてあつめるなどの意味がありますが、 死体を棺の中におさめるという意味もあります。その意味からもこの字は良くありません。しかも、人名漢字ではありませんので使用できませんので、注意が必要です。

男の子の「れん」に使わない方が良い漢字「鏈」

鎖

男の子のれんの漢字「鏈」は、くさりという意味があります。連なってるくさり鉛のあらがねという意味もありますが。こちらの感じも人名漢字ではないので、使用しないでください。意味はそこまで悪くないのですが、鉛のイメージが良くないのかもしれません。蓮という響きを使いたい場合は他の漢字を探してください。

他にも名前を付ける時に使わない方が良い漢字が意外とたくさんあります。こちらの記事を参考に名前を付ける時は注意してくださいね。

Small thumb shutterstock 609100724
関連記事 名前に使わない方が良い漢字の意味200選!名付けで失敗しないコツは?

名前に使わない方が良い漢字の意味があるのをご存知ですか?あからさまにわ

男の子の名前には「れん」の漢字で凛々しく

「れん」という名前はとても人気があり、男の子の名前にとてもぴったりです。男の子らしい名前ですが、優しさや愛情を感じられる意味の意味があります。また、友達との信頼関係、誠実さなどの願いを込めて「れん」とつけるのも、とてもおすすめです。

一生に一度の大切な名付けですので、納得できる、自分の赤ちゃんにぴったりの漢字を探してください。れんという漢字は、響きは男らしいですが、れんの感じの後にもう一文字、または2文字つけることで、柔らかい雰囲気になり、イメージもさらによくなります。男の子らしい名前が見つかると良いですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。