INDEX

LINEが最適な復縁ツールの理由

別れた彼にいざ連絡を取ろうと思った人が、まず最初に悩むことは、「どうやって連絡を取ろう?」ということではないでしょうか?

職場やコミュニティが同じ場合はともかく、いきなり街中でばったり合わない限り、最も現実的なのは「携帯電話で連絡を取る」選択肢でしょう。電話やメールや手紙などがあげられますが、その中でも復縁ツールに最適なものはLINEメッセージです。

「気軽に」連絡しやすい

今やスマホユーザーの85%が使用しているLINE。もはや生活の中で必須アプリとなっている人も少なくないと思います。LINEがこんなにも高い普及率をほこる原因の一つが、メッセージをやり取りする「気軽さ」です。

上司や取引先への連絡には使われない一方で、友人や家族など親しい人同士の気軽なおしゃべりのツールとしての役割を果たすLINEは、別れて以来久々に連絡するメッセージに「気軽さ」のイメージを持たせてくれます。 もしあなたが元彼の立場だったら、久々の連絡が「重い」ものだったらつい身構えてしまいますよね。

電話やメールなどほかのツールもありますが、久々の連絡が重くなりすぎないため、元彼に警戒され必要以上に距離を取られないためにも、LINEは復縁ツールにもってこいといえそうです。

彼が気軽に対応しやすい

あなたからの久々のメッセージを受け取った彼も、LINEであれば身構えることなく自然体で対応しやすいです。またすぐに対応しなくてはいけない電話に比べ、返信を考える時間をとることができる点もLINEの大きなメリットです。

じゃあ彼がTwitterやFacebookで投稿したときに反応すればいいじゃん!と思ったそこのあなた、要注意!彼からしたらフォロワーやほかの人の目がある場所で、かつて付き合ってた人と連絡を取ることはあまり気楽にできることではありません。

2人だけの閉じたコミュニケーションが実現するLINEのほうが、彼にとっても気軽に対応しやすいベストな手段といえるでしょう。

復縁までのオススメ連絡プロセス

1.かつて共有した話題をきっかけにする

まず最初に送るメッセージ。別れて以来長らく元彼と連絡を取っていないひとにとって、ここが一番大切で難しい勝負ところです。いきなり自分に関係のない話題を送られては、元彼を返信内容で困らせてしまうことに繋がります。

昔2人でデートにいったスポットや、ゆかりのある映画・ドラマなど、かつて彼と思い出を共有したものを引き合いに出すことで、相手も返信をしやすいと同時に、当時のなつかしさやあなたと付き合っていた時の気持ちがよみがえりやすくなります。

「久々!最近元気にしてる?いまあなたのことふと思い出して、、、最近元気にしていた?」 「久々!今日仕事で久々に○○にいったら、あなたと行ったときのこと思い出して、、、相変わらず昔のまま変わっていなかったよ!最近元気にしてた?」

あなたが返事をするとしたらどちらのほうが気軽に返せますか?後者のほうが、なんとなく自然な感じがしますよね。自分と相手に「共感を生み出す」話題を選ぶことが大切なポイントです。

2.ひとまず話題をつなぎ盛り上がる

元彼の共感を呼ぶ一通目を送った以降、、、無事返信が来た!最大の難関ともいえる一通目をクリアしたあなたが次に目指すのは、LINEを往復させる関係になることです。 久々に連絡がきたと思いきや、いきなり復縁を迫られては彼もなかなかイエスとは答えずらいもの。

まずはお互いがLINEを通じて会話できるほどに打ち解けた関係になる必要があります。かつてを思い出した昔話を続けるも、最近の近況報告をしあうも、一方的ではなくお互いの会話がキャッチボールされるやりとりが肝心です。またこのとき同じ話題を深く掘り下げすぎると「くどいな」と思われる危険があるので要注意です。

会話を重ねていくうえで、一定の安定した連絡頻度を設けることが大切です。一晩中メッセージを往復させることもそれだけ関係性が良いという意味ではいいことですが、会話がその日きっかりで終わってしまっては元も子もない話。 即レスばかりでなく、一定の間隔をもってメッセージを送りあえる関係を目指しましょう。

3.いい感じになったら謝る

お互い付き合っていたときに近いリラックスした会話が続けられるようになったら、いよいよ復縁につなげてみる段階へ移ります。 別れた理由は何であれ復縁しようと願う以上、まずあなたから謝ることが大切です。

付き合っていた時、別れてしまったとき、そして別れてから冷静に自分や相手のことをかえりみたことを素直に伝えましょう。寂しい気持ちや後悔していることを伝えることも大切ですが、何より伝えなくてはならないのは「ごめんなさい」の気持ちと「やり直したい」の二つです。謝りすぎる必要はありません。

むしろ過度な謝罪は逆効果です。 素直に、飾らず、一言「ごめんなさい」を伝えてみましょう。 またこの段階以降は直接会って話したり、電話に切り替える選択肢もあります。真剣な話ほど肉声で直接伝えることが大切かもしれませんね。

4.彼、彼女がいない自分の思いを伝える

別れてからの寂しさを伝えるうえで、大切なことは「悲観的になりすぎない」ことです。特に恋愛体質な女性ほどここで大きな落とし穴にはまりがち。熟読必須ですよ!

「あなたと別れてからこんなに悲しくてこんなに辛い思いを味わったの」、、、これではあなたにそんなつもりはなくても、伝えられた相手は負い目や引き目を感じるものです。 必要以上に悲しむことで、相手が責任を感じすぎ、あなたを重いと感じてしまっては復縁は実らないでしょう。

自分がどれだけ苦しい思いをしたかよりも、あなたと一緒にいられないことの辛さ・あなたと過ごせたことの幸せを伝えてみましょう。自分と過ごしたときを楽しかったと言ってくれる人に、人間悪い印象は抱かないものです。

5.復縁したいと素直に伝える

ここまできたらいよいよ大詰め。特に直接会って話している・電話で伝えている場合3~5は一気に伝えてしまうことも十分可能です。雰囲気や状況に応じて対応しましょう。復縁したいと伝える一番のポイントは何でしょうか。それは、 今の自分の気持ちを素直に、まっすぐ伝えることです。

「素直さ」 変に長文や長台詞を送ってみたり、ポエム調のメルヘン詩をつづったり、アーティストの歌を自分たちを重ね合わせてみたり、、、余計なことは一切不要です。 今の自分の気持ちを素直に、まっすぐ伝えてみることで、きっと彼も今の気持ちを素直に打ち返してくれるはず。

【番外編】デートに誘う場合は3まで

以上5つの段階でしたが、3~5は話題の真剣みも増す分、やはり相手の目を見て伝えたいものですよね。2の段階で話が弾み、打ち解けて来たらその後に向けてデートに誘ってみるのもありかもしれません。

かつては2人でよく出かけていた仲であるだけに、改めてデートに行くとなっても抵抗は持たれにくいものです。ぜひ気軽に誘ってみましょう。

また誘う際には「今の彼女さんに迷惑でなければ」の一言を添えることが超重要です。これにより相手の恋人の有無を確認できるだけではなく、「自分のことを思いやってくれてるなあ」というプラスの印象を抱かせる大きなチャンスをつくることもできます。ぜひ使ってみてください。



LINEで連絡を送る5つのきっかけ

連絡する女性

復縁への道のりで最も難関といわれる、一通目。実は一通目に対し返信をもらえず失敗してしまうパターンは、復縁失敗の中で最も多いといえます。 共感を呼ぶといったってそんなのできそうにない!そんなあなたのために、より送りやすいきっかけを用意してみました。

彼・彼女の誕生日

元彼の誕生日は年に一度しかないきっかけをつくる大きなチャンスです。自分の誕生日を祝われてうれしくない人はいないでしょう。

また別れたのに誕生日を覚えてくれていたマメさは彼の高評価につながりやすいものです。 特別なプレゼントを用意する必要はありません。「もう○歳か~早いもんだね!」といった風に気軽に連絡してみてください。

間違いを装う

うっかり間違えてほかの人に送るつもりだったメッセージを送ってしまった!こんなおっちょこちょいなミスからやり取りをはじめるのも有効なきっかけといえます。

しかしあまりに露骨すぎると相手に煙たがられてしまうもの。自然な内容、さらには少しクスッとできる内容を送ることで、その後のより自然なやり取りにつながっていきます。

「メガネ忘れてしまったのだけど、みなかった?」なんて間違いメッセージがきたら、「いや知らないけど、メガネ忘れたのか大丈夫か(笑)」ってつい思いますよね。受け取る相手の気持ちを意識することが大切です。

ふざけて友達にやられた

こちらはあまりおすすめできません。共通の友人がいる場合はともかく、自分と相手の関係を身内のふざけあいに利用されては、あまり嬉しくないものです。

一方で共通の友人がいる場合は、その友人がやったと伝えれば、相手も「ああアイツにやられたんだな仕方ない」とイメージがわきやすくなります。友達と入念に打ち合わせをしてから挑む必要がありそうです。

借り物を返したい

別れたての場合、彼の持ち物を共有していて返しそびれたなんて話はよくあるもの。久々に部屋を片付けたらあなたのものが出てきた、というのは自然で気軽なきっかけとしてはぴったりですね!

しかし単にモノを返してはそれっきりで終わってしまいがちです。しっかりとお互いの近況報告につなげ会話を盛り上げることが求められそうです。

【冷却期間別】オススメな連絡頻度とは?

連絡する女性

一週間:なるべく早い頻度で

別れてから一週間ほどしかたっていない場合、連絡頻度は早ければ早いほどいいです。別れたては実は一番復縁しやすい時期でもあります。このチャンスをだらだらと過ごしては、彼も付き合っていた時の感覚を忘れてしまうもの。

実質的にまだ半分は付き合っているともいえるこの状態ですが、相手の別れたい気持ちがまだ収まりきっていない場合には復縁の連絡は逆効果になる場合も、、、。 短期決戦が大切ですがいきなり復縁を求めることなく、着実にステップを踏んでいくことが大切です。

一ヶ月~三ヶ月:最初は一日ごとに

別れてから1か月から3か月の場合は、お互いに一番冷静になって落ち着きを取り戻す時期でもあります。やっぱり復縁したいと感じやすい半面、新たな恋に目覚めやすい時期でもあります。

相手も復縁したいと思っている・相手に新たに好きな人がいる可能性が高いだけに、いきなり即レスを繰り返すことはこちらの好意を見せびらかしているようであまり得策とは言えません。

最初は1日1往復でもゆっくり相手の状況を探っていき、お互いの距離が縮まってきたら付きあっていた当時の連絡頻度へ移ることがベストです。

半年:緩急をつけて引きつける

別れてから半年ほどの場合、お互い新たな気持ちに切り替えていることが多い時期です。この間一度も接点を持っていないともあれば、もはや二人の関係は風化してしまうかもしれません。

序盤こそ積極的に連絡を取ることが大切です。相手が自然と会話に応じるようになってからは、一定の間隔をキープできるようにつとめましょう。

またお互いの会話が盛り上がった際には、二人で徹夜しながら即レスしあうなどということがあれば、復縁に向けおおきな可能性があることを示しています。 相手の生活や忙しさに合わせ、たたみかけるところは集中してやり取りを繰り返す緩急が大切です。

一年:じっくり頻度を上げて

別れてから1年以上たつ場合、もはや二人は他人であることも多く、かつての付き合いは完全に消え去っているかもしれません。 しかし人は1年あれば変わるものです。

あなたも彼も成長し、かつてとは違った新しい人間になっている可能性が高いです。 昔のような関係に戻るではなく、かつて付き合っていた人と新たにお互い好きななるところから始める、という意識が大切になります。 お互いに初めましての関係と考え、じっくりとゆっくりと連絡頻度を上げていくことが必要です。

まとめ

LINEからはじめる復縁術、いかがでしたか?恋愛は自分一人でするものではありません。相手の様子や2人の関係性に応じてひとつひとつ積み重ねていくことが大切です。

もとは付き合っていた2人。お互いの深いところまで知っている仲であるだけに、仲良くなれないわけがありません。復縁することは、独特の難しさはあれど、初対面の人に対する恋愛よりもずっと易しいものです。 あなたが再び好きな人と結びつくことをねがっています。

復縁の悩みが本当に辛いと思う方へ

復縁に悩む人

大好きだった彼氏と別れて死ぬほど辛いですよね。新しい出会いを求めるべきなのか、どう元彼と復縁をしていけば良いのか、彼氏と別れた後は重い悩み事が多いです。正直、復縁に関して一人で悩んでいても解決されることはありません。きっちりと悩みを整理するためにも愚痴を発散する意味でも誰かに相談することは必須です。

では友達や先輩と相談すれば良いのか?と思いますがそれは違います。自分と同じような恋愛経験しかないような人に相談するよりは復縁のプロに相談した方が絶対に良いです。友達に元彼の愚痴をこぼしても相手は気を悪くするだけですし、元彼に相談していることが伝わっててはダメですよね?

電話占いピュアリなら復縁相談のプロに相談できる?

復縁相談をする女性

私も周りに相談できる人がいなくて精神が不安定になってメンタルボロボロでした。そんな時は私は電話占いに出会って、辛い復縁の悩みから解決することができました。

電話占いとは占い師の先生が親身になって自分の悩みの相談にのってくれるサービスで、占いと言うよりはカウンセリングに近い感じです。私も半信半疑で占い師の先生に相談してみたところ、先生がズバズバと私の抱えている悩みを当てていきかなり驚いてしましました笑

10分間の無料鑑定だったのですが、もうなんというか鑑定終了後には復縁の悩みがすっきり解消できてしましました。先生に言われた通りに元彼にきちんと思いを伝えて、元彼にも思いが伝わりそこからまた付き合うことになりました!今もラブラブで本当に電話占い様様でしたw

なので私と同じように復縁の悩みを抱えている人は無料鑑定ができる電話占いピュアリをオススメします!先生の実績に応じて1分あたりの値段が200〜350円となっており、今なら期間限定で10分間の無料鑑定が受けられるので、復縁の悩みを抱えている人は下の詳細ボタンを押してみてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。