Large thumb shutterstock 680916895

女性の恋の病とはどんなもの?恋に悩む女性の症状9選と治し方

更新:2020.07.23

好きな人ができると、誰だって不安になりますよね。女性の恋の病ってすごく辛いもの。毎日好きな人のことを考えて不安になってしまいます。そんな恋する女性がかかる辛い恋の病。でも、そもそも恋の病ってどんな症状なの?治し方はあるの?そんな、あなたが悩んでいる恋の病の症状9選をご紹介していきます。

女性の恋の病とは?

女性の恋の病

恋する女性

恋をすると、うきうきワクワクしますよね。好きな人と話せたときはうれしくて、片思い中が一番楽しい時期とも言われます。しかし、楽しいことだけではありません。恋をすると、好きな人のことを考えすぎて不安になったり落ち込んだりしてしまいます。これが、女性の恋の病なのです。

恋の病は誰だってかかる可能性があります。病と言われているだけあって、彼のことを考えたら集中できずにミスが続いたり、何も手につかなくなったり、日常生活にまで支障をきたしてしまうのです。

恋に悩みはつきもの!

悩む女性

でも、恋する女性には悩みはつきものです。不安や悩みがないまま付き合えるのってほんと少数。恋の病にかかるってことは、それだけ彼のことが好きってことなんです。そんな気持ち、ステキですよね。恋する女性の恋の病は、恋する人にはつきものです。まずは、そんな恋の病の症状9選を見ていきましょう。

女性の恋の病の症状9選

1.何も手につかなくなる

何も手につかない

恋をすると、好きな人のことばかり考えてしまいますよね。「彼は私のことをどう思っているんだろう」とか、「今何しているんだろう」と気になり、いつもあなたの頭の中には彼が存在しています。何をするにも集中できず、気付いたらボーッと彼のことを考えて時間が過ぎていることなんてしょっちゅうなのです。

2.食欲がなくなる

食欲がない

女性の恋の病でよくあるのが、食欲がなくなるという症状です。恋をすると、フェニールエチルアミンという物質が脳内で過剰に分泌されます。これには食欲を減退させる作用があるため、食欲がなくなってしまうのです。なので、彼を考えれば考えるほどフェニールエチルアミンが活発になり、食欲がなくなってしまうのです。

しかし、逆に考えると勝手にダイエットができているかもしれません。恋する女性が「キレイになった?」とよく言われるのは、このせいもあるのかもしれませんね。

3.好きな人に対して不安が止まらなくなる

不安がる女の子

好きな人ができると、自分のことをどう思われているのか気になりますよね。「私嫌われてないかな」とか、「どう思われてるんだろう」など不安に押しつぶされそうになってしまいます。また、いろいろな妄想をして落ち込むこともあります。常に不安が止まらないのが、女性の恋の病なのです。

4.何でも好きな人に繋げて考えてしまう

考え事

恋をすると、好きな人のことばかり考えてしまいますよね。気がつくと、何をしていても好きな人に繋げて考えてしまっています。「この服彼に似合いそう」とか、「このお菓子彼が好きって言ってたな」など、何でも彼に繋げてしまいます。

また、恋をしているときって、自分の気持ちを歌っている曲を聴いている人が多いのではないでしょうか。西野カナなどは恋をしている女性によく聴かれていますよね。よくある女性の恋の病の症状を歌っていると思いませんか?恋して不安になっている多くの女性が、自分と好きな人に当てはめて共感しているのでしょう。

5.夜も考えすぎて眠れない

眠れない

恋をしているときは、ドーパミンと言われる脳内物質が分泌されます。ドーパミンとは、快楽や前向きな気持ちにさせてくれる良い作用があります。しかし、常に脳を活性化させているため興奮状態になっているのです。そのため、夜も好きな人のことを考えたりドキドキしたりして、なかなか眠れなくなってしまうのです。

6.好きな人から連絡が来ていないかいつもスマホが気になる

スマホが気になる女の子

返事が遅かったり、既読になっているのに返事がなかったり、常に彼の返事を気にしていませんか?なかなか連絡がこないと、勝手にネガティブな妄想をして不安になってしまいますよね。彼からの連絡に一喜一憂して、常にスマホが気になってしまうのです。彼のSNS発信を毎日確認するのも、女性の恋の病の特徴です。

7.恋愛が上手くいっていないと何をしても楽しくない

楽しくない

恋愛が上手くいっていないと、他のことをしていても彼のことばかり考えてしまいます。彼がいないときでもずっと頭の中には彼がいるのです。逆に、恋愛が上手くいっている女性はキラキラしていますよね。何をしていても楽しそうにいつも笑顔です。それほど女性の恋の病は、日常生活に影響をもたらしているのです。

8.情緒不安定になる

情緒不安定

恋の病にかかっていると、情緒不安定になりやすくなります。好きな人が他の女性と楽しそうに話していたら、その人との関係が気になってしょうがなくなりますよね。でも、自分に話しかけてくれたときはすごくうれしくて舞い上がってしまいます。そんな気分の浮き沈みが激しい状態が、恋する女性の恋の病なのです。

しかし、彼と会っているときよりも一人でいるときのほうが、心が不安定になりやすいとされています。会っていない間は、悪い妄想ばかりをしてしまいがちです。会えない時間の方が余計に、女性の恋の病を悪化させてしまうのです。

9.盲目状態になる

恋は盲目

恋は盲目とよく言いますよね。あなたも経験があるのではないでしょうか?友達から何を言われても聞き入れられない。いくら周りから反対されても、本当の彼のことをみんな知らないからだと思ってしまいます。

恋に夢中な女性は、普段の冷静さを失ってしまうのです。そんな誰からの言葉も受け入れられない盲目状態になってしまうのが、女性の恋の病の特徴です。

女性だけじゃない!男性もかかる恋の病の症状

何事にもやる気がでる

仕事ができる男性

男性は恋をすると、ドーパミンの影響でやる気がでます。何でもできる!という気持ちになり、仕事も何でもテキパキこなすようになります。好きな人にはできる男に見られたいという思いからも、このような行動になるのでしょう。

ぼーっとする時間が増える

考え事をする男性

恋した時に分泌されるドーパミンは、何事にもやる気を出させてくれる効果がある反面、集中力がなくなってしまうこともあります。恋をすると、好きな人のことばかり考えてしまいます。男性も女性の恋の病と一緒ですね。あまりぼーっとしてしまうと、仕事でもミスをしてしまうので注意が必要です。

いつもより身だしなみを気にする

きちんとしたファッションの男性

今まで外見をあまり気にしなかった人が意識し始めるようになったら、その男性は恋の病にかかっているのでしょう。きちんと毎日髭を剃り、ヘアスタイルも変えたりワックスを使うようになったり。ファッションもおしゃれに気を使うようになります。外見が変わったなと思ったら、彼は恋しているのかもしれませんね。

男女それぞれ恋をすると起こる変化

女性は恋をするとキレイになる

キレイになっていく女性

女性は恋をすると、ホルモンの分泌が活性化されます。それにより、女性らしい体つきになったり、肌がつやつやになったりなどの変化が表れるのです。

また、恋をしている女性は自分磨きを頑張るようになります。いつもよりスキンケアやボディケアが念入りになったり、美容院やエステにもよく行くようになります。好きな人の前ではいつも可愛くいたいっていう思いから、女性はどんどんキレイになるのです。

男性は恋をすると男らしくなる

ステキな男性

男性は、恋をするとテストテスロンというホルモンが分泌されます。テストテスロンは男性ホルモンの一種です。これにより、体格が引き締まり、顔つきも男らしくなります。また、テストテスロンの数値が高い人ほど、仕事で結果を出し平均収入も高いということがわかっています。恋は男性を男らしくしてくれるのです。

女性の恋の病の治し方

一人でいる時間を減らし、友達に相談する

女子会

女性の恋の病は、誰かに聞いてもらうことによって気持ちが少し軽くなります。女子会などの会話は恋愛の話で長時間盛り上がったりしますよね。みんな友達に話すことによって、不安や悩みをスッキリさせているのです。

女性は一人で悩みを抱え込まないほうがいいんです。誰かに話した方が気持ちが楽になるんです。好きな人のことを考えて情緒不安定になったときは、仲の良い友達と会ってみてください。友達に聞いてもらい、気持ちをスッキリさせましょう。

楽しい趣味を見つけたり、自分磨きをする

趣味

女性の恋の病の原因は、夢中になっていることが彼しかないからです。だから、彼に依存して不安になってしまうのです。あなたが何か他に夢中になれるものを見つけたら、その時間は彼のことを忘れて楽しめる時間ができますよね。そういう時間を作れると、恋の病にはかかりにくくなるのです。

もし趣味が見つけられなかったら、とりあえず自分磨きの時間を作ることも効果的です。エステに行ってみたり、美容院に行って雰囲気を変えてみたり、マッサージに行ってリラックスしてみたり。すると、自分に自信が出てきて余裕ができ、キラキラした女性に見られるようになりますよ。

思い切って告白する

告白する

一番の恋の病の治し方は、告白です!女性の恋の病って、相手にどう思われているか分からなくて不安でモヤモヤしている状態ですよね。それを解決するためには、気持ちを伝えることしかないんです。告白したことによって、付き合えるかもしれないし、フラれてしまうかもしれません。でも、ずっとこのままの状態でいいですか?

気持ちを伝えないまま、どう思われているんだろうってずっと悩んでいる間に、他の人に取られたら辛いですよね。もしフラれたとしても、「やらずに後悔するより、やって後悔するほうがいい」と思いませんか?気持ちを伝えない限り、恋の病は治りません。思い切って告白する勇気を持ってみることも考えてみてください。

女性の恋の病9選を理解して上手に自分と付き合おう!

カップル

恋する女性の恋の病は当たり前!恋の病の症状9選は、あなたに当てはまっていましたか?9選全てに当てはまっていたら、それは重度の恋の病です。それを治すためにも、思い切って告白することも考えてみてください。

もし付き合えなかったとしても、その恋はあなたを成長させてくれています。次の恋をもっとよりよくするための経験なのです。また、恋をしている女性って、キラキラしてきます。キレイにしてくれます。ずっと悩んで塞ぎ込まずに、自信を持って自分を成長させましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。