INDEX

「保守的」の意味や使い方とは?

「保守的」の意味とは伝統を守る様のこと

保守的の意味

「保守」の意味とは、いま現在の用法用例の伝統を守っていくこと。正常な状態を保つことです。「保守的」の意味とは、考え方や行動など常に正常な状態を保つ傾向があり、変化を望まない傾向があることです。いま日常生活では「保守的」という言葉よりも同じような意味を持つ「地味」「控えめ」などが多く使われています。

「保守的」の使い方とは個人・組織に使う

保守的の使い方

「保守的な人」「保守的な考え」「保守的な社会」「保守的な人」などが挙げられます。マイナスなイメージがあるかもしれませんが、時と場所、シチュエーションによって色々な意味や使い方があるので、受け取る側も様々な角度から意味を捉えます。

保守的な人とは?意味と使い方を理解しよう!

保守的の意味と使い方を理解しよう

人や組織には内向的タイプと外交的タイプがありますが、「保守的」とは感情の動きが少ない印象から内向的なイメージがあります。日常生活で保守的な人と接する場合の使い方には様々なシチュエーションが考えられます。「保守的」の言葉には、意志・近寄りがたさを感じますので使い方には注意しましょう。

「恋愛に保守的な人」の意味と使い方とは

保守的な人の意味

恋愛力が低め、恋愛に否定的、恋愛は時間の無駄、など自分で宣言したり、人から言われている人もいます。恋愛に対する考え方は人それぞれですが、あなたが好きになった相手が「恋愛に保守的な人」だとしたら周りからどんな意味でどういう使い方をされているのかチェックして、相手との距離をとると良いでしょう。

\ POINT /

「保守的な人」はネガティブ?

保守的な人の中にも陰と陽の部分があります。様々な角度から見てみましょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴15選

恋愛に保守的な人の心理・特徴:①過去の恋愛で大きな傷を負った

恋愛のトラウマ

保守的な人の中には、大好きだった相手に振られた過去をずっと引きずり、新しい恋になかなか進めない、またはいい感じに進んでいるのに、ふと失恋の心の傷みがよみがえって怖くなるというタイプの人がいます。それだけ過去に真剣な恋を経験したという証拠でもあるので、恋愛に真剣に向き合える人でしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:②今の関係が壊れてしまうかもという不安

今の関係が壊れてしまうかも

いま二人の関係が知り合い、友人程度の関係であっても、二人の間で自然で心地良いものである場合、その関係がとても居心地が良く、「この関係が壊れるのがこわい!」と思い距離を近づけることに臆病になることが原因です。このタイプの保守的な人が好きな場合「あなたは特別」という感じで接するといいでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:③周りの人の目を気にする

周りの目

職場や学校に気になる人や好きな人がいても保守的な人の場合は簡単に態度や行動に表すことが出来ません。同僚や友達の噂の的になってしまうのが絶対に嫌で、好きな相手に自分の気持ちを悟られたくありません。そのため、いつの間にか好きな人が他の人と付き合っていたということがあります。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:④自分を過小評価している

過小評価

仕事での経験や実力もあり、性格も良くて異性からモテるのに、どこかにコンプレックスがあり自信がないため保守的になってしまいます。周りの人達からは「もっと自信を持つといいよ」とアドバイスを受けても強いコンプレックスが頭から離れず恋愛に積極的になることが難しいのです。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑤振られるのがこわい

振られる

保守的な人の恋愛はかなり慎重です。振られるのを極端に恐れているので相手が脈アリじゃないと告白しません。そのため好きな人を観察するのには時間がかかります。こういう保守的なタイプの人との関係は少しずつ進展して恋愛にちかづけるようになるといいでしょう。告白を成功させるポイント記事があるので紹介します!

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑥今の生活を壊したくない

今の生活がいい

恋愛に保守的な人の中には、仕事と趣味をかなり重要視しているため、生活スタイルを壊される恋愛は苦手なためどうしても恋愛を避けてしまう人がいます。束縛されたり指示されることが嫌いで自由な時間を束縛されず、一人の時間が必要なタイプの人に多いので、恋愛に依存しない人や独立心の強い人と気が合うでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑦仕事が一番大切

仕事が忙しい

恋愛に保守的な人で、仕事がどの程度達成出切るかということに命がけで望んでいる人がいます。精神力は達成感を積み重ねることで形成していくので、仕事をしている時は全力で取り組みます。そのため優先順位の1番は仕事なので、恋愛や趣味、友達付き合いが疎かになってしまうのです。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑧異性との距離のとりかたがわからない

距離のとりかた

同性の友達は多いけど、異性となると何を話せばいいのかわからなくなってしまう人がいます。人気者なのに異性を前にすると緊張してしまい会話が続かず、異性に対して保守的になってしまいます。このタイプの人は慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、いずれ慣れてくると自然と打ち解けるようになるでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑨恋愛に絶望感がある

絶望感

保守的な人には恋愛に冷めていて「楽しいのは最初だけ」「男はみんな浮気をするもの」と自分の信念を作り上げてしまう人がいます。恋人がステキな人に目をやっただけで機嫌を損ねたりするので相手は疲れてしまい去って行きます。そして「やっぱり男なんて…」となるのです。頭から決め付けた悪いパターンでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑩繊細な人



繊細

ワガママを言えない、本音を隠す、相手に合わせる、私たちは少なからず自分をつくっています。恋愛はその「仮面」を脱ぎ捨て相手との「プライベート」な関係ですから、ときに生々しく欲求や欲望が出てきます。恋愛に繊細な人は傷つきやすくストレートな人間の感情に向き合い支配されることが苦手なことがあります。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑪何か嘘をついている

嘘

なかなか進展しない恋、恋人未満の関係がずっと続いていて辛い。何か本音を隠しているんじゃないか?と不安になる相手は嘘をついている可能性があります。こういう相手に対しては疑う気持ちを捨てることができないので、真実を知る、または自分の態度をいま一度改めてみましょう。恋愛に保守的な人ではないかもしれません。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑫恋愛に冷めている

冷めている

恋愛に保守的な人には過去に恋人に裏切られた、騙されたりつらい出来事を今でも引きずっているために、人間不信に陥っている人がいます。恋人もずいぶん長い期間いなければ友達との付き合いも避けていることもあります。愛情やあたたかさや誠実さを知ればまた恋愛に関心を持つようになるでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑬男心・女心がわからない

不満

恋愛に保守的な人で恋愛関係が始まっても、男心・女心がわからない人がいます。相手の言ったことや行動の意味が分かりません。悪気はないので自分の中で葛藤しますが、その間に相手が去っていくということもあります。恋愛経験を積んでいくことで男心・女心が少しずつ理解できれば問題は解決していくでしょう。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑭束縛されることを嫌う

束縛

恋愛は相手を独り占めできると勘違いしてしまいがちですが、自由を奪われてしまうと息が詰まってしまうものです。いざ付き合ってみると相手の独占欲や束縛、嫉妬心などで自由を奪われてしまうということから、恋人になるとこの人は束縛が激しいタイプなのかもしれないという心配から恋愛に保守的になってしまう人がいます。

恋愛に保守的な人の心理・特徴:⑮基本的にネガティブ

ネガティブ

「どうせ自分なんて」「しょせん告白しても振られるから」など基本的にマイナス思考で、「でも」「だって」という考えがあるため行動出来ずに、あきらめたり断る理由を考えがちなタイプです。恋愛に保守的なだけではなく基本的にネガティブなタイプの人には、自分の気持ちを引きずられないように気をつけましょう。

恋愛に保守的な人に効果的なアプローチ法

会話での同調

共感を得る

保守的な人とはなかなか会話が弾まないことがあるでしょう。シンプルな解決策として相手の言葉に同調する方法があります。同調の使い方として「今度アメリカに出張に行くんだ」「へえ、今度アメリカに出張に行くんだ」と返事を繰り返します。相手には話をちゃんと聞いて受け止めてくれている印象を残すことができます。

あえてNOの返事を言ってもらう質問をする

NOの返事

保守的な人の中で防衛心や猜疑心が強い人とは話が進まないことがあります。そんなとき「ランチに行く暇ないでしょ?」「美人じゃないと付き合わないんじゃない?」と質問を自虐的にしてみます。「そんなことはないよ」と相手がNOを言う質問が効果的。好きなタイプの質問について詳しく解説した記事も参考にどうぞ!

Small thub shutterstock 621530798
関連記事 好きなタイプは?の答え方は男性・女性で違う!脈ありか質問でわかる方法

「ねぇ、私のこと好き?」そう直接質問することはなかなかできないですよね

弱点を見せる

弱点を見せる

相手の善意や同調を引き出すために自分の弱点をさらけ出すやりかたです。ポイントは弱点をアピールするときに相手が引かない程度の内容にしましょう。自分の過去の恋愛のトラウマや人間関係のことなど多くの人が持つような弱点で良いでしょう。相手も励ましたくなったり、サポートしたくなる雰囲気作りができますよ。

人との違いを褒める

褒める

褒められて気分の悪くなる人はいません。保守的な人にはうまく褒めて自分の良い印象を与えましょう。「他の上司は〇〇だけどあなたは違う」「ウチの職場の人とは違う」「今まで付き合ってた人より」など比べる対象を具体的になるので説得力が増して自然で印象的になります。

良い部分を引き出して褒める

褒める2

よくいわれることの逆のことや、コンプレックスを見つけて褒めてみましょう。例えば保守的な人には「慎重」「思慮深い」という言葉を使ったり、気が強い人には「芯が強い」「はっきりしている」などです。人間には誰でも良い部分と悪い部分の側面があるので、それを利用して褒めてみましょう。

秘密の共有を持つ

秘密の共有

秘密は人と人を親密にします。二人だけの秘密のおすすめの使い方は、自分のちょっとした秘密を相手と共有すること。「過去の恋愛の失敗談」「初めて失恋したときの自分」などちょっと恥ずかしい想い出を楽しく共有することで相手の心は自然と開きます。恋愛の話は恋愛モードスイッチが入って楽しくなるはずです。

フォローして味方する

味方

保守的な相手がミスしたり落ち込んでいるときに、ヘコみそうなところの言い方をかえて励ましましょう。臆病な人なら「慎重に色々考えていてすごいね。そのまま上手く進むといいね」「すごい計画性。すぐに実践できれば怖いものナシだね!」など相手の弱点をプラスに変えてフォローすることであなたを味方だと感じます。

恋愛に保守的な人と心と心をつなぐ関係になろう!

保守的な人も深く知れば色々な特徴があります。保守的な人との関係を深めるためにあなたがすることは、相手の様々な側面からどんなタイプなのかを判断して、これからも引き続き相手をフォローしてあげられることを探しながら実践していくこと。相手とゆっくりとしたペースで信頼関係を築いていきましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。