INDEX

妊娠線って何?

妊娠線ができるのは真皮が伸びるから

妊娠線って何?

妊娠線=ストレッチマークは、妊娠してお腹が大きくなってくる頃からできる真皮の断裂跡です。真皮とは、皮膚の下にある皮膚のことです。皮膚は上から表皮→真皮→皮下組織という層で出来ています。お腹が大きくなるにつれ表皮が引っ張られ、真皮がその伸びについていけず妊娠線ができます。

妊娠線は産後薄れてきますが、完全に消えることはない厄介なものです。お腹や胸、二の腕、太ももなどに赤紫色などの線が現れます。

妊娠線が出来始める時期は5ヶ月から7ヶ月

いつ頃できる?

お腹が大きくなってくる5ヶ月~7ヶ月頃に妊娠線ができはじめやすいです。しかし個人差があり、妊娠線予防をしていなくても妊娠線が全く出来ない人もいれば、何本も出来る人がいます。

妊娠線が出来る場所は主に5箇所

そこに出来る?

胸やお腹、二の腕、太もも、お尻などにできます。しかも、やっかいなことにこの妊娠線は、1度出来てしまうと完全に消えにくいのです。

妊娠線の4つの原因

妊娠線の原因①皮膚の急激な伸びについていけない

妊婦の女性

妊娠線は、妊娠5ヶ月~7ヶ月に出来やすいと言われています。個人差はありますが、この頃からお腹が大きくなり始めます。すると皮膚が急激に伸びます。しかし、皮膚の下にある真皮部分やコラーゲンなどがその急激な伸びに対応できず、断裂して妊娠線として現れてしまうのです。

\ POINT /

1週間に500g以上の増加は指導の対象に?

あまりの体重増加は、指導される場合も。太りすぎは、妊娠中毒症のリスクが高くなるなど他にも様々なリスクがあります。適度な運動と栄養バランスを整えましょう。だからといって、ダイエットは禁物ですよ。

妊娠線の原因②肌の新陳代謝の低下

肌の新陳代謝の低下

妊娠中は、コルチコステロイドというホルモンの分泌量が増えます。このホルモンが増えると、肌の新陳代謝が低下してしまいます。その結果、断裂が起こり妊娠線が出来てしまいます。

妊娠線の原因③お肌の乾燥

肌の乾燥

お肌の乾燥は、妊娠線に大敵です。お肌が乾燥していると、妊娠線も出来やすくなる原因になってしまいます。毎日保湿してあげることが大切です。

妊娠線の原因④体重の大幅増加

体重の大幅増加

妊娠をしていなくても、体重の増加や急激なダイエットでセルライトが出来てしまうことがありますよね。それと同じで体重の大幅な増加は、真皮が皮膚の伸びに付いていけず、妊娠線が出来てしまいます。

\ POINT /

BMI計算式で自分の肥満度を知ろう

自分のタイプの肥満度、体格指数BMI(Body Mass Index)を知りましょう。BMIの計算方法は、妊娠前の体重㎏÷(身長m)2です。

個人差はありますが、妊娠5ヶ月の安定期に入ると、悪阻も落ち着いて今まで食べれなかった人も食欲も戻ってきます。食べれるようになったからと言って食べ過ぎはダメです。マタニティヨガに通ったり、散歩をしたり適度な運動をして、急激な体重増加には注意して下さい。

理想的な体重増加とは?
BMI 肥満度 理想的な体重増加増加
18未満 瘦せている 10~12㎏
18~24 標準 7~10㎏
25以上 太っている 5~7㎏

妊娠線ができやすい人の特徴とは?

妊娠線ができやすい人の特徴①誰でも出来る

妊娠線できやすい人

なんと妊娠を経験をした人の半数以上に妊娠線が出来たという結果が出ています。誰もが妊娠線が出来る可能性があります。私には関係ないなんて言っていられません。

妊娠線ができやすい人の特徴②経産婦は80%以上!

経産婦

さらに妊娠を2、3回以上経験している経産婦の方の約80%が妊娠線が出来てしまっているそうです。また双子など多胎妊娠の方も同様です。

\ POINT /

なぜこんなにも経産婦の方が妊娠線ができやすい?

様々な原因がありますが、原因の1つに自分の身体をいたわる時間がないことが挙げられます。2人目となると1人目の子どもの子育てもあります。子育てと家事などの時間に追われて自分の身体のケアが出来ないので、妊娠線が出来てしまう原因になってしまっています。

妊娠線ができやすい人の特徴③細い人

細い方は要注意

特に身体がスリム、小柄な方は注意が必要です。身体がスリム、小柄な方でもお腹の赤ちゃんの大きさは標準やそれ以上に大きくなります。なので、妊娠で大きくなるお腹などに皮膚が付いていきにくく、妊娠線が出来やすいと言われています。

妊娠線ができやすい人の特徴④高齢出産

高齢出産

35歳以上の方の出産を高齢出産と言われることが多いです。10代後半~20代前半の若い頃に比べ、お肌の弾力や柔らかさも低下してきてしまうため、妊娠線ができやすいです。

最強の妊娠線予防は?

最強の妊娠線予防|予防は妊娠5ヶ月から始めよう

いつから予防?

最強の妊娠線予防は、なるべく早めに予防を始めることです。遅くともお腹が大きくなり始める5ヶ月頃までには始めると良いでしょう。もちろん、悪阻や身体、お肌の調子が悪くなければ、妊娠初期から妊娠線予防を始めても大丈夫です。

\ POINT /

妊娠初期はムリに予防しなくてOK

妊娠初期は、悪阻でニオイやお肌が敏感になりやすくなります。ホルモンの影響があるので、悪阻や身体、お肌の調子が落ち着いてきてから妊娠線予防を意識しましょう。ムリに妊娠線予防でクリームなどを塗ると余計にお肌がかゆくなったり、状態が悪化してしまうことがあるので、焦らず身体と相談して進めてください。

最強の妊娠線予防|身体全体を保湿

前身保湿

最強の妊娠線予防は、身体全体を保湿することです。新陳代謝の低下はターンオーバーが抑制され、お肌の弾力がなくなってしまいますので、油分、水分を補うために妊娠線予防オイルやクリームを塗るのが大切です。

妊娠線は、お腹だけでなく、胸や二の腕、太もも、お尻など全身に出来ます。お風呂上がりには、全身に保湿クリームなどをたっぷり塗りお肌の乾燥を防ぎましょう。毎日するのがポイントです。

最強の妊娠線予防|葉酸を摂る

お肌をサポート

最強の妊娠線予防で摂るべきものは「葉酸」です。お肌のターンオーバーを手助けしてくれる「葉酸」は、妊娠の時にサプリメントなどでも摂るようにと国からも言われていますよね。実は、葉酸は妊娠線予防にも効果があります。葉酸を身体の中からも外側から塗って妊娠線を予防しましょう。

最強の妊娠線予防アイテム!クリームやオイルなど

最強の妊娠線予防アイテム①バランスが丁度良い「クリーム」

保湿クリーム

最強の妊娠線予防アイテム1つ目は、クリームです。水分と油分のバランスが取れているクリームは、妊娠線予防にピッタリです。クリームは、伸びも良く全身にたっぷり使えるのでおすすめです。様々な種類が販売されているので、サンプルを試したり自分に合ったものを選びましょう。

\ POINT /

クリームのメリット、デメリット

妊娠で、ニオイに敏感になっている方にもニオイの刺激が少ないものが多く、使いやすい。ただ、様々な成分が含まれているので敏感肌の方は注意が必要。敏感肌の方は低刺激のものを選ぶようにしましょう。

最強の妊娠線予防アイテム②保湿性が高い「オイル」

オイル

最強の妊娠線予防アイテム2つ目は、オイルです。オイルは、クリームに比べると油分が多いので、保湿効果と浸透性が高いです。伸びやすいので妊娠線予防したいところにたっぷり塗れます。

\ POINT /

オイルのメリットデメリット

保湿力が高いですが、特に海外のものは、ニオイや肌触りが独特なものが多いため好みが分かれます。試供品で試して納得してから購入するのがおすすめです。

クリームとオイルの両方使いがおすすめ

両方使いで予防

クリームとオイルだけのケアでは心配という方は、両方使いがおすすめです。まず、クリームを塗って、その後オイルで保湿するのがいいでしょう。

最強の妊娠線予防アイテム③腹帯・ガードル

Amazonで商品の詳細を見る

最強の妊娠線予防アイテム3つ目は、腹帯・ガードルです。戌の日のお参りには腹帯やガードルもご祈祷してもらいますよね。腹帯やガードルは、大きくなってきたお腹を支えてくれます。同時に皮膚が伸びるのを抑制してくれる効果もあるので妊娠線予防におすすめです。

\ POINT /

戌(いぬ)の日とは?

十二支の11番目に当たる12日ごとにある戌の日。犬は安産なので、それにあやかって妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願します。腹帯を巻いて祈願するので、「帯祝い」と言われています。

戌の日に安産祈願したい関東の神社や、当日の服装や持ち物について知りたい方は、ぜひ関連記事も参考にご覧になってくださいね。

Small thumb shutterstock 150045185
関連記事 戌の日に安産祈願したい関東の神社ランキングTOP10|服装や持ち物も

神様から授かった命を無事に出産できるように神様にお願いする安産祈願。安

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイントは?

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント①保湿成分が入っているか

クリームを選ぶポイント

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント1つ目は、保湿成分が入っていることです。とにかく妊娠線予防には、お肌の保湿が大切です。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分が配合されているか確認して購入しましょう。

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント②引き締め効果

引き締め効果クリーム

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント2つ目は、引き締め効果もあるものを選ぶことです。妊娠線予防クリームは、保湿力だけでなくお肌を引き締めてくれる効果のあるビタミンC誘導体や葉酸も含まれているか確認しましょう。

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント③コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

最強の妊娠線予防クリームを選ぶポイント3つ目は、価格と量のコストパフォーマンスです。妊娠初期や中期から妊娠線予防を始めるので、長期的に使用することになります。高いものだと続かないし、安いけど量が少ないとすぐなくなってしまいます。価格と量のコストパフォーマンスがよいものを選びましょう。

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム6選

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム①ニベア

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム1つ目は、ドラッグストアでも気軽に購入できるNIVER(ニベア)のボディクリームです。こちらは顔も体も全身に使うことができます。潤い効果のあるスクワラン、ホホバオイル配合でお肌もしっとりします。安いのでまとめ買いもおすすめです。

Q web

ドラッグストアにも専用クリーム売ってるし、買おうかなーと思ってたけど結局どれがいいかわからず、ニベアの青缶ずっと塗ってました * 結果...全く妊娠線できず、痒みもほぼなく乗り切れそう コスパも最強٩( 'ω' )合う合わないはあるかと思いますが、これで充分です

引用元: Instagram

Q web

冬場の乾燥肌対策と妊娠線予防クリームとして毎日大量に消費しているニベアクリーム。. 長男の時は色々調べてたっかい妊娠線予防クリーム買ってたけどニベアで十分 家族全員で使えるのも

引用元: Instagram

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム②エルバビーバ

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム2つ目は、エルバビーバです。妊娠初期から使用できるエルバビーバのSTMクリームは、保湿効果が高いキャロットシードオイルやシアバターを配合しています。オーガニックなのでお肌が敏感な方にもおすすめです。伸びが良いクリーム&産後のケアにも長く使えます。

Q web

お友達からプレゼントで頂いた妊娠線予防クリームとオイル 全部オーガニックで嬉しい 友人曰くジョンマスターのこのクリームを塗ってると全く妊娠線が出来なかったらしい

引用元: Instagram

Q web

妊娠線予防のクリームにErbavivaを使ってます 香りはキツくなくてほんのり香るし、伸びもいいのでお気に入り

引用元: Instagram

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム③Pigeon

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム3つ目は、ピジョンの保湿ボディケアクリームです。1日1回塗るだけで24時間お肌をしっとりキープしてくれます。弱酸性で妊娠後ケアや赤ちゃんのお肌にも優しく使えます。

Q web

お値段高めだけど、1日1回で良いから結果コスパ良し◎無香料だから、つわりのある初期から使えるし、残ったら産後赤ちゃんにも使える優れものです(о´∀`о)

引用元: Instagram

Q web

すぅーっと伸びるテクスチャで、ベタついたりしないのに、しっとりが続くのが驚きでした!

引用元: Instagram

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム④ママ&キッズ

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム4つ目は「ママ&キッズ」のナチュラルマーククリームです。妊娠初期のつわりの時期でも無香料なので使いやすいです。弾力・柔軟サポート成分が配合されているので、しなやかなお肌へと導いてくれます。コラーゲン、ヒアルロン酸も配合され、うるおいが持続します。

Q web

妊娠線予防クリームは、色々調べた結果 #ナチュラルマーククリーム にしました お得なセットでまとめ買い 香りも弱く、保湿力とベタつきのバランスもちょうどいい

引用元: Instagram

Q web

なかなかいいお値段だけど 成分に安心感があって価格に納得できることと、昔と違って楽天ペイが使えるようになっているので、楽天スーパーポイントを利用してなるべくお安く購入してまーす

引用元: Instagram

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム⑤ベルタ

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム5つ目は、ベルタマザークリームです。こちらは引き締め効果のある葉酸やシラノール誘導体、コエンザイムQ10などが配合され、お肌をしっかり保湿してくれます。出来てしまった妊娠線ケアにも期待できます。

Q web

このクリームのお陰で、 妊娠線の予防はバッチリ 日々大きくなるお腹の痒みも即軽減してくれた救世主でした 産後のお腹にも引き続きヌリヌリしております

引用元: Instagram

Q web

できてしまった妊娠線にも効果があるようなので 出産後も塗り続けようと思ってます!!! .

引用元: Instagram

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム⑥セタフィル

Amazonで商品の詳細を見る

これが最強!安い&効果ありのおすすめ妊娠線予防クリーム6つ目は、「セタフィル」のモイスチャライジングクリームです。乾燥からお肌を守ってくれる保湿クリームで、コストコなどで安く購入することができるためおすすめです。

Q web

セタフィルはたっぷり使えてコスパ良し!保湿力良し!で最高

引用元: Instagram

Q web

セタフィルモイスチャライジングクリーム 、めーっちゃいい‼ お風呂あがりに体に塗ったらツルンツルン

引用元: Instagram

クリームで妊娠線予防しましょう!

妊娠線についてや予防方法、おすすめの妊娠線予防クリームをご紹介しましたがいかかでしたか?価格の安い妊娠線予防クリームや効果から考えて安いもの、長くたっぷり使えるものなど様々なあるので、ぜひ参考にして、妊娠線予防に役立ててくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。