Large thumb shutterstock 425865490

ディアンドルて?ドイツ女性の民族衣装が可愛いと言われる理由10選

更新:2019.09.02

皆さんは、ドイツの民族衣装『ディアンドル』をご存知ですか?今、女性の間で可愛いと話題になっており民族衣装を着て写真撮影するのが流行っているんです。他の国の民族衣装ってなかなか着る機会がない、と思いますが着て記念撮影できるスポットも併せてご紹介していきます。



ドイツの民族衣装ディアンドルって知ってる?

特別な日に着るドレスとして作られたんです

そもそもディアンドル、というものはどんな時に着るものなのでしょうか?民族衣装というものは日本では着物があるように昔は普通に着られていたものですが、何か特別な事がないとなかなか着る事ってないですよね?海外もそういう傾向があるんです。ディアンドルも例外ではなく、ディアンドルは花嫁が着る衣装でもあります。

ディアンドルというものは、ドイツ南部から始まった伝統衣装で、『可愛いお嫁さん』という意味合いがあるようです。胸元が強調された現代風のアレンジとは違って、元々は下にブラウスなどを合わせて丈も長めのものが基本形となっています。結婚式やオクトーバーフェストなど特別な日に着用するドレスとなっています。

ディアンドルってどんな風に着るの?

では、ディアンドルってどんな着こなし方をするのか気になった方も多いと思います。ディアンドルというのは、胸元が大きく開いたドレスになっているので、下にブラウスを合わせて着用するのが一般的です。しかし、このブラウスもクロップ丈の短いものを着用するので着ぶくれしにくいという特徴を持っています。

その上に胴衣を付けていきます。コルセットになっているのでものによっては、ウエストをグッと締め付けるものもあります。そして、スカートとエプロンを着用したら完成です。パッと見た感じではワンピースのように見えるのですが別々になっているんですね。足元には白い靴下を合わせて完成です。

可愛いを作る理由とは?

豊富なデザイン

ディアンドルが可愛い、と言われる最大の理由はやはりその豊富なデザイン。チェック柄のものなどもあり、見た目にも可愛らし井デザインのものや色使いなどどれも女性の乙女心をくすぐるようなアイテムが多いんです。小花柄などは、女性を華やかに見せてくれるだけでなく、可愛らしい印象にもしてくれおすすめ。

まるで、ディズニーの世界に迷い込んでしまったようなメルヘンなデザインは、異国のものではありますがまるで自分がそのメルヘンの世界に入り込んでしまったかのような錯覚に陥ってしまいます。

凝ったデザインのものは高額のものも

どの国も共通ですが、本物の民族衣装を購入しよう、と思ったらデザインなどにこだわったものというのは高額のアイテムが多いですよね。ディアンドルも例外ではなく、ヨーロッパの伝統技法で作られたディアンドルは、ディテールの凝ったデザインのものは高額になる傾向にあります。


しかし、やはりその可愛さに思わず手に取ってしまう人も。今では、現代風にアレンジされて若い女性でも比較的手に取りやすい価格のアイテムも増えてきていますので、一度様々な価格帯のものを見てみるといいかもしれません。

フラワーガールでお揃いを楽しむ女子も

ディアンドルというものは結婚式で花嫁さんが着る衣装という事は先ほども説明しましたが、日本ではフラワーガールを務める女性たちがお揃いのコスチュームに採用する事もあるようです。シックなデザインのものは、高級感もあり結婚式に着ていくにも最適なデザインのものも多いので、デザイン次第では十分着ていく事が可能。

一見コスプレの印象が現代では強いかもしれませんが、結婚式などにも着用できるようなフォーマルなデザインのものも多くありますので、もしフラワーガールで着用したい時には一度探してみるのもいいかもしれません。淡いカラーのものや落ち着いたカラーのものも多くありますよ。

女性らしいセクシーさも演出してくれる!?

胸元を強調したデザインなので女性らしさ全開に

現代風にアレンジされたコスプレの域に入ったアイテムというのは、どちらかというと胸元を強調したデザインが豊富に揃っているのも特徴です。ウエストをキュッと締めるデザインのものは、強調したい部分と締めたい部分をきれいに見せてくれる、という女性の願いを叶えたアイテムかもしれません。

女性のボディラインをきれいに見せてくれるアイテムというのはコスプレアイテムとしてもなかなかないので貴重ですよね。しかし、ここで注意しなければならないのが、胸元の開き具合はしっかり確認する事です。一度可能であれば、試着してからの購入がおすすめです。胸元がガッツリ出てしまうデザインも中にはあります。

あまり、胸元を強調したデザインというものは女性としての品格を欠いてしまう事もありますのでそこだけは充分注意してアイテム選びをしてくださいね。体型によっても合う合わない、という事がありますので必ず購入の際には試着がおすすめです。

細いウエストを強調してくれるデザイン

View this post on Instagram

. おはようございます♡ . 昨日は、北谷で開催された#オクトーバーフェストで ドイツの民族衣装ディアンドルを着て お手伝いしてきましたよ.😤✨ . ビールを飲んでる皆さんの顔がとっても幸せそうで 美味しそうに飲んでくれていたので、本当に 嬉しかったな〜😊💕 . 普段は出ないハイトーンな声で よけいに接客頑張れました!! . お祭りとかでは、ビール飲む側専門なんだけど、 接客側になるのも楽しいなーって思いました✨ . ビール好きだけど、知識ないから 聞かれた時にしっかり説明できなかったのが 申し訳なくて悔しかったな💨 . 私の好みでしかすすめられなかった。 (全部好みだったんだけど) . 色々と勉強になったし、ビール好きで 良かったーって1日でした! ビールを楽しんでくれてありがとうございます😊❤️ . . 11月4.5日にも那覇のサイオンスクエアで ハイサイちゃんぷる〜って ビアフェスティバルがあるみたい❤️❤️ これも盛り上がること間違いなしだな😤 . ドイツにビール旅行行きたい🍻😆 . #オクトーバーフェスト#okinawa#沖縄 #北谷#ドイツビール#ビール#ビアパラ #ビアパラダイス #ビアパラダイニング #ディアンドル#ディアンドルガール #🇩🇪#🍻#🌴#💛

A post shared by 𝚛𝚒𝚎𝚔𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊 (@rieko_018) on

ディアンドルというのは、胸元が強調されたデザインというのも特徴の一つですが何と言ってもウエストにあるリボンでさらに細いウエストを演出してくれるという事です。リボンがベルトマークの役目を担ってくれるので、女性らしいフォルムを描く重要な役目をしているのです。ものによっては大きめリボンを作る事も可能。

大きめのリボンというのは、可愛らしさもプラスしてくれるアイテムでもありますよね。女性らしいフォルムを簡単に作る事ができるという点やカラーによって様々な表情を楽しめるのもディアンドルの醍醐味なのかもしれませんね。

ディアンドルが可愛いくて魅力的な理由10選


これを見ればあなたもきっと可愛いと言うはず!

ディアンドルが魅力的な理由

  • 1、豊富なデザイン
  • 2、胸元を強調したデザイン
  • 3、ウエストを細く見せるような大きなリボン
  • 4、胸元に花を飾り、さらに可愛いを演出
  • 5、生地次第で高級感も
  • 6、様々な価格帯から選ぶ事ができる
  • 7、普段着としても活躍
  • 8、寒い時にはアウターでコーデも可能
  • 9、花冠でより可愛いを演出
  • 10、親子で楽しめる

1、豊富なデザイン

ディアンドルの最大の魅力というのは、たくさんあるデザインの中から自分好みのものを選ぶことができるという事です。そういう事もあり、自分好みのアイテムがきっと見つかるという事も魅力ですよね。豊富なデザインなのでTPOに合わせたアイテム選びができるのもポイントです。

2、胸元を強調したデザイン

ディアンドルというのは、徐々に時代に合ったものにアレンジされてきています。ハロウィンが日本でも話題になってきている現代、コスプレに使用する女性も増えてきています。現代風にアレンジされたアイテムは、胸元を強調したデザインが多いように感じますがこれには理由があるんです。

胸というのは、女性らしさを強調する箇所ですよね。胸がきれいに見えるという事は、着やせ効果もあり女性としては嬉しい事が多いんです。胸元を強調したデザインが苦手という方には、少し控えめなデザインを選ぶのもおすすめです。

3、ウエストを細く見せるような大きなリボン

View this post on Instagram

* 昨日は#日比谷公園 で#オクトーバーフェスト #ミスコン の表彰セレモニーでした👑 みなさまたくさんの応援ありがとうございました💓 * 結果は残念ながら賞を獲ることはできませんでしたが、最終選考に残らせていただき、ただの#看護師 に素敵な機会と夢のような時間を与えてもらい、3ヶ月間とても楽しく過ごすことができました♥️ * 現地に来てくれた友達や同僚や家族、久々に会う方々、そしてたまたまオクフェスに来ていたお客さん達、SNSで応援してくれたたくさんの方々、私はたくさんの素敵な人に囲まれて生きているんだってことを気付かせてもらいました。本当にありがとうございました😊♥️ * ミスコン最終選考のメンバーはとっても可愛いくて綺麗なモデルさんばかりで、とても良い刺激をもらいました。少しだけ美意識上がりました👌笑 * オクフェスはまだまだ続きます!大好きなイベントなのでまたちょくちょく行こうと思います🍺みなさん乾杯しましょうヽ(*´ェ`*)ノ * ミスコンは終わりましたが、まだまだ楽しいことするつもりでいます。 今後もよろしくお願いします(ノω`*)✨ * #オクフェス #ビール #ドイツビール #パーティー #イベント #フェス #ディアンドル #ドレス #仲間 #美容 #モデル #看護師の休日 #フォローミー #octoberfest #beer #hibiyapark #party #dress #friends #model #nurse #girls #like4like #instagood #followme

A post shared by Ikumi (@ikumiiiiin_h) on

ウエストにある紐を使って前でリボンを作る事で、ウエストを細く見せてくれる効果が期待できます。アイテムによって付属の紐が細かったり、太かったりしますので自分がどう見せたいのか、という事も考慮してのアイテム選びをしてみるのもいいかもしれませんね。

4、胸元に花を飾り、さらに可愛いを演出

ディアンドルの伝統的な着こなし方は、胸元に花を飾るという着こなしが一般的です。これは、、胸元に花を飾る事で周りの目線がその花に行き、目線を上に上げる効果があると言えます。その事で、周囲からもスタイル良く見せる事に繋がりますのでディアンドルを着用する際にはぜひ、試してみて下さい。


5、生地次第で高級感も

ドイツ圏では、ディアンドルというのは花嫁衣裳であるという事は先ほども説明しましたがその為、生地によっては高級感のある上品なアイテムでもあります。ウエディングドレスでもOKな真っ白なディアンドルやシルクを使用したアイテムまで高級感を出したい場合には生地選びにもこだわってみてください。

6、様々な価格帯から選ぶ事ができる

実際に、購入を考えている人もいると思いますがやはり本格的なものを購入しようと思うと価格は高騰していきます。使っている生地次第でも価格帯が変わってくるので、ウエディングパーティーなどに着用したい時などには少し奮発してみてもいいかもしれません。

7、普段着としても活躍

民族衣装っていうと一年に着るか着ないか、というほど着用頻度というのは比較的低めですよね。その為、お金をかけたのになかなか着る機会がなくてもったいない、と思っている方も多いかもしれません。しかし、ディアンドルの中には普段着としても着用できるようなワンピースタイプのものもあるんです。

ワンピースタイプのものであれば、上からジャケットを羽織れば一気に普段着に。普段着としても着用できるようなデザインのものを意識して選べば着用回数も格段に上がりますよ。

8、寒い時にはアウターでコーデも可能

ディアンドルって半袖タイプのものが多いので、春や秋など微妙に寒い時期にはアウターが必須となってきます。そんな時におすすめなのが、ニットカーディガンなどのニットベースのアウターです。縫い目が粗いもの等を着用すればより民族衣装感も出ますよ。

9、花冠でより可愛いを演出

ドイツというと『ハイジ』を思い浮かべませんか?ハイジが住んでいるところは草原地帯という事もあり、ナチュラルさを演出するために花冠をするのもおすすめのコーデです。花冠と言うのは、お姫様や花嫁さんを連想させるアイテムでもありますので、それだけで華やかさや可愛らしさを演出できます。

10、親子で楽しめる

ディアンドルというのは、何も大人だけの衣装ではありません。子供サイズのものもありますので、子どもとのお揃いコーデもできますよ。子供が着るとまた違った可愛さがありますのでぜひ、お子さんとのお揃いコーデを楽しんでみて下さいね。

日本でディアンドルを体験できる場所

野外民族博物館リトルワールド

リトルワールドとは、愛知県犬山市に位置する世界の家と暮らしをテーマとしたテーマパークです。その中に、民族衣装を着て写真を撮る事ができるスポットがあるんです。なんと11か国の民族衣装体験ができるというから驚きです。ここに行けば気軽にディアンドルを体験できますのでぜひ、一度行ってみて下さい。

野外民族博物館 リトルワールド

オクトーバーフェスト

日本各地で行われるオクトーバーフェストに参加するのも一つの手です。1着1000円ほどでレンタルできる場所もありますので気軽にドイツ気分が味わえます。店員さん自体も民族衣装を着ているので、まるで異国の地にいるような雰囲気も。自分でも着る事がテンションも上がります。

ディアンドルの魅力がわかりましたか?

今回は、ディアンドルというドイツの民族衣装についてご紹介してきましたがいかがでしたか?ドイツに行った事のない人でも一度は目にした事があるという方もいるのでは?見た目にも可愛らしいデザインで、機会があれば着てみたいと思う気持ちもわかりますよね。

ご紹介したイベントや施設では短時間ですが体験できる場所もあり、気軽に着る事ができます。もちろん、実際に購入して自宅でも普段着としても楽しんでみるのもアリです。ぜひ、この機会に一度着て楽しんでみてください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。