Large thumb shutterstock 332500766

キャスケットの簡単コーデ!レディース向けの可愛いかぶり方って?

更新:2022.03.05

レディース向けのキャスケットに合う簡単コーデと、オシャレ感が増す可愛いかぶり方についてご紹介します。キャスケットコーデのポイントやおすすめの髪型、着こなし例、キャスケットの上手な選び方まで掲載しているので、ファッションの参考にしてみてください。

キャスケットコーデのポイントはこれ!

1.黒やネイビー系のコーデが人気!

キャスケットのコーデの定番といえば、黒やネイビー系統でまとめたコーディネートです。白黒のボーダーラインが入ったマリンスタイルにもよく似合います。キャスケットのコーデで失敗したく無いときは、黒やネイビーといったカラー中心に、コーディネートを仕上げてみましょう。

2.ブラウンなどの優しいカラーも相性良し!

キャメルやブラウンなどの優しいカラーもキャスケットと相性が良いです。髪をまとめて帽子をかぶる時、どうしてもボーイッシュになりがちですが、全体を優しいカラーでまとめる事で、女性らしい印象が強調され、バランスが整います。定番コーデに飽きた時に、おすすめのコーディネートです。

3.派手目カラーはアクセントに抑えて!

キャスケトコーデをする時、派手なカラーを使いたい時は、ワンポイントに抑えるのがベスト!キャスケット(トップ)に視線が行きがちなので、スカートやパンツを明るいカラーにして、バランスを整えます。バッグやアクセサリーといった小物アイテムも控えめにして、全体のコーディネートを崩さない様に注意しましょう。

キャスケットをかぶる時は髪型も重要!

ロングの人はゆるくまとめるのがおすすめ!

キャスケットをかぶる時は、髪型にも注意しましょう。ロングヘアの人はゆるくまとめるのがおすすめです。髪をまとめずに、そのままかぶるのも可愛いですが、まとめた方が爽やかな印象を与える事が出来ます。おくれ毛を意識する事で、こなれ感が出るので、カジュアルなファッションの時でもよりオシャレに見えるでしょう。

サイドに流すスタイルは、大人感アップ!

「髪をまとめるのは跡が付くから嫌!」「もっと女性らしい印象を強めたい!」そんな時は、サイドに流すスタイルはいかがでしょうか?キャスケットをかぶると、顔全体の印象が暗くなりがちですが、耳にかけて片方の頬を露出する事によって、顔周りに明るさが増し、より華やかな印象に生まれ変わります。

ミディアムからショートの人は、耳見せを意識!

ミディアムからショートヘアの人がキャスケットをかぶる時は、耳を見せる事で顔周りを明るい印象に仕上げましょう。ピアスやイアリングが、耳たぶから顔を覗かせるくらいの[チョイ見せ]を意識したゆるめスタイルが可愛いです。もし、顔周りが太く見える様なら、サイドの毛を残して耳にかけるスタイルもおすすめです。

キャスケットを使ったおすすめの着こなし例

優しいカラーでまとめる事で、ユル感を演出

全体を優しいカラーでまとめる事で、ゆる感を演出し、ボーイッシュになりすぎないコーディネートとなっています。キャスケットとストールに濃い色を使う事で、トップがはっきりとした印象になり、全体が引き締まって見えます。季節感があるファーバッグも可愛いですが、ショルダーバッグも似合いそうなコーディネートです。

甘めコーデのアクセントにキャスケットをプラス!

ピンクと赤の女性らしいカラーでまとめられたコーディネートに、キャスケットのカジュアルさ・ボーイッシュさをプラスする事で、バランスよく仕上がっています。髪を巻く事でトップに抜け感を出しつつ、ゆるくまとまっている為、さっぱりとした印象を与えます。全体のバランスが、非常に上手いコーディネートです。

コーデとキャスケットのカラーを合わせて、すっきりと

全体を赤と黒でまとめたコーディネートです。派手な赤ではなく、朱色のような赤色をベースにしている為、全身がきつくなりすぎず、かっこいい雰囲気を醸し出しています。ファーが付いたアウターやバッグなどを持つ事で、大人かっこいいスタイルになる事でしょう。

白トップスとジーンズでカジュアルコーデ!

カジュアルの定番といえば、白トップスとシーンズです。それにキャスケットを合わせる事で、よりスポーティーな印象を与えます。これだけだとさっぱりしすぎなので、靴や靴下・アウター・小物といったアイテムに差し色をいれ、オシャレ感を出していくのも良さそうなコーディネートです。

できる女!ビビットカラーコーデ

パープルパンツを活かし、全体を黒でまとめたビビットカラーコーディネートです。はっきりとした色合いを使用する事で、全体が引き締まって見え、できる女感を演出しています。サングラスやバッグといった小物も、パープルパンツを映えさせるアイテムとなっており、とてもかっこいいコーディネートです。

個性派!古着コーデ

所々にヴィンテージ物を使用した、古着コーディネートです。アイテム一点一点の主張は強めながらも、バランスよく取り入れている為、整った仕上がりになっています。キャスケットに付いたワンポイントも、前面に出す事で生かされており、とてもオシャレなコーディネートとなっています。

キャスケットの上手な選び方は?

自分の顔の形に合ったキャスケットを選ぼう

レディース向けのキャスケットを選ぶ時は、自分の顔に合った形を選びましょう。NGな形をチョイスしてしまうと、顔周りのバランスが崩れてしまう為、魅力が半減してしまいます。キャスケットはカラーも大事ですが、形も大事なので、選ぶ時の参考にしてみてください。

丸顔さんがキャスケットを選ぶ時のポイント

丸顔さんにおすすめなキャスケットのポイント

  • トップに程よいボリュームがある
  • 頭の形に沿ったキャスケットを選ぶ
  • なるべくツバに角が無いタイプを選ぶ

丸顔さんにおすすめなレディースキャスケットは、フェイスラインに沿うような丸い印象のあるキャスケットです。トップに程よくボリュームがあり、ツバに角が無いキャスケットを選ぶ事で、丸を描く様なラインに仕上がります。個性的な形や色を選ぶよりは、綺麗なフォルムになるキャスケットを選ぶ様にしましょう。

面長さんがキャスケットを選ぶ時のポイント

面長さんにおすすめなキャスケットのポイント

  • トップにボリュームが無いものを選ぶ
  • トップにワンポイント付いているキャスケットは控えた方が無難

面長さんは、トップにボリュームがあるキャスケットをかぶると、顔が長く見えてしまいます。なるべく、ボリュームの無いレディースキャスケットを選びましょう。または、トップを潰したかぶり方が無難です。トップにアクセント(ポンポンなど)があるキャスケットも高さを出してしまう為、控える方が良いでしょう。

ベース顔さんがキャスケットを選ぶ時のポイント

ベース顔(四角顔)さんにおすすめなレディースキャスケットのポイント

  • ゆったりめのキャスケットを選ぶ
  • 程よいボリューム感のあるものを選ぶ

ベース顔(四角顔)さんは、ぴったりとしたキャスケットだと顔幅が目立つ為、ゆったりとしたキャスケトを選びましょう。キャスケットにボリュームがある事で、キャスケットの主張が強くなり、小顔に見せてくれます。できれば、ツバも広めなタイプを選ぶとなお良いでしょう。

逆三角形顔さんがキャスケットを選ぶ時のポイント

逆三角形さんにおすすめなレディースキャスケットのポイント

  • 深めにかぶれるキャスケットを選ぶ
  • ボリュームがありすぎるキャスケットはNG

逆三角形さんは深めにかぶれるレディースキャスケットがおすすめです。しっかりかぶれるキャスケットを選ぶ事で、顔周りのバランスが整います。キャスケットのボリュームが無いタイプより、ボリュームがあるタイプの方が良いですが、ボリュームがありすぎると、返ってバランスが崩れる原因となる為、注意しましょう。

レディース向けキャスケットの可愛いかぶり方はこれ!

少しななめに傾ける

キャスケットを少しだけ斜めに傾ける事で、顔周りが明るくなり、華やかな印象に仕上がります。[少し]という部分がポイントで、普通にかぶるよりもこなれ感が増し、よりオシャレな印象に変化する事でしょう。絶妙な角度が重要になってくるので、鏡に向かって調整してみてください。

浅めにかぶって後ろに傾ける

キャスケットの中でも比較的オーソドックスなかぶり方の一つです。浅めにかぶってツバを上に向ける事により、顔全体が明るく仕上がります。顔周りの印象を大事にしたい時に、おすすめのかぶり方です。デメリットとして、ミディアム〜ショートヘアの人だと髪の後ろに跡がつきやすく、外ハネの原因となるので注意しましょう。

キャスケットをクールにかぶるには?

目深にかぶって目元に影を!

キャスケットを目深にかぶる事で、ミステリアス・クールな印象を与えます。可愛い・明るいといった印象よりも、クールなイメージに仕上げたい時に、おすすめです。目深にかぶる事で顔全体が暗くなりすぎない様に、ヘアスタイルにも気を配る必要があります。

サングラスや眼鏡といった小物アイテムが活躍!

キャスケットを目深にかぶらなくても、サングラスや眼鏡といった小物アイテムを使う事で、一気にクールな印象にチェンジする事ができます。キャスケットを目深にかぶる以上に、顔周りが暗くなる為、よりヘアスタイルに注意しましょう。

キャスケットコーデに合わせたかぶり方を!

左右のボリュームを変えて、非対称にするのも可愛い!

キャスケットの左右のボリュームを変え、アシンメトリーに仕上げる事によって、単調なファッションから一転、オシャレな印象に変化します。全体のコーディネートが終わった後で、物足りなさを感じた時に、キャスケットのバランスを変えてみるのも良いかもしれません。

ワンポイントを生かしたかぶり方をしよう

キャスケットにワンポイントがある場合、活かしたかぶり方をしてみましょう。特に、全体のコーディネートがシンプルにまとまっている場合、アクセントとしてキャスケットを目立たせます。ワンポイントが無い方を下に傾けたり、髪をまとめたりして、全体のバランスを整えてみると良いでしょう。

まとめ

かぶり方次第でコーデの印象が変わる!

キャスケットは、かぶり方次第で可愛い印象にも、クールな印象にもなるファッションアイテムです。特に秋冬に使えるアイテムなので、ぜひ今期チャレンジしてみてはいかがでしょうか?今まで「自分は帽子が似合わない…」と、敬遠していた人でも、自分の顔の形にあったキャスケットをかぶって、オシャレを楽しんでください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。