INDEX

身長152cm女性の理想体重とウェストサイズとは?

身長152cm女性の理想体重は48.5kg!

女性の理想的な体重は48.5㎏ですが上の表をご覧の通り低身長である152cmの女性の標準は51.2㎏です。その標準体重を下回る体重が女性の理想的な体重ですが年齢と体格や体質によって異なります。

あくまでも女性の理想的な体重はその女性が思い描く理想のモデルさんや女優さんの様な誰もが憧れる女になりたいと思い目指し自信をつける為の原動力そのものです。瘦せすぎもよくありませんが理想体重がわかればその体重を目指して頑張れます。

理想のウェストサイズは57.6cm!

152cmの女性の理想的なウエストは57.6cmです。先程も書かせていただきましたが年齢と体格や体質によって理想的なウエストは異なります。とにかく女性は理想的なウエストはくびれがあるウエストがかなり理想なのです。写真の様なウエストが特に理想に近いでしょう。

身長152cm女性の美容体重とウェストサイズとは?

身長152cm女性の美容体重は43.9kg!

152cmの女性の美容体重は43.9㎏です。標準体重が52.7㎏ですのでその標準体重を下回る体重が美容体重としては大切な事です。逆に痩せすぎてしまえば男性から魅力を感じてもらえない悲しい結末にもなります。モデルさんや女優さん達の様に魅力を感じてもらいたいのであればこの体重をキープし続けた方が良いです

美容ウェストサイズは57.8cm!

152cmの美容ウエストサイズは57.8㎝です。美容ウエストサイズを出す計算式は身長×0.37で理想の美容ウエストサイズが導き出されます。因みに美容体型のスリーサイズはバストが79.8㎝、ウエストが57.8cm、ヒップが81.3㎝が美容体型です。

細かく言うと美容体型のスタイルは太ももが45.6㎝、二の腕が22.8㎝、ふくらはぎが31.2㎝、足首が18.2㎝!これが誰しもが魅力を感じ憧れ自信をもてる美容体型です。

身長152cm女性の平均体重とウェストサイズは?

身長152cm女性の平均体重は50.8kg!

152cmの女性の平均体重は50.8㎏です!世の中の女性はその平均体重はポッチャリだと思ってしまいます。因みに152㎝の女性のシンデレラ体重は41.6㎏です。より憧れる人に近づき自分自身に自信をつけれるようにするかがポイントでしょう。

平均ウェストサイズは約64cm!

先程も書かせていただきましたが152cmの女性の平均は体型や体格、体質によって異なりますが調査の結果20代女性のウエストの平均は64.7㎝なので152㎝の女性の平均ウエストサイズは64㎝が最も適切な平均ウエストサイズであると調査結果が出ています。

特集:芸能界で大絶賛のダイエット方法!

食べたものをスルスル溶かしてくれる酵素があるんです!

美味しいご飯画像

ダイエットって大変、、美味しいごはんをガマンしたり、運動しないといけない。でももうそんな時代は終わったんです!『食事制限もナシ』『辛い運動もナシ』で簡単に痩せれる方法があります!その方法は、テレビでも話題殺到の超簡単な飲むだけダイエット!あなたが痩せないのは、実は酵素の不足が原因だったのです!

溜め込んだものをスルッと酵素力でサポートし、"美ボディ"を実現しましょう!楽天ランキング5冠を達成した、芸能人も御用達の神サプリ。今だけ限定価格70%OFFですが、今ある在庫がなくなり次第キャンペーンも終了してしまうので、ちょっとでも痩せたいと思っている方は見てみてください。

身長152cm女性のモデル体重とウェストサイズは?

身長152cm女性のモデル体重は43.9kg!

152cmの女性のモデル体重は43.9㎏です。誰しもが憧れ魅力を感じるモデルさんや女優さんなどは常に多くの人の目にとまりそして憧れの存在になるためにこの体重をキープし続けています。モデルさんなどは努力の結晶が体型に現れていますね。

ウェストサイズは58cm!

152cmの女性のモデル型のウエストサイズは58㎝です。モデル体型の場合はウエストだけではなくバストやヒップや太もも、二の腕や足首などなど色々モデル体型を目指すには全てを絞る必要があるのでかなり至難の業ですね。

身長152cm女性への男性心理は?

152cm女性の男性ウケの良い体重は50.8㎏!



152cmの女性の男性ウケが良い体重は平均体重の50.8㎏です。それはやせ過ぎず太りすぎず丁度いい体重であり体型だからです。平均体重は男性ウケが一番良い体重なのです。

男性ウケの良い152cm女性は

男性ウケが良い152cmの女性は小柄ですがまず服装に困ることがないでしょう。なぜなら大きめな服でもワンピースにもなりますし常に可愛く魅せる事が出来るからです。背の高い男性などには確実にウケが良いこと間違いなしです。

身長152㎝理想の体型になるお手軽ダイエット7選

【身長152㎝理想の体型1】昆布茶ダイエット

あ

昆布茶と言えばお年寄りが飲むものだと思いますよね?ですが実は近頃昆布に含まれている成分で健康と美容効果がある事が注目されています。昆布特有のぬめりの元であるアルギニン酸という成分は食べ物から摂取したエネルギーを効率良く代謝を行ってくれるので太りにくい身体へと導いてくれます。

それだけでなく更に便秘解消ならびに大腸がん予防のために期待されているまさに一石二鳥のドリンクですね。なぜ昆布茶がダイエットに向いているのかは昆布の色素成分であるフコキサンチンという成分は脂肪燃焼を活性化させる効果があるからです。更に昆布には人には大切な栄養成分が豊富に含まれているのです。

【身長152㎝理想の体型2】フルーツ青汁ダイエット

このダイエットはかなり多くの制限がありますがそのルールを守れば一ヶ月で10㎏瘦せは夢じゃありません。事実芸能人の方々も多数愛用しています。ルールは夜19時以降は何も食べない!夜断食ダイエット、炭水化物抜きダイエット、レコーディングダイエット、無理のない程度の運動な下半身痩せ対策などのルールです

ルールは夜断食ダイエット即ち19時以降の食事もお菓子なども禁止。炭水化物抜きダイエットは名前の通り炭水化物を一切抜きます。レコーディングダイエットはその日に何を食べたかそのカロリーをノートに書くというダイエットです。出来るときに例え5分でも良いから少し体を動かしましょう。

【身長152㎝理想の体型3】炭水化物抜きダイエット

炭水化物はダイエットする人の史上最強の天敵ご飯です。でもダイエットするならば好きなお菓子も炭水化物は全て我慢しなければいけません。痩せるために我慢できないならばその変わりにお肉類を食べるべし!コンビニなどで売られているサラダチキンはオススメです。

ダイエット中はお肉類は避けがちでも、そもそもお肉類にはタンパク質が多く含まれているので基礎代謝や筋肉を落とさないためにもちゃんと食べるべきものです。そして夜19時以降はお菓子も食事も一切口にしない。夜19時から摂取してしまった食べ物などのカロリーは消費されにくく太る原因の一つです。

【身長152㎝理想の体型4】レコーディングダイエット

レコーディングダイエットは毎日の食事やカロリー、体重をノートに書きその日の自分を見つめ直して、翌日から身も心も引き締めるためのダイエットにとってはとても重要な事。毎日の日記感覚でちゃんと書かなければならないのがまた大変ですが。この頃はノートではなくてもレコーディングダイエット専用のアプリもあります。

レコーディングダイエットは毎日日記形式でしなければならないのでめんどくさがり屋な方やそういったサバサバされている方は長続きしないですがそういった方は食事のカロリーや体重を書く日記という考え方を変えてみてはいかがでしょうか?わかりやすく言えば毎日のアルバムだと思えば良いのではないでしょうか。

【身長152㎝理想の体型5】無理のない程度の運動

気が向いた時の少しの運動

気が向いた時や暇な時に少しの時間を運動に充てるだけ!気が向いたらするというのがとても重要な事。苦手な運動を我慢して長時間し続ける事は続かない原因の一つ。ならば気が向いた時に軽く体を動かすなどという考えで短時間でも良いのでやるべし!それがダイエットを長続きさせるコツ。

その様な気が向いた時にでもダイエットができるスマホアプリは存在します。その様なスマホアプリを上手く使いながら気が向いたら運動をするというその様な軽い気持ちや考えでダイエットに励みましょう。

【身長152㎝理想の体型6】寝る前の下半身痩せ対策

毎日の寝る前には必ず足のマッサージはするべし!マッサージ方法は色々あります。例えば足を揉んだり手をグーにして下から上にリンパを流したりはたまた足を雑巾絞りするようにしたりなど色々ありますが特に寝る前の足のマッサージは毎日やりましょう。それが下半身痩せの第一歩となっていきます。

これを一日でも怠ってしまえば下半身痩せが遠のいていくものですから毎日寝る前にやることを忘れずに思い出して少しづつやっていきましょう。そして少しづつ自信をつけていきましょう。そういった一つ一つを欠かさずにやっていけば必ずや見た目の変化が結果として現れます。

身長152㎝女子!男ウケする理想の体型は自分で作ろう

152㎝の女性の男ウケする理想の体型はあくまでもやせ過ぎず太り過ぎず尚且つより近くまで美容体重に持っていくかそしてその体重をキープしながら楽しくダイエット生活を送りながら自信をつけて毎日を楽しく送っていくかがポイントになります。自分を生かして自分らしくいるのが一番です。無理をしないで頑張りましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。