INDEX

感情表現とは?

自分の気持ちを相手に伝えること

感情表現

感情表現というキーワードをもとに、話を展開していきましょう。感情は人間が本来持っている特徴の一つであり、誰もが自由に表現することができるものです。ロボットにはないもので、人間独特の感覚と言えるでしょう。その感情表現が苦手だと感じる人も多く、上手く感情を出せない人もいます。

そういった感情表現が苦手な人は、どうすれば上手く表現できるようになるのか、その方法についてご紹介していきます。その前にまずは、感情表現の意味するところから整理しておきましょう。感情表現とは、簡単に言えば「自分の気持ちを相手に伝えること」であり、まさに喜怒哀楽を示すことに他なりません。

嬉しい時には嬉しいと、悲しい時には悲しいと、楽しい時には楽しいと、怒っている時には怒っているということを言葉や態度、表情で表現することであり、その行為自体があなたの気持ちを相手に伝えることになります。適切なタイミングで適切な感情を表現することは、人間にとって大切なことだと言えます。

感情表現が苦手な人の特徴とは?

感情表現が苦手な人の特徴①感情表現しない方が良いと考えている

感情表現

感情表現が苦手な人の特徴1つ目は、「感情表現しない方が良いと考えている」です。日本人の中には、感情表現が苦手な人も少なくありません。特に欧米などの感情表現豊かな人たちや、多少オーバーリアクション過ぎると思われるような方たちと比べても、日本人は感情表現に乏しいと考えることもできるでしょう。

子供のころは、気持ちの赴くままに感情表現をする人も多かったことでしょうが、大人になるにつれて、感情表現しない方が物事がスムーズに進むという感覚を得てしまう人も少なくありません。この感覚が強くなると、感情表現の仕方すら忘れてしまう可能性もあります。そういった人は、感情表現が苦手だと感じやすいでしょう。

感情表現が苦手な人の特徴②表情筋が固まっている

表情筋

感情表現が苦手な人の特徴2つ目は、「表情筋が固まっている」です。人間には表情筋と呼ばれる、喜怒哀楽を示す顔の筋肉がありますが、感情表現が苦手で普段からあまりしない人は、その筋肉が固まってしまい、ますます感情表現ができなくなってしまいます。

したがって、表情筋が固まってしまった人は、無理にでも笑ったり、顔の筋肉を動かしたりすることで、表情筋を柔らかくしていく必要があります。表情筋も筋肉の一種で、使ったりトレーニングしたりしていくことで、柔軟性も出てきます。まずは、普段から笑ったり喜んだりすることで、表情筋を積極的に使っていきましょう。

感情表現が苦手な人の特徴③口下手

感情表現が苦手な人の特徴|口下手

感情表現が苦手な人の特徴3つ目は、口下手です。自分の中で気持ちは動いているのですが、正確に伝えるには何と言葉にして良いか分からない、もしくは正確な言葉のチョイスが出来ず誤解を生むタイプは感情表現が苦手な人だと言えます。

心が動いていても、正確に伝えることが出来なければ誤解を生みトラブルに発展することもあります。口下手タイプで感情表現が上手く出来ないと自覚がある方は、まずは感情に関する語彙を身につけるようにしましょう。

感情表現が苦手な人の心理は?

感情表現が苦手な人の心理①どう思われるか怖い

感情表現が苦手な人の心理|言って良いか考える人

感情表現が苦手な人の心理1つ目は、「どう思われるか怖い」です。人は子供から大人になるにつれて、自分が感情表現をすることによって周りに影響が及ぶことを学んでいきます。時には人を感動させることのある感情表現ですが、逆に相手を傷つけてしまうことや自分の印象を下げてしまうこともあるのです。

過去に人を傷つけてしまったり、「そんなことで怒るなんて」と言ったように自分の感情を否定的に受け取られた経験から、感情表現をすることによって周りから「どう思われるか」気にするようになってしまう人もいるのです。

感情表現が苦手な人の心理②嫌われたくない

感情表現が苦手な人の心理|嫌われたくなくて言えない女性

感情表現が苦手な人の心理2つ目は、「嫌われたくない」です。人と関わる中で感情を表に出しすぎたことにより人を傷つけたり、人から嫌われたことがある人もいらっしゃるかと思います。そういった経験がある人は「感情表現をしなければ人と衝突せずに付き合っていける」と考えてしまいがちになります。

大きく感情表現をしなければ人と対立することはまずありません。そのため、人と対立しなければ嫌われることは無いと考えているようです。「自分さえ我慢すれば丸く収まるから」と感情表現を我慢してしまう人は「嫌われたくない」と言う気持ちが人一倍強い傾向にあるようです。

感情表現が苦手な人の心理③興味がない

感情表現が苦手な人の心理|興味がない人

感情表現が苦手な人の心理3つ目は、「興味がない」です。感情表現の得意・不得意に関わらず、興味がないことに対して心が大きく動くことは少ないですよね。関心が無ければ、反応が薄くなってしまって当然と言えば当然です。ある意味「興味がない」という感情表現を表に出しているとも言えます。

【行動】感情表現が苦手!感情を出す方法は?

【行動】感情表現が苦手!感情を出す方法①人を頼る

頼る

ここからは、具体的に感情表現を豊かにする方法についてご紹介していきます。感情表現が苦手な人が感情を出す方法1つ目は、行動面から「人を頼る」という方法です。ビジネスにおいても、プライベートにおいても、人と積極的に関わり、人を頼ることで、感情表現も豊かになっていきます。

何か物事をお願いする時の言い方や態度、実際に助けてもらった時の感謝の伝え方など、人を頼ることで、さまざまなコミュニケーション機会が設けられることになります。そういった場面で、いかに相手に対して自身の気持ちを伝えられるかということにフォーカスしていけば、自然と感情表現の仕方が身についていきます。

人を頼ったり、人に甘えたりすることは決して悪いことではなく、人間らしい生活を営んでいく上でも欠かせない手段と言えます。頼り上手になって、いろいろな局面を上手く乗り越えていくと同時に、感情表現も豊かにしていきましょう。

\ POINT /

人に頼ると、自身も頼られる

「お互い様」という言葉もあるように、自分が人に頼っている姿を見せることで、それ以降あなた自身も人から頼られるようになっていきます。人に頼らないと、コミュニケーションをとりにくい人だと思われて、あなた自身も頼られなくなってしまうので、積極的に人を頼ると良いでしょう。

【行動】感情表現が苦手!感情を出す方法②感謝の気持ちを伝える

感謝

感情表現が苦手な人が感情を出す方法2つ目は、「感謝の気持ちを伝える」を意識して行動することです。感謝の気持ちを伝えるというのは、口で言うのは簡単ですが、意外とできていない人も多く見受けられます。何か物を拾ってもらった時でも「ありがとう」ではなく、「すいません」などと口にしてしまう人も多いでしょう。

そういった謝罪の言葉ではなく、感謝の気持ちを表明することで、相手にも気持ち良く思ってももらい、あなた自身も徐々に感情を伝えることに抵抗感がなくなっていくというメリットがあります。「ありがとう」と伝えた時に、相手が喜ぶ姿を見る経験が大切です。その経験が、より一層感情豊かになっていくための礎となります。

【行動】感情表現が苦手!感情を出す方法③感情を素直に表現する

感情表現

感情表現が苦手な人が感情を出す方法3つ目は、「感情を素直に表現する」ことを意識して行動することです。最初にもご紹介したように、感情表現しない方が良いと考える人も少なくありません。時と場合によって使い分けることも必要ですが、基本的には嬉しい時には嬉しい、悲しい時には悲しいと素直に表現してみましょう。

そういった素直な感情表現が、あなたの人間性であり、相手もあなたのことを理解するのに役立ちます。いつも無表情で何を考えているのかわからない人は、不気味に見えてくるものです。そうではなく、自分自身が考えていることを素直に表現することで、相手にあなたの人間性を知ってもらうと良いでしょう。

【習慣】感情表現が苦手!感情を出す方法は?

【習慣】感情表現が苦手!感情を出す方法④とにかく笑う

笑う

ここからは、習慣面から感情表現を豊かにする方法についてご紹介していきます。感情表現が苦手な人が感情を出す方法4つ目は、「とにかく笑う」ということです。笑うことは固まった表情筋をほぐしてくれる効果もありますし、笑うことで幸せな気分になれることもあります。

何もない時に笑うことが難しいと感じる人は、何か少しでも面白いことや楽しいことがあった時には、笑うことを意識しておきましょう。意識しておかないと、実際にそういった場面が来ても笑えなくなってしまいます。笑おうと意識して笑い続けることで、それが習慣化されていきます。

そういった習慣が身についていけば、意識しなくても笑えるようになるので、感情表現が苦手な人も少しずつ感情表現が豊かになっていくでしょう。まずは意識から変えていくことで、感情を出す練習をしていきましょう。

【習慣】感情表現が苦手!感情を出す方法⑤毎日日記を書く

日記

感情表現が苦手な人が感情を出す方法5つ目は、毎日日記を書くことです。日記を書くことで、自分がどういう時にどういった感情を抱くのか整理することができます。「こういった場面では、嬉しい(悲しい)」などといったことを頭の中で整理していくことで、実際にそういった場面での対処法も身についていきます。

まずは日記を書くことで、頭の中のイメージを整理した状態で自身の感情について考えていくと、より効果的な感情表現をできるようになっていきます。

【習慣】感情表現が苦手!感情を出す方法⑥定期的に泣く

泣く

感情表現が苦手な人が感情を出す方法6つ目は、「定期的に泣くこと」です。泣くことで心が落ち着き、ストレス発散効果もあるので、とても有効的な方法と言えます。まずは泣きたいと思った時に、素直に泣いてみましょう。そうすることで、徐々に苦手だった感情表現の仕方が身についていきます。

反対に本当は泣きたいのに、それを我慢していると、だんだん感情表現が苦手になってしまいます。特に泣けることがないという人は、泣ける映画を見たり、音楽を聴いたり、本を読んだりして意識的に泣く時間を作りましょう。それを習慣化していくことで、より感情豊かな人間へと変わっていくことができるでしょう。

感情表現が苦手!感情を出す方法まとめ
  1. 人を頼る
  2. 感謝の気持ちを伝える
  3. 感情を素直に表現する
  4. とにかく笑う
  5. 毎日日記を書く
  6. 定期的に泣く

感情表現が苦手!練習方法や意識したい言葉は?

感情表現が苦手な人の練習方法|鏡の前で表情を作る

鏡

感情表現が苦手な人の練習方法や意識したい言葉についてご紹介していきます。感情表現が苦手な人が表現を豊かにするには、「鏡の前で表情を作る練習」をしてみましょう。鏡の前で自身の表情を確認しながら、表情筋を動かしていくと良いでしょう。

とにかく表情筋を柔らかくしていくことで、実際に感情表現をしたいと思った時にも、自然にその表情を出すことができます。そのためには、日頃から鏡の前で表情を作る練習を重ねておくことも、一つの方法です。

感情表現が苦手な人が意識したい言葉|ポジティブな言葉

ポジティブな言葉

感情表現が苦手な人が意識したい言葉としては、「ポジティブな言葉」を心に留めておくと良いでしょう。「嬉しい」「楽しい」「幸せ」「感動」「満足」などポジティブなことを意味する言葉は数多くあります。感情表現が苦手な人が、ネガティブな言葉を連想してしまうと、ますます暗くなってしまうので注意が必要です。

そうならないために、常にポジティブな言葉を意識して、それを口に出したり紙に書いたりすることで、そういった状況をイメージしていくと良いでしょう。実際にアウトプットすることで、そういった状況になりやすいという効果も期待できます。

感情表現が苦手でも感情を出す方法はある!

苦手な感情表現を豊かにする行動や練習方法、言葉などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。まずは実行できそうな感情を出す方法から取り組んでみることがおすすめです。感情表現はいくらでも上手にしていくことができるので、まずはあきらめることなくチャレンジしていきましょう。

感情表現を豊かにして、人間らしいふるまいをしていくことも大切ですが、一方で感情表現も度を過ぎると、かえって他人にとって迷惑になってしまうこともあります。そういった感情のバランスを、上手くコントロールしていくことも大切です。以下の記事も参考にしながら、さらに感情についての見識を深めていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。