喜怒哀楽といった感情表現が苦手いう人も多いのではないでしょうか。人間らしい感情を出すことは、悪いことではありません。そういった感情表現を上手にできるようになるための練習方法や言葉についてご紹介していきます。これを読んで、感情豊かな人生を送っていきましょう。

INDEX

  • 感情表現とは?
  • 感情表現が苦手な人の特徴とは?
  • 感情表現が苦手な人の心理は?
  • 【行動】感情表現が苦手!感情を出す方法は?
  • 【習慣】感情表現が苦手!感情を出す方法は?
  • 感情表現が苦手!練習方法や意識したい言葉は?
  • 感情表現が苦手でも感情を出す方法はある!

感情表現とは?

自分の気持ちを相手に伝えること

感情表現

感情表現というキーワードをもとに、話を展開していきましょう。感情は人間が本来持っている特徴の一つであり、誰もが自由に表現することができるものです。ロボットにはないもので、人間独特の感覚と言えるでしょう。その感情表現が苦手だと感じる人も多く、上手く感情を出せない人もいます。

そういった感情表現が苦手な人は、どうすれば上手く表現できるようになるのか、その方法についてご紹介していきます。その前にまずは、感情表現の意味するところから整理しておきましょう。感情表現とは、簡単に言えば「自分の気持ちを相手に伝えること」であり、まさに喜怒哀楽を示すことに他なりません。

嬉しい時には嬉しいと、悲しい時には悲しいと、楽しい時には楽しいと、怒っている時には怒っているということを言葉や態度、表情で表現することであり、その行為自体があなたの気持ちを相手に伝えることになります。適切なタイミングで適切な感情を表現することは、人間にとって大切なことだと言えます。

感情表現が苦手な人の特徴とは?

感情表現が苦手な人の特徴①感情表現しない方が良いと考えている

感情表現

感情表現が苦手な人の特徴1つ目は、「感情表現しない方が良いと考えている」です。日本人の中には、感情表現が苦手な人も少なくありません。特に欧米などの感情表現豊かな人たちや、多少オーバーリアクション過ぎると思われるような方たちと比べても、日本人は感情表現に乏しいと考えることもできるでしょう。

子供のころは、気持ちの赴くままに感情表現をする人も多かったことでしょうが、大人になるにつれて、感情表現しない方が物事がスムーズに進むという感覚を得てしまう人も少なくありません。この感覚が強くなると、感情表現の仕方すら忘れてしまう可能性もあります。そういった人は、感情表現が苦手だと感じやすいでしょう。

感情表現が苦手な人の特徴②表情筋が固まっている

表情筋

感情表現が苦手な人の特徴2つ目は、「表情筋が固まっている」です。人間には表情筋と呼ばれる、喜怒哀楽を示す顔の筋肉がありますが、感情表現が苦手で普段からあまりしない人は、その筋肉が固まってしまい、ますます感情表現ができなくなってしまいます。

したがって、表情筋が固まってしまった人は、無理にでも笑ったり、顔の筋肉を動かしたりすることで、表情筋を柔らかくしていく必要があります。表情筋も筋肉の一種で、使ったりトレーニングしたりしていくことで、柔軟性も出てきます。まずは、普段から笑ったり喜んだりすることで、表情筋を積極的に使っていきましょう。

感情表現が苦手な人の特徴③口下手

感情表現が苦手な人の特徴|口下手

感情表現が苦手な人の特徴3つ目は、口下手です。自分の中で気持ちは動いているのですが、正確に伝えるには何と言葉にして良いか分からない、もしくは正確な言葉のチョイスが出来ず誤解を生むタイプは感情表現が苦手な人だと言えます。

心が動いていても、正確に伝えることが出来なければ誤解を生みトラブルに発展することもあります。口下手タイプで感情表現が上手く出来ないと自覚がある方は、まずは感情に関する語彙を身につけるようにしましょう。

感情表現が苦手な人の心理は?

感情表現が苦手な人の心理①どう思われるか怖い

感情表現が苦手な人の心理|言って良いか考える人

感情表現が苦手な人の心理1つ目は、「どう思われるか怖い」です。人は子供から大人になるにつれて、自分が感情表現をすることによって周りに影響が及ぶことを学んでいきます。時には人を感動させることのある感情表現ですが、逆に相手を傷つけてしまうことや自分の印象を下げてしまうこともあるのです。

過去に人を傷つけてしまったり、「そんなことで怒るなんて」と言ったように自分の感情を否定的に受け取られた経験から、感情表現をすることによって周りから「どう思われるか」気にするようになってしまう人もいるのです。