INDEX

アルメニアはどんな国?

場所:アラブの紛争地の間にある国

地図

イラン、イラク、アフガニスタン、と聞くと紛争地というイメージがあるのではないでしょうか。黒海とカスピ海の周辺は、ヨーロッパ側からすればそこを押さえればロシア、アジアに攻め込むことができる足掛かりにできる場所であり、ロシア、トルコからすればヨーロッパ侵略への足掛かりにできる場所です。

日本で例えるなら本州と北海道が戦うと考えた場合の青函トンネルのような場所です。そのためアジア・ロシアサイドからヨーロッパへ攻め込むときにも、ヨーロッパがアジア・ロシアへ攻め込むときも攻める側は此処を落とそうとし守る側は此処で食い止めようとし、戦地になってきました。アルメニアはこの場所にある国です。

歴史:ジェノサイドを経験したとされる民族のひとつ

涙

紀元300年ごろにキリスト教国家を作りましたが、この国は滅び民族は離散しました。その後はアルメニア人としてのアイデンティティを失わないまま、ペルシャ、オスマン、モンゴル、トルコ、ロシアと、アラブの係争地を支配した帝国の中で祖国のない民族として暮らしてきました。

ユダヤ人と似た歴史を歩んで来た民族と言えます。第一次世界大戦中の混乱の中でイスタンブールにてアルメニア人であるということを理由にオスマン帝国(現トルコ)の手で数百万人規模の虐殺を受けたという主張がされています。

トルコ側は認めていません。この地を最後に支配した大国はソ連です。ソ連解体後、1991年にアルメニアはアルメニア共和国として独立しました。アルメニア共和国は近隣国と領土問題で近年まで戦争を行っていました。まだ政情は安定していません。

アルメニア人の特徴は?

他国の人からのイメージ:商売上手

商売

ユダヤ人が商売上手だと言われることが多いのは有名です。長い歴史の間、国を持たずによそ者として暮らしていくには、金を持つしかなかったからだ、と言われています。似通った歴史を持つアルメニア人も商売が上手なのが特徴です。

アルメニア人は「日本人が束になっても商売では華僑に適わない。その華僑が三人集まってもひとりのインド人に適わない。インド人が三人集まってもひとりのユダヤ人には適わない。そのユダヤ人が三人集まってもひとりのアルメニア人に適わない」と言われることがあるほど商売上手な人々です。

アルメニア人が大切にしていること:キリスト教

キリスト教

アルメニア人が10世紀に国が滅んでから1991年の独立に至るまで自分達を「アルメニア人」だと認識し続けていたのは、彼らがイスラム教国家の中で生きるキリスト教徒であったためです。現在のアルメニア共和国はキリスト教国家でもあります。

アルメニア人男女の恋愛事情は?

女性は海外で暮らす同胞のところへ嫁ぐことが多い

空港に居る女性

1000年以上に渡って国を持たずに世界各国に散らばって暮らして居た人々なので、アルメニア人は世界中で暮らして居ます。中国人をイメージすると分かりやすいです。世界中に華僑のチャイナタウンがあるのと同じように、世界中にアルメニア人のコミュニティーがあります。

アルメニア人は難解とされるアルメニア語を話すのですが、彼らはその言語で世界中に散らばった同胞と連絡を取り合っています。アルメニア人女性は海外で裕福に暮らしている同胞のところへ嫁ぐこともしばしばです。

男性は兵役を嫌い恋人を連れて海外へ移住する

空港

アルメニアは徴兵制です。若いアルメニア人男性は兵役を嫌って国外へ出てしまう事が多く、恋人がいる場合は恋人も国外へ一緒に連れていく事が多いです。アルメニア共和国は設立から十数年ですが、100万人弱が海外へ移住しています。国民の四分の一が移住した、日本で言えば3000万人が海外へ出たような状況です。

アルメニア人男性の性格は?

1.ナルシスト

ナルシスト

自分がいかに有能で素晴らしいかを億面なく口にする人が多いです。アルメニア人は素晴らしい民族だ。自分はアルメニア人だ。だから自分もすばらしい、というような思考を持っているのが特徴です。

アルメニア人は悲劇的な歴史を背負っている民族なのですが、アルメニア人男性にはそのことを日常から意識している人も多いです。「悲しい血の生まれなんだ。悲劇を背負って生きているんだ」などの言葉を口にすることもあります。日本人から見ると少しナルシストにも見えます。

2.社交的

社交的

アルメニア人は初対面の相手に怖気付いたり、大人数でのパーディーで恥ずかしがってもじもじしたりするような国民性ではありません。色々な国の人と接するのに慣れているため、付き合い方を気にする必要はあまりありません。

3.口喧嘩が強い

喧嘩

たとえ100%こちらに非はないとしても、アルメニア人が相手だといつの間にかこちらが悪いという事になっているかもしれません。論理的な思考も得意ですし、キリスト教徒は経典の民、契約の民と呼ばれています。契約をきちんと扱うことに長けています。

加えて、アルメニア人男性は喧嘩をためらわない性格です。声が大きくて顔が怖い人が多いのも特徴です。毛深くて彫が深く、マッチョで大柄です。敵に回さないような付き合い方をしましょう。

4.異文化コミュニケーションに慣れている

手

アルメニア人自身は男女ともにキリスト教を信仰しています。しかし、相手にそれを押し付けることはありません。彼らにとってキリスト教は選ばれた民を助けるものです。彼らはキリスト教を信じていない人は選ばれていない人だというだけのことだと考えます。無理に引き入れようとはしません。

しかし、それは友達付き合いまでの話です。恋愛、結婚となった場合はとつぜん掌を返したように改宗を求めます。結婚となったら改宗を求められるものだと、始めから覚悟しておくような付き合い方をした方がいいです。

5.スキンシップが多い

スキンシップ

アルメニア人男性は男性同士でも男女であってもハグやキスをします。男性同士が道端でキスしていたとしても恋人という訳ではないので不必要に驚かないようにしましょう。

また、ハグをして来たとしても挨拶だと考えるようにしましょう。しかし、付き合い方は難しくありません。彼らは異なる文化に寛容ですので、嫌な時は日本ではハグやキスの習慣が無い、というと理解してくれます。

アルメニア人女性の性格は?

1.古風な雰囲気

古風

アルメニア人は男性がエネルギッシュで社交的なのに反して、女性は大人しい性格の人が多いです。社交は男性に任せがちで、男性のうしろで黙っているタイプの人が多いのが特徴です。

2.エネルギッシュな人は海外へ出る

空港

旅行者には旧ソ連だった地域はインフラなどが資本主義国と比べてあまり良くないと言われています。水が出にくかったり、電気が点かない日があったり、湯が好きなように使えない場所は珍しくありません。

もっと良い暮らしをしたい、と考えた時アルメニア人女性は同胞を頼って海外へ出ます。アルメニア人女性にとって海外へ行くことは、日本人女性が海外へ出るよりもずっとハードルが低いです。

3.一途な人も海外へ出る

空港

アルメニア人男性は一年少しの兵役を課されています。一年ちょっとくらい頑張れよと思うかもしれませんが、アルメニアは設立十数年の間にアゼルバイジャンなどと戦争を繰り返しているので、若いアルメニア人も実際の戦争を目撃していますし、また戦争が起こる可能性も高いという状況です。

兵役を嫌って海外へ移住した男性を追って海外へ移住する女性も多いです。親類のつてもあり、また仕事ができる人が多いため、先進国でよい職業に就き収入が安定するということもしばしば。その場合は男女ともに、国へ帰らない事が多いです。

4.婚前の性交渉は禁じられている

だめ

アラブの国のように法律で取り締まられている訳ではありませんが、アルメニアには処女信仰があります。恋愛期間に性交渉をするのはアルメニアでは一般的ではありません。結婚するまで性交渉をしない男女がほとんどです。

5.「花嫁」として他国へ嫁ぐ

結婚

日本人には感覚が分かりにくいですが、世界中に散らばっているような民族は、自分の民族の血を絶やさないために自分の民族の女性を妻にしなくては、という性格があるのが特徴です。

他国で暮らして居るアルメニア人男性は妻を探すときにアルメニアへ足を運ぶことがあります。そうして妻を探しに来た男性と恋愛し花嫁としてその男性が暮らして居る国へ旅立っていく女性も多いですし、少女の頃からそういう人生プランを普通に持っている女性も多いです。

アルメニア人の生活は?

食事

食事

旧ソ連だったときの名残か、ロシア料理をよく食べます。ピロシキやシチューなどです。野菜をたっぷり使ったスープなどもよく作られます。酒はウォッカや甘いフルーツワインが好まれます。

経済

お金

石油が取れる地域が隣国アゼルバイジャンの国土となっているため、貧しいです。ソ連時代は豊かな地域でした。失業率は18%、月収は日本円で5000円程度です。農業とダイヤモンドの研磨が主たる産業です。

都市部であってもよく停電が起こったり水が出なくなったりするという状況が続いています。欠陥住宅も多いのでベランダの柵に凭れないように。危険です。停電し、信号機まで止まった状態でも車が走り続けるため、交通事故が多いです。

家族

家族

男性が主体になって物事を決めます。女性は男性の家に嫁ぎ、姑のやり方に従いながら家事を行います。海外に親類がいる一家が多いです。

アルメニア人との付き合い方

海外移住しているアルメニア人と付き合う

男性

海外に移住し、そこで生活しているアルメニア人は異なる文化の人との付き合いにも慣れています。自国流に「嫁」として家に入ってくれと言われたり、キリスト教への改宗を迫られる可能性は低いといえます。

アルメニア人の歴史や文化を受け入れる

カップル

アルメニア人は祖国から出て行きがちですが、自分たちのルーツを大切にしています。恋愛相手には自分のルーツを尊重して欲しいと考えるはずです。中東やトルコ、ロシアの歴史や文化は日本人にはなじみがありませんが、恋愛になったときは勉強したほうがいいかもしれません。

日本に来てもらう

恋愛し、結婚することになっなら、いっそ日本へ来てもらってもよいかもしれません。アルメニア人は海外移住に対する気負いがありませんし、働き者な性格です。相手の家族も「日本に親戚が一人いると便利かな」と快く受け入れてくれる可能性が高いです。

まとめ

特殊な歴史を持ち、世界でもっとも商売上手かもしれないアルメニア人の魅力を分かっていただけましたでしょうか。アルメニア人と恋愛することになったらぜひ参考にしてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。