Large thumb shutterstock 346814261

依存体質の原因や特徴7選!寂しがり屋の治し方や改善方法は?

更新:2020.07.15

依存体質な人の特徴や原因、改善方法についてまとめました。誰しも寂しいと感じて何かに依存してしまう人もいるでしょう。依存体質の治し方やチェック方法、恋愛においてメンヘラになってしまう可能性などを見ていきましょう。寂しがり屋を治してこれ以上依存しないために何ができるでしょうか。

依存体質とは何なのか

依存体質とは:メンヘラ気質

落ち込む

依存体質とは、読んで字のごとく「何かに依存しなければ生きていけないような人」のことを指しています。常に自分を認めてくれる人、自分の存在を許してくれるものに依存しがちになってしまいます。とても典型的なのが「メンヘラ」でしょう。メンヘラ体質の人もまた、誰かに依存していなければ平静を保てない人のことです。

依存体質の人の中に「メンヘラ気質な人」や寂しがり屋な人がいると考えていいでしょう。メンヘラなタイプの人は少々厄介な人が多いとも言われていて、中には自傷行為を繰り返してしまう人もいるようです。自傷行為によって、誰かが心配してくれると思っているのでしょう。

依存体質とは:誰かに必要とされていたい

恋人

依存体質の人と言うのは、自分自身を認められない傾向にあります。つまり、自分に自信がないのです。後ほど依存体質の特徴などでも述べますが、自分で自分を認められないので他人に必要とされていたいと感じてしまうのです。誰かが自分を必要としてくれていると、常に感じていたいのでしょう。

依存体質とは:承認欲求の表れ

恋人

誰かに自分を必要とされていたいと言うことはつまり、「承認欲求」がとても強いとも言われています。承認欲求とは、誰しもが多かれ少なかれ持っている欲求ですが、依存体質な人はその欲求がとても強いのです。自分自身のことを認められないので、他人からの「承認」が必要となるのでしょう。

依存体質の人の中には、恋愛に対して依存してしまう人がいます。とにかく恋愛をしていたいと「恋愛」に執着してしまうのです。そんな恋愛依存症の女性について、特徴・克服方法や原因など詳しく掘り下げられている以下の記事もおすすめですので、ぜひそちらもご参考にされてみてはいかがでしょうか。

依存体質の特徴7選!原因やチェックポイントは?

依存体質の特徴や原因のチェックポイント①寂しがり屋さん

泣く女性

依存体質な人の特徴について、原因やチェックする方法などについても詳しく見ていきましょう。まず依存体質の特徴として挙げられているのが「寂しがり屋さん」です。人間誰しも「寂しいと感じる瞬間」はありますよね。しかし、依存体質になりがちな人はこの寂しいと感じることが多い傾向にあるのです。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント②過去のトラウマ

喧嘩

依存体質になってしまう原因のチェックポイントとして「過去のトラウマ」も挙げられます。人に歴史ありとは言ったものですが、過去に家族から愛されていなかったり、何か恋愛でトラブルを起こしていたりと何かトラウマを抱えていると、依存体質になりやすいと言われているのです。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント③自分に自信がない

落ち込む

自分に自信がない人もまた、依存体質の特徴やチェック方法として挙げられています。自分のことが嫌いだったり、自分のやることや能力に一切自信がない人も依存体質になってしまう傾向にあるのです。自分で自分を認めてあげられないからこそ、誰かに依存することで自分を保とうとしてしまうのでしょう。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント④ネガティブな人

ネガティブ

依存体質の特徴や原因のチェックポイント四つ目は「ネガティブになりがちな人」です。ネガティブな人と言うのは、先ほども述べたように自分に自信がありません。常に悪い方へ、悪い方へと考えてしまう癖がついてしまっていますから、自分一人では自立して生活してけないのでしょう。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント⑤家庭環境が原因になる

家族

先ほど「依存体質の特徴や原因のチェックポイント②」で過去のトラウマが関わってくると述べましたが、それと同様に家庭環境がその人の人格にとても重要なものになってくると言われています。家族から十分愛情をもって育てられなかったり、あまり褒められた経験のない人ほど、自分を持っていないことがあるようです。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント⑥客観的にとらえられない

怒り

依存体質の特徴や原因のチェックポイント六つ目が「自分を客観視できない」です。主観的にしか考えられないために、自分の性格や特徴、長所や短所など理解することができません。自分のことを理解できないと言うことは、自分が依存しがちであることにも気づくことができないのです。

依存体質の特徴や原因のチェックポイント⑦感情に流されやすい

喧嘩

依存体質の特徴や原因のチェックポイント七つ目が、「感情に流されやすいタイプ」です。特に女性は「感情」を優先させられることが多いため、依存体質になりやすいとも言われています。話している時などに感情に重きを置くかどうかをチェックしてみるといいかもしれませんね。

恋愛で依存体質を改善するには?克服方法や治し方5選!

恋愛で依存症を改善する治し方①自分を褒める癖をつけること

お仕事女性

恋愛においては、依存体質になってしまうとかなり厄介であると言われています。どうしてかと言うと、依存体質に気づいた恋人がついていけなくなってしまったり、逆にそれを悪用して貢がせたりひどいことを、依存体質な人に行うこともあるのです。恋愛において依存体質の治し方を見ていきましょう。

まずおすすめなのが「自分を褒めてあげること」です。心から思っていなくても構いません。何か一つ自分のいいところを見つけて、できれば声に出して自分を褒めてあげましょう。一日一回でもいいですからこれを繰り返しましょう。徐々に自己肯定感が回復してくれるはずです。

恋愛で依存症を改善する治し方②不安なことを言葉にする

不安

恋愛において、自分が依存しているのではないか?と感じたときは、原因を探るべくどうして・何が不安になっているのかを考えてみてください。相手がいなければならない理由を言葉にしてみるのです。不安に思うこと、相手に依存してしまうことを明確にすることで自分を客観視できる手助けになるはずです。

恋愛で依存症を改善する治し方③嬉しかったことを確認する

恋人

恋愛で依存症を改善する治し方②で、依存してしまう原因や不安に思っていることなどを核にできたなら、次は相手と一緒にいて嬉しいと感じたこと、相手からしてもらったことなどを思い出して確認してみてください。依存体質の人は、「恋愛に執着」している可能性があります。恋愛のせいで盲目になっているかもしれません。

もしも相手が、あなたのことを愛してるのではなくあなたの「依存体質を利用している」のだったら、あなたにとって「嬉しい思い出」や「楽しかった思い出」は少ないかもしれません。気づいていなかっただけで、大切にされていなかった可能性も考えられるでしょう。

恋愛で依存症を改善する治し方④依存する相手は本当に必要かどうか

喧嘩

上記で嬉しかったことが確認できたなら、次は本当にその依存する相手は「必要なのか」を考えてみてください。依存する人は、客観視できていませんからまずは落ち着いて思い出を振り返り、本当に必要とされるべき相手なのか考えて、自分と向き合うのが大切な治し方です。

恋愛で依存症を改善する治し方⑤酷ければ専門のお医者様へ

薬

「依存症」と言うのはれっきとした病気、と認定されています。依存症の一つとして「ストーカー」が挙げられます。ストーカーも一つの病気である、と言われているのです。人に依存し自分を認めてもらおうとする気持ちが強すぎて犯罪に至ってしまうものです。

自分が依存してしまっている理由や原因がわからず、もうどうしたらいいのかわからなくなってしまうようであれば、専門のお医者様に見てもらうのも治し方や改善方法の一つです。

友達への依存体質を改善するには?克服方法や治し方5選!

友達への依存体質の治し方①依存しないために習慣的に日記をつける

ノート

日記はかなり有効な手段と言われています。文字にすることで改めて自分のことを振り返ることが可能なのです。さらに、形に残りますから何度でも見直すことができます。友達といて何を感じたのか、何をしてしまったのかを明確に示しましょう。

友達への依存体質の治し方②依存しないために寂しがり屋を客観視

パソコン

上記の方法で、自分の生活や自分のことを明確に書き出すことができるようになってきたなら、あとは自分自身を客観視してみましょう。初めのうちはなかなか客観視するのは難しいですから、日記を読み返すだけでも十分です。依存しないために寂しがり屋や依存性を客観視しましょう。

友達への依存体質の治し方③依存しないためにメールを見ない

スマホ

現代ではSNSやスマートフォンの普及により、さまざまな媒体から相手の動向を知ることが可能ですよね。しかしそれによって、自分に対する相手の気持ちや行動などを探ってしまいやすくなりました。これはある意味ではデメリットで、相手からのメールの返事がないにSNSは更新していると、目くじらを立ててしまいます。

現代ではSNSやスマートフォンの普及により、さまざまな媒体から相手の動向を知ることが可能ですよね。しかしそれによって、自分に対する相手の気持ちや行動などを探ってしまいやすくなりました。これはある意味ではデメリットで、相手からのメールの返事がないにSNSは更新していると、目くじらを立ててしまいます。

友達への依存体質の治し方④依存しないために返事をせかさない

スマホ

友達に対しても依存してしまう人は、常にともたちの動向を気にしていたりメールや電話をせかしてしまう傾向にあります。それは相手にとっても迷惑になりますし、思わぬトラブルに発展しかねませんので、あまりせかしたり変にたくさん連絡を入れるのは我慢しましょう。

友達への依存体質の治し方⑤依存しないために考えない時間を作る

趣味

考えない時間も必要です。友達への依存体質の治し方として有効なのが「別のことに夢中になる」です。少しでも考えない時間を作ることで、徐々にそこまで依存する必要があったのか?と思えるようになってきますよ。寂しがり屋になっている暇さえないくらい熱中できるといいでしょう。

誰かに依存された時の対処法は?

誰かに依存された時の対処法:外へ連れ出す

アウトドア

もしもあなたの大切な友達や恋人が「依存体質」だった場合、どう対処してあげたらいいのか、その方法についても見ていきましょう。改善する第一歩として、自分たち以外の人がいるような場所へ連れ出すのも有効です。ほかのことや楽しいことに目を向けられるようにしてあげましょう。

誰かに依存された時の対処法:認めてあげる

恋人

もしもあなたの大切な人が依存体質だったら、認めてあげるのも「改善方法の一つ」です。認めてしまったら余計に悪化するのでは?とも思われがちですが、本当の姿を認めてあげて、依存しなくても魅力的な人であると理解させるのが改善の第一歩となります。

依存していると感じたらまずは自分を自分で認めてあげましょう

救いの手

ここまで依存体質の特徴や治し方、原因など詳しく掘り下げてきましたが、いかがでしたでしょうか。誰にだってさみしい時や、誰かに自分を認めてもらいたい時だってあるでしょう。誰にでもある感情だと言うことは、誰しもが依存体質に陥る可能性があると言うことなのです。寂しがり屋はよくあることですから。

依存体質になりがちな人や寂しがり屋な人は、自分のことを自分が認めてあげられていないことが多く挙げられています。自己肯定感が低いため、誰かに認めてもらわないと耐えられないのです。改善のためにはまず、自分のことを自分が大切にしてあげなくてはならいのでしょう。

依存体質の人は、メンヘラになりやすい傾向にあります。ある意味では、依存体質が悪化していくことでメンヘラになってしまうとも言えますよね。では実際に、メンヘラと思われる女性にはどういった特徴があるのでしょうか?服装から髪型、性格や顔などさまざまな点から徹底的に掘り下げた以下の記事もおすすめですよ。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。