Large thumb shutterstock 274533299

女の敵は女だと感じた恐ろしい瞬間10選|女性の敵は女性になるのはなぜ?

更新:2020.02.14

皆さんは女の敵は女、という言葉を聞いたことがありますか?なぜ女の敵は女になってしまうのでしょうか、その理由に触れていきます。また女性の敵な女性となる恐ろしい出来事についてもまとめました。男性が絡むとめんどくさい敵女の実態とはどのようなものなのでしょうか。



女の敵は女になってしまうのはなぜ?

女性の敵は女性になってしまうのはなぜ:女性の恨みは女性に行くもの

嫉妬

良く「女の敵は女」という言葉を耳にするでしょう。では、なぜ女の敵は女になってしまうのでしょうか?理由となるのが「女性の恨みは女性に行く」傾向にあるからなのです。例えば、彼氏が浮気をしたとしてその彼氏を恨むのではなく相手の女性を恨むことの方が、女性は多いのです。

しかし男性はこの逆で、浮気をした恋人に対して恨みの感情を抱きます。なぜなのでしょうか。これは女性の男性との捉え方の違いが影響しているのです。女性はやはり共感を得やすいために、相手の女性の方に恨みが生きやすくなります。このように、同じ女性であるがゆえに感じてしまう嫉妬や恨みがたくさんあるのです。

女性の敵は女性になってしまうのはなぜ:異性よりも同性の方が共感できる

噂話

女の敵は女となってしまうのはなぜか、という問いに対しては「異性よりも同性に共感できる」からという理由があります。上記でも触れましたように女性は共感を重視する傾向にあり、女性同士だからこそ理解し合える感情も多くあるのです。結果、悪い感情も共感しやすくなります。

なぜか女性は集団の中で、良い感情よりも負の感情に影響されやすいと感じたことはありませんか?他人の悪口や嫉妬など、そういった感情に影響を受けやすいのです。もちろんいい感情にも共感を生みますが、それと同時に恨みや嫉妬心が生まれることが多いのです。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間10選

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間①フラれた恨みをぶつけられる

いじめ

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間として、まず一つ目に挙げられるのが「フラれた恨みをぶつけられる」というものです。女性の場合、男性からフラれたとしてその男性が好意を持っている女性のことを恨むようになってしまうのです。これもまた「なぜ?」と感じてしまいますよね。

恨まれた女性からしたら、相手の男性から好かれていることも知らないでしょうし、ましてや友達がその人にフラれたことなんて本人にとっては何にも関係のないことなのです。それなのに恨まれてしまったら、迷惑以外の何物でもありませんが、よくあるエピソードですよ。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間②生理痛への偏見


生理痛

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の二つ目は「生理痛への偏見」です。これは、女性にしかわからない痛みですから、女性同士なら理解し合えるのではないか?とも思われますが、実はそんなことはないのです。これは痛みがわかるからこその偏見に見舞われてしまい場合です。

生理痛といっても、それぞれ痛みには個性があります。つまり、軽い痛みで済んでいる人は重い生理痛の人の痛みを理解してあげられません。「生理痛で休むなんて大げさ」「私はそこまで辛くない、甘えている」と、生理痛を分かっているからこそ偏見を持っている人も少なくないのです。なぜかここは共感されません。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間③ここだけの秘密は秘密にならない

うわさ

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の三つ目は「ここだけの秘密は秘密にならない」というものです。女性の間でよく行われる「秘密の話」ですが、あなたにしか話していない・誰にも言わないでね、は通用しないのです。女性は感情を重視してしまうので、誰かに共感してもらいたい気持ちがかなり強いです。

よって面白い話や人の秘密を知ったからには、誰かに話して共感してもらいたいといった欲求の方が強くなります。結果的に秘密は秘密にはならず、クラスや周りの女性に言いふらされてしまっていた、なんてことも女性社会の中では珍しいことではないのです。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間④感情に訴えかける仕返し

怒りの女性

女性の敵は女性であると感じる瞬間となるのが、四つ目にご紹介する「感情に訴えかける仕返し」です。自分が何かいやだと感じることをされたりすると、周囲の人たちを巻き込むのです。一緒にいる友達に「共感してもらう」ことで、味方を増やそうとしてきます。

また味方となる女性たちも感情に訴えかけられたことによって「共感」を生み、その人が絶対であるように感じられるのです。たとえ、事実が間違っていたとしても感情に訴えられたらそちらの方を、優先してしまうので恨まれた側はとても不利となってしまいます。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑤男性を値踏みして別れさせようとする

別れ

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の五つ目は「男性を値踏みして別れさせようとする」ことです。何よりも女性社会で面倒に感じるのが、他人の彼氏を評価しようとする動きです。女性が少しでも彼氏の話を友達にすると評価してくるのです。そして別れさせようと悪いことばかりを言ってきます。


女性は共感する生き物でありながらも「他人の幸せを妬む」傾向にあります。これは相手が幸せを感じていると自分が損した気持ちになる、というものでわざと友達の彼氏を悪く言うことも日常茶飯事です。特に女性は気を付けなくてはならないのが、その評価をうのみにしてしまうことです。他人に流され別れることもあります。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑥かわいい子を目の敵にする

辛い女性

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の六つ目として挙げられるのが「かわいい子を目の敵にする」ことです。自分よりもかわいい子が目の前にいたら、当然のように目の敵にします。ただ見た目がかわいいだけなのに悪口を言いますし、嫌がらせ行為に出る人もいるくらいです。

かわいい・憧れるといった感情を抱くのではなく、かわいい女性が不利益になるように動こうとしてしまうのも女性の怖いところなのです。かわいい女性に近づけるようになろうと努力するのではなく、かわいい女性を蹴落とそうとしてしまいます。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑦わかるように悪口を言う

いじめ

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の七つ目は「わかるように悪口を言う」ことです。目の前に相手がいるのにもかかわらず、ひそひそ声であえて相手に聞こえるように悪口を言ってきます。決して直接行ってくるようなことはないのですが、わざと聞こえるようにして不快感を与えたいのです。

わざと聞こえるように悪口を言うことによって、相手は不快に思うでしょう。そしてこれも女性の特徴なのですが「自分を責めてしまう」ことが多いのです。自分が至らないから嫌われているのだ、と自分のことを責めて落ち込んでしまいます。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑧おすすめしておきながら似合わないと悪口

ファッション

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間として、八つ目にご紹介しますのが「おすすめしておきながら似合わないと悪口」を言うことです。ファッションや美容に強い人が他人に自分の知識をひけらかすことはよくあります。その中でも厄介なのがおすすめしておきながら、結局裏では似合わないよねと笑っていることです。

しまいにはその女性が進めてきたファッションなのにもかかわらず「調子に乗っている」「色気づいてぶりっこしている」など、妬みにも近い悪口を言うようになるのです。わざと似合わないようなものを進めてくることもよくありますし、自分が教えた癖にかわいくなっていく姿を気に入らないと思うこともしばしばです。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑨自然分娩でないと悪


妊娠

女性にとって幸福の一つである「妊娠」ですが、ここでも女性の敵な女性となることが良くあります。昨今では医療技術も進化しており、安全なお産のため様々な方法が用いられていますが女性の中には「自然分娩以外を悪」と捉える人もいるのです。

帝王切開や無痛分娩といったお産の人に対して「苦労をしていない」「赤ちゃんへの愛情が欠落している」など、嫌な言葉を投げかけてくる女性も珍しいことではないのです。

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間⑩平等であることを強要する

ファッション

女の敵は女と感じた恐ろしい瞬間の最後にご紹介しますのが「平等であることを強要する」ことです。仕事での成功や恋愛の成功など、とにかく自分たちから誰か一人でも秀でたものがいると、許せなくなってしまうのです。全員が共感し、全員が平等でなければ意味がないと嫌悪感さえ抱きます。

女性から敵認定される女性の特徴5選

女性から敵認定される女性の特徴①男性との関わりが上手

デート

女性から敵認定される女性の特徴の一つ目にまずご紹介するのが「男性との関わりが上手」な人です。仲間としても恋愛対象としても男性のとかかわりが上手な女性は当然ながら男性からモテます。そしてモテる女性は同じ女性から反感を買ってしまうのです。

女性から敵認定される女性の特徴②リーダー的敵女よりもかわいくて綺麗

キャリアウーマン

女性から敵認定される女性の特徴の二つ目となるのが「リーダー的敵女よりもかわいくて綺麗」です。これはもうただの嫉妬でありやっかみなのです。自分よりもかわいい女性が気に入らない女性は多く、何よりもその場のリーダー的な女性は自分よりも目立つ存在が気に入らないので敵認定されてしまうのです。

女性から敵認定される女性の特徴③行き過ぎているぶりっ子

かわいい

女性から敵認定される女性の特徴の三つ目は「行き過ぎているぶりっ子」です。行き過ぎているぶりっ子は女性にとってはすごく目につくのですが、男性はなかなか気づくことが出来ません。よって、ぶりっ子は男性からモテるのです。モテる女性は当然ながら、同じ女性の敵を作りやすくなってしまいます。

女性から敵認定される女性の特徴④女性としての美意識が高い女性

美容

女性から敵認定される女性の特徴の四つ目は「美意識の高い女性」です。美意識が女性としてとても高く、美しい女性もまた、女性から敵であると認識されやすいのです。あくまでも自分のためにやっている美容であっても、周囲の反感を買ってしまいやすいのが厄介なのです。

女性から敵認定される女性の特徴⑤態度の変動が激しい女性

デート

女性から敵認定される女性の特徴の最後にご紹介するのが「態度の変動が激しい女性」です。例えば、女友達の前ではそっけないのに男性の前では一変してぶりっ子になる、など明らかに態度が違っていると、敵女からは目の敵にされてしまうのです。嫌われてしまい人については、以下の「優しすぎる人」でも触れています。

共感できるからこそ女の敵な女になる

女子会

女性は感情に敏感であり、共感しあえる者同士だからこそ嫉妬心や恨みが女性に向きやすいため女の敵は女になってしまうのです。上手に向き合っていくことには、同じ女性であれば誰しもが苦労してきたでしょう。以下の記事では、大人しい女性の特徴についてまとめられています。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。