Large thumb shutterstock 462425596

着なくなった服を簡単リメイク!自分でできるリメイク方法13選!

更新:2019.06.21

着なくなった服や着られなくなった服を、自分で簡単にリメイクすることで二次活用への道が拓けていきます。捨てるにはもったいないと思う服を有効活用することで、服も活かしつつ、自分自身の満足も手に入れていきましょう。そんなリメイク法をご紹介していきます。

着なくなった服をリメイク

新しい使い道を見つける

424656016

着られなくなったなり、着なくなったりした服を皆さんはどうするでしょうか。ばっさりと捨てるという方もいるでしょうし、「思い出があってなかなか捨てれらない!」、「もったいなくて捨てられない!」という方もいるでしょう。

そういった何かしらの理由があって捨てられない服を、リメイクという形で新しい使い道ができれば、その願いを叶えることができます。捨てるのはもったいないけど、もう着ないという服があれば、リメイクという形で、新たな活路を見出してみてはいかがでしょうか。

なぜ服をリメイクする?

329901242

洋服をリメイクすることで、良いことが数多くあります。まず、捨てることが難しい思い出の洋服を、違った形で残して、再活用することができることです。何の思い出もなければ、あっさりと捨てられるはずですが、そうではないから残してあるのですよね。

そういった大切な洋服を別の形で再活用できれば、実用性もあって思い出からも消えないという、まさに一石二鳥となります。また、洋服を捨てるのではなく、リメイクすることで、環境にもお財布にも優しいというメリットがあります。

物があふれかえっている世の中だからこそ、一つの品を大切に長く使うことは素晴らしい価値のあることと言えます。お裁縫が得意な方もそうでない方も、簡単にリメイクする方法を紹介していきますので、是非、参考にしてください。

『Tシャツ』の簡単なリメイク

Tシャツをリメイクするポイント

124584727

ここからは、Tシャツのリメイク方法についてご紹介していきます。Tシャツのリメイクに関しては、そのまま使うリメイクもおすすめですが、Tシャツをはさみで切って編み糸にするのもおすすめです。単色でまとめても良いですし、Tシャツの色や柄に合わせていろいろ混ぜてみても可愛らしくなります。

Tシャツなので、毛糸よりも伸縮性があって、吸収力もあります。また、肌触りも良いのが、Tシャツで作る編み糸のポイントです。そこから、編み糸をいろいろなものへと変化させていくことで、リメイク品の完成となります。

特に、作るものが決まっていない場合は、一旦編み糸にしてとっておいて、アイデアが浮かんでから、その編み糸を利用するということもできます。

1.エコバッグにする

594031730

Tシャツを使って、エゴバッグを作ることができます。Tシャツを編み糸にしてから、丁寧に裁縫していくことで、簡単にバッグになります。地球にもお財布にも優しいあなただけのエコバッグを使って、ショッピングなどを楽しむのもおすすめです。

2.ワンピースへ

392293321

Tシャツからワンピースができたら素敵ですよね。これは意外と簡単で、Tシャツの袖部分を切って、スカートや布と組み合わせることで基本形は完成します。無地のワンピースでは物足りないと感じるようであれば、柄物のスカートや布と組み合わせると可愛いワンピースが出来上がります。

自分でリメイクしたワンピースを着てオシャレを楽しめたら、素敵ですね。そんな可能性も秘めているのが、Tシャツのリメイクです。

3.バッグやラグなどの小物に

222711091

Tシャツから、小さいバッグやラグなどの小物を作ることもできます。Tシャツをはさみで切って、太い糸状にすればバッグを編むことも可能です。編み編み感のあるバッグで可愛らしさを演出することもできます。

バッグと同様に、ラグにも簡単にリメイクすることができます。バッグの時と同様に、Tシャツを編み糸にしてから、丁寧に編んで作っていけば完成です。生活雑貨として何かと便利なラグを使って、室内空間を彩ってみてください。

ワイシャツから服などへリメイク

ワイシャツをリメイクするポイント

235146118

続いては、ワイシャツをリメイクする際のポイントをご紹介していきます。ワイシャツは、セーターなどのように伸び縮みちにくいので、裁断しやすいという特徴があります。裁断する時は、アイロンを当ててからまっすぐにした状態で行うのがおすすめです。

また、まっすぐに裁断するために、全てのボタンをかけた状態で切るのもポイントです。胸ポケットを使わない場合は、胸ポケットも外してしまいましょう。そうすることで、幅広くワイシャツの布地を利用することができます。

裁断したワイシャツは、用途によって使い分けることができます。袖部分を使って、小さな小物を作ることもできます。あるいは、子供用のリボンなどを作る際には、シャツの布地を活用することができます。ボタンは外してストックしておくことで、ニーズが出てきた際に活用すると良いでしょう。

4.ノースリーブへ

447674914

ワイシャツからノースリーブを作ることができます。ワイシャツをリメイクして、女性用ノースリーブにすることで、すっきりとした涼しげな感覚で着用することができます。

夏の暑い時期などには、ワイシャツからリメイクしたノースリーブがピッタリと言えるでしょう。ワイシャツの色によって、ノースリーブの色も変えることができるので、好みにあわせて何パターンか用意しておくのもおすすめです。

5.子供用ワンピースに

390216088

ワイシャツから、子供用ワンピースを作ることもできます。基本的にはワイシャツの形のまま全体的に子供サイズに合わせて小さくしていきます。その後、袖部分を裁断していき、肩のところをキュッと締まるようにしてあげれば完成です。

大人が着なくなったワイシャツを、子供用に再活用できれば、子供も喜び、お財布にも優しく、まさに一石二鳥のリメイク法と言えます。

6.チェニックやカットソーに

カットソ

ワイシャツから、チェニックやカットソーを作るというアイデアもあります。袖の部分と衿部分を大きく切って、ミシンで縫えば女性用の素敵な洋服に様変わりします。男性用のワイシャツなど、旦那さんや息子さんの着なくなったワイシャツを再活用するという点においても、画期的なアイデアと言えます。

ワイシャツの後ろ部分と袖を生かすことで、カットソーに変身させることもできます。ワイシャツの生地は薄手のものが多いので、カットソーにリメイクするのもおすすめです。

7.エコバッグに

"エコバッグ"

ワイシャツを裁断して、裁縫していくことで、エコバッグにリメイクすることもできます。ワイシャツのボタン部分を外さずに付けたままにしておくことで、ボタンも可愛らしい特徴となるバッグになります。

裁断面にゴムを通し、袖を内側から縫い合わせることで、バッグの中身を入れる部分は完成します。最後に余った布で持ち手をつければ、自分でできるシンプルなエコバッグの完成です。

自分でできる『ジーンズ』のリメイク

ジーンズをリメイクするポイント

522307024-1

続いては、ジーンズをリメイクする際のポイントについてご紹介していきます。ジーンズは、生地に厚みがあってとても強いので、小物などへのリメイクがおすすめです。その際にストレッチのきいたジーンズは伸びやすい傾向にあるので、物によっては向き不向きがあるということを頭に入れておきましょう。

ジーンズは、多くの箇所をリメイクに使える貴重な服と言えます。特にリメイクの際には、履き古して柔らかくなったジーンズが、加工しやすくておすすめです。ジーンズのお尻部分は、糸をほどくことで、平らになるので、布地として利用する際におすすめです。

また、ジーンズは生地が厚いという特徴があるので、家庭用ミシンなどを使う際には、ゆっくり縫うようにしましょう。生地が重なっている部分は手で回して縫うのがおすすめです。

8.ペンケースや小物入れに

"小物入れ

ジーンズからペンケースや小物入れを作ってみると、可愛らしくてオシャレなものができます。特に、ペンケースはジーンズや他の布と組み合わせて作ることで、オシャレなものになります。

あるいは、多少時間はかかりますが、裁縫が得意な方はジーンズから鏡の枠を作ることもできます。ジーンズ生地を切り取って、鏡の枠やそれを応用して、写真立てなどを作ることもできます。是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

9.クラッチバッグに

クラッチバッグ

ジーンズの腰部分を使うことで、オシャレなクラッチバッグにリメイクすることもできます。ジーンズのポケットをそのまま残しておくことで、バッグのポケットとしても使い勝手がよくなります。あなただけのオリジナルクラッチバッグ作りを楽しんでみましょう。

10.スカートや帽子に

106006154

ジーンズの定番のリメイク法と言えば、スカートへのリメイクです。ジーンズを切って、股の部分にジーンズ生地を付け足すだけで、簡単にスカートを作ることができます。自分自身が履いていたジーンズであれば、サイズ感も良く、オシャレなスカートとして再活用することができます。

また、多少手間はかかりますが、ジーンズから帽子へのリメイクも可能です。裁縫が得意な方や、これまでと一風変わったリメイク品を作りたいという方は、帽子へのリメイクにチャレンジしてみるのも良いでしょう。

カットソーのリメイク

カットソーをリメイクするポイント

カットソー

続いては、カットソーのリメイクについて見ていきましょう。カットソーのリメイクは、ミシンを使おうとすると、案外難しいという特徴があります。カットソーを縫うのにおすすめなのが、ロックミシンですが、家庭用ミシンしかないという方でもコツをつかめば、リメイクできるようになります。

最低限必要になってくるのが、「ニット用ミシン糸」と「ニット用ミシン針」となるので、こちらを準備しておきましょう。生地の裁断を行う際は、ジグザグ縫いなどをした後に裁断するようにすることで、端が丸まって困るということが少なくなるので、おすすめです。

生地を裁断する際は、ジグザグ縫いをした2ミリ外側がベストです。縫う際に生地の送りが難しいという方には、「テフロン押え」を使用するか、生地と押さえの間に「紙やすり」を挟むという方法もあります。

8.オシャレ度アップのカットソーへ

カットソー

カットソーから、また別のカットソーにリメイクするというアイデアがあります。一つのカットソーを着るのに飽きてしまったというケースや、着なくなったカットソーがあれば、それを再びリメイクすることで、新しいカットソーとして生まれ変わります。

例えば、シンプルなカットソーの袖口にレースなどを立体的につけることで、簡単にオシャレなカットソーを作ることができます。完成後のイメージを持ちながら、楽しんで作ると素敵なリメイク品に仕上がります。

9.スヌードに

スヌード

カットソーからスヌードへのリメイクもお手軽です。自分でリメイクする際に便利な服がカットソーの特徴ですが、スヌードへのリメイクは、基本的にカットソーを切っていくだけでできるので、簡単にリメイクさせられます。

洋服のアクセントに1本あるだけでも何かと便利なスヌードを、カットソーからリメイクする方法を覚えておけば、いつでもお手軽に増やしていくことができます。

10.バッグにも

478729402

カットソーからバッグを作ることもできます。カットソーを生地として、オシャレなバッグにリメイクしてみましょう。大好きな洋服がバッグになれば、喜んで使えるという人には、おすすめのリメイク法です。

子供服のリメイク

子供服をリメイクするポイント

557866771

最後にご紹介するのは、子供服をリメイクするポイントとリメイク品についてです。特に、子供服やベビー服は、子供の成長に伴ってすぐに着られなくなって、使い道に困ることも多いものです。そんな時に、子供服をリメイクできたら、便利ですよね。

例えば、子供が普段使うものや、ガーランドなどの飾りにして残しておくのもおすすめです。子供が好きな柄や模様でリメイクしてあげると、子供も喜んで大切に使ってくれます。他にも女の子であれば、お気に入りの子供服を使って、リボンを作ればヘアゴムをつけることで、可愛い髪ゴムにすることもできます。

男の子には、ゴムをつけて蝶ネクタイを作ってあげても良いでしょう。何個あっても困るものではないので、色違いなど、たくさん作ってみるのもおすすめです。子供服やベビー服は、生地が柔らかくて、着心地も良いものが多いので、自分でリメイクするにはおすすめの服と言えます。

11.バッグやぬいぐるみの洋服に

151639355

子供服から、バッグやぬいぐるみの洋服を作ってみるのはいかがでしょうか。子供服は小さいサイズが多いので、ミニバッグが欲しいという方にはおすすめのリメイクアイデアです。子供用の小さいバッグも簡単に作ることができるので、お気に入りの洋服がバッグになれば、お子さんも喜んで使ってくれるでしょう。

また、大好きなぬいぐるみの洋服に、着られなくなった子供服やベビー服を再活用するという方法もあります。子供のお気に入りのぬいぐるみの洋服にすれば、これまた、子供が大切に扱ってくれることは間違いないでしょう。

12.ワンピースやスカートに

414900352

子供用の服をワンピースやスカートにすれば、有効に再利用することができます。子供の成長は早いもので、すぐに買った衣服が着られなくなってしまうことも往々にしてあります。

そういった事態に備える意味でも、着られなくなった子供服をワンピースやスカートにしてあげれば、新しい服を購入しなくて済みますし、子供もお気に入りの服を着続けられるというメリットがあります。子供が好きな色や柄を集めて、お気に入りの一着に仕上げることができれば、再び愛着を持って着用してくれるでしょう。

13.子供用ポーチに

ポーチ

子供服やベビー服を、子供用ポーチにリメイクするのもおすすめです。特に、女の子はポーチやバッグを好む傾向があるので、お気に入りの洋服が着られなくなったら、それをポーチにすることで、また大切に使ってくれるでしょう。

服のリメイクに役立つアイテム

はぎれ

はぎれ

ここからは、服のリメイクに役立つアイテムをご紹介していきます。服だけでなく、ちょっとしたアイテムがあることで、リメイク品に花を添えることができるので、参考にしてください。

まず最初にご紹介するのが、はぎれです。比較的低価格で手に入るので、おすすめの品です。ちょっと布を足したい時などにも便利なのが、はぎれの特徴です。

レース

レース

続いてのお役立ちアイテムは、レースです。レースなどの飾りがあることで、もっと可愛くリメイクしたいなどという時に便利です。レースがあるのとないのとでは、仕上がり具合が変わってくるリメイク品も多いでしょう。

ボタン

ボタン

続いてのお役立ちアイテムは、ボタンです。可愛いボタンやオシャレなボタンをストックしておくことで、飾りとして使うだけでも、素敵なリメイク品を作ることができます。

パールやビジュー

続いてのお役立ちアイテムは、パールとビジューです。パールやビジューなどのキラキラとしたアイテムがあれば、シンプルな服でも、簡単に華やかさを付け加えることができます。簡素な服に、ちょっと華やかさを出したい時に、おすすめのアイテムです。

ワッペン

ワッペン

最後にご紹介するお役立ちアイテムは、ワッペンです。アイロンで簡単につけることができるのが、ワッペンの特徴です。ワッペンがあることで、リメイクにワンポイント添えることができるので、おすすめのアイテムです。

服のリメイクまとめ

着なくなった服や、着られなくなった服をそのまま捨ててしまうのは、何かともったいないと感じる方も多いでしょう。そういった時に、何かしらリメイクする術をもっていれば、大切な品を再活用することができます。

環境にも、お財布にも優しいリメイク法を覚えることで、物を大切に使い続けることの素晴らしさを味わってみてはいかがでしょうか。

愛着のある品を長く使い続けるのはとても素敵なことなので、形を変えてでも、愛用品を大切にする習慣を身につけていきましょう。リメイクして手をかけることで、ますます愛着がわき、あなただけの大切な宝物になります。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。