INDEX

気温25度の服装のポイントは?

気温25度では薄めの長袖か半袖で過ごせる

服装指数とは日本気象協会が設定したもので、絵や数値で服の目安がわかる便利なものです。気温25度は服装指数では80〜90に当たります。数値だけではよくわからないと思いますが、具体的には薄めの長袖か半袖で過ごせる快適な気温です。詳しくは関連記事を参考してください。

気温25度は暑くて耐えられない!という程暑くはなく、けれどまだエアコンが欲しいかも…と微妙な気温です。主に、初夏や夏の終わりから秋にかけての季節の変わり目によく目にする温度かと思います。

最低気温が25度の場合、時期によっては最高気温は30度を超えてきます。25度は過ごしやすい気温ではあるものの、日夜の高低差で体調を崩さない様に気をつけましょう。

Small thub shutterstock 589377596
関連記事 服装指数とは?気温に合わせた服装するための3つのポイント!

「服装指数」をご存知でしょうか。毎日毎日なにを着るか決めるのって面倒だ

紫外線対策をしっかりと

紫外線

近年、美白がとても重要視されており紫外線対策グッズも色々出てますよね。日焼けのデメリットは肌が黒く見えて可愛くない!ということではなく、癌(がん)になりやすくなったりシミが出来たりという部分にあります。

いつまでも素敵な女性で居る為にも、おしゃれと共に紫外線対策はしっかりしておきたいですよね。最近では飲む日焼け止めなども販売されているので、あなたにぴったりな日焼け止めをこちらの記事も参考に是非探してみて下さい!

冷えは女性の天敵

冷える

気温25度はどちらかといえば温かい気温ですが、露出をしているとどうしても身体は冷えやすくなってしまいます。元々女性の身体は冷えやすい上に冷えにとても弱いです。おしゃれの為に我慢も時には必要ですが、資本の身体を壊してしまっては意味がありません。

身体を冷やすと月経時にいつもより痛みが強く出てしまったり、むくみが酷くなってしまったりと良いことはありません。気温に合わせて調節できるように上手に小物を利用して身体を冷やさない様に気をつけましょう。

気温25度の服装:晴れの日のおすすめコーデ【秋】

気温25度の服装:レースコーデ

程良い肌見せは気温25度にはもってこいの服装です。夏真っ盛り!というわけではないので大胆な露出は控えた方が安心です。特にショッピングモールなどの屋内ではあまり肌を強調し過ぎると浮いてしまいます。そんな時はレース生地のトップスをコーデに取り入れてみましょう。露出し過ぎずかつ、涼しげな印象になります。

気温25度の服装:ワントーンコーデ

オールブラックやオールホワイトなどの一色コーデでほかの人との差をつけちゃいましょう!しかし一色コーデの恐ろしいところは選ぶ服を間違えると残念な見た目になってしまうということです。

何かと失敗しがちな一色コーデのポイントは丈感とサイズ感です。ダボっとした物よりは全体的にピタッと短めの物を選びましょう。

また、上下の服装と靴がチグハグにならない様に気を配るのも忘れないでください。ヒールでおしゃれをするのも良いですし、七分丈パンツに歩きやすいスニーカーを合わせると今どきおしゃれになっちゃいます!

気温25度の服装:カジュアルコーデ

ジェットコースターにウォータースライダー、バイキングなど乗り物を楽しみたい人は動きやすさ重視の服装がベストです。ダメージデニムにTシャツのカジュアルコーデにもうひと手間。Tシャツの裾を少し結んで丈を短くしちゃいましょう。

足元は動きやすさ重視でスニーカーかクッション性のあるフラットサンダル。小物にショッキングピンクや蛍光イエローなどを持ってくると服装全体のテンションがUPしておすすめです。

気温25度の服装:へそ出しコーデ

少し汗ばむ季節になると、思い浮かぶのはやはり海ですよね。せっかく海に来たなら思う存分満喫したいところです。七分丈のデニムに短めトップスでへそ出しコーデは季節感を体現出来る服装です。

日中はそのままでもOKですが、夜が近付くにつれ少し寒くなります。へそ出しコーデは可愛いですが、お腹を冷やして痛くなってしまってはせっかくの楽しい海も台無しになってしまいます。レース地などの羽織り物を一枚もっていくと身体が冷えた時にも大活躍するのでおすすめですよ。

気温25度の服装:デニムジャケットコーデ

まだ夏本番ではないこの気温は、ワンピースやシャツ一枚だけでは少し不安ですよね。そんな時はデニムジャケットをコーデに取り入れてみましょう。暑い時は腕を袖に通さずに肩にかけておいたり、少し柔らかい生地なら腰に巻いたりもできるので邪魔になりません。気温の変化が激しい日のお出かけも安心です。

気温25度の服装:晴れの日のおすすめコーデ【秋】

気温25度の服装:スリットスカートコーデ

さりげなく肌を見せたい時におすすめなのがスリットスカート。またハイウエストなものが多く脚長に見えるのに加えて、スリットにも脚長効果があるので、スタイルをよく見せたい時にオススメのアイテムです。

気温25度の服装:スウェット×スリットパンツ

このコーデはスリットパンツを取り入れています。足首をスリットによって程よく肌を見せていて、スリッポンで動きやすくラフな服装ですね。スリットが入っているアイテムはスカートだけではなく、パンツやミニスカートもあります。もちろんボトムスだけではなく、トップスにもスリットが入っているものもありますよ!

気温25度の服装:ショートパンツコーデ

太もも周りに少し余裕のあるショートパンツは足を長くキレイに見せてくれる効果があります。トップスはラインストーンのついたぴったり目のキャミソールで上に五分丈や七分丈の派手色カーディガンを羽織ると可愛いです。

足元はヒールだとより足長効果を得ることが出来ますが、海に行く時には不向きです。水に濡れても大丈夫なサンダルをはきましょう。最近だと厚底ビーチサンダルなどもあるので上手く活用できるとより良いですね。

ショートパンツを履いておけば膝ぐらいまでは海に浸かることもできちゃいます!ただし、海を出た後はしっかりと水分を拭きとらないと風が吹いた時に思ったよりも寒く感じてしまいます。簡単なタオルを一枚カバンに忍ばせておくように気をつけましょうね。

気温25度の服装:サロペットコーデ

脚を出すのは控えめに、動きやすさを重視にオーバーオールより軽めに着こなすなら、サロペットがおすすめです。インナーをTシャツにすればカジュアルに、レースのブラウスにすればフェミニンなファッションが楽しめたりと、気温によってアレンジがしやすいアイテムで、ヘビロテもできちゃいます!

気温25度の服装:ストライプシャツ×ショートパンツサロペット

ショートパンツのデザインなら、元気いっぱいな印象のコーデになります。でも子供っぽくなりたくない!そんな時は柄の入った暗めのシャツを合わせてみましょう。子供っぽさが柄シャツによって抑えられ、元気なイメージはそのままにおしゃれに着こなすことができます。

このようにサロペットにはパンツタイプのもの以外にも、スカートやショートパンツなど様々なシルエットがあり、生地の種類やデザインが豊富で、高校生から大人の女性まで幅広い年齢の方々が着こなせるアイテムです。

気温25度の服装:くもりの日のおすすめコーデ

気温25度の服装:オーバーサイズでゆったりコーデ

くもりの日こそ紫外線も少なく、お出かけしやすい天気です。25度とはいえ陽の光が無いぶん肌寒く感じやすいですから、肌の露出は控えめにショッピングで動き回っても疲れない服装にしましょう。そんな時はオーバーサイズのゆったりした服がおすすめです。

この服装なら、厚着をして窮屈な思いをすることもなく、薄着で寒い思いをすることもなく快適にくもりの日をエンジョイできますよ。

気温25度の服装:ワイドデニムコーデ

オーバーサイズコーデのように全体のシルエットをダボっとさせずに、メリハリをつけた服装にしたい!そんな時はワイドパンツをコーデに取り入れてみましょう。体型をカバーできますし、ウエストを強調するので脚長効果が得られます。

さらに足元がゆったりとしているので、散歩やショッピングなどに出かけても脚が窮屈に感じにくいですし、熱がこもることもないので快適に過ごせますよ。

気温25度の服装:シンプルワンピースコーデ

たまにはワンピースも!シンプルなワンピースをメインにコーデしてみましょう。ワンピースだけを着てももちろんおしゃれなのですが、寒さ対策としてガウンを羽織るとこなれ感が出て、ますますオシャレになります。

サンダルで脚を出すのも良いのですが、雨の日の気温25度は寒く感じることが多いです。脚が冷えやすい方や、動きやすさを重視したいという方は、アンクル丈のお気に入りの靴下に、動きやすいスニーカーやスリッポンなどを合わせてみると動きやすい服装になります。

気温25度の服装:雨の日のおすすめコーデ

気温25度の服装:ストライプパンツコーデ

雨の日のコーデって結構悩みますよね。雨の日の気温25度は気温は高くても、雨に濡れたりすることで体感気温が2、3度下がってしまうため、なるべく寒さ対策として長めのパンツをお勧めします。

シンプルな服装にしたい時、トップスもボトムスも無地だと何か物足りないと感じる時ありませんか?外は25度といっても雨が降っているし、スカートやショートパンツよりパンツが履きたい。ストライプパンツをコーデに取り入れてみましょう。

ストライプパンツは脚を細く見せてくれる効果があり、コーデのアクセントにもなってくれる便利なアイテムです。ストライプパンツの線の細さや色の種類も豊富で、カジュアル着こなし方だけでなく、いろんなファッションにも取り入れることができます。もっとコーデをみてみたいという方は下記の記事をご参照ください。

Small thub shutterstock 424656022
関連記事 夏に着たい!ストライプパンツコーデ25選!

最近のレディースのパンツで、ストライプパンツは夏のコーデに必須アイテム

気温25度の服装:レインブーツコーデ

雨の日に25度と気温が高めでも、サンダルでは歩きたくありませんよね。また雨の日は靴下に水が染み込んで脚が冷えてしまうことも。でもレインブーツなら雨の日も気にせず外出できます。

最近は長靴のようなレインブーツだけでなく、ショートブーツやスニーカーのデザインのレインブーツなど、種類がどんどん増えてきています。またレインブーツは雨の日限定の靴です。レインブーツがあれば雨の日の外出が楽しみになるかもしれませんね。

気温25度の服装:ロングカーディガンコーデ



気温25度と聞いてコートやジャンパーを着ようと思う人はあまりいないでしょう。いくら雨の日とはいえ、厚手のアウターは着たくありませんよね。そんな時に役に立つのがロングカーディガン。ロングカーディガンは気軽に羽織れるアウターとして便利なアイテムです。

気温25度の服装:ロングカーディガン×サッシュベルトコーデ

シルエットにメリハリをつけたい方は、サッシュベルトなどでウエストを締めてあげるとこなれ感が出て、ただ羽織るだけよりもロングカーディガンをおしゃれに着こなすことができますよ。

ロングカーディガンとトップスを一緒にサッシュベルトで巻いてもいいですし、中に着ているトップスやワンピースだけを巻くだけでもラフになりすぎず、丁度よく全体をまとめることが出来ます。またサッシュベルトは生地や色、デザインが豊富なので、コーデのアクセントにもなりますよ!

シチュエーション別:気温25度の日おすすめコーデ

ショッピングの場合:らくゆるコーデ

せっかく買い物にきたのに足が痛かったり服が苦しかったりすると全力で楽しめないですよね。近年流行りのオールインワンにウェッジサンダルを履けばそんな心配とはおさらば出来ます!

また、カバンは手持ちタイプよりは肩掛けやリュックサックなど手がふさがらない物を選ぶと良いでしょう。外が25度でも店内は冷房が効いており寒いことがあるのでライトアウターなどで対策をしておくことをおすすめします。

スポーツの場合:キュロットパンツコーデ

動きやすさを重視しつつ可愛いコーデにするなら、キュロットパンツをコーデに取り入れてみましょう。ホワイトやパステルピンクなどのトップスにモスグリーンやネイビーなどのキュロットを選ぶと女性らしさがUPしちゃいます。足元はスニーカーでもOKですし、ビジューのついたフラットパンプスも合いますよ。

キュロットの形にも様々な物があるので、自分の体型にあわせてボリューム感やフィット感を選ぶ様に心がけましょう。お尻が大きい人はボリュームがある物よりはフィット感があるものを選ぶとスタイルアップしちゃいます!

BBQの場合:ナチュラルコーデ

家族など気心しれた人達とのBBQはいつも通りナチュラルに行きましょう。変に気合を入れ過ぎても引かれてしまいます。動きやすさと楽さを重視したデニムに風通しの良いブラウスなどでゆるかわナチュラルコーデの完成です。

気温25度と言ってもBBQの時は火を使用するので少し暑く感じます。肌を露出し過ぎると火傷や虫さされの恐れが出てくるので、半そでから七分丈で選ぶのが無難です。体内の熱を逃せる様に、風通しのよい服装を心がけると良いでしょう。

夜のテーマパークの場合:ゆったりめワイドパンツコーデ

テーマパークといえばパレードは見逃せないですよね!最低気温25度であれば日中は暑いくらいですが、閉園間近のナイトパレードでは少し寒く感じます。特に海沿いのテーマパークでは潮風が吹く為、体感では25度よりも低く感じてしまいます。

襟付きのカジュアルシャツをワイドパンツにインして寒さ対策&待ち時間対策をしましょう。パレードを良い席で見ようと思うと待ち時間は絶対出てきますよね。ゆったりと過ごせる様にボトムスはお腹周りがゴム製のワイドパンツをチョイスするのがおすすめです!

最高気温25度&最低気温25度の日のおすすめコーデ

最高気温25度の服装:ラフスタイルコーデ

カーゴパンツにラフにTシャツで簡単カジュアルコーデが出来上がります。髪の毛が長い人はポニーテールなどアップにし、短い人もジェルなどでオールバックにして固めるとオシャレ度が増します。

手首や足首にゴールドのアクセサリーを付けるとより女度がUPします。また、Tシャツ一枚だと気温25度の服装としてはやや寒さを感じることもあります。大判ストールを用意しておくと羽織ったり、首に巻いたりと温度調整がしやすくなるのでおすすめです。

夏終りから秋であれば、チェックシャツなどの柄シャツをトップスにもってきてもOKです。シャツは着まわし力がとても高く優秀なので、色味違いで2,3枚あると様々な服装が楽しめますよ。最高気温25度なら、最低気温は17度ぐらいでしょうか。平均気温17度の記事も参考にコーデしてみてください。

Small thub shutterstock 579971776
関連記事 気温17度の服装23選!天気別レディース秋服は?最高・最低気温のコーデも

気温17度は5月、10月と季節が変わる時期に多いです。寒いような暑いよ

最高気温25度の服装:シンプルシャツコーデ

何を着るか迷ったら、とりあえずシンプルなシャツを着てみてください。デニムのパンツと合わせて、シンプルなカジュアルコーデにしてみたり、フレアスカートと合わせて女性らしいフェミニンなコーデにしてみたりと、色んなコーデが楽しめます。シンプルな分、アクセサリーを少し多めに身に付けてみるのも良いですよ。

最低気温25度の服装:マキシワンピコーデ

外で食べるお肉や海鮮って本当に美味しいですよね!パクパク食べて気付いたらお腹がパンパン!ズボンのボタンがしまらない!なんてことになっては大変です。

マキシワンピは全体的にゆったりしているのでどれだけ食べても苦しくなりにくいです。また、柄物が多いので膨らんだお腹を隠す効果もあります。今日は食べるの専門!と決めてる日はマキシワンピで参加もいいですよね。

最低気温が25度だと、最高気温は30度ぐらいでしょうか。気温はかなり高めで、7月初めから8月ごろの気温ですよね。マキシ丈のアイテムはこの時期にもコーデに取り入れられそうです。下記の記事をご参照ください!夏から秋にかけてのマキシ丈のスカートを取り入れたコーデを紹介しています。

Small thub shutterstock 414900352
関連記事 ロングスカート&コート・アウターコーデ16選!マキシスカート/ニットワンピ

ロングスカートとコート(アウター)のコーデは、ゆるっとしたシルエットが

最低気温25度の服装:元気いっぱいカジュアルコーデ

最低気温が25度なら、その日の最高気温は30度以上になることが多いでしょう。そんな気温の上がる日は色んなところに出かけたくなりますよね。そんな時はオーバーオールをコーデに取り入れて、動きやすくカジュアルな服装にしましょう。

デニムのオーバーオールに中はロゴTシャツを着れば、元気いっぱいの動きやすいカジュアルな服装が完成します。熱中症対策にキャップなどの帽子をかぶるとより良いですね。また、チェックシャツを腰に巻いて寒くなった時に羽織れる様にしておくと便利ですよ。

気温25度の服装:おすすめアイテムは?

気温25度の服装:おすすめのトップスは明るめのシンプルシャツ

外に出てすぐは涼しかったけど、動いていたら暑くなってきた、そんな経験ありませんか?気温25度のコーデって難しいですよね。そんな時、少し着崩してみたり脱いだりできるのがシャツの良いところ。上着で荷物を増やしたくない方にオススメのアイテムです。

中に合わせるインナーは、キャミソールやタンクトップ、またはプリントの入ったTシャツなどどんな服装にも似合うシャツ。もちろんシャツはインナーとしても着れますし、たくさん持っていて損はないアイテムです。

気温25度の服装:おすすめのボトムスはアンクル丈・クロップド丈パンツ

気温も25度あたりまで暑くなると、大胆に肌を見せたくなりますよね。でも、脚に自信がない、若い子みたいに堂々と脚を出せないなんて方におすすめなのが、足首の出るアンクル丈やクロップド丈のパンツ。足首を出していないより、出している方が涼しげがありますし、着ている服全体の印象が一気にヘルシーになります。

アンクル丈やクロップド丈パンツって他にどんなのがあるの?もっとコーデが見てみたい!気になる方は下記の姉妹記事をご参照ください。

Small thub shutterstock 577841326
関連記事 レディースアンクルパンツコーデ!春夏クロップドパンツコーデ38選

春夏のパンツスタイルといったら、アンクルパンツ。涼しげな丈の短いパンツ

Small thub shutterstock 249095608
関連記事 季節別レディースコーデ厳選11選!クロップドパンツでおしゃれを極める!

おしゃれなブロガーやモデル、セレブが必ずと言っていいほど着こなしている

気温25度の服装:おすすめのアウターはリネンのシャツ

そもそもリネンという生地は、亜麻の茎を原料とした繊維で作られています。特徴として、熱伝導性が良く、寒い時は体温で温まった熱を閉じ込めて体をちょうど良く温めてくれますし、暑い時はこもった熱を逃して涼しくしてくれます。気温が変わりやすいこの時期のコーデにぴったりなアイテムです。

またリネンは軽いですし、しっかりとした繊維で作られているため、何回使って洗っても長持ちします。さらに、洗えば洗うほど柔らかくなるので、素肌に触れた時も心地の良い感触で、とてもストレスフリーな生地です。

そんな便利なリネンのシャツ。もっとコーデを見てみたい!ほかの季節でもリネンのシャツを着こなしたい!そんな方は下記の記事をご参照ください。

Small thub shutterstock 431806729
関連記事 【季節別】レディースリネンシャツで上手に着こなし!厳選コーデ20選

軽くて着心地の良いリネンシャツ。レディースはカラーもタイプも様々。でも

気温25度の服装:おすすめのインナーはロングTシャツ

気温25度と聞くとなんとなく暖かいイメージを持ちますが、一日の気温は時間や場所によって大幅に変わるもの。太陽に当たれば暖かいけど、風が冷たい!半袖だと寒いけど長袖になると暑いし、かといって上着を持ってお出かけしたくない!そんな時はロングTシャツがおすすめです。

暑いなと思ったら袖を捲れますし、逆に少し肌寒いなと思ったら袖をおろせるため、体温調節をしやすいのがおすすめです。シルエットの種類も豊富で、オーバーサイズでゆったり着こなすのもあり、ぴったりなサイズで綺麗めカジュアルな着こなしもできるヘビロテしやすいアイテムです。

気温25度の服装:おすすめの靴・足元はスポーツサンダル

せっかく大好きな人とショッピングに来たのに、ヒールで足が痛くて歩けない!でもスニーカーじゃなくてサンダルが履きたい!そんなわがままをスポーツサンダルが解決してくれます。

素足のままサンダルを履くのも良いですし、少し肌寒い時は靴下でスポーツサンダルを履いてもおしゃれです。ヒールの入ったものや、厚底のものなど種類が豊富で、しかもカジュアルやストリートだけでなく色んなファッションに合うため、一足は持っておいた方が良いアイテムです。

気温25度の服装:肌の露出が多いアイテムはNG

夏

暑いと大胆に肌見せをしたくなる時もありますよね。しかし、いくら過ごしやすいからといって下手な出し方をしてしまうと下品にみえてしまうので要注意です。では程良い肌見せってなんでしょうか。

胸の谷間をがっつり強調した服装はどちらかといえば下品に思われがちです。肌見せをするなら女性らしさがあるくびれ、首・手首・足首の3首を出すことがヘルシーの秘訣です。

また、ゆるゆるな服装よりはピタっとした服装の方が身体のラインがキレイに見えてより女性らしさをアピールすることが出来ます。露出はほどほどにイイ女っぷりを見せつけちゃいましょう!

気温25度の服装を知っておしゃれを楽しもう!

いかがでしたか?気温25度のコーデは、気温が極端に高かったり低かったりするわけではないので、一番どんな服装にしたらいいのか悩む気温ですよね。同じ25度という気温でも梅雨明けだったり秋の始めだったり、さらには天気でも体感温度が全く違ってきます。

また初夏や秋は外出するイベントが沢山あります。楽しいイベントの時は服装に気合を入れてより楽しみたいですよね!今回紹介したコーディネートの中でトップスとボトムスを入れ替えて着ることも出来るので、色々な服装の変化を楽しんじゃいましょう!

Small thub shutterstock 561679030
関連記事 気温24度の服装24選!天気別レディース秋服は?最高・最低気温のコーデも

気温が24度の日の服装で悩んでいる方必見!24度の日に最適なコーデのポ

Small thub shutterstock 510916726
関連記事 気温26度の服装24選!天気別レディース春夏服は?最高・最低気温のコーデも

気温26度の日はどのような服装でお出かけしますか?夏日だから半袖でも大

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。