INDEX

ディープキスが好きな男性の心理・理由とは?

キスしそうな男女

彼氏から急にディープキスされて驚いた経験ありませんか?女性からディープキスってあまりしませんが、男性は好きな人が多いですよね。とある調査では、ディープキスが好きな男性の割合が約7割いたという結果も出ているほど。なぜ好きなのか、その理由を探ってみると女性とは違うディープキスについての感覚がありました。

ディープキスが好きな男性心理①興奮する

キスしそうな男女

ディープキスが好きな男性心理1つ目は「性的に興奮するから!」といかにも男らしい理由ですよね。多くの男性はこの興奮を味わいたくてディープキスをするようです。なまめかしい女性の舌を感じることで、エロティックな気分になってしまうようです。

ディープキスが好きな男性心理②セックスを連想させる

連想

ディープキスが好きな男性心理2つ目は「セックスを連想させる」です。自分の舌を彼女の口の中に入れ込むことで、セックス中の挿入時に似た感覚を覚えるという男性もいます。セックスを連想させるので性的に興奮してしまうんですね。

ディープキスが好きな男性心理③征服欲が満たされる

男性

ディープキスが好きな男性心理3つ目は「征服欲が満たされる」です。舌を入れ込んで彼女を悶えさせる感覚は、男性の征服欲を満たす行為でもあります。ディープキスすると女性も興奮はしますが、男性に求められている状況に心を熱くするので感覚が違うことがわかりますね。

ディープキスが好きな男性心理④遺伝子的に彼女に惹かれている

惹かれる

ディープキスが好きな男性心理4つ目は「遺伝子的に彼女に惹かれている」です。キスしていて心地いいのは遺伝子の相性がいい証拠です。相性が悪いカップルだと相手の唾液に不快感を覚えるそうです。頻繁にディープキスをしてくる彼氏が、もし気持ちよさそうにしているなら遺伝子レベルでパートナーにぞっこんという事です。

またディープキスは深い愛情の証拠でもあり、本当に好きな女性が相手じゃないとなかなかしません。生物学的なバックグラウンドも関係していて、深いキスをするとお互いの唾液が口内で混じりあいますよね。その唾液を感じ取ることで「この女性は自分と遺伝子的に相性がいいのかな?」と無意識のうちに探っているんです。

ディープキスが好きな男性心理⑤いちゃいちゃ感が味わえる

ベッドでキスする男女

ディープキスが好きな理由のもう一つに、いちゃいちゃしている気分を全身で味わえるということがあります。ラブラブしている雰囲気に気持ちが高ぶる、という男性の声がよく聞かれるんです。女性はディープキスしている舌の感覚に集中しますが、男性はそんな感じている彼女といちゃいちゃしている空間に満足しているんです。

ディープキスが好きな男性心理⑥自然に密着できる

密着

ディープキスが好きな男性心理6つ目は「自然に密着できる」です。ディープキスしながらだと自然に彼女の体と触れ合ったり、いちゃいちゃできて嬉しい!という男性は多いです。ディープキスでとろけている彼女と寄り添いながら体に密着したいという心理があるのです。

Small thumb shutterstock 567805189
関連記事 キスが好き(多い)男性・彼氏の心理9選!ディープキス/唾液/舌入れ

男性はキスやハグのようなスキンシップよりエッチが好きだとよく言われます

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴は?

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴①自信家

自信

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴1つ目は「自信家」です。性格はそのままキスに表れます。いきなり激しいキスが出来るのは自分に自信があるからです。自分のキスのテクニックに自信がある、相手に拒まれない自信がある男性じゃないと、いきなりディープキスなんて出来ません。

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴②自分大好き

自分大好き

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴2つ目は「自分大好き」です。自信がある男性は大抵自分のことが大好きです。相手の気持ちを考えるよりもまず自分の欲求優先させます。自分の本能に忠実なので、いきなりディープキスが出来てしまうのです。

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴③目立ちたがり

目立ちたがり

いきなりディープキスする彼氏の性格3つ目は「立ちたがり」です。自信があって自分大好きな男性は大抵目立ちたがりですよね。目立ちたがりな男性にとって、じっくり時間をかけて相手の気持ちを探りながら行うキスは「地味だ!」と感じるのです。目立ちたがりの男性は燃えるような情熱的なキス、激しいキスが好きなのです。

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴④天才肌タイプ

天才肌

いきなりディープキスする彼氏の性格・特徴4つ目は「天才肌タイプ」です。ここまで紹介した性格・特徴から分かるように、いきなりディープキスをする男性は、相手の気持ちを考える「思いやりタイプ」とは真逆の「天才肌タイプ」なのです。職場や学校で、バリバリのリーダーシップを発揮している男性がこのタイプです。

彼がディープキスばかりしてくる時の対応は?

彼がディープキスばかりしてくるのが嫌な時はちゃんと伝えよう

嫌な気持ち

大好きな彼でもディープキスばかりしてくと嫌な印象を持つ場合もありますよね。そんな時は相手にちゃんと気持ちを伝えましょう。実際、気持ち悪いと感じる人や身体目当てなのかと疑ってしまったり、独りよがりな印象を持ってしまったりと、嫌な気持ちになる女性は多いです。

いきなりのディープキスや激しいものが嫌だった場合はしっかりとその気持ちを伝えることが大事です。男性との距離を離したり唇と唇の間に手を入れたりして、しっかりと拒絶をしましょう。本当に嫌がっている事が伝わると、安易にしてこなくなります。

彼のディープキスが嬉しい時は身を任せよう

いい印象

一方でディープキスにいい印象を持つ人もいます。彼のディープキスが嬉しい時はそのまま身を任せましょう。ディープキスを情熱的や、深く求められている感じがして好き、という人も少なくありません。

いきなりディープキスや激しいものが嬉しかった場合はそれにこたえて自分からもキスを返したり、身を任せたり、嬉しいと素直に伝えることが大事です。ただし、相手が遊び人である場合は遊ばれる可能性があるので控えたほうがいい場合もあります。

ディープキス好きな女性の印象も知っておこう

考える

では逆に、ディープキス好きな女性の印象はどうなのでしょう。男性側からすると女性からいきなり激しいディープキスをしてきたり、ディープキスばかりな女性は少ない為珍しく、戸惑う男性が多いようです。そのため、初めてのキスは相手を窺いながらするといいでしょう。

Small thumb shutterstock 557518672
関連記事 キスマークの場所で意味が変わる?キスマークをつける男性&女性心理7つ

服の隙間や、ふとした隙にキスマークが見えるとドキッとしませんか?自分に

本命彼女にするディープキスの特徴は?

ディープキスは気持ちがないとできない行為ではありますが、百戦錬磨している男性は簡単にディープキスしてきたりします。相手がディープキスになれている感じがすると「私遊ばれているのかしら…」と頭をよぎることもあるでしょう。本命彼女にする本物のディープキスってどんなものなのでしょうか。

じっくり時間をかける

キスする男女

よっぽどセックスしたい感情が強くない限りは、ディープキスするまでにステップを踏んで到達します。愛している彼女がゆっくり溶けていく様子を見るのが好きな男性は、いきなりディープキスをしません。理性がだんだんと崩れていく女性を目でみることが大好きな男は、じっくり味わうようにディープキスまで運んでいきます。

本命彼女とはゆっくり味わいたい…というのが本音のようです。セックスにも共通するのですが、ただ単に性欲を処理したいだけだと愛撫や前戯に手を抜くのが大多数の意見。好きな女性とは時間をかけていちゃいちゃしたいのが男性なんです。

狙った相手を惚れさせる!禁断の媚薬香が誕生!

ピンクミスティ

下着へシュッとひと吹きするだけで、24時間あなただけを求めてしまう…自分に自信が持てない、相手にされないとお悩みのあなたへ!シリーズ累計80万個を突破した禁断の媚薬香水

その道のプロですら恐れる即効性誘引力があると話題に!男性を惹きつける〜極上フェロモンの香り〜モテまくる覚悟のある人だけ使ってください!!

彼女のペースを気にする

本当に好きな彼女とディープキスをするとき、彼は相手のペースをものすごく気にします。なぜなら、不快感を与えて嫌われたくないからです。がつがつやりすぎると女性はディープキスにいい感情をいだきません。「俺のペースにまかせて嫌がられたら、もうディープキスしてくれないかも…」と考えているんです。

本命彼女とはいつまでもラブラブしたいもの。大切にしている相手には、いちゃいちゃタイムにはとことん気を使うはずです。ディープキスがあまり上手じゃない男性は彼女のペースには合わせられませんが、「大丈夫、苦しくなかった?」と不器用ながら聞いてくれるでしょう。

唇以外にもキスしてくる

耳にキスする男性

これは個人差がありますが、経験が豊富な男性だと唇以外にもキスしてきます。おでこ、首、ほほなど…愛情表現をさまざまな場所でしてくれます。

ディープキスばかりでは苦しくなってしまうと考え、相手をおもいやる心からディープキスを一度休む男性もいるようです。唇以外の場所にキスをしてくる男性はかなり情熱的。彼女にぞっこんの可能性があります。

Small thumb shutterstock 585413345
関連記事 キスしたいって思う「男性心理」を解説!遊びと本命彼女のキスの違いは?

「思いがけないタイミングで男性からキスをされた」という経験がある方もい

注意!こんなディープキスは危険な予感

濃密で素敵なディープキスをしてくれる男性もいれば、遊び目的で女性をキープし「これは俺の女だ」とマーキングするようにディープキスをする悪魔オトコも存在します。下の3つようなディープキスをしてくるなら、ちょっと危険かも!?

いきなり舌を入れてくる

いい雰囲気になった…と思ったら急にディープキスというのは危険な香りがぷんぷんします。目の前の女性を遊び要員にしている可能性がありますよ。男性は周期的に強い性欲が押し寄せてくる時期があるので、本命彼女に対しても急にディープキスしてしまうことがあります。

しかし、会うたびにディープキスまで早い場合はあまり深い愛情を持っていないかもしれません。「とりあえず舌入れとけばいいだろう」と軽く考えている場合が多いんです。体の関係を保つために女性を興奮させ、ラブタイムに引っ張っていこうとしています。

強引にキスしてくる

街角でキスする男女

強引なディープキスをして、ぐいぐい迫って必ず体をもとめてくるようなら性欲処理の相手にされているかもしれません。ディープキスしたらセックスしたくなってしまうのが生き物として自然な反応。

「強引にでもディープキスすれば、相手だってヤリたくなるはず!!」と自分勝手に考えて女性を振り回しているパターンです。お互い好きで付き合っている本命同士だとしても、彼氏がこんなキスをしてくるのは要注意ですよ。

自分中心に考えて、彼女は自分を引き立てるアクセサリーのように考えているかもしれません。自分の思い通りにことを動かすことに優越感を感じるこのタイプは、強引にディープキスして女性を征服するのが大好き。

逆に自分の思い通りに行かないと不機嫌になったり、距離感をとったり、キレたり…と大変です。長く付き合うほどに調子に乗りますので、強引にディープキスをしてきてセックスまで持ち込むような男は早めに手を切ったほうが得策ですよ。後々傷つくのは女性です。

Small thumb shutterstock 337991192
関連記事 脈あり?酔った勢いでキスする男性心理4つ&男の本音4つ

お酒を飲むと、ちょっと理性が外れて普段できないことができてしまいますよ

気持ちいいディープキスのやり方は?

男性が好きなディープキス、なんとか応えてあげたいけど気持ちよくなれない…と悩む女性って結構多いんです。苦手だけどそれを彼氏に悟られるのはもっとつらいですよね。

好きでディープキスしてくれるのに、応えてあげられないのは心が痛む…そんな優しいなら、自分からディープキスを楽しめるように頑張ってみましょう!ディープキスを感じる体になれる6か条を守れば大丈夫です!!

普段からリップケアは入念に

リップ

唇は人間の感覚の中で特にするどい器官です。唇が乾燥しているとキスの快感がダイレクトに伝わりにくく、相手には「がさがさしてる…」と残念な印象を与えてしまいます。

血色が悪く乾燥した状態だと彼氏の気分が乗らず、お互い気持ちよくなれないのでリップケアはしっかり行ってください。ターンオーバーが早く、栄養状態が出やすいパーツでもあるのでインナービューティーにも気を遣ってください。

ミネラル・ビタミン類をバランスよく取るのが必須です!!栄養バランスに気をつけて過ごすと生理時期を楽に乗り越えられるようになりますし、肌荒れの予防にもなるのでいいことだらけですよ。

唇がよく荒れるようなら栄養バランスが偏っている可能性がありますので、食事を見直してみましょう。健康な体はキスを感じる大切な要素のひとつです。

まずは唇だけでじっくりキスする

彼がもし舌を入れてこようとしたとき「まだ入れてほしくない」と感じることがありますよね。ここで無理して彼の気持ちに応じてしまうと、不快感を覚えてしまいます。だからといって拒否するのも嫌ですよね。そんな場合は舌を入れさせずにガードしてみましょう。

彼氏は「ん?」と思うはずです。なんとなく間ができてしまったら「まだ入れないで…」と甘えたようにささやいてみてください。もうちょっと唇でじっくりキスしたいの、と伝えてあげられるともっといいでしょう。「俺とのいちゃいちゃタイムをじっくり味わいたいのかな?」と思ってくれるはずですよ。

押したり引いたり、駆け引きが大切

いちゃつく男女

いよいよ気分が乗ってきたらディープキスが始まりますが、押し引きを楽しむことでラブラブ度が高まります。彼が舌をずっと入れているようなら、一度唇を離して引いてみるのがいいでしょう。

数秒間目を見詰め合って、そのあと女性から思い切ってキスして舌を入れ込んでみましょう!!駆け引きが絶妙なディープキスは男性を夢中にさせ、女性側の感度も一気にアップ。彼氏の息遣いを感じながら押したり引いたりするともっと熱いキスができますよ。

絶対に歯は当てない

ディープキスは慣れるまでちょっと大変。というより、慣れても大変。それは相手のペースを感じ取る必要があるからです。彼が口を開いてあなたの唇をはむはむ味わっているときは、おとなしくじっとしているのが正解。

彼氏が舌や唇を動かしているときに一緒になって動いてしまうと、歯が当たってしまいます。コツをつかむまで難しいのですが、彼氏がくいついているときは自分は大人しくしておきましょう。舌を入れられているときは脱力し、口の中に力を入れないようにするといいですよ。

苦しいときは「ちょっと苦しい」と正直に伝える

キッチンでキスする男女

彼が夢中になってくると、慣れている男性でも自分のペースに偏ってしまうことがあります。それはそれで愛らしいのですが、苦しいときには我慢しないようにしましょう。

ぱっと顔を離し、「ごめん、ちょっと苦しくて…」とつぶやいてみてください。突っ走っていた彼氏ははっとするでしょう。「苦しいけど…嫌じゃないよ」と言葉を添えてあげるのも忘れないようにしてください。

気持ちよいディープキスをするためには、苦しいときに我慢しないのが一番。相手が傷つかないように正直に伝えてあげるといいですよ。深い愛情をお互いに表現するには、どうしたら気持ちよくてどうすれば苦しくなってしまうのか理解するのが大切です。

焦らすと彼氏は我慢できなくなる

寝そべる男女

人間は「焦らし」に弱い生き物。これは女性も男性も一緒ですね。ディープキスを全身で熱く感じたいのなら、焦らしをたくみに利用しましょう。もっと激しく求めてほしい…そんなときこそ一度引いてみてください。キスが激しくなってきて、彼氏が舌を入れそうになったらキスをやめるんです。

嫌そうに唇を離すのはNG。息継ぎをするようにふっとキスをやめ、深く息を吸い込んで吐くようなしぐさをすれば大丈夫。「あ、興奮して息荒くなってんのかな…」と男性は感じ取ることでしょう。

その「間」がもっとキスを引き立てますよ。抱いてほしいけど言葉で誘えない女性は、このテクニックを使うといいでしょう。焦らして応えて、焦らして応えて…と繰り返していくと男性のほうから体を求めてくるはずです。逆に、体調や気分が乗らなくて積極的にいちゃいちゃしたくない場合は焦らさないように注意しましょう。

体調がいまいちなときは、正直に言葉で伝えるのが一番。「あのね、ちょっと頭痛くて」と口で伝えましょう。雰囲気でディープキスを避けていると「ん~恥ずかしいのかな、焦らしているのかな??余計我慢できなくなっちゃう」と男性は心の中で思ってしまう場合があります。

Small thumb shutterstock 585413345
関連記事 キスしたいって思う「男性心理」を解説!遊びと本命彼女のキスの違いは?

「思いがけないタイミングで男性からキスをされた」という経験がある方もい

好きな人がディープキス下手だった時の対処法は?

しっかり褒める

見つめ合うカップル

キスは男性がリードしたいと思っていることが多いので頭ごなしに否定すれば喧嘩に繋がります。いくら下手だとはいえ、気持ちいいと感じるポイントはあるはずです。気持ちいいと感じた場合、キスをしている最中でもタイミングをみて中断し、褒めてあげることが大切です。また、伝える際は具体的に褒めることをおすすめします

ドラマや映画のキスシーンを一緒に観る

デートで映画館に行ったり彼の家でドラマを一緒に見たりする機会もあるかと思います。恋愛ものであればキスシーンが出てきた時に好みを伝えるチャンスであると言えます。

伝え方としては、やはり具体的に伝えることが大事です。男性側からすれば映画やドラマの主人公と自分を比べてしまい、嫉妬心を抱く原因にもなります。キスできるタイミングであれば伝え、自分がリードできるような環境づくりもできやすい方法です。

まとめ

男性がディープキスをしたがる理由をひも解いていくと、「だからそんなにしてくるんだ…」と妙に納得できてしまいます。知っているのと知らないのでは、彼氏に対する見方も変わってしまうほどです。

キスにまつわる男性心理を理解してあげることで、愛情表現はもっともっとスムーズになります。受け入れたり、たまには焦らしてみたりすれば彼はあなたに夢中になってしまうはず。ディープキスは全身で感じられるようになれば驚くほどの快感と幸福感を得られるものです。楽しんで、感じて、もっとラブラブしちゃいましょ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。