Large thumb shutterstock 637153831

日本人女性の口の大きさの平均って?測り方や理想の黄金比についてもチェック!

更新:2021.05.21

自分の口の大きさは、平均以上なのか以下なのかチェックしてみたいと思いませんか?口の大きさの測り方と、日本人女性の平均をご紹介していきますね。顔全体のパーツと照らし合わせた唇の黄金比と一緒に、自分の口の大きさについて詳しく調べていきましょう。

口の大きさの測り方は?

①横幅の長さの測り方

果物とメジャー

口の横幅のサイズが知りたい時は、唇の両端の直線距離を測るようにしましょう。右端から左端までの長さを、真っ直ぐ測っていってください。

横幅の長さを測る時は、唇に力を入れないようにするのがポイントです。椅子に座ってリラックスしながら、軽く口を閉じた状態にします。

②縦幅の高さの測り方

りんごとメジャー

口の縦幅は、上唇の一番高い部分と、下唇の下部分の直線距離を測ります。上唇の中央の下がった部分ではなく、盛り上がったところの頂点の位置を基準にしてくださいね。縦幅の高さを測る時も、口に余計な力を入れず、軽く閉じた状態で行うようにしましょう。

POINT

定規やメジャーで測ればOK

口の大きさは、普通の定規やメジャーで測ればOKです。身体測定用のスケールがあると便利ですが、あまり一般的ではないアイテムです。定規やメジャーで測っても大きな誤差は生じないので、自宅にあるもので代用してみましょう。

日本人女性の口の大きさの平均

①横幅の平均サイズ

赤い口紅とマニキュアの女性

日本人女性の平均となる、口の横幅のサイズは約4.5cmです。ただし、人間の口の大きさは、年齢によってサイズが若干変化するので注意しましょう。

例えば、18~34歳の女性だと横幅の平均は約4.35cmになりますが、60~84歳になると約4.61cmにアップしますよ。サイズが変化する原因は、加齢によるたるみの影響だと考えられています。

②縦幅の平均サイズ

サングラスの女性

口の縦幅の平均は、横幅よりも年齢に大きく左右されます。18~34歳の女性だと縦幅の平均は約1.90cmですが、60~84歳になると約1.39cmにダウンするのが特徴です。年齢を重ねるごとに厚さがなくなり、小さくなっていくと考えられています。

日本人女性の口の大きさの平均

年齢 横幅 縦幅
18~34歳 4.35cm 1.90cm
60~84歳 4.61cm 1.39cm

日本人女性の口の大きさの黄金比

①横幅と縦幅のバランス

唇

女性の口の黄金比は、唇の横幅が縦幅の約3倍であることが基準です。黄金比は、ほとんどの人が直感的に美しいと感じる比率のことになります。口の横幅と縦幅に限っていえば「1:3」の比率になっているのが望ましいです。例えば、横幅が5cmあった場合、縦幅が1.7cmほどであれば黄金比だといえます。

②上唇と下唇のバランス

赤い口紅の女性

唇の上下のバランスを見てみると、下の縦幅が上の約1.5倍だと黄金比になります。比率に直してみると「1:1.5」という基準になりますよ。具体的な例を挙げると、上が0.8cmあった場合、下が1.2cmあれば理想的だとされます。

③目の位置とのバランス

女性の顔

口の大きさと目の位置とのバランスは、唇の横幅が黒目の内側になっていることが理想だといわれています。つまり、横幅の両端が、両方の黒目の間に収まっていればOKということです。

ちなみに、目の位置の黄金比は、「両目の間」と「目の横幅」が「1:1」であることとされています。目の横幅が3cmであれば、両目の幅も3cm開いていれば理想の黄金比となりますよ。

④鼻とのバランス

女性の口元

口の大きさと鼻とのバランスは、縦の場合、「鼻の下から唇の真ん中」と「唇の真ん中から顎」までをチェックするのが基本です。双方の比率が、「1:2」であると良いとされています。

また、横幅の場合は、「唇の横幅」と「鼻の横幅」が「1:1.5」であれば理想です。鼻の横幅が3cmなら、唇の横幅が4.5cmあると黄金比ということになりますよ。

⑤横顔でのバランス

鏡を見る女性

横顔での唇の大きさのバランスは、「鼻の先」と「上唇・下唇」および「顎先」のを結んだ線で決まることが特徴です。Eラインと呼ばれるもので、すべてのパーツが一直線になっていることが、美しい横顔と口元の基準になるといわれています。

Eラインを調べたいときは、定規などの真っ直ぐな物を、「鼻の先」と「顎先」に当ててみてください。定規を一直線に当てたとき、「上唇・下唇」に当たるか当たらないかという感じであれば、横顔にEラインがあるということになります。

口元だけでなく、顔の上部分の黄金比も気になる方は、こちらの記事がおすすめです。目の距離や眉毛の位置などの、理想的な形がチェックできるので、ぜひ併せてご覧ください。

【大きい口】口の大きさが与える印象

印象①明るい

笑顔の女性

大きい口の人は、明るい印象を与えることが多いとされます。見ているだけで、エネルギッシュで元気な様子が伝わってくると評判ですよ。口が大きい人は、明るさをチャームポイントにして、魅力を引き出すようにしてみましょう。

印象②華やか

振り返る女性

周囲に華やかな印象を与えることも、口が大きい人の特権です。口元だけで顔全体の雰囲気も華やかになるといわれているため、口の大きな人に憧れる女性も少なくありません。口が大きい人は、パッと華やぐ表情で周囲の人を惹きつけてみましょう。

印象③笑顔が素敵

頬杖をつく女性

口が大きい人は、笑ったときの表情も素敵に見えるといわれています。パーツが大きいと、動きも大きく目立つため、素敵な笑顔になりやすいのです。明るい雰囲気や華やかな印象も手伝って、笑顔が似合うことも理由の1つになりますよ。

【小さい口】口の大きさが与える印象

印象①可愛い

港にいる女性

口が小さい人は、周囲に可愛いという印象を与えます。ちょこんとした口元は、やや幼い感じに見えて、可愛さを引き立てると人気ですよ。小さい口は、女性だけでなく男性からの人気も高いので、より魅力的に見せられるようメイクなどを工夫してみてください。

印象②上品

赤い帽子の女性

上品な印象も、口が小さい人によく見られる特徴です。話したり笑ったりしたときの動きが控えめに見えるので、上品な印象を与えるといわれています。また、食事をするときも、一度にたくさんの食べ物が入らないので、自然に上品な仕草になりやすいともいわれていますよ。

印象③誠実

髪の長い女性

口が小さい人は、誠実な印象になりやすい傾向にあります。動きが控えめに見えて、自己主張しすぎないことから、誠実なイメージが強くなる口として人気ですよ。誠実な印象を全面的に出したいときは、小さい口に見えるよう工夫していきましょう。方法次第で、口元の印象を変えて見せることができます。

口の大きさを小さく見せる方法

ここまで、口の大きさの測り方や黄金比、サイズが与える印象についてまとめてきました。違う大きさの口に憧れる人も少なくないので、印象を変える見せ方も併せてチェックしていきましょう。ちょっとしたテクニックで、口を小さくも大きくも見せることが可能です。

①メイクで小さく見せる

口紅を塗る女性

口の大きさは、メイクで小さく見せることができます。コンシーラーを使って唇の輪郭を薄くすることと、中央にやや濃いめの色をのせてグラデーションをつけることがポイントです。横幅の長さや縦幅の高さなど、黄金比を参考に輪郭を描いていきましょう。

また、リップの色はベージュピンクなどの控えめな色を選ぶようにしてくださいね。グロスも、透明や淡い色合いのものを選んで、部分的につけるようにしましょう。ぽってりした印象になるのが避けられるので、口の大きさも控えめに見えます。

アイメイクを濃いめにすることも、口を小さく見せるのに効果的です。濃いめのアイメイクで目元を強調すると、口元に視線が向きにくくなりますよ。

②表情筋トレーニングで小さく見せる

正面を向いた女性

唇の周りにある表情筋を鍛えることで、口を小さく見せる方法もあります。口元が引き締まることから、全体的に小さな印象になるのでおすすめの方法です。唇の発色が良くなる効果も期待できるので、さらに引き締まった印象になるといわれています。以下の手順と動画を参考に、唇を小さく見せるトレーニングに挑戦しましょう。

唇を小さく見せるトレーニング

  1. 唇をすぼめて、前方に突き出すようにしながら5秒キープします。
  2. 唇を元に戻したら、内側に巻き込んでいきます。
  3. 唇を巻き込んだまま外側に引き、5秒キープします。
  4. 自然な表情に戻したら、1セット終了です。
  5. 合計3セット繰り返せばOKです。

口の大きさを大きく見せる方法

①リップライナーで大きく描く

赤いリップを塗る

口を大きく見せるには、メイクのときにリップライナーで輪郭を描くようにしましょう。口の大きさの黄金比を意識して、大きく見えるように輪郭を作っていけばOKです。

輪郭を描く時のリップライナーは、自分の唇よりもワントーン暗い色を選ぶのがポイントですよ。輪郭に影ができて、ふっくらとした印象に仕上がります。

また、グロスやハイライトを使いこなすのもポイントになります。全体的にぷっくりとした印象になるよう、グロスとハイライトで調整してみてください。口の印象を強調することができるので、サイズが小さくても大きく見えるようになります。

②頬の筋トレで口角を挙げる

ブラシを持つ女性

口を大きく見せるには、頬の筋トレで口角を上げるようにすると良いといわれています。頬のたるみがなくなり、口角が上がることで、横幅が短い口も大きく見えるようになるのです。頬の筋トレには色々な方法がありますが、簡単にできるものばかりなので動画も見ながら挑戦してみてください。

また、毎日の表情を、口角を上げるように意識しておくことも大切です。筋トレ効果も期待できますし、口角を上げることで唇の両端が引っ張られ、大きく見えるようになります。

頬の筋トレ方法

  1. 2Lの空のペットボトルを唇の筋肉だけで咥えます。
  2. ペットボトルの中の空気を吸っていきます。
  3. 空気を吸い切ったら、頬を膨らませながら息を吐いて元に戻します。
  4. 同じ手順を3回ほど繰り返せば終了です。

ペットボトルを使ったもの以外に、口角を上げる方法を知りたい方は、こちらの記事に目を通してみましょう。口周りの筋肉を鍛えるエクササイズとともに、口角を上げるための方法がたくさん紹介されています。顔全体を引き締めることも可能なので、ぜひ試してみてください。

口の大きさの平均を知って理想の唇に近づけよう

口の大きさの平均は、年齢によって異なってきますが、口元の美しさはサイズだけでは決まりません。平均よりも大きかったり小さかったりする点が大切なのではなく、黄金比に近づけることが重要になります。

また、口の大きさは、個人の印象にも影響するといわれています。平均よりも大きいと明るく華やかな印象に、平均よりも小さいと可愛く上品に見えるので、メイクのときに意識してみると良いですよ。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

趣味は読書で、雑多なことに興味があります。記事を通して、楽しい発見のお手伝いができれば嬉しいです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。