Large thumb shutterstock 129751733

家庭用脱毛器の効果は?種類や選び方、おすすめ脱毛器もご紹介します!

更新:2021.03.12

脱毛サロンに通わなくても、自宅で簡単に脱毛ができる「家庭用脱毛器」。 時間や場所を問わず使える手軽さから、人気を集めている美容アイテムです。 今回は、家で使える「家庭用脱毛器」の種類や選び方、効果的に使う方法やメリット・デメリットなどと共に、おすすめの脱毛器も合わせてご紹介します! 購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

家庭用脱毛器の種類について

ashi

自宅でセルフ脱毛ができる家庭用脱毛器には、光を照射して脱毛する「フラッシュ式」とレーザーを照射して脱毛する「レーザー式」の2種類となっています。それぞれの脱毛器の特徴をより詳しく説明していきますね!

【フラッシュ式脱毛器の特徴】

フラッシュ式は、光で毛根に熱を与えて脱毛する「光脱毛」で、”脱毛サロン”と同じタイプとなっています。レーザー式に比べて痛みが比較的少なめで使いやすいため、初心者にはこちらがおすすめです。

●広い範囲で処理するのに向いている

フラッシュ式は照射口が大きくなっているので、レーザー式よりも広めの範囲を処理できるのが特徴です。一度で処理できる範囲が広いために、スピーディーに脱毛ができます。

●痛みが少ないので初心者向き

レーザー式に比べ痛みが少なめなので、脱毛時の痛みが苦手な方や脱毛初心者の方におすすめ!脱毛サロンと同じタイプですが、家庭用ということもあり照射の強さは控えめなので効果がすぐに実感しづらい点はあります。長期的に使用し、痛みをできるだけ少なめに脱毛をしたい!という方におすすめです。

●美肌を目指せる効果も!

フラッシュ式は、脱毛に加えて「肌のキメを整える」効果や「肌にうるおいを与える」効果のある種類の機器も販売されているので、種類によっては、脱毛しながら美肌も目指したい!という方にはぴったりです。

【レーザー式脱毛器の特徴】

レーザー式は、「メラニン要素」に反応するレーザーを当てて脱毛する方法で、”医療脱毛”で使用されているものと同じタイプとなっています。レーザーで毛根にダメージを与えるので、毛を再生しにくくさせる効果がありフラッシュ式に比べて早く効果が出やすいのが特徴的です。

●ムダ毛にポイント照射できる

レーザー式は、照射口が小さめなのでポイントで小さなムダ毛にレーザーを当てることができます。そのため、広い範囲で当てるのには時間がかかってしまいますが、ピンポイントで気になるムダ毛に照射したい場合はレーザー式の方が向いています。

●痛みよりも効果を優先させたい方はレーザー式

フラッシュ式に比べて痛みが出やすいので、痛みが苦手な方は注意が必要です。ただ、その分効果ができるのが速いので、痛みはあっても早く効果を出したい!という方にはレーザー式がおすすめです。

●顔やデリケートゾーンはNG

比較的脱毛効果を感じやすいレーザー式ですが、顔やデリケートゾーンなど、肌が弱めな部位には使えないので、脱毛したい箇所に合わせて脱毛器を選ぶようにしてくださいね。

家庭用脱毛器の選び方 5つのポイント

ashi2

家庭用脱毛器の種類がわかったところで、「結局どんな脱毛器を選べばいいのかわからない!」と思う方も多いはず。購入時に失敗しないため、自分に合っている家庭用脱毛器を選ぶ際に抑えておきたい5つのポイントを伝授していきます。

1.使用可能部位を確かめておく

まずは、自分がどの部位を脱毛したいのかを改めてチェックしておきましょう。その上でその脱毛したい部位への使用は可能なのか、という部分を確かめてから脱毛器を選ぶようにしてください。脱毛器によっては全身に使えるものもあれば、VIOや顔には使用できないものもあるので、自分の脱毛したい箇所に対応しているものなのかをチェックしておくことが大切です。

2.照射レベルの調整

脱毛器に慣れないうちは、照射レベルの強弱が調整可能なものがおすすめです。痛みに弱いデリケート部分や皮膚の柔らかい部分には、低レベルで照射する方が肌への負担も少なく負担になりにくいです。慣れてきてから、徐々に出力のレベルを上げていくと良いでしょう。

3.照射面積の広さ

照射口が小さすぎると、照射漏れやムラになりやすい恐れがあります。なので、照射範囲がなるべく広めのものを選ぶのがおすすめ。広範囲を照射できる方が、肌への負担も少なく処理時間も短く済ませることができます。

4.カートリッジの交換はできるものか

家庭用脱毛器は、最大照射数を終えてもカートリッジを交換すればまた使える「カートリッジ式」と、最大照射回数を終えたら本体ごと交換しなければならない「本体交換式」の2種類があるので、長く使用することを視野に入れたら、「カートリッジ式」の方が好ましいでしょう。

家庭用脱毛器の効果的な使い方

ashi3

家庭用脱毛器は、自分の好きなタイミングで好きな部位に使用できる一方で、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛するときとは違い肌のトラブルの不安だったり適正な照射間隔を指摘してくれないというデメリットがあります。より効果的に使用するために、家庭で脱毛器を使う際の正しい使い方をしっかりとマスターしておきましょう!

脱毛器を使用する前にムダ毛を剃っておく

脱毛器を使用する前に、脱毛したい箇所のムダ毛を剃っておきます。脱毛の効果を高めるのは「少しだけ毛が生えている状態」が理想的なので、脱毛器を使用する2,3日前に処理しておくのがおすすめです。ただ、脇に生えるような黒くて太い毛は少しでも毛が長いと痛みを感じやすくなるので、このような毛の部分は使用直前に処理をしても問題ないです。

※ムダ毛処理にはシェーバーがおすすめ!

肌を痛めないためにも、ムダ毛処理をする際はシェーバーを使うのがおすすめです。シェーバーだと処理しにくい箇所や、T字カミソリで処理する場合は、シェービングクリームや石鹸などを使い、肌を痛めないように丁寧に剃るようにしましょう。

※脱毛器前に毛を抜かないように!

家庭用脱毛器は、黒い毛の部分に反応して照射するので、毛を抜いてムダ毛処理をしてしまうと反応する黒い部分がなくなってしまいます。なので家庭用脱毛器を使用する際は、抜かずに剃って処理をするようにしてください!

家庭用脱毛器は、黒い毛の部分に反応して照射するので、毛を抜いてムダ毛処理をしてしまうと反応する黒い部分がなくなってしまいます。なので家庭用脱毛器を使用する際は、抜かずに剃って処理をするようにしてください!

出力レベルを下げて機械を当てる

ムダ毛を処理した後に、肌が乾いた状態で脱毛したい箇所へ機械を当てていくのですが、この時に出力レベルを下げて、低い状態から当てていきましょう。高い出力で太い毛に光やレーザーが当たると強い痛みを感じる場合があるため、まずは痛みを感じないレベルまで出力レベルを下げて当てていくのがおすすめです。部位によって出力レベルの強弱を調整しながら照射していきましょう。

照射間隔は毛周期に合わせる

部位によって毛周期に違いはありますが、大体1サイクルに1〜2ヶ月ほどかかるので、自分の毛周期に合わせて照射してあげるのがおすすめです。フラッシュ式の場合は、肌への負担も少なめなので使いはじめの方は1~2週間に1度の照射、レーザー式の場合は、フラッシュ式に比べると肌への負担がかかるので毛周期に合わせて照射するのが良いでしょう。

使用後はクールダウンをする

使用後の肌は熱を持っているので、脱毛が終わった後は冷やした保冷剤や冷却ジェルなどで照射箇所をしっかりクールダウンさせましょう。クールダウンした後は、保湿ジェルやクリームで保湿をし肌の水分を逃さないようにします。この工程を怠ると、肌トラブルの原因となる可能性があるので脱毛後はしっかりケアしてあげることが大切です。

家庭用脱毛器のメリット・デメリット

women

家庭用脱毛器を使用する前に、「メリット」と「デメリット」も知っておきましょう。

【メリット】

●自分の好きなタイミングでできる

やっぱり家庭脱毛器の最大のメリットは、自分の好きなタイミングで脱毛ができるところ。サロンに通うとなると、予約が必要だったりサロンまでの往復が大変ですよね。家庭用脱毛器を使用すれば、その手間が省けて自分の好きな時間にできるのは嬉しいポイント!

●経済的な負担が少ない

サロンや医療脱毛で脱毛をするとなると全身で数十万円かかるのが相場。それに比べて、数万円程度で購入できる家庭用脱毛器はとっても経済的!高額のローンを組む必要もありません。

●恥ずかしさがない

デリケートゾーンなど、サロンのスタッフに見せるのはやっぱり恥ずかしい...。家庭用脱毛器なら、他人に見せる必要なく気軽に脱毛ができます。他人にムダ毛やデリケートゾーンなどを見せることに抵抗がある方には家庭用脱毛器がおすすめです。

【デメリット】

●サロンに比べると効果は低め

サロンや医療脱毛に比べて照射力が低い分、どうしても効果は低くなってしまいます。毛が細めの方は特に効果を感じにくい場合も。

●自分で照射しにくい

背中やIOラインなど、自分では手の届かない箇所は照射しにくいのが難点。全身満遍なく処理したい場合は、他の誰かに手伝ってもらう必要があります。

「脱毛ラボ」の家庭脱毛器がおすすめ!

datumolabo

数ある脱毛器の中でも、特におすすめなのが全国に50店舗を構える美容サロン「脱毛ラボ」が考案した家庭用脱毛器です!家庭用なのに脱毛サロンと同じパワーを発揮してくれる、今話題のアイテム!今まで家庭用脱毛器で満足できなかった方にも、初心者の方にもおすすめなので、どの脱毛器を買えばいいか迷っている方は、この家庭用脱毛器を選んでおけば、まず間違い無いでしょう!

「脱毛ラボ」の家庭用脱毛器がおすすめな理由は?

datsumolabo2

1.脱毛サロンの機械と同じパワー発揮してくれる!

「脱毛ラボ」の家庭用脱毛器は、サロンで使っている機械と同じ業務用のパワーを発揮してくれるんです!レベルも5段階から選べるようになっているので、毛が薄めの方から濃い目の方、そして男性も使える脱毛器となっています。

2.顔やVIOなど全身全てに照射可能

顔やVIOなどのデリケートな部分に使用できない脱毛器もありますが、こちらの脱毛器は、顔やVIOなど全身全てに照射が可能です!家庭用脱毛器で全身脱毛できるのは嬉しいですよね♪さらに、連射モードで全身の脱毛が15分で完了できるところもおすすめポイントの一つです。(※個人差あり)

3.脱毛サロンの4分の1のコスパ!

「脱毛ラボ」の家庭用脱毛器の価格は、¥71,478(税込) となっているのですが、サロンで脱毛するとなると、全身18回で20~30万円はかかってしまいます。家庭用脱毛器だと、全身300回分照射できて¥71,478(税込) なので、コスパが良いのは一目瞭然ですよね!ちなみに「脱毛ラボ」の家庭用脱毛器は分割払いもできるので、「脱毛は高くてできない、、」と悩んでいた方でも、いますぐ始めることができちゃいます!高額のイメージがあった脱毛も、こちらの脱毛器だとサロンよりもコスパよく脱毛できるのでおすすめですよ♪

4.脱毛器に冷却機能が付いている!

脱毛した後はクールダウンが必要なのですが、「脱毛ラボ」の家庭用脱毛器は”冷却クーリング機能”が付いているので、冷却ジェルや保冷剤などの用意が必要ありません。脱毛とともに冷却も一緒にしてくれるので、脱毛時の余計な手間が省けるのはおすすめポイント!

使い方は2stepで簡単!

datsumolabo3

脱毛したい場所のムダ毛を処理し、その後機械を当てていくだけなので使い方も簡単♪冷却機能も付いているので、冷却したりジェルを塗ったりなどの手間もなく簡単に脱毛が完了!さらに、全身脱毛が最短15分で完了することができるので時間がない方でもスピーディに脱毛が完了しちゃいます! (※個人差があります)

家庭用脱毛器の注意点

ここまで家庭用脱毛器についてご紹介してきましたが、使用する上で注意してほしいこともいくつかあります。自宅でより効果的に脱毛するために、以下のことに注意して使用することを心がけてみて下さい。

日頃から日焼けや肌荒れに注意する

日焼けなどでダメージを受けた肌に脱毛器を当てるのはNG。脱毛器を使用する前は、日焼けや肌荒れなどに気をつけてベストな肌の状態を保っておきましょう。

保湿をしっかり行うことが重要!

しっかり脱毛効果を出すためには、「保湿」がとっても大事!潤いがない乾燥した肌だとバリア機能が低下してしまい、炎症や痛みを感じやすくなってしまうほか、光・レーザーも肌の奥まで浸透していかないために効果を感じにくくなってしまいます。普段から肌を保湿しておくことが大切です。また脱毛後も肌が乾燥しやすくなるので、アフターケアとしてしっかり保湿を行い、肌に潤いを保ちましょう。

ここは注意!永久脱毛ができるわけではない

「永久脱毛」のようにムダ毛を完全になくす行為は医療機関でしかできない「医療行為」となるために、家庭用脱毛器ではどうしてもできません。家庭用脱毛器で行う脱毛は「永久脱毛」というわけではなく、毛の量を減らしたり毛を補足することができる脱毛だという認識をしておくことが大切です。

自宅で手軽に脱毛したいという方には家庭用脱毛器がおすすめですが、完全にムダ毛を無くす「永久脱毛」がしたい!という方は、サロンや医療クリニックで脱毛を行うのが良いでしょう。

家庭用脱毛器で目指せツルツル美肌♡

家庭用脱毛器の種類や選び方、メリットデメリット、そしておすすめの脱毛器などをご紹介しました。サロンに足を運ばなくても自宅で気軽に脱毛ができるは、家庭用脱毛器の最大の魅力ですよね!今回ご紹介した選び方や使い方を参考に、皆さんもぜひ、家庭用脱毛器でおうちでツルツル美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。