Large thumb m keep aspect 20161103162904530 1000

UGGモカシンの冬コーデ16選!あなたの持ってる色で作るおしゃれな着こなし集!

更新:2021.09.16

UGGのモカシンは、冬には欠かせない定番アイテムですよね。色んなテイストと好相性なので、何かと重宝するアイテムです。今年も旬な着こなしにアップデートして、UGGのモカシンを活躍させましょう。モカシンの色別コーデをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

【黒色】UGGのモカシンで作る!冬のレデイースコーデ3選

①グレーニット×白ニットパンツ

黒のモカシンには、グレーのニットと白のニットパンツを合わせて、無彩色コーデにしましょう。白とグレーの柔らかい色合いに、黒のモカシンをプラスして、コーデ全体を引き締めるのがポイントです。白、黒、グレーの組み合わせは、きれいめでスタイリッシュな着こなしになります。

グリーンのバッグを、差し色にするのもコーデのコツです。全て無彩色でまとめるのも素敵ですが、差し色を入れるとコーデに立体感が出ます。また、ニットパンツとモカシンは相性が良いので、冬におすすめの着こなしです。

②ネイビーコート×ライトブルーデニム

ネイビーコートとライトブルーデニムに黒のモカシンを合わせて、大人カジュアルコーデにしましょう。ライトブルーデニムとモカシンの王道カジュアルコーデは、ワントーンでまとめるのがポイントです。ライトブルーデニムのカジュアル感を、ネイビーのコートが落ち着かせてくれるので、大人の配色になります。

コートからキャメルのニットと白いシャツをのぞかせると、ワントーンでのっぺり見えるのが避けられます。色をポイントにしたコーデは、黒のモカシンを合わせるときれいにまとまります。黒のモカシンはカジュアル過ぎない絶妙な雰囲気で、コーデを格上げしてくれるアイテムです。

③白タートル×黒スキニー

白のタートルと黒のスキニーに、黒のモカシンを合わせたモノトーンコーデもおすすめです。パキッとした白のタートルで、モードな着こなしにしましょう。アウターには、デニムのブルゾンをゆるっと羽織るのがポイントです。デニムのラフさが、モノトーンコーデに軽さをプラスしてくれます。

【グレー】UGGのモカシンで作る!冬のレデイースコーデ3選

①カラーソックス×テーパードデニム

グレーのモカシンには、ボルドーのソックスを合わせて、足元にポイントを持たせましょう。ノルディック柄のニットにインディゴのデニムを合わせて、少し落ち着きのある着こなしにします。そのままでも可愛いコーデですが、あえて派手色のソックスをプラスして、遊び心を出しましょう。

グレーは無彩色なので、様々な色と合わせやすいのが特徴です。白や黒とは異なり、はっきりしたコントラストにならないので、コーデに取り入れやすい色でもあります。ソックスとの相性が良く、バランスが取りやすいモカシンなので、自分なりの組み合わせを探すのもおすすめです。

②ベージュニット×白デニム

ベージュのニットと白のデニムに合わせて、大人っぽいきれいめな着こなしにしましょう。ベージュと白の定番配色は、冬にぴったりの落ち着いた雰囲気を作れます。同系色の靴を選ぶのも良いですが、あえてグレーのモカシンを選んでみましょう。ベージュとグレーは相性が良い組み合わせなので、コーデにきちんと馴染みます。

鮮やかなパープルのバッグを持って、こなれた雰囲気を出しましょう。淡い色合いのコーデのときには、派手色の小物を一つ加えるのがポイントです。グレーのモカシンなら、派手色とも良く合うのでおすすめですよ。

③白ワントーンコーデ×グレー小物

白のワントーンコーデに、グレーのモカシンを合わせて、冬らしい配色のコーデを作りましょう。白のデニムと白のカットソーの組み合わせると、クリーンな印象のカジュアルコーデになります。そこに、グレーの小物をプラスして、洗練された雰囲気のレディースコーデを完成させましょう。

モカシン、バッグ、ニットキャップをグレーで揃えると、全身にバランス良く色が配置されます。色の組み合わせも大切ですが、色を入れる位置も大切です。小物を上手に使ってコーデを整えましょう。

【ベージュ】UGGのモカシンで作る!冬のレデイースコーデ4選

①白ニット×白スキニー

白のニットと白のスキニーのワントーンコーデには、ベージュのモカシンが良く合います。コーデのポイントは、トップスとボトムの色合いを少しだけ変えることです。全体を真っ白にしてしまうと、コーデがのっぺり見えてしまいます。どちらかをベージュに近い白にして、コーデを立体的にしましょう。

ベージュと白は定番の組み合わせです。ボリュームのあるモカシンも、この配色ならきれいめな着こなしができます。また、手首や足首を出すように着ると、垢抜けた印象になります。ぜひ、参考にしてください。

②黒チェスターコート×スキニーデニム

黒のコートとスキニーデニムのベーシックなコーデには、ベージュのモカシンが良く合います。コーデが暗くなりすぎないように、トップスには白のニットを合わせるのがポイントです。トップスに明るい色を持ってくると、ベージュのモカシンとのバランスも取りやすくなります。

ベージュのモカシンはきれいめな印象なので、大人っぽいチェスターコートにも良く合います。また、モカシンのボリュームが、きれいめなコーデをカジュアルダウンしてくれます。ベージュのモカシンで、きちんとしすぎない、軽やかなコーデに仕上げましょう。

③ベージュワンピース×フライトキャップ

ベージュのニットワンピースとベージュのモカシンで、こなれたワントーンコーデにしましょう。このコーデは、ベージュの色味を少しずつ変えるのがポイントです。ワンピースのベージュよりも、少し濃いベージュを足元に持ってくると、バランスがよくなりますよ。

地味になりがちなベージュのワントーンは、小物選びが大切です。チェックのバッグと、ファー付きのフライトキャップで遊び心をプラスして、脱地味コーデにしましょう。

④ワイドデニム×白ソックス

ベージュのモカシンに白のソックスを合わせたコーデもおすすめです。白のソックスを合わせると、清楚で可愛らしい足元になります。足首の見えるワイドデニムと合わせて、ソックスをしっかり見せるのが着こなしのポイントです。シンプルなトップスと、くすみピンクのニット帽をプラスして、可愛く仕上げましょう。

モカシンとソックスは、バランスが難しい着こなしでもあります。まずは、馴染みやすい色のソックスから挑戦するのをおすすめですよ!

【赤系】UGGのモカシンで作る!冬のレデイースコーデ3選

①グレーニット×黒ワイドパンツ

赤のモカシンを、モノトーンコーデの差し色に使いましょう。グレーのニットに黒のワイドパンツを合わせて、大人っぽいシックなコーデを作ります。そこに、赤色のモカシンをプラスして、コーデを適度にカジュアルダウンしましょう。暗くなりがちな冬のコーデは、足元に派手色のモカシンを加えるのがおすすめです。

赤い小物は、大人っぽさを出せるアイテムでもあります。コーデに物足りなさを感じたら、赤いモカシンを差し色にすると、垢抜けたレディースコーデが作れるのでおすすめです。

②白タートル×スキニーデニム

白のタートルとスキニーデニムというシンプルすぎるコーデには、赤いモカシンを加えましょう。赤のモカシンは、デニムとの相性が良いです。足元の赤がポイントになって、格上コーデが作れます。また、デニムの青が、赤の派手さを落ち着かせるので、赤が目立ちすぎることがありません。

赤とのコントラストがキツくなる組み合わせは、着こなしも難しくなります。そこで、赤のモカシンは、ボトムの色との組み合わせが重要です。赤のモカシンが初心者の方は、ボトムをデニムにすると着こなしやすくなります。

③白ニット×ジョガーパンツ

カジュアル感の強いジョガーパンツには、ピンクのモカシンをプラスしましょう。メンズライクな印象が強いジョガーパンツは、他のアイテムで女性らしさを出すのがポイントです。白のニットとピンクのモカシンを合わせると、清楚な雰囲気になります。パステルカラーのモカシンで、きれいめな着こなしを楽しみましょう。

下の関連記事では、赤を使ったレデイースコーデをご紹介しています。赤にはどんな色やコーデが合うのかを知っておくと、赤いモカシンを使ったコーデの幅も広がります。ぜひ、参考にしてください。

【青色系】UGGのモカシンで作る!冬のレデイースコーデ3選

①ノルディック柄ニット×黒スキニー

ベージュと黒のコーデに青のモカシンを加えると、軽やかな印象になります。コーデの主役はベージュのノルディック柄ニットです。ニットを引き立てるために、ボトムには黒のスキニーを合わせます。ここに、青のモカシンを加えて、爽やかさをプラスしましょう。足元を青のモカシンにすると、きれいめなコーデになります。

青のモカシンは、様々なコーデに合わせやすいのが特徴です。黒やベージュのモカシンの代わりに、青いモカシンを履くだけで、ぐっと印象が変わります。コーデにマンネリを感じたときにも、ぜひ試してみてください。

②グレーマフラー×黒スキニー

青のモカシンは、無彩色コーデの差し色におすすめです。青のモカシンを入れると、全体が華やかになります。無彩色コーデの時は、小物で色を足して、地味になりすぎないようにしましょう。また、デザイン性の高いアイテムをプラスするのもポイントです。ボリュームのあるマフラーを加えて、洗練されたコーデにしましょう。

③インナーダウン×ジョガーパンツ

青のモカシンは、ボトムと色を合わせて、きれいめなカジュアルコーデにしましょう。ボトムと靴の色を合わせることで、統一感のあるコーデになります。さらに、脚長効果もあるので、スタイルアップも叶います。ボアのトップスにインナーダウンを合わせて、見た目もあったかいコーデを作りましょう。

スポーティーなコーデも、足元をモカシンにするときれいめな着こなしになります。青いモカシンは爽やかさは損なわずに、大人っぽさが出せるので、カジュアルなレデイースコーデに取り入れてみましょう。

UGGのモカシンで冬のレデイースコーデを楽しもう

UGGモカシンは、適度なカジュアル感が特徴のアイテムです。パンツにもスカートにもよく合うので、色んなコーデで活躍します。カラー展開も豊富なので、お気に入りの色を見つけて、大人の冬コーデを楽しみましょう。

下の記事では、2020年のきれいめな冬のレデイースコーデをご紹介しています。トレンド感のある、大人の着こなしのヒントを沢山ご紹介しています。ぜひ、モカシンを使ったコーデの参考にしてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。