Large thumb 20180927161625615 1000

キャメルスカートコーデ13選!フレア・タイト・プリーツ別の大人の着こなし方!

更新:2020.09.11

あらゆる世代に人気のキャメルのスカートは、着こなし方によって全く違うイメージになります。この記事では、キャメルスカートの大人コーデを、フレアやタイト、プリーツスカートの三種類に分けてご紹介します。キャメルに合う色や、コーデのポイントも参考にしてみてください。

【フレア】キャメルスカートコーデ5選

①フェミニンコーデ

白の花柄セーターとキャメルのフレアスカートを合わせた、大人可愛いフェミニンコーデです。キャメルのスカートは、20代後半以降の女性でも渋さが目立ちすぎることがあります。そのため、白の花柄のセーターで少女らしさを足して、甘辛のバランスが整ったコーデにしましょう。

一般的な形のフレアスカートに飽きたという場合は、段違いやフリルなど、デザイン性の高いものを選んでも良いです。その場合は、トップスは無地にするか小さめの柄にすると、派手になりすぎない大人なコーデになります。

②レザージャケットコーデ

キャメルのロングフレアスカートと黒のレザージャケットを組み合わせると、エッジの効いた着こなしになります。レザージャケットは、大人の着こなしとは真逆のアイテムと思うでしょうが、落ち着きのあるキャメルのフレアスカートと合わせることで、かしこまった場所にも合うコーデになります。

③Aラインスカートコーデ

Aラインシルエットのキャメルフレアスカートを使ったコーデは、スタイルを良く見せたい女性におすすめです。腰から足元に向かって徐々に広がっていくAラインシルエットは、ボディラインに強弱がつくので、女性らしいメリハリのあるスタイルに見せる効果があります。

できれば、腰の部分を見せた方がスタイル補正効果が期待できるため、薄着をする春や夏コーデにおすすめです。キャメルのスカートに季節感を持たせるために、トップスはシンプルなTシャツが最適です。

④ゆるTシャツコーデ

やや大きめのTシャツを合わせたキャメルのフレアスカートコーデは、ちょっとしたお出かけの際におすすめのコーデです。素材にもよりますが、キャメルのフレアスカートは、全体的にクラシカルな雰囲気になります。そのため、ちょっとした買い物や友人との遊びに着て行くには、やや堅さが目立つ印象です。

しかし、トップスにゆるい大きめのTシャツを合わせるだけで、堅いキャメルのスカートが一気にラフなアイテムに変わります。シャツをインするときれいめコーデになりますが、ゆるさを出したい場合は外に出すのがおすすめです。

⑤膝丈フレアスカートコーデ

赤系のセーターと、膝丈のフレアのキャメルスカートが可愛い秋色コーデです。大人に似合うスカートというと、膝丈以上のロングスカートが定番ですが、短めの膝丈でもトップスを工夫すれば、大人のシックなコーデが作れます。

トップスの赤は、ボルドーやワインレッドなど、深みのある色を選ぶと良いでしょう。アクセントとなるベルトを付ければ、よりおしゃれ度の高いコーデになります。

【タイト】キャメルスカートコーデ4選

①大きめニットコーデ

キャメルのタイトスカートと大きめニットを合わせた、ドレッシーなコーデです。上下共に無地なので、一見するとシンプルな着こなしですが、トップスのゆるさとボトムスの堅さのギャップで、こなれ感のあるおしゃれなコーデに仕上がっています。

タイトスカートも、足首まであるマキシ丈に近いロングデザインなので、タイトなのにドレスのようなゴージャスさが出ているのもポイントです。ニットが大きすぎる場合は、前だけをインするスタイルにすると、全体のバランスが良くなります。

②スニーカーコーデ

キャメルのロングタイトスカートとスニーカーを合わせた、きれいめなゆるコーデです。キャメルのスカートはヒール系を合わせがちですが、実はスニーカーにも合うのが特徴です。足元をスニーカーにするだけで、上のカッチリとした雰囲気と下のゆるさが合わさった味のある着こなしになります。

ボトムスのロングスカートも、通常のタイトスカートよりもややフレアに近いデザインにすることで、より動きのあるコーデになります。スタイルを良く見せたい場合は、ハイウエスト系のスカートを選びましょう。

③オフィスカジュアルコーデ

キャメルのタイトスカートは、オフィスカジュアルなコーデにも向いています。特に、黄色よりはブラウンに近い色味のキャメルなら、堅い雰囲気のオフィスにもマッチするコーデになります。きれいめな着こなしにするために、トップスは無地のカットソーやジャケットで合わせましょう。

④マリンルックコーデ

秋冬のイメージが強いキャメルのスカートも、ボーダーのトップスと合わせたら夏にも似合うマリンルックが作れます。着方としては、トップスの前だけをインするスタイルにすることで、おしゃれでスタイルも良く見えるコーデになります。

夏コーデにキャメルのタイトスカートを用いる場合は、膝丈くらいのやや短めのデザインにして、涼しげな印象を出すようにしましょう。また、キャメルの色も、発色の良い明るめのトーンにするのがおすすめです。

【プリーツ】キャメルスカートコーデ4選

①プリーツスカート×クルーネックカーディガン

キャメルのプリーツスカートは、グレー系の冬コーデとの相性も良いです。キャメルとグレーでは重たい印象になりそうですが、プリーツスカートは動きの出る爽やかなデザインなので、全体を見ると軽さのあるコーデに仕上がります。キャメルが濃い場合は、トップスのグレーを明るめのトーンにするのがおすすめです。

②柄プリーツスカートコーデ

柄のキャメルのプリーツスカートは、少ないアイテムでおしゃれに着こなしたい人におすすめです。柄入りのキャメルのスカートは、一点だけでもコーデのアクセントになりますよ。差し色や個性的なアイテムなど、組み合わせ方を難しく考える必要がありません。

そのため、トップスは無地のTシャツやトレーナーなど、シンプルなものでも十分におしゃれなコーデになります。もし、ボトムス以外に派手な色やデザインを取り入れるなら、プリーツスカートの柄はできるだけ小さいものにしましょう。

③ブラウンコーデ

秋のコーデには、ブラウンのニットと濃いキャメルのプリーツスカートを合わせるのがおすすめです。上下をブラウン系で統一していますが、色の濃淡を変えてメリハリを出しているのが特徴です。また、足元に差し色の黒を持ってくることで、ぼやけた印象にもなりません。

さらに、スカートが動きのあるプリーツデザインなので、足首まであるロングデザインでも、軽さが感じられる秋コーデになっています。このような、ロングスカートの秋コーデが知りたい人は、以下の記事を参照してみましょう。

④グレーチェックジャケットコーデ

キャメルのプリーツスカートとグレーのチェックジャケットを合わせると、古風でメンズライクなコーデになります。グレーのジャケットはパンツと合わせるのが一般的ですが、渋めのキャメルスカートとの相性も良いです。

また、キャメルのプリーツスカートと合わせることで、女性らしさも加わった柔らかさのあるコーデが完成します。冬コーデにする場合は、アウターはジャケットではなくグレーのコートにしても似合いますよ。

キャメルスカートに合う色は?

①ホワイト

ホワイトは、キャメルスカートに合う定番のカラーです。キャメルスカートとホワイトのアイテムを合わせたコーデは、基本的にフェミニンやガ―リー系の雰囲気になります。また、薄い色と濃い色でコントラストが生まれるので、コーデがキュッと引き締まるのが特徴です。

②ブラック

ブラックの落ち着いた色合いも、キャメルのスカートとよく合います。この色の組み合わせは、シックな雰囲気が出るため、デートやディナーにおすすめです。また、黒系のアイテムには、ロングスカートやタイトスカートなどの大人なデザインがよく合います。

③ブラウン

同系色のブラウンも、キャメルのスカートと合います。同系色と言っても、色の濃淡は異なるので、お互いの色合いを打ち消すことなくシックな装いに見せることができます。ブラウン系同士の組み合わせの場合、薄着をしてもやや重く見えることがあるので、秋冬の寒い時期のコーデに取り入れてみましょう。

④ボルドー

深みのある赤であるボルドーも、キャメルのスカートと相性が良い色です。赤系の色合いなら何でも合う傾向にありますが、特に、ややブラウン系の入ったボルドーはキャメルにぴったりとマッチします。ボルドーのトップスが着づらい場合は、靴やバッグなどの小物に取り入れると良いでしょう。

⑤パープル

パープル系も、キャメルのスカートに合う色です。この色の組み合わせは、全体的に古着系の柔らかな雰囲気になります。基本的に、パープルがキャメルの渋さを和らげてくれるので、キャメルのスカートがタイト系でも、親しみやすい女性の雰囲気が出せます。この他にも、キャメルに合う色は、以下の記事で紹介されています。

キャメルスカートをおしゃれに着こなすポイントは?

①シーンに合わせて色の濃さを変える

キャメルのスカートは、着て行くシーンで色の濃さを変えると、よりおしゃれな着こなしになります。友人との遊びや昼間のデートなどには、イエローに近い明るめのトーンがおすすめです。ディナーや仕事などには、ブラウンに近い上品なトーンを選ぶとおしゃれですよ。

②膝丈以上のデザインを選ぶ

キャメルのスカートは、膝丈以上のロングデザインを選ぶと、より大人な着こなしができます。キャメル自体は大人っぽい色ですが、短い丈だとやや不釣り合いな印象になってしまいます。そのため、短くても膝丈くらいの長さのものを選ぶのがポイントです。

ただし、タイトスカートの場合は、多少短めでも違和感は出にくいです。また、どうしてもショート丈を履きたいときは、トップスにボルドー系の大人っぽい色を持ってくるか、ジャケットなどのカッチリとしたアウターを羽織るのがおすすめです。

キャメルスカートは着こなしでイメージがガラリと変わる

キャメルのスカートは、コーデの仕方でゆるめにもカッチリめにも着こなせるアイテムです。また、寒い季節のイメージが強いですが、合わせるアイテムやスカートのデザインによっては、春夏のコーデにも使えます。季節が限られてるからと避けていた人も、この機会に、様々なキャメルスカートコーデに挑戦してみましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。