Large thumb shutterstock 606654881

キャメルに合う色って?トップスからパンツまでコーデを大量に紹介!

更新:2019.06.21

今年ももうすぐキャメルのアイテムが映える季節がやってきます!今回はキャメルに合う色や、キャメルを使ったコーディネートを一挙に紹介していきます。トップスからパンツ、スカートにカーディガンもお任せあれ!暖かみと品の良さが共存したキャメルを上手に使い、オシャレ上級者を目指しちゃいましょう。

大人っぽいのにガーリー!奥深いキャメルの魅力

キャメルってどんな色?

春夏秋冬で使いこなせるキャメル色は、その色自体の持つ暖かみから特に秋~冬に人気のカラーとなります。トレンチコートなどを始めとした防寒具にもキャメルは多く使われていて、帽子やマフラーなどの小物にも人気を博しています。

キャメルとは、ダジャレのようですが「キャラメル」に近いカラーです。色鉛筆やクレヨンなどで言う「おうどう色」で、一般的なブラウンよりも白味が強いものを指します。

ベージュとの違いは?

よく一緒にされやすいキャメルとベージュですが、ベージュの方がより肌色に近い黄色味があります。ですが昨今では、黄色味が薄めのベージュに近い色から薄く赤いブラウン色まで、まとめてキャメルと呼ぶことも多いようです。

色自体の知名度の上昇に合わせてそのあたりが曖昧になっている節は確かにあります。元々キャメルはその名の通り「ラクダ色」とされていて、まるでラクダの体毛のように明るめの茶色を指すのが一般的でしょう。

対してベージュは本来は染めていない羊の毛の織物のことを指していました。やはり色味が少なく黄色がかっていて、どちらかというとキャメル以上にホワイトに近いものと判断して良さそうです。

男女共に好感度の高いキャメルを着こなそう!

キャメルはベージュほど女性らしすぎず、ブラウンほど男性的な色ではありません。媚びないのにキュートな魅力のキャメルは男女共に好感度の高い色なのです。

モノトーンアイテムと合わせても良し、ワインレッドやモスグリーンなどの明度が低めのカラーと合わせても良し。更にはブルーやピンクなどの主張の強いカラーの邪魔もしないでいてくれるというまさに万能カラー、キャメル!

カジュアルコーディネートはもちろんのこと、モノトーン以外でフォーマルに着こなすことができる貴重なカラーでもあります。この秋冬は是非そんなキャメルのアイテムを着こなして、他の女性との差を付けちゃいましょう!

POINT

キャメルを着こなして、この秋冬で一歩大人な新しい自分に!

キャメルはカジュアルにもフォーマルにも着こなせる万能なカラーです!更にモノトーンやビビットなど、他のどのカラーとのバランスもばっちりサポートしてくれます。次項ではそんなキャメルの魅力たっぷりなコーディネート術を一挙に紹介していきます!

キャメル×モノトーンのコーディネート術

キャメル×ホワイト

キャメルとホワイトは少女らしさを忘れずに、大人の女性としての暖かさを表現できる組み合わせです。こちらはホワイトのブラウスにベージュのサロペットを合わせたコーディネート。

余計な装飾の無いデザインがカラーの暖かさを引き立て、保守的な女性を演出しています。袖のもたり具合がユルくて素敵です。

こちらはおなじインナーホワイトでも、レースでフェミニンな雰囲気を。幼さを感じさせる大柄のレースですが、大きなVネックの大胆な切り込みで前衛的なモードファッションとして成立しています。足元ののカジュアルなスニーカーとのギャップが目を引く上級者コーデですね。

こちらの写真でも効果的にマニッシュさを出せているスニーカーコーデ。気になる方はこちらの記事もどうぞ!

こちらはシャツ素材のトップスにファーのカーディガンを着て、キャメルのロングスカートで。もっさりしやすいトップスをキッチュな入れ込みで上手くカバーしています。指先が華奢に見えるフワリと広がる袖は優しいイメージを連想させ、キャメルの持つ柔らかな雰囲気との相性が良いです。

こちらはキャメルのアウターに大胆な折り返しが。トップスとアウターの2WAYアイテムは、1枚だと首元まで締めてハイネックでもOK。攻めたデザインも上品な素材のホワイトスカートでシックに纏まります。濃い目のキャメルとデザイン性で差し色いらずのナイスコーデ!

ベージュに近い、クリームイエロー要素のあるキャメル。ホワイトとブラックのモノトーンアイテムで包んで夏のカジュアルな装いです。ぼやけがちなシルエットを耳元とブラックでしっかり全体の存在感をカバー。それぞれの色合いがそれぞれを引き立て合います。

キャメル×ブラック

キャメルは全体を覆うように着ていてもカラーに飲み込まれることが無く、女性らしさとモードなオシャレ感を演出してくれます。こちらのブラックのワンピースはとても良い例。2カラーしか無いコーデですが、ブラックの持つ品の良い大人の女性の魅力をより引き立ててくれています。

こちらの写真のようにポケットがファー素材になっているロングカーディガンなど、一見シンプルすぎるようなコーデにも華を添えてくれるカーデは何着か持っていたいアイテムですよね。カーディガンの着こなしはこちらの記事もどうぞご参考ください。

キャメルのパンツとブラックのトップスの間から見える、ボーイッシュなボーダーに遊び心が。キャメルとブルーはほとんど対極に位置するカラーですので、少しチラ見えするだけでもとても良く映えます。キャメルと少しばかりのブルー、2色のコントラストをカバーするのはやはり安定のブラック。

キャメルのトップスだけではなく、ハット・ブーツ・バッグにそれぞれ趣の違うキャメル系カラーを入れています。絶妙に種類の違うその色達をブラックのロングスカートが美しく纏めます。肌の色やヘアカラーすらもトータルコーディネートの一員として作用する、お見事な着こなしですね。

こちらは同じブラックとの組み合わせでも、女性特有の無防備さとトラッドさが上手くマッチしたコーディネート。ゆるく大きなプリーツとリボンの揺らめきが、キャメルという控え目なカラーであっても華やかさを演出します。トップスがタイトなブラックだと下半身の動きがより強調されます。

逆にブラックのトップスをゆるりとしたのであれば、ルーズなパンツと合わせればラフで気取らないオシャレを楽しめます。細かなプリーツの入ったワイドパンツは足首を細く見せ、気になる体のシルエットもふんわり隠してくれます。ルージュのカラーが良く映えるコーデです。

キャメル×グレー

お上品なギンガムチェックは大人の女性のマストアイテム。学生さんあたりが着ると幼くなってしまいがちなのですが、大人の女性が着ると一転してハイソサエティな印象を与えます。品の良さを高めるにはキャメルの控え目なフォーマルさがベスト!派手さではなくデザインと組み合わせで差を付けましょう。

グレーのスラックスパンツにベージュのニットでカジュアルダウンしている上級者コーデです!キャメルを小物のマフラーとして使うだけで、いつものおしゃれに余裕を感じさせますね。小物としてもキャメルを使っていきましょう。

グレーは派手な柄物だったとしてもキャメルとの相性抜群!副色となるものがほとんど無い色なので、同じく主張が控え目であるキャメルとの相性は抜群です。こんなに大柄のペイズリーでも、シンプルなホワイト・キャメルで決めればゆったりとした印象にすらなるのです。

キャメル相手だけではなく、様々なカラーに汎用性の高いグレー。こちらの記事はグレーファッションの特集となりますので気になる方はどうぞ!

POINT

キャメルの面積で全体の印象が変わる!

キャメルはモノトーンへコーデでの差し色感覚でも使えます。キャメルの面積を広くすることで全体的にマニッシュ&モードなイメージに。暖かみや柔らかさも増えていきます。是非少なめのカラー数でシンプルにデザイン勝負をしていきたいところ。

キャメル×カラーのコーディネート術

キャメル×ブルー

キャメルは秋冬だけのカラー?そんなことはありません。カジュアルなデニムパンツと合わせることで、春や夏の季節でもキャメルは街行きスタイルに大変身!麦や麻の素材との相性が良いので、小物アイテムを通気性の良いもので合わせれば汗ばむ季節にこそピッタリなコーデになります。

キャメルは涼しげなシースルータイプのトップスとの相性だってOKです。よりコンサバティブな印象を与えてくれるので、家庭的で素朴な優しい女性のイメージを演出してくれます。こちらのロングスカートはあえてリボンをフロントに。崩さないスタイルで完成度の高い全体像を出します。

同じブルーであっても、冴えるような鮮やかなスカイブルーはキャメルとは対極の位置にあります。相反する2つのカラーを取り入れ、それ以外はモノトーン以外は抑えます。そうすることで2つのカラーはよりお互いを引き立てあい、ブルーやより爽やかに、キャメルはより穏やかに演出されます。

キャメル×ワインレッド

着方によっては派手に浮いてしまうワインレッドは、その品の良さを活かすアイテムが必須です。思わず無難なモノトーンに逃げがちになりますが、そんな時には媚びすぎないキャメルがピッタリ!ワインレッドの持つ品格とフェミニンさをバランス良く引き伸ばしてくれます。

一見、キャメルはワインレッドに合うの?と思ってしまいますが、ワインレッドに合う色を見れば解決です。以下にワインレッドに合う色をまとめた記事を紹介しますので、参考にしていただきたいです!

キャメル×パープル

鮮やかなパープルはスカイブルーと同じくキャメルとは対称の位置にあるカラーです。ここでもポイントはそれ以外のカラーを入れないこと。本来ミスマッチをするカラーは、お互いを引き立てあってこそナンボです。余計な差し色はいりません。こちらの場合は靴元のシルバーの煌めきが華やかさをプラス!

キャメル×柄

穏やかで主張の少ないキャメルは、派手な柄や大柄であってもバランス良くトータルコーデとして内包してくれます。当然、こちらのようなノースリーブとの相性は抜群!女性の曲線部位の美しさをより魅力的に見せるには、キャメルの暖かみがとても良く合います。

多様なカラーはもちろんのことモノトーンとの相性が抜群なキャメルが、モノトーンの柄物と合わないわけがありませんよね。キャメルの持つ落ち着いた余裕のあるイメージに、独創的なクリエイティビティを与えてくれます。ホワイトメインでもブラックメインでも合うのが良いところですよね!

POINT

キャメルはどのカラーが相手でも上品な印象を与える!

ブルー・レッド・パープル・グリーンなどのパッキリとした色をキャメルは優しく包んでくれます。モノトーンだと単調になってしまうと悩む人にこそオススメしたいのはキャメルなのです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。キャメルの魅力の解説とコーディネートの紹介をさせていただきました。大人の女性ならではの着こなしが楽しめるキャメル。カジュアルにもフォーマルにも、マニッシュにもトラッドにも!様々なファッションスタイルに合わせてその魅力と奥深さを発揮してくれます。

肌寒くなってくる季節にはキャメルの出番です!キャメルアイテムを身に纏い、軽やかに街に繰り出してみましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。