Large thumb shutterstock 72902923

ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ23選!大人っぽくも履けて優秀♪

更新:2022.03.05

ベージュのスニーカーは、大人カジュアルなコーデにぴったりのアイテムです。きれいめスタイルにも対応できるので、1つ持っておくと幅広い使い方が楽しめます!今回は、ベージュスニーカーを使ったコーデを季節別に紹介しているので、是非チェックしてみてください!



ベージュスニーカーの合わせ方のポイント

①バランスに注意する

ベージュスニーカーを履く場合は、全身のバランスに注意しましょう。特にミモレ丈のスカートなどの時は、脚もトンもバランスに注意してコーディネートするのがポイントです。

②ベージュ色と相性の良い色でまとめる

ベージュとマッチする色を使ってコーディネートするのがポイントです。全身をベージュ系のカラーでまとめたり、淡い色でまとめるとトレンド感のある着こなしになります。

【春編】ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ5選

①春色カラー×ベージュキャップ

くすみピンクや明るいデニムのように、春らしい色を使ったコーデには、ベージュのスニーカーがぴったりです。全体的に柔らかい色味でまとまるので、女性らしく仕上がります。タイトロングのスカートを選ぶことで、大人っぽさのあるカジュアルコーデになりますよ。

ベージュのスニーカーをチョイスした場合、他の小物もベージュにしましょう。ベージュ色のキャップならコーデに組み込みやすく、統一感が出ます。ベージュ色は春っぽさのある色なので、季節感を出すことができるのがポイントです。

②だぼパンツ×ベージュトップス

だぼっとしたパンツとベージュスニーカーを合わせる場合、ベージュのトップスを組み合わせましょう。パンツ以外のアイテムを同じ色で統一しているので、メリハリのある春コーデになります。くすみブルーのパンツなら、春らしくなるだけでなく、トレンド感のある着こなしに仕上がります。

だぼっとしたパンツとスニーカーを組み合わせる場合、脚が全て隠れてしまうので、どこかで抜け感を出す必要があります。首元が開いたトップスを着たり、腕まくりをして手首を見せる事で、抜け感のあるコーデになりますよ。

③パステルカラー×ボーダートップス

春らしいラベンダー色を使ったパステルコーデには、ベージュのスニーカーがぴったりです。ベージュは明るくどんな色にもマッチしやすいので、パステルカラーにも対応できます。パステルカラーはラブリーなコーデになりがちなので、スニーカーを履く場合は、カジュアルなアイテムをプラスしましょう。


ボーダー柄のトップスならば、スニーカーのカジュアルテイストとマッチします。コーデ全体でテイストのバランスを整えると、バランスのいい着こなしを楽しむことができますよ。

④スウェット×レーススカート

スウェットとベージュスニーカーを組み合わせる場合、レーススカートをプラスしてフェミニンに仕上げましょう。スウェットとスニーカーだけでは、カジュアル過ぎる着こなしになってしまいます。ボトムスをレーススカートにすることで、女性らしさのある春コーデになります。

スカートはロングタイプを選ぶのがポイントです。大人っぽく仕上がるので、20代後半から30代の女性にぴったりな着こなしになります。また、スカートと靴の色を統一した合わせ方をする事で、下半身がすっきりして見えます。

⑤カジュアルトップス×スキニー

カジュアルなトップスに、ベージュスニーカーを合わせる場合は、スキニーパンツを使った合わせ方がおすすめです。スキニーはきれいめな印象を持たせるボトムスなので、カジュアルコーデにプラスする事で、大人っぽく仕上がります。

ただ、春に黒のスキニーだと重たくなりがちなので、他のアイテムはベージュのように薄い色で統一しましょう。ボトムスだけを濃い色にした場合は、他のアイテムの色でバランスを取るように意識すると、季節感のあるコーデになります。

また、大人女子の間で、スニーカーをきれいめに着こなすコーデが流行っています。以下の記事では、スニーカーをきれいめに着こなすための合わせ方や、ポイントを紹介しているので、是非参考にしてみてください!

【夏編】ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ5選

①シンプルコーデ×ハイウエストパンツ

無地の黒Tシャツとデニムパンツを合わせた夏コーデには、ベージュスニーカーを組み合わせるのがおすすめです。トップスもボトムスも暗い色なので、ベージュのスニーカーで明るさを足して、夏らしく仕上げましょう。シンプルなコーデなので、大人の女性でも着こなしやすいです。

ハイウエストタイプのデニムパンツを選ぶことで、スタイルの良い着こなしになります。シンプルなコーデは、アイテムのフォルムが重要です。Tシャツの袖を折ったり、ハイウエストパンツを履くなど、細部にこだわった着こなしを楽しみましょう。

②ノースリーブニット×ハイウエストパンツ


夏らしいノースリーブのニットには、ハイウエストの白パンツを合わせましょう。大人っぽくきれいめなコーデに仕上がりますよ。スニーカーを合わせる事で、外しの効いたコーデになります。きれいめコーデにスニーカーをプラスする場合、トップスとスニーカーの色味を統一させた合わせ方をするのが、ポイントです。

③シンプルTシャツ×フレアスカート

シンプルなTシャツには、フレアタイプのスカートをチョイスして、フェミニンカジュアルなコーデにしましょう。キャップとスニーカーを同じ色にする合わせ方なら、統一感のある着こなしになります。フレアスカートは、ロング丈を選ぶと、大人っぽい夏コーデに仕上がりますよ。

④サロペット×シックカラー

黒いサロペットとベージュのスニーカーを組み合わせる場合、Tシャツもベージュにする合わせ方が良いでしょう。全体的にシックな色味になるので、サロペットでも大人っぽく仕上がるのがポイントです。夏にシックな色味は暑苦しいので、涼しげなヘアアレンジなどで夏らしさを出すのが良いですよ。

⑤ロングシャツ×淡色コーデ

夏らしい素材のロングシャツを着こなす場合、全身を淡色でまとめる合わせ方がおすすめです。流行りのコーデなので、トレンド感も出て大人っぽく仕上がります。ロングシャツは、スニーカーと同じベージュ色を選ぶとまとまりますよ。インナーは夏らしいブルーをチョイスして、季節感をアピールしましょう。

【秋編】ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ4選

①ベージュニット×ブラックパンツ

ベージュのニットと黒のパンツを組み合わせた場合、ベージュのスニーカーでバランスを取る合わせ方がおすすめです。パンツもインナーも黒なので、ベージュアイテムを追加しないとカーディガンだけが浮いてしまいます。秋らしい色の組み合わせなので、季節感を出したい時にもぴったりです。

②薄色コーデ×デニム

秋に薄色コーデをする場合は、グレーを利用しましょう。秋はシックな色味でまとめるのがおすすめな季節なので、ベージュや白だけのコーデにしてしまうと、季節感が無くなってしまいます。グレーなら薄い色味でもシックな印象になるので、秋でも薄色コーデが楽しめますよ。

ただ、グレー一色の薄色コーデではメリハリがなくなってしまいます。靴はベージュにする事で、コーデにアクセントがつきます。また、グレーデニムをチョイスする事で、大人カジュアルな秋コーデが完成します。


③ブラウンカーデ×薄色デニム

濃いブラウンのカーディガンには、明るい色のデニムを合わせましょう。濃いブラウンは秋らしい色なので、明るい色味のボトムスでも季節感のある着こなしに仕上がります。靴をベージュにして、まとまりのあるコーデにするのがポイントです。

④ゆるシルエット×ワントーンコーデ

ゆるっとしたシルエットのコーデは、ワントーンでまとめましょう。秋らしくベージュやグレーで統一させるのがベストです。ワントーンコーデは、色の濃度でメリハリをつけるのがポイントなので、濃いベージュのスニーカーを選びましょう。色でメリハリをつければ、野暮ったい秋コーデになるのを防ぐことができます。

【冬編】ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ5選

①パーカー×柄スカート

冬はパーカーとロングスカートを合わせた、フェミニンカジュアルなコーデがおすすめです。ベージュのスニーカーなら、カジュアルさとフェミニンさの両方を兼ね備えているのでマッチします。パーカーを無地にした場合は、柄のスカートをチョイスして、メリハリのある冬コーデに仕上げましょう。

②モカパーカー×ベージュスカート

冬にワントーンコーデをする場合は、モカ色を活用するのがおすすめです。ベージュと似た色なので、ベージュスニーカーとも合わせやすく、シックにまとまります。パーカーとロングスカートで、大人っぽさのある合わせ方を楽しみましょう。

③ショートダウン×レーススカート

冬っぽいショートダウンには、レースのスカートを合わせてフェミニンさのあるコーデにしましょう。アウターもスカートも黒色なので、ベージュのスニーカーが良いアクセントになっています。ベージュの靴下で、足元のバランスを調整しているのがポイントです。

④ベージュカーデ×カーゴパンツ

ベージュのカーディガンには、カーキ色のカーゴパンツを合わせて大人カジュアルな冬コーデにしましょう。靴もベージュ色なので、全体的に統一感のあるコーデに仕上がります。冬にベージュ色を使う場合は、カーキや黒などシックな色味と組み合わせるのがおすすめです。

⑤チェックセーター×デニム

チェック柄のセーターには、濃い色のデニムを合わせて、冬っぽさのあるコーデにしましょう。セーターにベージュが入っているので、ベージュのスニーカーを合わせても、靴だけ浮いてしまう心配がありません。

【スカート編】ナチュラルかわいいベージュスニーカーコーデ4選

①レース素材×ロング丈

レース素材のスカートなら、スニーカーと組み合わせても、野暮ったく見えません。ロング丈のスカートとスニーカーを組み合わせる場合、下半身が野暮ったく見えがちなので、素材で抜け感を出すのがポイントです。特に春夏は、レース素材で涼しげな雰囲気を持たせると季節感が出ますよ。

②ベージュアウター×明るめフレアタイプ

ベージュのスカートとベージュのアウターを組み合わせる場合、明るい色のスカートでバランスを取りましょう。フレアタイプのスカートを選ぶことで、スカートを主役にしたコーデが完成します。

③ボリュームアウター×すっきりデザイン

ボリュームのあるアウターを着る場合は、スニーカーと同じベージュを選ぶ事で、まとまりのある着こなしになります。スカートはすっきりとしたデザインの物を選ぶと、トップスとのバランスが良くなりますよ。

④柄ロング丈×カラー統一

ロング丈の柄スカートを着る場合は、スニーカーと同じベージュ色を選ぶのがおすすめです。色を統一させることで、派手な柄でもすっきりとします。下半身がベージュで統一されているため、上半身はブラウンや白など他の色を選ぶのが良いですよ。

ベージュスニーカーコーデでおしゃれを楽しもう!

ベージュのスニーカーは、春夏秋冬使う事ができるので、1つ持っておくと便利です。どんなテイストのコーデにもマッチするので、幅広い使い方が楽しめます。人と差をつけたい場合は、スエード素材など変わったスニーカーで個性を出すのも良いですね!

以下の記事では、女性人気の高いスニーカーブランドをまとめています。初めてスニーカーを購入する方はもちろん、スニーカー好きの女性にも参考になる記事なので、是非併せてチェックしてみてください!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。