Large thumb shutterstock 557070736

100均|ダイソー・セリアのアトマイザー17選!香水の詰め替えにガラス製も♪

更新:2021.01.08

香水を購入した方のなかには「もっと手軽に香水を付けたい」という方も多いことでしょう。実は100均には、香水が手軽に付けられるアトマイザーが販売されています。今回は、100均で買えるアトマイザーを紹介します。ショップ別にまとめていますので、ぜひご覧ください!

【ダイソー】100均でおすすめのアトマイザー6選!

①ローズ型ガラスアトマイザー

1つ目は「ローズ型ガラスアトマイザー」です。SNS上でも「アナスイっぽい」と高い人気を誇っている、ダイソーのアトマイザーとなっています。バラの花をイメージしたデザインボトルが特徴であり、クリアカラーと色付きボトルの4色が展開されている点が魅力的です。

②ラインストーンアトマイザー

2つ目は「ラインストーンアトマイザー」です。ダイソーで買えるアトマイザーのなかでも、屈指の人気を誇る商品となっています。高級感のある落ち着いたメタリックカラーに、ラインストーンの装飾が付いているというおしゃれなデザインが魅力的です。

③スリム型スプレーボトル

3つ目は「スリム型スプレーボトル」です。スリムボディでありながら18mlも入る点が魅力的な、ダイソーのアトマイザーとなっています。デザインやカラーもシンプルで落ち着いているため、男女問わず使いやすい点も魅力的です。詰め替え用の液もたっぷり入るため、コスパを重視したい方におすすめできます。

④エレガントアトマイザー

4つ目は「エレガントアトマイザー」です。ダイソーで販売されている商品であり、初登場時から高い人気を集めているアトマイザーとなっています。フタ部分がゴールドやシルバーなどのメタリックカラーなため、高級感がある点が魅力的です。

本体はスリムデザインになっており、化粧ポーチにもすっぽり入ることから、普段づかいはもちろん旅行時や外出時の荷物にもおすすめです。

⑤星型スプレーアトマイザー

5つ目は「星型スプレーアトマイザー」です。ダイソーで購入できる、ポップな星柄が特徴的なスプレータイプのボトルとなっています。ピンクや紫、青などといった、パステルカラーを中心とした豊富なバリエーションが用意されているため、香水や化粧水の種類に合わせて使い分けられる点が魅力的です。

⑥ロールオン香水ボトル

6つ目は「ロールオン香水ボトル」です。ダイソーで販売されているアトマイザーのなかでも珍しい、ロールオンタイプのガラスボトルとなっています。ロールオンの口がプラスチックボールになっており、首や手首などに塗るだけで使える点が魅力的です。

またスプレータイプのボトルは、使用時の音が大きい。液体が飛び散ってしまうなどの悩みもありますが、ロールオンは音も飛沫も出ない点も注目すべきポイントです。アトマイザーの使い方に慣れていない方や「いつでも手軽に使えるアトマイザーが良い」という方におすすめできます。

【セリア】100均でおすすめのアトマイザー4選!

①フロントガラスアトマイザー

1つ目は「フロントガラスアトマイザー」です。すりガラス風のデザインがおしゃれな、セリアのスプレーボトルとなっています。香水や化粧水などに対応しており、本体はパステルカラーなため、ポーチに入れての持ち運びにもぴったりです。アトマイザーの使い方に慣れていない初心者にもおすすめの商品です。

②メタリックアトマイザー

2つ目は「メタリックアトマイザー」です。セリアで買えるアトマイザーのなかでも、屈指の人気を得ている商品となっています。ダイソーのメタリック系アトマイザーとは異なり、インパクトのある濃いめのメタリックカラーが特徴です。

まるでブランド香水を思わせる、おしゃれな雰囲気がある点が魅力といえます。ポーチにも入るほどのコンパクトサイズのため、持ち運びにもおすすめのセリア商品といえます。「アトマイザーはおしゃれなデザインにこだわりたい」という方におすすめのセリア商品です。

③プラスチックスプレーボトル

3つ目は「プラスチックスプレーボトル」です。主にセリアで販売されているスプレータイプのアトマイザーのなかでも、屈指のバリエーションが展開されています。

フラワー柄やボタニカル柄などが人気であり、手のひらサイズのミニサイズであるため、持ち運びにもおすすめです。ボトルの柄によって中身の香水や、使い方を変えるのも良いでしょう。

④消毒液対応アトマイザー

4つ目は「消毒液対応アトマイザー」です。セリアで販売されているスプレータイプのアトマイザーであり、消毒用アルコールの詰め替えに対応しているアイテムとなっています。可愛いドット柄のデザインであるため、SNS上でも人気の商品です。

1本が50mlまで入れられる大容量ボトルが特徴的です。ボトル自体がコンパクトであるため、持ち運びにもおすすめできます。アルコールはもちろん、香水や化粧水、虫よけ剤なども入れられるため「様々な使い方ができるアトマイザーが欲しい」という方におすすめです。

【キャンドゥ】100均でおすすめのアトマイザー4選!

①スパイラルスプレーボトル

1つ目は「スパイラルスプレーボトル」です。主にキャンドゥで販売されているガラス製のスプレーボトルであり、高級感のある渦巻状のデザインが魅力といえます。ボトル自体がコンパクトであるため、小さなバッグやポーチに入れて持ち運びができるため、お出かけ時にもおすすめのキャンドゥ商品です。

②ミニスプレーボトル

2つ目は「ミニスプレーボトル」です。キャンドゥで販売されているミニスプレーボトルとなっています。ボトルには40ml~100mlと幅広い内容量のものが展開されている点が魅力的です。

空港の機内持ち込みも可能な少量タイプとなっているので、旅行時の持ち運び用荷物に入れておくのも良いでしょう。また、香水や化粧水などの詰め替え用液にも対応しているため、様々な使い方ができるキャンドゥ商品です。

③グラデーションガラスアトマイザー

3つ目は「グラデーションガラスアトマイザー」です。主にキャンドゥで販売されているガラス製のスプレーボトルとなっています。曲線とグラデーションがデザインされた見た目がおしゃれであると人気です。本体は細長くスリムであるため、香水や化粧水を入れて気軽に持ち運びたい時にもおすすめのキャンドゥ商品といえます。

④エアレスポンプボトル

4つ目は「エアレスポンプボトル」です。キャンドゥやセリアを中心に販売されている、新感覚のアトマイザーとなっています。一般的なスプレータイプの香水ボトルのような「吸引ノズル」が付いておらず、香水の量に合わせて中底が上昇するという仕組みが特徴的です。

一般的なスプレーやロールオンのアトマイザーの場合、内容量が少なくなると使いにくくなります。しかしエアレスポンプの場合、傾けても逆さにしても使えるため、最後まで使い切れる点が魅力的です。頻繁に中身を詰め替える方や「スプレーやロールオンのアトマイザーは使いにくい」と感じたことがある方におすすめできます。

【シルク】100均でおすすめのアトマイザー3選!

①じょうご付きスプレーボトル

たくさんのアトマイザー

1つ目は「じょうご付きスプレーボトル」です。主にセリアやシルクにて販売されている香水ボトルセットとなっています。香水や化粧水などを詰め替える時に、液漏れしてしまわないように「じょうご」がセットになっている点が最大の特徴です。

クリアカラーのおしゃれな見た目も可愛らしく、持ち運び用としてもおすすめできます。ロールオンやスプレータイプなどといった、アトマイザーの使い方に慣れていない方にも扱いやすい商品です。

②ペン型アトマイザー

2つ目は「ペン型アトマイザー」です。主にキャンドゥやシルクなどで販売されている小型のアトマイザーとなっています。フタの側面にフックが付いているため、バッグや服のポケットに挿し込んで持ち運びできる点が魅力的です。ボトルがクリアタイプであるため、中身もしっかり確認できるようになっています。

③カラーアトマイザー

色とりどりのアトマイザー

3つ目は「カラーアトマイザー」です。主にシルクやセリアにて販売されているプラスチック製のスプレーボトルとなっています。25mlのボトル2本がセットになっており、バッグのポケットにもすっぽり入るほどのコンパクトサイズである点が特徴的です。

大きめのスプレーノズルが搭載されているため、香水はもちろん、詰め替え用の消毒液や虫よけ剤などを入れるのもおすすめです。2本はそれぞれ異なるカラーであるため、中身が違っても分かりやすい点も魅力といえます。「気軽に持ち運びできるほどのコンパクトなアトマイザーが欲しい」という方におすすめです。

100均で買えるアトマイザーの使い方とは?

①詰め替える量は6~8分目

香水のボトル

アトマイザーの使い方に慣れていない人の中には「一度に詰め替る量がわからない」という方も多いことでしょう。詰め替える回数を減らしたいがために、一度にたくさんの量の香水や化粧水をアトマイザーに入れる人も少なくありません。

しかし、あまり大量に入れてしまうと、フタを閉める時に溢れてしまったり、液漏れしてしまったりする場合もあります。アトマイザーの容器サイズや内容量をチェックしてから、詰め替えるようにしましょう。

②詰め替えの際はじょうごやスポイトを使うこと

たくさんのスポイト

香水には大きく分けて、ノズル部分が取り外せるものと、密閉タイプの2種類が存在しています。そのため、香水のボトルの種類に合わせて、じょうごやスポイトなどといった「詰め替え用品」を使って詰め替えるようにしましょう。

じょうごは、片側の先が細く、もう片方の先が広くなっている詰め替え用品であり、香水を直接吹き込むだけで詰め替えができます。また、アトマイザーのボトルが小さい場合は、スポイトで吸い取ってから少しずつ移し替えましょう。

③長時間使わない時は洗浄しよう

大きい香水ボトル

「お出かけ時や旅行時にしか香水を使わない」という方の場合、香水を入れたアトマイザーはしっかりお手入れしておきましょう。香水を入れたままにしておくと、ノズルやロールオン部分が詰まってしまう場合もあるため、香水を抜いてから、無水エタノールで洗うことをおすすめします。

アトマイザーに入れて楽しめる代表的なものである「香水」ですが、頻繁に香水を使わない方のなかには「数か月放置した香水も使っている」という方も多いのではないでしょうか?実は、香水には消費期限があるとされています。関連記事では、香水の使用期限についてまとめた記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。

100均でおすすめのアトマイザーを使ってみよう!

ダイソーやセリアなどの100均には、他にも様々なアトマイザーがたくさん販売されています。「香水や化粧水などをもっと手軽に使いたい」という方は、ぜひ今回ご紹介した使い方を参考にしながら、おすすめのアトマイザーを使ってみましょう!

100均と同様、コスパの良い商品を数多く取り揃えている「無印良品」にも、便利なアトマイザーがたくさん販売されています。そこで関連記事では、無印良品で買えるおすすめのアトマイザーについてまとめた記事を掲載していますので、ぜひこちらもご覧ください。

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。