Large thumb jamie coupaud  b5vt7zfczg unsplash

濃いメイクが似合わない顔って?派手なアイメイクやリップが似合わない理由はコレだ!

更新:2022.08.29

濃いメイクにチャレンジしたい場合、メイクが自分に似合うのかが心配ですよね。そこで、今回は濃いメイクが似合わない理由を、顔のパーツ別に紹介します。濃いメイクが似合わない特徴や、改善方法もまとめているので、是非チェックしてみてください!



【全体編】濃いメイクが似合わない理由

①童顔

フェイス

濃いメイクが似合わない理由として、童顔である事が挙げられます。童顔で幼い顔をしている女性が、派手なメイクを施すと、アベコベな雰囲気になってしまいがちです。特にキリっとしたアイメイクや、濃い色のリップは本来の顔の雰囲気にマッチせず、似合いにくいです。

また、童顔の人が派手なメイクをすると、子どもが化粧をしたように見えてしまいます。化粧は大人がするものですから、子どもの顔に施すと違和感のある印象になりがちです。童顔の人が濃いメイクをすると、それと同じ現象が起こってしまいます。

②濃すぎる顔

ロングヘア

濃過ぎる顔立ちの方も、濃いメイクが似合わないです。もともとの顔がハッキリしているのにも関わらず、派手なメイクをしてしまうと、舞台化粧のような派手過ぎる印象になりがちです。顔立ちがハッキリしている方は、ナチュラルメイクで十分映えるので、派手なメイクは避けましょう。

よく、化粧映えする顔立ちという言葉が使われますが、化粧映えする顔とは濃い顔の事ではありません。濃い化粧をした時に、馴染む顔の事を化粧映えする顔と言うので、もともと顔が濃い方は、逆に派手な化粧が似合わないのが特徴です。

③丸いフェイスライン

ファンデーション

フェイスラインが丸い方も、濃いメイクが似合わない傾向にあります。フェイスラインが丸いと、幼くて可愛らしい印象を与えがちです。基本的に顔立ちが可愛い系の女性は、派手なメイクが似合わないという特徴があるので、注意するようにしましょう。

逆に、フェイスラインが卵型の方や面長の女性は、派手なメイクがマッチしやすいという特徴があるので、試してみると良いでしょう。丸いフェイスラインの女性は、流行りの引き算メイクなどで、ナチュラルな雰囲気に仕上げるのがコツです。

「濃いメイク」と言うと、多くの人が外国人の様な派手なメイクの事を想像するかと思います。ハイライトやローライトを細かく入れるなど、コツを押さえる事で、憧れの外国人風メイクに近づけることが可能です。以下の記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてください。


【アイメイク編】濃いメイクが似合わない理由

①一重

ブラウンアイシャドウ

濃いアイメイクが似合わない理由の一つに、一重が挙げられます。日本人に多い一重瞼ですが、濃いアイメイクを施してしまうと、逆に目を腫れぼったくみせてしまいがちです。特に、濃い色のアイシャドウなどを使ってしまうと、目が小さく見えがちなので注意しましょう。

ただ、一重の女性はハッキリとしたアイラインが似合う傾向にあります。日本人形のようにキリっとしたメイクが似合うので、自分に合ったアイメイクを意識しましょう。奥二重の方も、派手な色のアイシャドウより、ブラウンなどナチュラルなアイシャドウの方が映えます。

②たれ目

アイライナー

たれ目の女性も、濃いアイメイクが似合わないです。たれ目の場合、もともと目のインパクトが強いという特徴があります。そのため、アイシャドウやアイラインなどのアイメイクを派手にすると、目だけ強調されたような印象になってしまいがちです。

よって、アイシャドウ・アイライン・マスカラなどのアイメイクを控えめにして、他の部分のメイクを濃いめにしましょう。そうすることで、全体のバランスが取りやすくなります。また、アイラインは跳ね上げ気味、マスカラは目頭を重点的に付けるなど、たれ目をカバーするようなアイメイクがおすすめです。

③離れ目

黒バック

濃いメイクが似合わない理由の一つに、離れ目が挙げられます。目が離れている女性が濃いアイシャドウをつけると、逆に離れ目が強調されてしまいがちです。離れ目の場合は、濃いアイメイクではなく、離れ目をカバーするようなメイクをするのがコツですよ。


例えば、アイラインで切開ラインを描いたり、マスカラも目頭だけに塗るように意識しましょう。アイシャドウも、目尻部分を薄く塗ると効果的です。また、目頭にハイライトを入れたり、眉毛の間の間隔を狭くする事でも、離れ目を解消することができます。是非試してみてください。

【リップ編】濃いメイクが似合わない理由

①色黒

口紅

色黒の女性は、濃いリップメイクが似合わないでしょう。人気の赤リップなども、色黒の女性が塗ると、リップだけ浮いてしまうのが特徴です。まずは、自分の肌色にマッチしているリップカラーの系統を見つけるようにしましょう。

色黒の女性は、ベージュ系のヌーディーなリップが良く似合います。ベージュリップはセクシーで大人っぽい印象になるのでおすすめです。また、ツヤっぽい質感やラメがたっぷり入ったリップよりも、マットな質感のリップの方が良いです。マットリップだと、肌色にマッチしつつ、唇を印象的に見せてくれますよ。

②薄い唇

赤リップ

濃いリップメイクが似合わない理由の一つに、薄い唇が挙げられます。唇が薄い場合、元々の唇の印象が薄いので、派手なリップを塗ってしまうと、おちょぼ口のように見えてしまいます。唇が薄い場合は、濃い色のリップなどを使うのではなく、ナチュラルで透けるような質感のリップがおすすめです。

また、唇が薄い女性は、リップではなく他の部分を強調したメイクが似合います。アイシャドウやアイライン、マスカラなどを濃いめにして、アイメイクに重点を置くと、バランスの良いメイクが完成しますよ。

濃いメイクが似合わない人におすすめなナチュラルメイクの魅力とは?

①男性ウケする

Ehac 4582356619472
ロムアンド ハンオール フィックスマスカラ ロング 02

ナチュラルメイクは、男性ウケするのが最大の魅力です。基本的に男性は濃いメイクが苦手です。すっぴんの要素が残るナチュラルメイクをすることで、男性好みなメイクを楽しむことができます。ただ、ナチュラルメイクと言っても手を抜くのとは違います。すっぴん風になるように、しっかりとメイクを施しましょう。

また、男性ははっきりとしたアイラインや濃い色のアイシャドウが苦手です。ナチュラルメイクをする場合は、肌の色にマッチしているアイシャドウや、ブラウン系のアイライン・マスカラを使うと良いでしょう。リップも、透け感のあるナチュラルな発色を選ぶと魅力的です。

②幅広い年代に好かれる

Neutrogena tobfa33729b5
excel(エクセル) エクセル シャイニーシャドウ N SI04 ヌードピンク

ナチュラルメイクの魅力として、肌広い年代の人に好かれるという魅力が挙げられます。濃いメイクや流行りの外国人風メイクは、似合っていたとしても、年配の方や男性にはあまり魅力的に映りません。しかしナチュラルメイクであれば、老若男女どの世代にもウケが良いのが特徴です。

また、ナチュラルメイクは、どんなシーンにも活用できるのが魅力的です。オフィスや冠婚葬祭などのかっちりとしたシーンだけでなく、デートや女子会、買い物など色々な場面にも対応できますよ。少し派手にしたい場合は、パール入りのアイシャドウなどで華やかにしましょう。

③清潔感が出る

Bonbon a c s 4903335260858 20220328
imju イミュ オペラ リップティント N #02 ピンク

清潔感が出るのも、ナチュラルメイクの魅力の一つです。濃いアイメイクをすると、派手な印象になります。特に、目を強調しようと重ね塗りしたマスカラなどは、マスカラがダマになってしまって不潔な印象が出てしまいます。また、濃い色のリップやアイブロウも、清潔感があるとは言いにくいのが特徴的です。

すっぴん風を意識したナチュラルメイクであれば、不潔な印象になる心配が少ないです。また、清潔感が出ると上品なイメージになるので、男性や目上の方からのウケも良いでしょう。

濃いメイクが似合わない人におすすめなナチュラルメイクのコツ

①アクセントは一部分

ナチュラルメイクのコツとして重要なのが、アクセントは一部分にするという事です。ナチュラルメイクは全体のバランスが大切なので、力を入れる部分は一カ所だけにするのがコツです。例えば、眉毛をしっかりと描いたのであれば、アイメイクやリップは薄く仕上げましょう。

同じアイメイクでも、マスカラをしっかりと塗った場合は、アイラインを薄くすると良いです。また、アイシャドウに濃い色を使った場合は、マスカラをナチュラルな色にするなどバランスを取るのがコツです。顔の一カ所がしっかりとしていれば、化粧している感が出るので、後は薄めで問題ありません。

②薄く細く

ナチュラルメイクは、薄く細くするのがコツです。例えばアイラインを引く際も、ハッキリとした黒ではなく、ブラウンやグレーなど薄い色を選びましょう。薄い色のアイラインを、なるべく目のキワに沿って薄く入れる事で、ナチュラルなメイクが完成します。

顔の印象を大きく左右するアイブロウも重要です。髪の毛や肌色にマッチしたブラウンを使うようにしましょう。アイブロウはハッキリと濃く描くのではなく、薄い色でバランスを見ながら描くのがコツです。また、太めのアイブロウにした場合は、自分が考えている以上に薄い色で描くと良いでしょう。

③素肌感

ナチュラルメイクは、肌の質感も重要です。基本的にナチュラルメイクをする場合は、素肌感を意識するようにしましょう。しっかりと塗った感じが出るベースメイクではなく、すっぴんにパウダーを塗っただけのような素肌感を意識すると成功します。

そのためには、ファンデーションよりも下地などのベースが重要です。肌の色つやをアップしてくれる下地をしっかりと塗って、コンシーラーやコントロールカラーでアラをカバーしましょう。仕上げのファンデーションはサッと薄く塗るだけなので、すっぴんぽさのあるベースメイクに仕上がります。

濃いメイクが似合わない特徴を知ろう!

濃いメイクが似合わないのには、元々の顔の特徴が関係しています。濃いメイクが似合わない場合は、ナチュラルメイクを意識して、自分に合ったメイクを楽しむようにしましょう。また、ナチュラルメイクにはポイントやコツがあるので、日々研究して、魅力的なメイクが出来るようにしましょう。

巷では、整形メイクというメイクが流行っています。ナチュラルに見せつつも、顔のコンプレックスをカバーするメイクなので、是非チャレンジしてみましょう。以下の記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。