Large thumb shutterstock 559344412

グレーが似合わない女性の特徴4選!パーソナルカラーに似合う選び方も紹介!

更新:2020.08.03

実は、グレーが似合わないと感じている女性には、共通する特徴があります。そんな女性でも、パーソナルカラー診断で自分に似合う色を理解していれば、自分に似合うグレーを知ることができます。この機会に、苦手なグレーを上手に着こなしてみませんか。

グレーが似合わない女性の特徴4選

①お肌の色が黄色味がかっている

お風呂に入る日本人女性

お肌が黄色味を帯びた人が多い日本人女性は、そもそもグレーが似合わない特徴を持っています。グレーは、黒色と白色という無彩色同士を掛け合わせてできた無彩色です。一方、黄色というのは有彩色の中で1番明るい色だと言われています。

したがって、グレーは黄色味を帯びた日本人女性のお肌に馴染みにくくなります。そのため、日本人女性の多くがグレーが似合わないと感じていると言われています。

しかし、グレーと一口に言ってもグレーの濃淡や黄色味が買ったグレーから赤みがかったグレーなど、色々な特徴を持ったグレーが存在します。黄色味を帯びたお肌にも、似合うグレーが存在することを知っておきましょう。

②大人っぽい顔をしている

眉をひそめる女性

大人っぽい顔をした女性は、落ち着きすぎてしまってグレーが似合いにくい特徴があります。大人っぽい女性というのは、落ち着いた雰囲気を持っています。同じくグレーもにも、落ち着いた雰囲気や大人の雰囲気を持っています。

一見、大人っぽい雰囲気同士ですので似合いそうですが、落ち着きすぎたり、しっくりきすぎて実年齢よりも見た目年齢を引き上げてしまうため、似合わないと感じてしまいます。心当たりのある女性は、鮮やかなアイテムをプラスしてグレーを着こなすことをおすすめします。

大人っぽい顔をした女性の多くは、グレーが似合う似合わない以前に若く見られたいと思っているのではないでしょうか。そんな大人っぽいお顔にお悩みに女性は下記の記事で原因やメイク方法などをチェックすることをおすすめします。

③お顔が色黒

日焼けした女性

お顔が色黒の女性は、色黒を際立たせてしまうため似合わないという特徴があります。先にも述べたように、グレーという色は黒色と白色を混ぜ合わせて作られた色です。

したがって、色白の女性が着こなすとお肌の白さを際立たせてくれます。しかし、色黒のお肌の特徴を持つ女性が着ると色黒さを際立たせ、お肌がくすんだ印象を与えてしまい似合わないと感じてしまいます。

だからと言って、濃い色のグレーを選ぶとお顔だけではなく全体的に暗い印象を与えてしまうため、おすすめしません。もちろん、明るい色のグレーを選ぶと色黒さを際立耐えてしまいます。似合うグレーの選び方は、色黒のお顔に合う濃淡のグレーを探してみることをおすすめします。

④お顔立ちが薄い

スマホを手に悩む女性

グレーは主張しない色ですので、同じく主張の少ないお顔立ちの薄い特徴を持つ女性には似合いにくいです。先にも述べたように、グレーは無彩色ですので良くも悪くも主張しない色です。

したがって、着る人の顔の主張も薄くしてしまう傾向があります。特に、トップスにグレーを用いると、主張の少ない薄い顔立ちが地味に見えてしまう可能性もあります。

似合うグレーと似合わないグレーを見つけるためのパーソナルカラー診断

①スプリングタイプ

春の景色

パーソナルカラー診断がスプリングタイプの女性は、その名の通り春を思わせるような華やかで明るい色が似合います。スプリングタイプには、活発で元気な女性やかわいらしい印象の女性が多いのが特徴です。また、大人っぽさよりも若さが強調される雰囲気を持っているでしょう。

そんなスプリングタイプの女性には、新緑の鮮やかな緑色やチューリップなど春に咲く花の赤やピンクなど、見ているだけで元気になる色が特におすすめです。特に、ワンピースやニットなどで顔周りに取り入れると顔映りがよくなります。

スプリングタイプに似合う色の選び方は、青みがかったものよりは黄みがかったもの、濁りのある色よりは清らかな色、暗めよりは明るめが良いでしょう。したがって、スプリングタイプはフォーマルな場面で黒色よりも、ネイビーの服を選ぶ方がおすすめです。

②サマータイプ

キレイな海が広がる景色

パーソナルカラー診断がサマータイプの女性は、真夏のイメージではなく初夏に花をつける朝顔や紫陽花のように、淡く涼しげな色が似合います。サマータイプには、優しい雰囲気の女性や大人っぽく上品な女性が多いのが特徴です。

そんなサマータイプの女性には、水色やラベンダーカラー、ベビーピンクなどのパステルカラーなど色味的に中間的な色がおすすめです。また、最近のトレンドである濁りのあるダスティーカラーも似合います。

サマータイプに似合う色の選び方は、黄みがかったものよりは青みがかったもの、清らかな色よりは濁りのある色、暗めの色よりは明るめの色が良いでしょう。淡く濁った色が似合いやすいサマータイプは、グレーが似合うタイプの1つです。

③オータムタイプ

紅葉が美しい景色

パーソナルカラー診断がオータムタイプの女性は、秋の恵みの果実や紅葉のように温かみがあって濃いめの色が似合います。オータムタイプには、落ち着いた印象やナチュラルなイメージを持った女性が多いのが特徴です。

そんなオータムタイプの女性には、シックなイメージのマスタードカラーやテラコッタカラーやレンガ色といった、コクのある暖色系がおすすめです。また、カーキ色やべーゆやブラウンなどの、いわゆるアースカラーもお肌によく馴染みます。

オータムタイプに似合う色の選び方は、青みがかったものよりは黄みがかったもの、清らからな色よりは濁りのある色、明るめの色よりは暗めの色が良いでしょう。どの色もくすみがあり単体では地味で垢ぬけない印象ですが、それをおしゃれに着こなせるのがオータムタイプの最大の特徴です。

④ウィンタータイプ

かまくらがたたずむ景色

パーソナルカラー診断がウィンタータイプの女性は、コントラストがはっきりとした鮮やかな色が似合います。ウィンタータイプには、洗練された雰囲気を持った人や個性的で印象に残りやすい女性が多いのが特徴です。

そんなウィンタータープの女性には、黒や白といったモノトーンカラーや、クリアで鮮やかな原色系の色がおすすめです。また、赤であれば燃えるような赤、緑であれば輝かんばかりのエメラルドクリーンなど、冬の景色に生えるような色の服を難なく着こなせます。

ウィンタータイプに似合う色の選び方は、黄みがかった色よりは青みがかった色、濁りのある色よりは清らかな色、明るめの色よりは暗めお色が良いでしょう。モノトーンといった無彩色が似合うウィンタータイプですから、同じく無彩色であるグレーが似合うタイプです。

【パーソナルカラー診断別】似合うグレーと似合わないグレーの選び方

①スプリングタイプに似合うのはウォームライトグレー

スプリングタイプの女性に似合うグレーは、ウォームライトグレーです。ウォームライトグレーは、明るいグレーであるとともに、黄色の要素が含まれているグレーでもあります。したがって、スプリングタイプの女性の肌に馴染みやすくなっています。逆に、青みがかった暗いグレーは、地味に見えてしまって似合いません。

②サマータイプに似合うのはブルーグレー

サマータイプの女性に似合うグレーは、ブルーグレーです。ブルーグレーは、青色の要素が含まれているだけではなく青み、少し濁りのある特徴を持つグレーです。したがって、サマータイプの紙や顔の色に馴染みやすいでしょう。逆に、黄みがかった清らかなグレーは、お顔の輪郭がぼやけてしまいますので似合いにくいです。

③オータムタイプに似合うのはウォームグレーやモスグレー

オータムタイプの女性に似合うグレーは、ウォームグレーやモスグレーです。この2種類のグレーは、グレーにグリーンを混ぜたような複雑な印象を持つ上に、濃いめのグレーになります。したがって、暗めの色が似合うオータムタイプの女性が着こなしやすいグレーです。逆に、明るいグレーは軽く見えてしまい似合いにくいです。

④ウィンタータイプに似合うのはトゥルーグレー

ウィンタータイプの女性に似合うグレーは、純粋に黒色と白色を混ぜたトゥルーグレーです。ウィンタータイプは、モノトーンが似合いますので、グレーに他の色の要素を混ぜる必要がありません。逆に、黄色などを混ぜたグレーだと、顔色がくすんでしまい似合わないでしょう。

このようにパーソナルカラー診断では、4つのタイプに分けられます。もし、パーソナルカラー診断で自分に似合うカラーがよくわからないという方は、下記の記事でより詳しい見分け方をチェックすることをおすすめします。

【20代後半女性】似合わないグレーと相性の良い服の色3選

①白色

グレーの服に白色の服を合わせると、簡単にモノトーンコーデが仕上がるため着こなしやすいです。しかも、白色がモノトーンコーデの中でも明るく、20代ならではの爽やかな印象を演出してくれます。

②黒色

グレーの服に黒色の服を合わせると、キチンと感が出るのでおすすめです。グレーに黒色となると、重くなりそうな印象ですが、カジュアルになりすぎるのを防いでくれるため、大人っぽい自分を演出したい20代女性向きのコーデ術です。

③青色

グレーの服に青色の服を合わせると、爽やかに仕上がるので着こなしやすくなります。グレー単体だと重くなって老けて見えがちですが、青色をプラスするとカジュアル感や軽やかな仕上がりのコーデになるため、20代の女性には特におすすめです。

【30代前半女性】似合わないグレーと相性の良い服の色3選

①緑色

グレーの服に緑色の服を合わせると、カジュアル感の中にシックな印象を取り入れることができるため30代女性のおすすめです。特に、カーキなどのくすみ感のあるアースカラーのアイテムは、大人カジュアルとの相性が抜群です。

②ベージュ

グレーの服にベージュの服を合わせると、女性らしさたっぷりに着こなすことができます。特にグレーとベージュは、どちらもニュアンスカラーなので、優しい雰囲気を演出できますよ。

③ピンク色

グレーの服にピンク色の服を合わせると、顔の印象が明るくなるため、オシャレなコーデになります。特に30代女性には、トップスにピンクを持ってきたコーデがおすすめの組み合わせです。一見、似合わなさそうな2色ですが、グレーに対してピンク色が差し色となり相乗効果でどちらのアイテムも引き立てることができます。

グレーが似合わないと諦めずに似合うグレーを探しましょう!

グレーが似合わない女性には、お肌の色や顔立ちなど色々な特徴があります。そんなグレーが似合わないと感じる女性でも、パーソナルカラー診断によって似合うグレーを探せば似合うグレーはキチンとあります。自分に似合うグレーや、グレーに似合う色を上手に探して、自分だけのグレーの風の着こなしを探してみませんか。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。