Large thumb shutterstock 124584727

オーバーサイズが似合わない女性の特徴7選と解決策!私に似合う着こなしは?

更新:2020.11.12

オーバーサイズの洋服が流行っていますが、実は似合わない女性が多いと知っていましたか?今回は、オーバーサイズが似合わない女性の特徴と、解決策についてまとめてみました!また、実際におすすめなコーデも紹介しているので、是非チェックしてみてください。

【体型編】オーバーサイズの服が似合わない女性の特徴4選

①骨格がウェーブタイプ

バンダナ

骨格がウェーブタイプの方は、オーバーサイズのレディースファッションが似合わない傾向にあります。ウェーブタイプは、上半身が薄くて丸みのあるボディラインが特徴的です。ウエストや曲線が目立つ骨格なので、オーバーシルエットの洋服だと、ウェーブタイプの良さを隠してしまいます。

また、ウェーブタイプの方がオーバーサイズを着ると、だらしない印象になりがちです。洋服に着られてしまっている雰囲気が出てしまいます。例えるのであれば、子どもが大人の洋服を着たような印象になってしまうのです。そのため、ウェーブタイプはオーバーシルエットの洋服に向いていません。

②骨格がストレートタイプ

ワンピース

骨格がストレートタイプの方も、オーバーシルエットの洋服が似合わない傾向にあります。ストレートタイプはヒップやバストの位置が高く、メリハリのある体型をしているのが特徴的です。シャツやワイドパンツのようにかっちりとしたスタイルが似合う骨格なので、オーバーシルエットは不向きです。

また、ストレートタイプはバストが高い位置にあるので、オーバーシルエットを着ると太って見えがちです。オーバーシルエットだと胸から下が寸胴のような体型に見せてしまうため、ストレートタイプには似合いません。ただ、オーバーサイズのジャケットなどであれば似合う可能性もあるので、アイテムを選びましょう。

③細身

黒コーデ

細身の女性も、オーバーサイズのレディースファッションが似合わない傾向にあります。細身の女性がオーバーサイズの洋服を着ると、だらしない印象になりがちです。部屋着のようなファッションになってしまうので、注意しましょう。

また、細身の女性がオーバーサイズの洋服を着ると、幼く見えてしまいます。子供がお父さんの洋服を着た時のような印象を持たせるので、注意しましょう。ただ、トップスだけをオーバーサイズにして、ボトムスをタイトなレディースファッションにすれば、細身の方でも着こなしやすくなります。

④大柄

ニット

大柄な女性もオーバーサイズの洋服が似合わないとされています。オーバーサイズのレディースファッションであれば、体型の豊かさをカバーしてくれると思われがちです。しかし、ウエストラインなども一緒に隠してしまうので、より太ってみえてしまいます。

大柄の女性がオーバーサイズのレディースコーデをしたい場合は、ウエストに締まりを出すなどの解決策をとりましょう。オーバーサイズの洋服を利用すれば、隠したい部分とアピールしたい部分にメリハリを出す事ができますよ。

オーバーサイズの洋服の中でも人気があるのが、カーディガンです。以下の記事では、オーバーサイズのカーディガンを使ったレディースコーデを紹介しています。カーディガンは、初めてオーバーサイズにチャレンジする方でも着こなしやすいのが特徴なので、是非チェックしてみて下さい!

【顔タイプ編】オーバーサイズの服が似合わない女性の特徴3選

①きれいめ

サングラス

顔の印象がきれいめな女性は、オーバーサイズのレディースファッションが似合いにくいでしょう。きれいめな顔立ちの女性は、シャツなどのかっちりとしたコーデが似合うのが特徴的です。オーバーサイズのように、カジュアルな雰囲気のコーデはマッチしにくいので、注意しましょう。

ただ、オーバーサイズのジャケットやシャツをチョイスすれば、着こなしやすくなります。パーカーやTシャツのようなカジュアルテイストではなく、きれいめテイストの洋服を選んでみましょう。また、オーバーサイズのトップスをインするなど、メリハリをつけるのもおすすめです。

②クール系

パープルヘア

クールな顔立ちや雰囲気をお持ちの女性も、オーバーサイズのレディースファッションが似合わない傾向にあります。かっこよくて男性的な顔立ちなので、オーバーサイズを着るとチグハグな印象になるでしょう。また、オーバーサイズを着る事で、より男性らしさを強調してしまう可能性があります。

③フェミニン

ボブヘア

フェミニンで女性らしい顔立ちの女性も、オーバーサイズの洋服が似合わないです。オーバーサイズはカジュアルなレディースファッションなので、フェミニン系の女性には向いていません。

解決したい場合は、洋服のテイストに注意しましょう。例えばオーバーサイズのTシャツを着たら、ボトムスはフェミニンなスカートを選びます。小物類も全てフェミニン系でまとめるように意識しましょう。コーデのテイストを統一する事で、違和感無くオーバーサイズの服が楽しめるようになります。

オーバーサイズの服が似合わない時の解決策

①上半身か下半身だけをオーバーサイズに

オーバーサイズが似合わない場合、上半身か下半身のどちらかだけにする解決策がおすすめです。オーバーサイズが似合わない人が、コーデ全部を大きめシルエットでまとめるのは良くありません。オーバーサイズはトップスかボトムスのどちらかに留めましょう。

例えば、オーバーサイズのパーカーを着た場合は、ボトムスをスキニーにします。コーデの中にメリハリを作ることによって、オーバーサイズが着こなしやすくなります。簡単な解決策なので、是非挑戦してみてください。

②大き過ぎないサイズを選ぶ

オーバーサイズが似合わない人は、大き過ぎないシルエットを選ぶのも解決策の一つです。もともとオーバーサイズを前提として作ってある洋服の場合、少し小さめのサイズを買いましょう。例えば普段Mサイズを購入している方は、オーバーサイズのSを選ぶと丁度いいです。

オーバーサイズが似合わない方は、あまり大き過ぎないシルエットに押さえる事で解決できます。実際に数種類のサイズを試着してみて、不自然にならないサイズを購入しましょう。

③ウエストを締める

オーバーサイズの洋服が似合わない人は、ウエストを締める解決策がおすすめです。オーバーサイズを着ると寸胴に見える場合は、ウエストを締める事で解決できます。スタイルにメリハリが生まれるので、オーバーサイズが似合わない人でも違和感なく着こなせますよ。

太身の方も、オーバーサイズを着る時はウエストを締めると良いでしょう。ウエストが締まっていると、痩せて見える効果があります。また、骨格診断的にオーバーサイズが似合わない方でも、ウエストを締める事で着こなしやすくなりますよ。是非試してみてください!

オーバーサイズが似合わない人必見のおすすめコーデ

①パーカー×スキニー

オーバーサイズのパーカーを着る場合は、スキニーパンツを組み合わせましょう。パーカーが大きめサイズなので、細身のパンツでバランスを取るのが丁度いいです。特に黒や濃い色のパンツを選ぶと、締まって見えます。オーバーサイズのパーカーはカジュアルコーデにぴったりなアイテムなので、日常使いに活用したいですね!

ただ、オーバーサイズのパーカーは顔立ちがフェミニンな方には似合いにくいです。パーカーはカジュアルなテイストが特徴的なアイテムなので、顔立ちが女性らしい方にはマッチしません。普段からパーカーが似合わないと感じている場合は、控えるようにしましょう。

②ニット×ストレートパンツ

オーバーサイズのニットを着る場合は、ストレートパンツがおすすめです。ニットのインパクトが強いので、シンプルで細身なボトムスを履いてバランスを取りましょう。オーバーサイズのニットは、比較的どんな方でも着こなしやすいという特徴があります。オーバーサイズが似合わない方は、ニットからチャレンジしましょう。

オーバーサイズのニットをおしゃれに着こなしたい場合は、レイヤードスタイルがおすすめです。ニットの下にシャツをチラ見せする事で、トレンド感のあるコーデが完成します。ニットとシャツのバランスが良くなるように注意しましょう。また、ケーブルニットを選ぶとより流行りを押さえた着こなしに近づけますよ。

③Tシャツ×ワイドパンツ

オーバーサイズのTシャツには、ワイドパンツがおすすめです。ハイウエストで腰の部分が締まっているパンツなので、メリハリのあるコーデになります。オーバーサイズのTシャツは、カジュアルテイストのアイテムです。しかし、ワイドパンツを組み合わせる事で、Tシャツがきれいめな雰囲気に仕上がります。

カジュアルテイストのコーデが似合わない方は、Tシャツとワイドパンツを組み合わせた着こなしにチャレンジしましょう。また、Tシャツのデザイン選びも重要です。なるべくシンプルな色や形のTシャツを選ぶことで、オーバーシルエットが着こなしやすくなります。

オーバーサイズが似合わない人と似合う人の違いとは?

①骨格がナチュラルタイプ

タンクトップ

骨格がナチュラルタイプの方は、オーバーシルエットが似合うという特徴があります。ナチュラルは凹凸が少なく、骨っぽさのある骨格なので、オーバーサイズの服を自然に着こなせるでしょう。また、カジュアルな服が似合う骨格なので、ビッグシルエットのテイストにもマッチしやすいです。

②健康的な体型

帽子

オーバーサイズは健康的な人に似合いやすいです。細身の方や、太身の方はオーバーサイズが似合いにくい特徴にあります。細身すぎず太すぎ無い健康的な体型の女性は、自然にオーバーサイズを着こなす事ができるのです。

③幼い顔立ち

ニット帽

顔立ちが幼い女性も、オーバーサイズの服が似合います。オーバーサイズの洋服は、女性らしさや可愛らしさを際立たせる洋服です。もともと童顔の方であれば、オーバーサイズの持つテイストにマッチしやすいでしょう。いかに幼さを感じさせるかという点が、オーバーサイズを着こなす上で重要です。

オーバーサイズが似合わない原因を知ろう!

オーバーサイズが似合わない場合、原因が存在します。なぜ似合わないのかを知ることによって、解決策が見つかるでしょう。オーバーサイズが似合わない原因の一つが骨格です。以下の記事では、骨格診断に基づいた似合うファッションを提案しています。是非参考にしてみてくださいね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。